新規登録

注目商品



評価の高いユーザーレビューすべてのレビューを見るすべて見る


やりたいことから見つける

新着記事すべての新着記事を見るすべて見る

クレジットカード
2021/01/20

クレジットカードは店頭発行で即日受け取れる?店頭発行で必要なものとは

「クレジットカードをすぐに受け取れる方法はあるのか」 「店頭で受け取れるクレジットカードがあれば申し込みたい」 こんな疑問をお持ちの方もいるのではないでしょうか。 基本的にクレジットカードはWEBで申し込みを行い、審査に通過した後に自宅へ郵送される流れです。しかし、クレジットカードの中には店頭発行・店頭受け取りのできるカードもあります。 急ぎでクレジットカードが欲しい方であれば、店頭発行は時間がかからずに有難い方法となるでしょう。 今回は店頭で即日発行が可能なクレジットカードの知識に加え、おすすめのカードも紹介します。 クレジットカードは店頭で即日発行可能 クレジットカードによりますが、店頭での即日発行できるカードもあります。ではどのような方法で店頭発行できるのでしょうか? 店頭発行でクレジットカードを受け取る方法は、郵送と店頭の2種類があります。 店頭受け取りは、即日発行時の受け取り方法に指定されることが多く、申し込み当日からカード利用開始できるメリットがあります。 ただし、カード受け取りのために営業時間内に店頭まで足を運ばなければならず、時間的制約が発生するデメリットも挙げられます。 営業時間内に店頭に足を運べるのであれば、スピーディーに発行できるおすすめの方法と言えるでしょう。 また、即日発行には一定の手順が必要です。ここからは、店頭でスムーズにクレジットカードを受け取るためのポイントをお伝えします。 クレジットカード会社の公式WEBサイトから申し込む クレジットカードを店頭で受け取りたい場合、カード会社のWEBサイトから申し込む方法と、店頭で直接手続きの2つの方法があります。 ただしクレジットカードの発行には審査があるため、店頭申し込みの場合「30分~1時間程度」の待ち時間が発生する可能性があります。 「店頭で待ちたくない」「時間を有効活用したい」という人は、カード会社の公式WEBサイトから申し込み手続きがおすすめです。 審査通過後に、店頭で足を運べば待ち時間なくクレジットカードを受け取れます。 店頭受け取り時に忘れてはいけない点が、WEB申し込み時に「店頭受け取り」とすることです。 受け取り方法を「店頭受け取り以外」の方法にすると、当日中にクレジットカードが受け取れない可能性があります。必ず申し込み情報を確認してから手続きをおこないましょう。 審査が通過したら店頭へ行く クレジットカードの申し込み手続きを行い無事に審査通過となれば、基本的に申請したメールアドレスにその旨の連絡が入ります。 そして、最寄りの店頭に足を運んでクレジットカードを受け取るようにしてください。 クレジットカードを受け取る際に、本人確認書類や審査通過メールに記載された受付番号が必要となります。店頭でスムーズに提示できるようにあらかじめ用意しておきましょう。 郵送されるのを待つよりも早くに受け取れる クレジットカードを店頭受け取りにすれば郵送よりもスピーディーなので、カードの利用開始もそのぶんだけ早まります。 また、クレジットカードを郵送で受け取る場合、申し込みから実際にカードが届くまでの期間はカード会社や申し込み方法、審査状況などで異なります。ETCカードの同時申し込みがあれば通常以上に到着が遅くなるでしょう。 楽天カードとイオンカードのクレジットカード到着例を紹介するので、どの程度の期間で到着するのかの参考にしてください。 楽天カード:申し込み後、約1週間程度で到着。手元に届き次第利用開始が可能 イオンカード:申し込み後、到着までに約2~3週間程度 上記を見てもわかるように、カード会社によって到着するまでに日数の違いがあります。 申し込み時に必要な情報や書類 クレジットカードを即日で受け取るには、申し込み手続きをスムーズに済ませる必要があります。必要書類の不備があると、受け取りが翌日以降になる場合もあるので注意してください。 一般的にクレジットカードの申し込み時に必要な情報が下記です。参考までにチェックしておいてください。 