新規登録

新着記事一覧

クレジットカード
2020/08/25

ANA VISAワイドゴールドカードはどんな審査基準? 審査準備や審査の流れなどを徹底解説!

ANA VISAワイドゴールドカードの大きな魅力となるのが、ANAマイルの貯まりやすさです。 さらに空港ラウンジも無料で利用できるため、入手したいと考えている方は多いことでしょう。 しかし、ゴールドカード独自の審査基準で発行しているカードです。そのため、審査基準を満たしているかどうか気になりませんか? 今回の記事では、ANA VISAワイドゴールドカードの審査基準について分かりやすく解説していきます。審査準備や申し込み時の注意点が気になる方も、今回の記事をご一読ください。 ANA VISAワイドの詳細をみる ANA VISAワイドゴールドカードの審査は準備が肝心 ANA VISAワイドゴールドカードは年会費15,400円(税込)のゴールドカードとなります。 審査基準はカードのランク(スタンダード<ゴールド<プラチナ<ブラック)や年会費が上がるほど高くなるのが基本です。 審査基準に満たない場合は、残念ながらカードの発行は受けられません。そのため、次の準備を整えてから申し込みしてください。 【審査を受ける前に行いたい2つの準備】 ・安定継続収入を得ておく ・良好なクレヒスを作っておく 上記の準備について、詳しくは次のとおりです。 審査基準は本人に安定継続収入があること ANA VISAワイドゴールドカードでは次の入会資格を設けています。 【2つの入会資格】 ・年齢20歳以上であること ・本人に安定継続収入があること 特に注目したいのが「本人に安定継続収入があること」といった入会資格です。不安定な収入だと審査が不利になると考えたほうがよいでしょう。 ANA VISAワイドゴールドカードは、三井住友カードが発行会社となり、提携会社は全日本空輸です。 三井住友カードの公式サイトには安定継続収入について、ハッキリとした記載は見当たりません。しかし、入会希望者の収入には次の条件があると考えられます。 【収入にある2つの条件】 ・勤続年数1年以上 ・年収200万円以上 収入は勤続年数の短い方より、長い方のほうが安定しやすいです。勤続年数1年未満の方は、1年以上になるまで申し込みを控えたほうがよいでしょう。 単純に2つの入会資格を満たしただけでは審査に通らない恐れがあります。それは、ゴールドカード独自の審査基準で発行されているからです。 独自の審査基準について、三井住友カードでは公表していません。しかし、最低でも年収200万円以上が必要になるでしょう。 年収200万円の根拠となるのが年代別の平均年収です。もう一つの入会資格「年齢20歳以上であること」から20代前半の平均年収を見てみましょう。 【20~24歳の平均年収】 性別 平均年収 男性 284万円 女性 249万円 計 267万円 ※参照:平成30年分の民間給与実態統計調査 https://www.nta.go.jp/publication/statistics/kokuzeicho/minkan2018/pdf/001.pdf スタンダードカードの場合、収入の少ないアルバイト・パートでも申し込みできることが多いです。中には本人に収入のない専業主婦でも申し込みできるスタンダードカードがあります。しかし、ANA VISAワイドゴールドカードだと審査通過が厳しくなるでしょう。 これまでのクレヒスで実績があること カード会社による審査ではクレヒス(信用情報)をチェックするのが基本です。これまでのクレジット・ローンの履歴のことをクレヒスと言います。クレヒスが真っ白で何も履歴がない方だと、カードの審査が厳しくなることがあります。 短期間に複数枚申し込みをしない 次にカードへ申し込みする際の注意点を紹介します。短期間に複数枚のカードへ申し込みすることを「多重申し込み」と呼びます。 多重申し込みしている方は、カードの審査通過が厳しいです。多重申し込みする方には次の傾向があります。 【多重申し込みする方の主な傾向】 ・お金に困っている ・他社カードの審査に落ちた ・キャンペーン目的 「お金に困っている方」「他社カードの審査に落ちた方」は貸し倒れのリスクが高い入会希望者です。 キャンペーン目的の方だと審査に通過させても、カードを継続的に利用してもらえない可能性が高くなります。カードの発行やサービスの提供にはコストがかかるため、キャンペーン目的の入会希望者は避けたい存在です。 カード会社によって判断が異なるものの、1か月に3枚以上で多重申し込みとなる可能性があります。クレヒスに付いた申し込みの履歴は半年ほどで削除されます。 すでに1か月で2枚のカードへ申し込みしている方は、半年待ってからANA VISAワイドゴールドカードへ申し込みするとよいでしょう。 ANA VISAワイドの詳細をみる ANA VISAワイドゴールドカードの審査の流れ ANA VISAワイドゴールドカードの審査は、次のような流れで進みます。 【審査の流れ】 1.申し込み内容のチェック(名前や住所、勤務先など) 2.必要書類のチェック 3.自社での取引状況のチェック 4.クレヒス(信用情報)のチェック 5.審査完了 申し込み状況によっては、勤務先に在籍確認の電話が入る可能性もあります。 申し込みからカード受領までの期間 ANA VISAワイドゴールドカードは最短3営業日で発行しています。(19時30分までにオンラインで申し込みした場合) ただしカードが郵送される関係上、発行された日=受領できる日ではありません。申し込みからカード受領までの期間は1週間が目安となるでしょう。 申し込み時に必要なもの ANA VISAワイドゴールドカードへ申し込みするときに必要なのが次の書類です。 【必要書類】 ・本人確認できる書類(運転免許証、または運転経歴証明書) ・口座番号がわかる書類(金融機関の通帳やキャッシュカード) 運転免許証や運転経歴証明書がない方は、健康保険証やパスポートなど他の書類が指定されます。 これまでのANA VISAカードからランクアップする方法 ANA VISAカードをすでに持っている場合は、ANA VISAワイドゴールドカードへランクアップできます。 【ランクアップの申し込み先】 https://www.smbc-card.com/mem/update/kirikae_ana.jsp ランクアップ時にも審査が行われます。審査に落ちてしまったときは、ランクアップできません。 ANA VISAワイドの詳細をみる ANA VISAワイドゴールドカードの特典 ANA VISAワイドゴールドカードの大きな魅力となるのが次の特典です。 【魅力な特典】 ・ANAのボーナスマイルがどんどん貯まる ・空港ラウンジ ・ポイント2倍コースのマイル移行手数料がかからない 上記の特典について、詳しく紹介します。 ANAのボーナスマイルがどんどん貯まる 特に着目したいのが、搭乗ボーナスマイルです。ANA VISAカードの搭乗ボーナスマイルは10%となります。しかし、ANA VISAワイドゴールドカードなら25%です。 【搭乗ボーナスマイルの計算式】 ・ANA VISAカード「区間基本マイレージ×クラス・運賃倍率×10%」 ・ANA VISAワイドゴールドカード「区間基本マイレージ×クラス・運賃倍率×25%」 10%→25%へアップした分だけ、ボーナスマイルが貯まりやすいです。さらに入会時と継続時にも2,000マイルもらえます。 空港ラウンジ ANA VISAワイドゴールドカードには空港ラウンジサービスが付いています。 【利用できるラウンジのある空港一覧】 地方 空港名 北海道 新千歳空港、函館空港、旭川空港 東北 青森空港、秋田空港、仙台国際空港 関東 成田国際空港、羽田空港 北陸 新潟空港、富山空港、小松空港 中部 中部国際空港、富士山静岡空港 関西 関西国際空港、神戸空港、伊丹空港 中国 岡山空港、広島空港、米子空港、山口宇部空港、出雲縁結び空港 四国 徳島空港、高松空港、松山空港 九州 福岡空港、北九州空港、長崎空港、大分空港、熊本空港、宮崎空港、鹿児島空港 沖縄 那覇空港 海外 ハワイ ダニエル・K・イノウエ国際空港 国内主要32空港、海外1空港のラウンジが無料です。 ポイント2倍コースのマイル移行手数料がかからない カードで貯めたVポイントはANAマイルへの移行が可能です。マイル移行には3つのコースがあります。 【3つのコース】 ・通常コース(1ポイント→1マイル) ・2倍コース(1ポイント→2マイル) ・3倍コース(1ポイント→3マイル) 移行レートの高い2倍コースは通常コースより2倍お得です。ANAカードによっては、2倍コースでマイル移行手数料6,600円(税込)が発生します。 しかし、ANA VISAワイドゴールドカードならマイル移行手数料無料です。無駄なく貯めてマイルへ移行できるゴールドカードとなっています。 ANA VISAワイドの詳細をみる まとめ ANA VISAワイドゴールドカードの審査について解説してきました。審査通過のポイントについて、次に簡単にまとめてみます。 【審査通過のポイント】 ・年齢20歳以上 ・安定継続収入 ・勤続年数1年以上 ・年収200万円以上 ・良好なクレヒス ゴールドカード独自の審査基準がわかりにくい方は、上記のポイントを抑えながら申し込みするとよいでしょう。 また、審査が不利になる多重申し込み(1か月で3枚以上が目安)にも注意してください。 ANA VISAワイドゴールドカードで効率よくマイルを貯めて、特典航空券のお得な旅を叶えてみてください。 ANA VISAワイドの詳細をみる
ANA VISAワイドゴールドカードはどんな審査基準? 審査準備や審査の流れなどを徹底解説!