【申し込み時に必要な情報や書類】 ・本人確認書類 ・銀行口座の番号のわかるもの(通帳やキャッシュカードなど) ・申し込み手続きの際に入力する個人情報(勤続年数や年収など) ただし、申し込むクレジットカードによって、必要情報や書類が異なるケースもあります。事前に申し込みをするカード会社のWEBサイトで必要な書類をチェックしておきましょう。 店頭で受け取りに必要な情報や書類 店頭でクレジットカードを受け取る際に本人確認書類が必要です。どの書類が有効かクレジットカードよって異なりますが、一般的な書類は以下となります。 【店頭受け取りに必要な本人確認書類】 ・運転免許証 ・運転経歴証明書 ・写真付き住民基本台帳カード ・パスポート ・個人番号カード ・在留カード ・官公庁発行の写真付き身分証明書 ・特別永住者証明書 上記以外に、健康保険証に公共料金領収書を2点併せて本人確認書類と見なされる場合もあります。 実際にどの本人確認書類が有効なのかはカード会社のWEBサイトや、審査結果のメール内に記載されていることがあるので必ずチェックしましょう。 また、必要書類以外に審査通過メールに記載された受付番号も必要です。 店頭で即日発行可能なクレジットカード 店頭で即日発行可能なクレジットカードはいくつかありますが、その中で特におすすめの3選を紹介します。 セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード 「セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード」は、セゾンカウンターでカード受け取りを指定すれば最短即日発行が可能です。 セゾンカウンターの設置店舗は、基本的にJRなどの駅から徒歩圏内にあることが多く、アクセスがしやすいメリットがあります。即日発行を希望する方にとって足を運びやすいと言えるでしょう。 【セゾンブルー・アメリカン・エキスプレスの特典】 ・26歳になるまで年会費無料、26歳以上の方は初年度年会費無料・2年目以降3,300円(税込) ・獲得したポイントに有効期限のない「永久不滅ポイント」 ・毎月第1・第3土曜日は、西友、リヴィン、サニーの買い物が5%オフ 詳細はこちら エポスカード ショッピングビルの丸井にモディ内にあるエポスカードセンターでは、「エポスカード」の当日受け取りが可能です。 また、新規申し込み時に店頭受け取りを選択すると、入会特典としてまた、必要書類以外に審査通過メールに記載された受付番号も必要です。 マルイの買い物に利用できるクーポンのプレゼントがあります。 【エポスカードの特典】 ・年会費永年無料 ・海外旅行傷害保険が自動付帯 ・年4回開催される「マルコとマルオの7日間」にて、マルイやモディの買い物が10%オフ ・「たまるマーケット」の経由で買い物をすると最高30倍のポイントを獲得可能 ただし、ETCカードを付帯させたい場合、当日発行の対応はしていません。受け取りができるのはクレジットカード本体のみとなるので、即日発行を検討する方は注意してください。 エポスカードの詳細はこちら エムアイカード プラス 「エムアイカード プラス」は、大手デパートの三越伊勢丹グループの発行するクレジットカードです。店内に設置されたカードカウンターに来店することで、即日受け取りが可能になります。 【エムアイカード プラスの特典】 ・三越伊勢丹グループで買い物をすると最大10%のポイント還元 ・初年度年会費無料 ・国際ブランドにアメックスの付帯するカードは海外利用時のポイントが1.5% ・「miポイントワールド」を経由してネットショッピングをするとポイント最大30倍 エムアイカード プラスの詳細はこちら まとめ クレジットカードを店頭受け取りにすると、利用開始もスピーディーになります。 ただし、足を運べる距離に店頭があること、審査や発行手続きにかかる時間を考慮して申し込むことに気を付けてください。 手続きそのものは難しいことはないので、急ぎでクレジットカードが欲しい方、郵送による手続きが手間に感じる方は、ぜひ店舗受け取りを活用してみてください。
クレジットカードは店頭発行で即日受け取れる?店頭発行で必要なものとは
クレジットカード
2021/01/20