クレジットカード
2020/08/25

アメックス(アメリカン・エキスプレス)のステータス性はなぜ高いかを徹底検証

アメックスのクレジットカードは、アメリカに本社がある American Express(アメリカンエキスプレス)社が発行しています。 そして、日本国内でさまざまなクレジットカードが発行される中で、ステータス性の高いカードと言えば、真っ先にアメックスの名前が思いつくという方も多いのではないでしょうか。 アメックスのクレジットカードは一般ランクのカードでも、他社のゴールドカード相応のサービスや特典が付帯します。 そこで今回は、アメックスのステータス性がなぜ高いのかの理由について徹底検証していきます。ステータス性が高い=審査通過が難しいということもないので、ぜひこれを機にアメックスを持つことを考えてみてください。 アメックスのステータス性が高い理由 アメックスのステータス性が高い理由はいくつかありますが、その中で代表的なものが以下の4つです。 一般カードでもゴールドカード並みの年会費とサービス 空港ラウンジが利用できる  充実の旅行保険 審査基準も一般的なカードに比べて高い それぞれの内容について詳しくまとめているので見ていきましょう。 一般カードでもゴールドカード並みの年会費とサービス アメックスの発行するクレジットカードは他社カードと比べると年会費が高い傾向にあります。 アメリカン・エキスプレス・カード(一般):13,200円(税込) アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード:31,900円(税込) アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード:143,000円(税込) 一般的にもっともスタンダードなランクとなる一般カードは永年年会費無料だったり、条件付きで年会費無料になったりすることが多いです。 アメックスは一般ランクのアメリカン・エキスプレス・カードでさえも、1万円を超える金額になっていて、これは他社のゴールドカードよりも高額になっています。 金額が高いのにはしっかりとした理由があり、アメックスのカードで第一に見てほしいのがサービス内容です。 たとえば、他社の一般カードでは空港ラウンジが利用できることはありませんし、その他の空港関連サービスや万が一のときの保険付帯もアメックスのカードの方が充実度ははるかに高いです。 さらに買い物の不正利用やトラブルの補償としてアメックスでは「プロテクション・サービス」という独自のサービスが付帯。他社にない魅力と特徴があります。 空港ラウンジが利用できる  アメックスの発行するクレジットカードを持っていれば、一般カードから空港ラウンジを利用できます。 一般カードとゴールドカードで利用できる空港ラウンジは共通、国内外29空港が対象です。 利用当日にアメリカン・エキスプレスのカードと搭乗券を提示すれば、カードの本会員だけでなく同伴者1名も無料利用できます。 さらにプラチナカードになると利用できる空港ラウンジの充実度が一般やゴールドカードよりもレベルアップします。 世界1,200ヶ所以上の空港ラウンジが利用できるようになり、プラチナカード会員専用の「センチュリオン・ラウンジ」をはじめ、世界中のさまざまな国や地域の空港で搭乗までの時間を過ごせます。 また、プラチナカードは7つのラウンジ・プログラムが利用対象で、詳しくは以下を参考にしてください。 センチュリオン・ラウンジ インターナショナル・アメリカン・エキスプレス・ラウンジ プライオリティ・パス デルタ・スカイクラブ エスケープ・ラウンジUS エアスペース プラザ・プレミアム・エアポート・ラウンジ プラチナカードがあればほぼ世界中のラウンジが利用できるでしょう。 充実の旅行保険 万が一のときに心強い旅行保険の内容が充実していることも、アメックスのクレジットカードのステータス性が高い理由につながります。 以下でアメックスのクレジットカードにおける、海外旅行保険の補償についてまとめてみました。 カード種類 補償内容 アメリカン・エキスプレス・カード(一般) 海外旅行傷害保険:最高5,000万円まで補償 アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード 海外旅行傷害保険:最高1億円まで補償(旅行に関する費用の支払いをカードでおこなっていない場合は最高5,000万円までの補償) アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード 海外旅行傷害保険:最高1億円まで補償(旅行に関する費用の支払いをカードでおこなっていない場合は最高5,000万円までの補償) その他にも飛行機の遅れによる臨時出費を補償 してくれる航空便遅延補償が付帯したり、ショッピング・プロテクションではアメックスのクレジットカードを使って購入した商品の破損・盗難を補償してくれたりします。