オリコカードの家族カードならゴールドやプラチナでも年会費無料! メリット・デメリットもあわせて解説

大手の信販会社オリエントコーポレーションではオリコカードを発行しています。年会費無料のスタンタードカードでも、さまざまなサービスを利用できるのが魅力です。 家族にオリコカードを利用させたいときは、家族カードといった選択肢があります。しかし、カード初心者の方だと家族カードの仕組みがわからないという人もいるかもしれません。 本記事ではオリコカードの家族カードについてわかりやすく紹介していきます。家族カードのメリット・デメリットが気になる方も参考にしてください。 家族カードとは本会員の家族が持てるカード 本会員が持てるのクレジットカードが「本カード」本、家族会員が持てるカードが「家族カード」です。家族カードは本会員の信用で発行されるため、安定した収入が期待しづらい「専業主婦や学生の方」にも便利です。 ただし、家族会員になるには次の条件を満たす必要があります。 【家族会員の条件】 ・本会員と同一生計の家族であること ・18歳以上であること ・配偶者(別姓・同性可)・両親・子ども(高校生を除く)であること 本会員の収入で養っているのが「同一生計の家族」です。生計が独立(自身の収入だけで暮らしている)している家族は「家族カード」の対象外となります。 支払いと明細は本会員にすべて送られる 家族カードは、本カードに紐づけする形で発行されます。そのため、本会員と家族会員の利用分は、本カードの登録口座よりまとめて引き落としする仕組みとなります。 支払いと明細は本会員にすべて送られるため、家族会員がいくら使ったのか把握しやすいです。 本会員の申し込み時に1名分の家族カードが同時に申し込める オリコカードでは本会員の申し込みと同時に、家族カード1名分の申し込みできます。本カードが届いてから、別途家族カード申し込みの手間はかかりません。 ただし、次に該当する場合は郵送(家族会員追加申し込み書)での申し込みとなります。 郵送での申し込みとなる場合 ・すでにオリコカードを所持している ・2枚目以降の家族カードを発行したい場合 家族会員追加申し込み書は次のURLより請求できます。 参照:tオリコカード家族会員の申し込み書URL 家族会員追加申し込み書が届いたら、必要事項に記入してオリコカードへ返送してください。 家族カードのメリット オリコカードの家族カードには、次のメリットがあります。 【家族カードの3大メリット】 ・ポイントが集約できる ・ゴールドやプラチナでも家族カードは年会費無料 ・付帯の旅行傷害保険で本会員と同じ補償が受けられる ポイントが集約できる 家族カードで貯めたポイントは、本カードに集約されます。ポイントが分散しないため、商品やポイント交換しやすい点はメリットです。 オリコカードは、カードの種類によって異なりますが家族カード3枚まで発行できます。 本カード:1枚 家族カード:3枚 合計オリコカード:4枚 家族カードを入手した後は、家族で協力しながらポイントを貯めてください。 また、オリコカードで貯めたポイントは「家族会員⇔本人会員」の間で移行可能です。家族会員にポイントを移行したいときは、事前にカード会員用Webサービス「オリコポイントゲートウェイ」へ登録してください。 ゴールドやプラチナでも家族カードは年会費無料 クレジットカードによっては、家族カードに年会費を設けています。アメリカン・エキスプレス・カード(グリーンカード)の家族カードでは年会費6,600円(税込)が必要です。 ですがオリコカードではスタンダードはもちろんのこと、ゴールド・プラチナでも家族カードの年会費が無料になります。年会費の負担なく気軽に家族にも持たせやすい点が、二つ目のメリットです。 本会員と同じ 旅行傷害保険の補償が受けられる 次のオリコカードでは、旅行傷害保険が付帯されています。 【旅行傷害保険付帯のオリコカード】 ・国際ブランドがMastercard、Visa、JCB ・年会費が有料 旅行傷害保険付帯のオリコカードを持っていると、旅行中の病気やケガなどのアクシデントにそなえられます。家族会員でも本会員と同じ補償が受けられる点が、三つ目のメリットです。 保険会社の旅行傷害保険に加入は手間と感じる人は、家族カードを発行してもらうとよいでしょう。 家族カードのデメリット 家族カードにはメリットがある反面、次の2つのデメリットがあります。 【家族カードの2大デメリット】 ・支払いがすべて本会員になりプライバシーの配慮が必要 ・家族カードの限度額は本カードとの共有 支払いがすべて本会員になりプライバシーの配慮が必要 先ほど解説したとおり、家族カードでは支払いと明細が本会員に送られます。家族の利用内容すべてが本会員に丸見えとなるため、デメリットの1つとなります。 家族会員が内緒でカードショッピングしても、本会員に明細を見られたときにわかってしまいます。家族とはいえ、プライバシーへの配慮が必要になるでしょう。 家族のプライバシーを守りたいときは、家族本人の名義で本カードを作成するといった対策が有効です。 家族の個人的なショッピングは、本カードを使用します。明細を家族自身で管理すれば、プライバシーは守られるでしょう。ただし、本カードの審査通過が前提となる対策です。 家族カードの限度額は本カードとの共有 カードショッピングできるのは、あらかじめ設定されている限度額の範囲までです。家族カードでは、本カードの限度額と共有する仕組みになっています。 たとえば本カードの限度額が50万円の場合、本会員と家族会員あわせて50万円までのカードショッピングとなります。 家族会員の利用額が大きい場合、限度額を超えてカード利用停止となりかねません。本会員と家族会員でよく相談し、毎月何円までと事前にルールを決めておくとよいでしょう。 おすすめのオリコカード2選 さまざまなオリコカードのうち、特におすすめするのが次のラインナップです。 【おすすめオリコカード2選】 ・Orico Card THE POINT ・Orico Card THE POINT PREMIUM GOLD おすすめする理由について、詳しく紹介します。 Orico Card THE POINT オリコカードのスタンダードランクとなるのが「Orico Card THE POINT」です。 【おすすめする理由】 ・本カードも家族カードも年会費無料 ・基本還元率1.0%、ポイントが貯まりやすい ・入会後6か月間なら還元率2.0% ・オリコモール経由のネットショッピングがお得(ポイント0.5%の特別加算) ・iDとQUICPay機能付き、電子マネー払いできるお店が多い 本会員と家族会員で協力し、かしこくポイントを貯めたいときに便利なラインナップです。 オリコカード・ザ・ポイントの詳細はこちら Orico Card THE POINT PREMIUM GOLD 「Orico Card THE POINT PREMIUM GOLD」はオリコカードのゴールドランクとなります。 【おすすめする理由】 ・年会費1,986円(税込)の格安ゴールドカード ・家族カードの年会費は無料 ・海外旅行傷害保険が自動付帯 ・全国の施設で優待が受けられる「Orico Club Off」の会員になれる ・Mastercard優待特典付き(レストランでの優待・出張や旅行に便利なサービスなど) ・トラベルサポート付き、旅行がお得で便利(パッケージツアー割引や海外お土産宅配サービスなど) 本会員も家族会員もゴールドカードのサービスを利用したい方におすすめするラインナップです。 まとめ オリコカードの家族カードについて解説してきました。 【オリコカードの家族カード】 ・ポイントが集約できて貯めやすい ・ゴールドでもプラチナでも年会費無料 ・貯めたポイントを本会員⇔家族会員の間で移行できる ・旅行傷害保険付帯なら本会員と同じ補償が受けられる 本カードの審査に不安がある家族に持たせたいときにも便利なのが家族カードです。ただし、「支払いと明細が本会員に丸見えになる」「限度額が共有となる」といったデメリットには注意してください。
オリコカードの家族カードならゴールドやプラチナでも年会費無料! メリット・デメリットもあわせて解説
クレジットカード
2021/01/20

三井住友デビュープラスからの切り替えはクラシックorプライムゴールド?詳細を解説

三井住友カード デビュープラスは、18歳から25歳まで限定の年会費が実質無料のお得なクレジットカードです。 通常 1,375円(税込)ですが、1年に1回以上利用すれば年会費が無料となります。 しかし26歳になるとカードが自動で切り替わるのをご存じでしょうか。この記事では三井住友カード デビュープラスの切り替えがどのようにされるのかを解説します。 三井住友カード デビュープラスは18~25歳限定のお得なカード 26歳からはプライムゴールドに自動切り替えされる 「三井住友カード デビュープラス」は日本で初めてVisaカードを発行した三井住友カード発行のクレジットカードです。 銀行系クレジットカードのため信頼性が高く、初めてクレジットカード作る若い人でも安心して使えます。 三井住友カード デビュープラスは18歳~25歳限定のクレジットカードです。満26歳で自動的に「三井住友カード プライムゴールド」へ切り替わり、ワンランク上のクレジットカードが利用できます。 三井住友カード プライムゴールドは通常年会費が5,500円(税込)必要です。ですがデビュープラスカードからプライムゴールドへ切り替え時に、「継続サンクスポイント」として1,000ポイント付与される嬉しいサービスもあります。 2か月前までに申告すれば普通カードも可能 「年会費5,500円(税込)負担が大きいから解約するしかない」 三井住友カード プライムゴールドカードの年会費5,500円(税込)負担を避けたい人は、満26歳で解約するしかないのでしょうか。 希望すれば、年会費1,375円(税込)の通常の三井住友カードへの切り替えも可能です。 切り替え 年会費 三井住友カード プライムゴールドカード 連絡不要 5,500円(税込) 三井住友カード 2か月前の連絡 1,375円(税込) カード有効期限の2か月前までに、カード名義人が三井住友カードのFORYOUデスクへ電話連絡することで普通カードへ切り替えも可能です。 三井住友カードの詳細はこちら 三井住友カード プライムゴールドのメリット 三井住友デビュープラスから三井住友カードプライムゴールドへの切り替えた場合のメリットを紹介します。 20代限定のコスパの良いゴールドカード 三井住友カード プライムゴールドは20代限定のゴールドカードですが、通常のゴールドカードに引けを取らない充実の付帯サービスも魅力の一つです。 ・国内主要空港の空港ラウンジが何度でも無料で利用可能 ・ホテル予約サービス「Relux(リラックス)」からの宿泊予約で初回7%、2回目以降5%割引 ・海外・国内旅行傷害保険が最高5,000万円と手厚い補償 ・ショッピング補償はカードで購入した商品の破損・盗難損害を年間最高300万円まで補償(購入日から201日間まで対象)。 ・24時間・年中無休で医師や看護師に電話で健康相談ができる「ドクターコール24」が無料で利用可能 ・三井住友ゴールドカードへ切り替え時は、2,500ポイントをプレゼント このようにプライムゴールドは20代でも本格的なゴールドカードのサービスを味わえるうえ、リーズナブルな年会費で利用できるクレジットカードです。 プライムゴールドの年会費を1,500円に下げる方法 三井住友カード プライムゴールドは初年度年会費無料ですが、翌年度より通常年会費5,500円(税込)となります。 ですが「マイ・ペイすリボ」と「WEB明細」の両方の登録で年会費を最大1,500円(税込)まで下げられます。 年会費値引きの方法 年会費金額 (1)「WEB明細」+「マイ・ペイすリボ」の両方へ登録した場合 1,650円(税込) (2)「マイ・ペイすリボ」へ登録した場合 2,750円(税込) (3)「WEB明細」へ登録した場合 4,400円(税込) (4)両方登録なしの場合(割引なし) 5,500円(税込) 「WEB明細」は紙の明細書の代わりに、WEBで支払明細書が確認できるサービスです。過去1年間のうち、6回以上クレジットカード会社から請求を受ければ、年会費割引のサービスを受けられます。 「マイ・ペイすリボ」とは、1回払いが自動的にリボ払いになるサービスです。