(購入日から90日間、1名様年間最高500万円まで) 審査基準も一般的なカードに比べて高い どのクレジットカードを作成するにしても、個人信用情報に金融事故情報の登録がない、借金残高や件数が多すぎないなどのことが求められます。 しかし、それ以外にアメックスのクレジットカードでは一定の審査基準を設定していて、一般的なカードよりも高いとされています。 具体的な審査基準は公表されていませんが、一般カードやゴールドカードでは満20歳以上で安定収入のある方、勤続年数が2~3年以上のことが求められます。また、年会費を支払えるだけの能力も必要でしょう。 さらにプラチナカードになると一般やゴールドカード以上に審査基準は高くなります。以前と異なり、インビテーション制から申し込み制に変更になり、誰でも申し込みはできます。 しかし、アメックスの新規入会の方ですと審査通過は厳しく、1ランク下のゴールドカードで良好な実績を築くことが求められるという口コミも見られる状況です。 アメリカン・エキスプレス基本情報 こちらでは、アメリカン・エキスプレスのクレジットカードの基本情報についてまとめています。 ゴールド、プラチナ、ブラックと希少性が高まる アメリカン・エキスプレスのクレジットカードは、もっともベーシックなアメリカン・エキスプレス・カードは通称グリーンカードとも呼ばれます。 ゴールドランクのアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード、アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カードというようにランクやステータス性が高くなり、希少性も高まります。 そして、アメックスのクレジットカードの中で最上位となるのが、ブラックカードと呼ばれる「アメリカン・エキスプレス・センチュリオン・カード」です。こちらはインビテーション制を導入するカードなため、誰でも気軽に持つことはできません。 初年度に入会金が540,00円(税込)、年会費が378,000円(税込)かかりますが、それ以上の詳しい内容はブラックカードホルダーにならないとわからないと言われるほど、謎に包まれています。 アメリカン・エキスプレス・カードの基本情報 「アメックスグリーン」などと呼ばれる、アメリカン・エキスプレス・カードの基本情報について見ていきましょう。 本会員カード年会費13,200円(税込) 家族カード年会費:6,600円(税込) 手荷物無料宅配サービス、海外旅行先での24時間日本語サポートをはじめ、カード会員様専用旅行サイト(アメリカン・エキスプレス・トラベル オンライン)、電話1本で旅行の手配が可能な「HIS アメリカン・エキスプレス・トラベル・デスク」が利用できるなど、旅行関連のサービスも充実しています。 アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードの基本情報 「アメゴ」と呼ばれ、ステータスの証として知られていたアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードの基本情報は以下のようになります。 年会費31,900円(税込) 家族カード1枚目無料、2枚目以降13,200円(税込) 他社のプラチナカードにも劣らぬ付帯サービスがそろっていて、アメリカン・エキスプレス・カードのサービスよりも充実度は高くなります。 各空港間の送迎を割安の定額料金で利用できる「エアポート送迎サービス」、国内外約200店舗のレストランで所定のコースメニューを2名以上で予約すると1名分の料金が無料になる「ゴールド・ダイニング by 招待日和」をはじめ、その他にもさまざまなシーンで役立つサービスがあります。 コスパ良くアメックスブランドのカードを持つ方法 当記事で紹介しているのはアメリカン・エキスプレス社の発行するプロパーカードで年会費の価格設定も高めです。そこで、年会費をおさえて、かつアメックスのカードを持ちたい方におすすめの方法をご紹介します。 プロパーカードでも家族カードを活用する プロパーカードですと一番安い価格設定でも、アメリカン・エキスプレス・カード13,200円(税込)です。しかし、年会費の価格が予算的に厳しい場合、家族カードにすれば支出をおさえてアメックスのカードを持つことができます。 たとえばアメリカン・エキスプレス・カードであれば、すでに紹介したように6,600円(税込)ですし、アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードになると1枚目は無料です。 セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カードを持つ 家族カード以外にアメックスのクレジットカードを持つ方法が「セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード」を持つことです。 しかし、こちらは発行元がアメリカン・エキスプレス社ではなく、セゾンカードになっているので注意してください。 年会費は26歳になるまで無料、26歳以上の方は初年度年会費無料の2年目以降3,300円(税込)、ファミリーカード年会費が1枚あたり1,100円(税込)です。 一般ランクのカードに該当し、アメリカン・エキスプレス・カードほどの充実度はありませんが、永久不滅ポイントといったセゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カードだけの特典があります。 セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カードの詳細はこちら まとめ アメックスのステータス性がなぜ高いのかの理由について解説しました。 アメックスのクレジットカードは大きく4つのランクに分かれていて、ステータス性も異なります。もっともベーシックなランクを選んだとしても他社ではゴールドカードに相当する内容ですし、支払う年会費以上の価値があることでしょう。 ぜひ、アメックスのクレジットカードを手に入れて、普段の生活の中で活用してみてはいかがでしょうか。
アメックス(アメリカン・エキスプレス)のステータス性はなぜ高いかを徹底検証
クレジットカード
2020/08/25

Amazon利用で最大3.0%のポイント還元!おすすめのクレジットカード3選

「Amazonでよく買い物するけど、もっとお得になるクレジットカードってないのかな?」 Amazonでポイントが貯まりやすいクレジットカードを使うかどうかで、「最大7倍も損している」可能性があります。(還元率0.5%と3.5%のカードを比較) Amazon利用者がお得に使えるクレジットカードを3つ紹介します。 【オリコカード・ザ・ポイント】Amazon利用で最大3.0%のポイント還元率! オリコカード・ザ・ポイントは年会費が永年無料で使える上に、Amazon利用で最大3.0%のポイント還元が受けられます。 ポイント1:Amazon利用で最大3.0%のポイント還元率 オリコカード・ザ・ポイントを使ってAmazonを利用すると、最大3.0%のポイント還元が受けられます。  ● 通常ポイント1.0%+入会後半年間限定で2.0%=3.0%の高還元 家具・家電など高額商品をAmazonで購入予定の場合は、入会後半年間の間にまとめて買いましょう!一気にポイントが貯められます。 ポイント2:通常時でも2.0%のポイント還元率 「オリコモール(無料)」を経由して買い物するだけで、いつでも2.0%のポイント還元が受けられます。 入会後半年経過後も2.0%の還元が受けられるので、他カードと比較しても高い還元率です。 ポイント3:年会費が永年無料 年会費は永年無料で利用できます。 Amazonでたくさんポイントを貯められても、年会費がかかっては意味がありません。 オリコカード・ザ・ポイントは永年無料で利用できるので、負担なくクレジットカードを持ち続けられます。 オリコカード・ザ・ポイントの詳細をみる 【三井住友カードデビュープラス】Amazon利用で最大3.5%のポイント還元率! 三井住友カード デビュープラスを使ってAmazon利用すると最大3.5%ポイント還元が受けられます。 ポイント1:Amazon利用で最大3.5%のポイント還元率 三井住友カード デビュープラスを使ってAmazonを利用すると、最大3.5%のポイント還元が受けられます。  ● 通常ポイント1.0%+入会後3ヶ月ポイント5倍+ポイントアップモール1.0%=還元率3.5% 入会後3ヶ月間に必要なものをまとめて購入すると、どんどんポイントが貯まっていきます! ポイント2:通常時でも2.0%のポイント還元率 入会後4ヶ月目以降でも、Amazon利用で最大2.0%のポイント還元率です。 「ポイントアップモール(無料)」を経由して買い物するだけなので、誰でも簡単に2.0%還元が受けられます。 ポイント3:年1回以上の利用で年会費無料 「年1回以上の利用」があれば、年会費無料で利用できます。 Amazonで年1回だけ買い物するだけで年会費が無料となるので、簡単にクリアできる条件です。(利用がない場合:1,250円) 三井住友カード デビュープラスの詳細をみる 【JALカード】Amazon利用で最大1.5%のポイント還元率! JALカードを使ってAmazon利用すると最大1.5%ポイント還元が受けられます。 ポイント1:Amazon利用で最大1.5%のマイル還元率 JALカードを使ってAmazonを利用すると、最大1.5%のポイント還元が受けられます。  ● 通常マイル0.5%+ショッピングプレミアム0.5%+JALマイレージモール0.5%=還元率1.5% 上記2カード比較すると還元率は低めですが、全てJALマイルでの還元のため旅行好きの人にはおすすめです。 ポイント2:ショッピングプレミアム加入で最大2.0%還元 ショッピングプレミアムは加入で、最大2.0%のポイント還元が受けられます。年会費3,000円(税抜)が必要な点はデメリットですが、いつでも2倍の還元率(1.0%)です。  ● 通常:1.0%還元  ● Amazon:1.5%還元  ● 指定特約店:2.0%還元 特約店は全国54,000店用意されており、ポイント還元率がさらに2倍の2.0%で利用できます。 ポイント3:フライトマイルが10%加算される フライトマイルが搭乗ごとに常に10%加算さます。 さらに免税店での5%割引もされるので、JALを使う機会が多い人にはお得な特典です。 JALカードの詳細をみる 【おすすめ】Amazonで最大3.0%ポイントが貯まるクレジットカードはオリコカード・ザ・ポイント! オリコカード・ザ・ポイントはポイント還元率が高く、年会費が無料のメリットがあります。 ● 年会費永年無料 ● 基本ポイント還元率が1.0% ● Amazon利用の場合は常時2.0%のポイント還元率 ● さらに入会後半年間は3.0%の還元率 オリコカード・ザ・ポイントの詳細をみる オリコカード・ザ・ポイントは基本の還元率も高い オリコカードが発行する「オリコカード・ザ・ポイント」はAmazonを利用する際にとてもお得なクレジットカードです。 年会費は永年無料、基本のポイント還元率は1.0%です。Amazon以外のショッピング利用でも十分高還元なカードといえます。 オリコモールを経由&入会後半年間はAmazon最強カードに! さらにショッピングサイトのオリコモールを経由して買い物をすると、Amazon利用時のポイント還元率が2.0%にアップします。 新規入会後6カ月間はポイント還元率が常時2倍となり、Amazon利用時は3.0%還元となります。 この期間内にまとまった金額の買い物をすることで、ポイント還元率2倍の特典を大きく活かすことが可能です。 ポイントを貯めやすい&使いやすいので便利 オリコカード・ザ・ポイントは100円単位でポイントが貯まります。1,000円で10円分のポイントが貯まるカードも1.0%といえますが、999円以下の利用分ではポイントが貯まりません。 例えば同じ1,900円の買い物があったとすると、  ● 1,000円単位のカード:10ポイント(10円分のポイント)  ● 100円単位のカード:19ポイント(19円分のポイント) このような差が生まれます。オリコカード・ザ・ポイントは100円単位なので無駄なく貯めることができますよね。 さらに500ポイントから500円分のAmazonギフト券に交換できて使いやすいです。「1,000ポイント貯まるまで交換できない」というカードも多い中で、500ポイントから使えるのは大きなメリットです。 申し込みをしたらすぐにメールでギフトコードが送られてくるので、ポイント交換手続き後に長時間待つ必要もなくとても便利でおすすめです。 【オリコカード・ザ・ポイント】Amazon利用で最大3.0%のポイント還元率! ● ポイント1:Amazon利用で最大3.0%のポイント還元率 ● ポイント2:通常時でも2.0%のポイント還元率 ● ポイント3:年会費が永年無料 オリコカード・ザ・ポイントの詳細をみる 【三井住友カードデビュープラス】Amazon利用で最大3.5%のポイント還元率! ● ポイント1:Amazon利用で最大3.5%のポイント還元率 ● ポイント2:通常時でも2.0%のポイント還元率 ● ポイント3:年1回以上の利用で年会費無料 三井住友カード デビュープラスの詳細をみる 【JALカード】Amazon利用で最大1.5%のポイント還元率! ● ポイント1:Amazon利用で最大1.5%のマイル還元率 ● ポイント2:ショッピングプレミアム加入で最大2.0%還元 ● ポイント3:フライトマイルが10%加算される JALカードの詳細をみる
Amazon利用で最大3.0%のポイント還元!おすすめのクレジットカード3選
クレジットカード
2020/08/17

多機能クレジットカードはメリットが豊富! 自分に合った多機能カードの選び方も紹介!