リボ払いは手数料がかかるので不安になるかもしれませんが、リボ払いの支払金額をカード利用限度額限界に設定しておけば、通常の1回払いと変わらず手数料も不要です。 ※2021年2月支払い分より「年1回以上のリボ払い手数料の支払い」が年会費の割引条件に変更されます 改定前 :マイ・ペイすリボで年1回以上の利用 改定後 :マイ・ペイすリボで年1回以上リボ払い手数料の支払い 年会費割引を受けるには、リボ払い手数料の支払いが必要となります。 三井住友カード プライムゴールドの詳細はこちら 満30歳以上三井住友カード ゴールドに切り替わる 満30歳以上になるとプライムゴールドは「三井住友カード ゴールド」に自動的に切り替えとなります。審査が厳しいといわれる三井住友のゴールドカードを手に入れやすい点はメリットです。 「将来ゴールドカードを持ってみたい」「ゴールドカードに憧れがある」という20代の人はデビュープラスカードを作っておくとゴールドカードへの近道になります。ただし三井住友カード ゴールド切り替えには所定の審査が必要です。 三井住友カード ゴールドの詳細はこちら 三井住友カード デビュープラスの魅力 実質年会費が無料 三井住友カード デビュープラスは初年度が年会費無料のクレジットカードです。2年目からは1,375円(税込)の年会費となりますが、年に1回以上のカード利用があれば翌年以降も年会費が無料になります。 三井住友カードのクレヒスを積むことができる クレヒス(クレジットヒストリー)とはクレジットカードやローンの契約情報や個人情報、利用履歴のことです。 長い期間クレジットカードを定期的に利用して支払いも問題なく行っている人は、良いクレヒスを積みあげており信用や返済能力があると判断され、ランクの高いクレジットカードの審査にとおりやすくなります。 逆に支払遅延や滞納があると悪いクレヒスが登録され審査が通らない可能性があります。 デビュープラスカードは若年層向けのカードのため審査に通りやすいクレジットカードです。学生のうちからデビュープラスカードを利用して良いクレヒスを積みあげていけば、ゴールドカードやプラチナカードといったステータスカードも手に入れやすくなります。 後払い電子マネーのiDが便利 デビュープラスカードでは電子マネー「iD」の利用が可能です。iDは後払い電子マネーのため、事前にチャージする必要がありません。 使った分の金額はクレジットカードに請求されて銀行口座から引き落とされるので、iDのカード残高を心配する必要がありません。 クレジットカードだとサインや暗証番号が必要な場合もありますが、電子マネーでは一切必要ないので、スピーディーな支払いを希望する方におススメの決済方法です。 デビュープラスカードにiDを搭載する場合、クレジットカード一体型タイプ、おサイフケータイ搭載タイプ、専用iDカードタイプがが選べる点はメリットです。 三井住友カードデビュープラスの詳細はこちら まとめ 三井住友カード デビュープラスは初年度が年会費無料、2年目以降もカンタンに年会費無料にできるので、維持費をおさえたいと考えている若い方におすすめのクレジットカードです。 他にも還元率も通常の三井住友カードの2倍、コンビニやファストフード店での利用でポイント5倍など、使えば使うほどポイントが貯まる三井住友カード デビュープラスはお得感満載のクレジットカードです。 さらに24時間365日クレジットカードの使用状況を監視するシステムで安心・安全に使えるセキュリティ対策がされています。 将来、ゴールドカードを持ちたいと考えている若い人は「三井住友カード デビュープラス」を持つことで26歳には「三井住友カード プライムゴールド」、30歳では「三井住友カード ゴールド」と自動的にクレジットカードがグレードアップの可能性があります。 クレジットカードを使ってみたい、お得感も味わいたい、将来ゴールドカードを持ってみたいと考えている若い人には三井住友カード デビュープラスは最適な1枚になるでしょう。
三井住友デビュープラスからの切り替えはクラシックorプライムゴールド?詳細を解説
クレジットカード
2021/01/20

クレジットカードは少額だと迷惑?拒否される理由や対処法を解説

クレジットカードは1円以上であれば決済可能です。しかし「数百円レベルの少額決済ではお店に嫌がられるのでは?」と心配になる方もいるかもししれません。 しかしクレジットカードで少額決済するメリットも多くあります。 この記事ではクレジットカードの少額での利用について解説します。 クレジットカードを少額決済でも迷惑にならない。メリットも紹介 クレジットカードを少額決済しても迷惑になりません。理由やメリットを紹介していきます。 1円以上で上限金額以内なら決済可能 「クレジットカードは高額な買い物や外食のときだけ利用するものだ」と思っている方もいるかもしれません。 しかし、クレジットカードはコンビニでお菓子やドリンクなど少額のお買い物で利用してもまったく問題はありません。 少額でも大丈夫と言っても、「クレジットカードの支払いは何円から可能か」と疑問を持っているかもしれません。 実はクレジットカード会社では「○○円以上の購入から利用可能」と規約は存在しません。規約上では1円以上の商品であればクレジットカードで購入できます。 コンビニなどではサインレスでスピーディー クレジットカード決済の場合、「サインや暗証番号の入力が面倒」と印象があるかもしれません。しかし、コンビニやスーパーなどで少額の買い物をする場合、サインレス決済がほとんどです。 一般的にコンビニでは10,000円、スーパーは30,000円未満であればサインや暗証番号の入力をしなくても利用できるので、時間をかけずに支払いが可能です。 通勤途中や昼休みなど短い時間でコンビニやスーパーを利用するなら、スピーディーに支払いができるクレジットカードがおススメです。 ポイントも貯まってお得 クレジットカードは少額でもポイントが付きます。 頻繁にコンビニで買い物をする場合、クレジットカード払いに切り替えると、知らないうちにポイントが貯まっていきます。 たとえば現金で500円分の弁当を買う場合、500円現金が減るだけです。しかし100円で1ポイント(還元率1.0%)付与されるクレジットカードを使えば、500円で5ポイントが貯まります。毎日500円クレジットカードで支払いをすると1か月で150ポイントも貯まります。 月間の合計利用金額にポイントが付与されるカードがおすすめ クレジットカードのポイントは1回の買い物金額で付与されるクレジットカードと、1か月の合計金額に対してポイントが付与されるクレジットカードがあります。 少額の買い物が多い場合、1か月の合計金額に対してポイント付帯するクレジットカードを利用することで、ポイントが無駄なく貯まります。 たとえば、498円の買い物を1か月(30日)した場合のポイントの付き方 (1)1回の買い物ごとにポイントが付与されるクレジットカード 498円だと4ポイント付与→4ポイント×30日→1か月につき120ポイント付与 ・毎回100円未満の「98円」が切り捨てとなり、30日×98円⁼2,940円分につくポイントが切り捨てられてしまいます。 (2)1か月の合計金額にポイントが付くクレジットカード 498円×30日⁼14,940円→100円につき1ポイント付与→1か月につき149ポイント付与 ・この場合は1か月の合計金額に付与されるので14,940円の100円未満の「40円」だけが切り捨てになります。   2,940円が切り捨てになるのは、少しもったいなく感じますよね。 店舗(カード加盟店)が少額利用を拒否する理由と対処法 規約違反ですが、「3,000円以下はクレジットカード利用不可」と少額のクレジットカード決済を拒否されるケースがあります。 なぜ少額決済が拒否されるのでしょうか?理由や対処法を紹介します。 カード利用分からお店がカード会社に手数料を支払うから カード加盟店がクレジットカードの支払いを嫌がる理由の一つは、クレジットカード会社に支払う手数料負担が大きいためです。 カード加盟店はクレジットカードで売り上げた金額の一部を手数料としてカード会社に払わなければいけません。現金で支払ってもらえれば全額手元に売上金が入るのに、クレジットカード払いにされると手数料分の利益が減るためです。 手数料は加盟店により異なる 加盟店がカード会社に支払う加盟店手数料は、業種・規模・売上規模により異なります。以下のように手数料も一律ではありません。 【加盟店手数料の相場】 業種 手数料 コンビニ  1%前後 デパート・百貨店  3%前後 個人経営飲食店  6%前後 コンビニの加盟店手数料が低く設定されている理由は、全国に店舗があり決済総額が高額になるためです。 逆に個人商店などの小規模店舗の場合、決済数も少なく倒産により未回収リスクが上がるため、加盟店手数料が高額の傾向です。 最低決済金額を設定するのは加盟店の規約違反 「カード払いは○○円以上からお願いします」といった張り紙を見かけることがあります。しかし、クレジットカード払いの最低利用金額はクレジットカード会社の規約違反となります。 「クレジットカード決済には支払い手数料3%が必要」と、加盟店が顧客にカード決済手数料を上乗せすることも禁止されています。 少額のカード払いにおすすめのクレジットカード 三井住友カード 三井住友カードは通常0.5%のポイント還元率がセブン‐イレブン、ファミリーマート、ローソン、マクドナルドで使うとポイント還元率2.5%になる「いつもの利用でポイント5倍」というサービスを行っています。 1%以上の還元率でも高還元率と言われる中、2.5%の還元率はなかなかマネできるものではありません。頻繁にコンビニやマクドナルドを使う方は、三井住友カードは持っておくべきクレジットカードと言えるでしょう。 三井住友カードの詳細はこちら Orico Card THE POINT オリコカードが発行するクレジットカードOrico Card THE POINTに搭載されているポストペイ電子マネー「iD」と「QUICPay」は少額利用に便利です。 ポストペイ電子マネーとは後払い式電子マネーのことで、使った金額を後からクレジットカードで引き落とすタイプの電子マネーです。チャージの手間もかからず使い勝手のいい電子マネーです。 コンビニの少額決済でクレジットカードは気が引けると考えている方でも、「iD」と「QUICPay」でスピーディーな支払いができてポイントも貯まる一石二鳥な1枚になるでしょう。 オリコカード・ザ・ポイントの詳細はこちら まとめ 今まで少額の商品をクレジットカードで決済することに、少し抵抗があった方もいるかもしれません。 しかし少ない金額でもクレジットカードのポイントはチリも積もれば山となり、確実にポイントが貯まっていきます。 カードを通すだけで終わるスピーディーな支払いは社会人や学生、主婦など忙しい人には時間節約となる素晴らしいアイテムになります。 毎日のお買い物を現金からクレジットカードに切り替えるだけで自由に使えるお金と時間が増えるはずです。 積極的にクレジットカードを使って賢くお得にお買い物を楽しんでくださいね。
クレジットカードは少額だと迷惑?拒否される理由や対処法を解説
クレジットカード
2021/01/20