クレジットカードによっては電子マネー機能やポイントカード機能など、さまざまな機能が付いていることがあります。 これらを多機能クレジットカード(多機能カード)と呼んでおり「1枚で複数の機能を利用できる」のが最大のメリットです。 しかし、カード初心者の方だとどんな多機能カードがあるのかわからないことはありませんか? 本記事では多機能カードのメリットや、おすすめの多機能カードについて紹介します。自分に合った多機能カードの選び方もあわせて紹介するため、興味がある方は本記事をご一読ください。 多機能クレジットカードのメリット 多機能カードにあるのが次のメリットです。 【多機能カードの2大メリット】 ・1枚でさまざまな機能が一体となっているので便利 ・ポイントが連携しあっているのでお得 1枚でさまざまな機能が一体となっているので便利 カードのメインとなるのがクレジット機能です。クレジット機能では街やネットの加盟店でカード払いできます。 例えば1枚のカードで「クレジット機能+電子マネー機能+ポイントカード機能」の3つを利用できます。カードの管理が楽になるのが多機能カードです。 電子マネー機能 少額な買いものをするときに便利なのが電子マネー機能です。お店のレジにある端末にカードをかざすだけで電子マネー払いが完了します。お財布から小銭を出す必要はありません。 【電子マネーの種類】 電子マネーのタイプ 特長 代表的な電子マネー プリペイド型 事前チャージ(入金)した分だけ利用できる 楽天Edy、Suica、nanaco、WAON ポストペイ型 チャージ不要で利用できる iD、QUICPay プリペイド型は事前チャージが必要な電子マネーです。オートチャージ利用も可能です。 一方、ポストペイ型では後払い式で、クレジットカードを紐づけして利用するのが一般的となっています。 電子マネーの代金は紐づけさせたクレジットカードの代金と一緒に引き落としされます。そのため、事前チャージする手間はかかりません。多機能カードに付いているのがプリペイド型なのかポストペイ型なのか確認しておきましょう。 ポイントカード機能 街のお店でポイントを貯めて使いたいときに便利なのがポイントカード機能です。家電量販店独自のポイントカードでは、その家電量販店しか使えません。しかし、多機能カードなら街のさまざまなポイントカード加盟店で使えます。 【主なポイントカード加盟店のジャンル】 ・コンビニ ・スーパー・百貨店 ・ドラッグストア ・飲食チェーン ・家電量販店 ・本・CD・DVD ・ファッション ・ガソリンスタンド ・レンタカー ・宿泊施設 日ごろからよく買いものするお店がポイントカード加盟店ならポイントが貯まりやすいです。ポイントの使い方に困ったときにも便利な機能となるでしょう。 ポイントが連携しあっているのでお得 クレジット機能、電子マネー機能、ポイントカード機能、どの機能でも同じポイントが貯まる多機能カードが見られます。貯まるポイントが別々にならないため、無駄なく貯めて使えるのが魅力です。 また、多機能カードによってはポイントとマイルと両方貯まることがあります。しかし、ポイントとマイルで連携しあっているため無駄にはなりません。 おすすめの多機能クレジットカード 今回の記事でおすすめするのは次の多機能カードです。 【おすすめ多機能カード5選】 ・ANA VISA Suicaカード ・JALカードSuica 普通カード ・TOKYU CARD ClubQ JMB PASMO ・dカード GOLD ・Orico Card THE POINT それぞれどんな機能が付いているのか紹介します。 ANA VISA Suicaカード ANA VISA Suicaカードには次の機能が付いています。 【ANA VISA Suicaカードの機能】 ・Suica機能 ・ANAマイレージカード機能 Suicaは交通系電子マネーの代表的な存在です。交通系電子マネーには改札機にカードをかざすだけ、電車の乗り降りがスムーズになるメリットがあります。また店頭での決済でも使える交通系電子マネーが多いです。 ANAマイレージカード機能ではANAグループ便への搭乗でマイルが貯まります。さらに、割り増しボーナスマイルまで貯まるお得な機能です。 