クレジットカード診断!あなたにぴったりのおすすめクレジットカードがわかる

「クレジットカードの種類が多すぎてよくわからない」 「自分に合うクレジットカードの選び方を知りたい」 クレジットカード選びに悩むを持つなら、マネーフォワードモールで提供しているサービス「1秒診断」を試してみませんか? 1秒診断では、たった2つ質問に答えるだけで、あなたにピッタリなクレジットカードを複数提案します。 むずかしい質問はなく、「お金をよく使うシーン」「お金をよく使う具体的なお店」を答えるだけです。 あなたにピッタリのクレジットカードが発見できます。まずは、1秒診断がどのようなサービスなのか、詳しく紹介します。 マネーフォワードモールの「1秒診断」機能 マネーフォワードモールでは、「1秒診断」というお得な機能を提供しています。 マネーフォワードモールの1秒診断を利用することで、最適なクレジットカードが提案されます。 「クレジットカードを持ちたいけど、何が良いのかいまいちわからない」 「クレジットカードは結局全部同じでしょ?」 そんなことを思っている方には、ぜひ一度お試しいただきたい1秒診断。 たった2つの選択をするだけで、あなたに最適なカードをご提案されるので、時間もかかりません。まずは、1秒診断について詳しくお伝えします。 2つの選択肢で最適のおすすめのカードを提案します 「1秒診断」 1秒診断ではまず、普段のお買い物の中でもっとも多い支出先を、下記の6項目から選択します。 1.インターネットショッピング 2.百貨店 3.コンビニ 4.ショッピングモール 5.旅行 6.電子マネー 1~6までの中でもっとも支出先の多い項目を選択した後は、さらに具体的な店舗などが問われます。おおよそ3~6項目の中から具体的な支出先店舗を選択します。 自分がよくお金を使う場所でお得なカードがわかる 「普段、自分がよくお金を使う場所はどこですか?」 普段はあまり意識していないかもしれませんが、今までの生活を振り返ってみると思い出せますよね。 毎朝コンビニに寄って朝食とコーヒーを購入する人もいれば、毎晩スーパーに寄ってお買い物をする人もいます。普段、コンビニやスーパーなどには行かないけど、ネットショッピングは頻繁に利用する人もいるでしょう。 お金の使いみちは人それぞれです。そのためクレジットカードの種類もかなり多種多様なのです。 さまざまなサービスがあるために、結局どのクレジットカードを持てば良いのかわからなくなってしまいます。そこで大活躍なのが1秒診断です。自分がよくお金を使う場所は、自分がよく知っているはずです。 あなたの生活の毎日をちょっとお得にできるクレジットカードを1秒診断でご提案します。 普段の生活で1番支出の多いカテゴリから見つける 普段生活をする中で、もっとも多い支出先は自分でもお気付きですよね。自分が普段もっとも支出の多いカテゴリがわかれば、1秒診断を行うことで、自分にあったクレジットカードを発見できるはず。 もしも自分にあったカードが見つかれば、いつもどおりの生活スタイルがちょっとお得な生活に変わることでしょう。まずは、自分の生活の中でもっとも支出の多いカテゴリを発見しましょう。 インターネットショッピング インターネットショッピングと言っても、楽天やAmazon、ヤフーショッピングなどさまざまですよね。 たとえば、上記のような有名インターネットショッピングを利用されるのであれば、それぞれが提供するカードがとてもお得です。楽天であれば、楽天カード。AmazonであればAmazonカードやOrico Card THE POINTなど。 1秒診断では、他のカードとも比較検討できます。提案されたカードの中から自分にあった、最適な1枚がきっと見つけられることでしょう。 百貨店 百貨店を多く利用する人は、百貨店が発行するカードがおすすめです。ただ、複数の百貨店を利用される人は、使い分けるのが面倒ですよね。 そんなあなたには、百貨店で効率よくポイントが貯められるdカード(GOLD)がおすすめです。お使いのスマートフォンがドコモの方であれば、ポイント還元率なども含めかなりお得になるのでおすすめです。 もちろん、自分が普段利用する百貨店が決まっているのであれば、それらに特化したカードを持ったほうが良いです。人々の生活スタイルによって、最適なカードは異なるので、1秒診断で見つけてみてはいかがでしょうか。 コンビニ 「1日に1回以上は必ずコンビニに行く」という人も多いのではないでしょうか。そんなあなたに最適な1枚は三井住友カードです。 三井住友カードでは大手コンビニ3社(セブンイレブン・ローソン・ファミリーマート)でお買い物をされた場合、ポイントが5倍になります。三井住友カードのポイント還元率は0.5%なので、コンビニでの買い物は2.5%です。 毎日1,000円程度の買い物をされる方であれば、25円分のポイントが貯まります。1か月が30日と考えれば、1か月で750ポイント。1年間で見ればなんと9,125ポイント。 毎日の買い物をカードに変えるだけで1年間で9,125ポイントもお得になるんですね。ちなみに三井住友カードでは、貯めたポイントをマイルや商品券などと交換が可能です。 ショッピングモール イオンやマルイなどのショッピングモールで頻繁にお買い物をされる方は、エポスカードがおすすめです。 大手ショッピングモールのひとつであるマルイでは、年に4回、エポスカード利用で10%OFFというかなり太っ腹イベントを開催しています。 また、イオンで普段のお買い物をされる方には、イオンカードがおすすめ。イオン独自の電子決済サービスWAONが付帯されたカードや、イオンの利用でポイントがつねに2倍など、お得なサービスが豊富。 その他ショッピングモールに行かれる方も多いかと思います。各利用状況に合わせた最適なクレジットカードを1秒診断でご提案します。 旅行 旅行が好きな方は、効率よくマイルを貯めたいですよね。そんなあなたにはJALカードやANAカードがおすすめ。 旅行以外の普段のお買い物でもマイルが貯まったり、旅行時には通常以上のマイルが溜まりやすかったりと、マイルに特化したカード。 ただANAカードやJALカードと言っても、発行カード会社はさまざま。カード会社独自のサービスを提供していることもあり、自分にあった1枚を選ぶためには比較検討が必須。 1秒診断を行うことで、ご提案されるクレジットカードがある程度絞られるため、比較検討しやすくなります。 電子マネー 普段のお買い物から電子マネーを利用されている方は、電子マネーが一体化されたクレジットカードがおすすめ。普段の電子マネー決済と同じ感覚でクレジットカードを利用するだけで、ポイントが貯まります。 さらに、ポイント還元率の高いカードを選択して持つことで、今までの生活がちょっとお得になることでしょう。貯めたポイントを利用して商品に交換したり、マイルと交換したりできるため、メリットはかなり多いです。 まとめ クレジットカードの1秒診断についてお伝えしてきました。 クレジットカードと言っても、種類が豊富にありすぎて結局どのカードが一番お得なの?と、 悩んでしまうこともありますよね。 クレジットカードの選択方法には、支出先から選ぶ方法やクレジットカードを持つ目的から選ぶ方法。自分の属性から選ぶ方法など、さまざまな選択方法があります。 1秒診断を利用することで、自分の生活スタイルをそのままに、もっとも多い支出先からお得になる最適なカードをご提案。「普段の生活をお得に変えたい」そんなあなたはぜひ、1秒診断を利用してみてください。 おすすめのクレジットカード5選 おすすめのクレジットカードを5つ紹介します。 Orico Card THE POINT Orico Card THE POINTにはダブルの電子マネー機能が付いています。 【Orico Card THE POINTの電子マネー機能】 ・iD ・QUICPay iDもQUICPayもポストペイ型電子マネーです。 ダブルでの搭載により、iD加盟店とQUICPay加盟店の両方で電子マネー払いできるようになります。ポイント還元率は常時1.0%、高還元カードを持ちたい方にもおすすめする1枚です。 オリコカード・ザ・ポイントの詳細はこちら JALカードSuica 普通カード JALカードSuica 普通カードには次の機能が付いています。 【JALカードSuica 普通カードの機能】 ・Suica機能 ・JALマイレージカード機能 ・JRE POINTカード機能 貯まるのはJALマイルとJRE POINTの2種類です。しかし、JALマイレージカード機能で貯めたマイルはSuicaチャージに使えます。JRE POINTはマイルに移行できるため、無駄なく貯めて使えることでしょう。 JRE POINTカード機能はJRE POINT加盟店でカードを提示するとポイントが貯まる機能です。1枚のカードに3つの機能が付いているのが、JALカードSuicaの最大の魅力です。 JALカードの詳細はこちら dカード GOLD dカード GOLDには次の機能が付いています。 【dカード GOLDの機能】 ・電子マネーiD機能 ・dポイントカード機能 iDはポストペイ型電子マネーです。 事前チャージが面倒な方に便利な機能です。 dポイントカード機能はdカード特約店、dポイント加盟店でお得なポイントが貯まる機能です。dカード特約店の一つ、マツモトキヨシでは還元率が最大4.0%になります。独自のマツキヨポイントも貯まるので、合わせると還元率5.0%といえます。 dカード GOLDの詳細はこちら エポスカード 【エポスカードの機能】 ・セール期間中は10%オフ ・海外旅行保険が自動付帯 エポスカード(年会費無料)はマルイでショッピングする方におすすめする1枚です。マルイ・モディなどで開催されるセール「マルコとマルオの7日間」で10%オフになります。セール中の支払いはエポスカードで行ってください。 また、年会費無料ながら海外旅行保険が自動付帯されています。疾病治療の補償は270万円となっており、他社の年会費無料のカードより手厚いです。そのため、海外旅行中の病気にそなえたい方にもおすすめします。 エポスカードの詳細はこちら 三井住友カード 【三井住友カードの機能】 ・高セキュリティ ・対象店舗でポイント最大5倍 三井住友カードは大手カード会社「三井住友カード」が発行しています。特に、安全性を重視したい方におすすめできる「一般カード」です。 また「セブン-イレブン」「ローソン」「ファミリーマート」「マクドナルド」での利用はポイント5倍とお得に利用できます。 三井住友カードの詳細はこちら
クレジットカード診断!あなたにぴったりのおすすめクレジットカードがわかる