クレジット機能で貯めたVポイントはマイルやSuicaに移行できます。ポイントとマイルはきちんと連携しあっています。 ANA VISA Suicaカードの詳細はこちら JALカードSuica 普通カード JALカードSuica 普通カードには次の機能が付いています。 【JALカードSuica 普通カードの機能】 ・Suica機能 ・JALマイレージカード機能 ・JRE POINTカード機能 貯まるのはJALマイルとJRE POINTの2種類です。しかし、JALマイレージカード機能で貯めたマイルはSuicaチャージに使えます。JRE POINTはマイルに移行できるため、無駄なく貯めて使えることでしょう。 JRE POINTカード機能はJRE POINT加盟店でカードを提示するとポイントが貯まる機能です。1枚のカードに3つの機能が付いているのが、JALカードSuicaの最大の魅力です。 JALカードの詳細はこちら TOKYU CARD ClubQ JMB PASMO TOKYU CARD ClubQ JMB PASMOに付いている機能は次の3つです。 【TOKYU CARD ClubQ JMB PASMOの機能】 ・PASMO機能 ・JALマイレージカード機能 ・東急ポイントカード機能 PASMOは主に首都圏の鉄道やバスで利用できる交通系電子マネーです。PASMOエリアに住んでいる方は鉄道やバスの利便性が高まります。 東急ポイントカード機能は、TOKYU POINT加盟店でカードを提示するとポイントが貯まる機能です。最大10%のポイント還元が受けられるお得な機能となります。 貯めたTOKYU POINTは加盟店での買いもの、PASMOチャージ、マイルへの移行に使えます。 TOKYU CARDの詳細はこちら dカード GOLD dカード GOLDには次の機能が付いています。 【dカード GOLDの機能】 ・電子マネーiD機能 ・dポイントカード機能 iDはポストペイ型電子マネーです。 事前チャージが面倒な方に便利な機能です。 dポイントカード機能はdカード特約店、dポイント加盟店でお得なポイントが貯まる機能です。dカード特約店の一つ、マツモトキヨシでは還元率が最大4.0%になります。独自のマツキヨポイントも貯まるので、合わせると還元率5.0%といえます。 dカード GOLDの詳細はこちら Orico Card THE POINT Orico Card THE POINTにはダブルの電子マネー機能が付いています。 【Orico Card THE POINTの電子マネー機能】 ・iD ・QUICPay iDもQUICPayもポストペイ型電子マネーです。 ダブルでの搭載により、iD加盟店とQUICPay加盟店の両方で電子マネー払いできるようになります。ポイント還元率は常時1.0%、高還元カードを持ちたい方にもおすすめする1枚です。 オリコカード・ザ・ポイントの詳細はこちら 自分に合った多機能クレジットカードの選び方 自分に合わない多機能カードを作っても、使いこなせないことがあります。自分に合った多機能カードを選ぶために、下記のチェックをしてみてください。 【多機能カードの選び方】 ・自分のライフスタイルで利用シーンが多いか ・貯まるポイントが使いやすいか それぞれの選び方について、詳しく解説します。 自分のライフスタイルで利用シーンが多いか 自分のライフスタイルに合った多機能カードを選ぶと使いこなしやすいです。 【ライフスタイルに合った選び方】 ライフスタイル ピッタリな多機能カード 通学・通勤で電車・バスをよく利用する方 交通系電子マネー機能付き 旅行や出張で飛行機によく搭乗する方 ANA・JALマイレージカード機能付き コンビニ・スーパー・ドラッグストアをよく利用する方 ポイントカード機能付き 電子マネーをよく利用する方 ダブルの電子マネー機能付き 電子マネー機能・ポイントカード機能で選ぶときは、使えるエリア・使える加盟店を事前に調べておきましょう。 貯まるポイントが使いやすいか 貯めたポイントの使い方は多機能カードによって異なります。せっかく貯めたポイントが使いにくいのでは無駄になりかねません。そのため、多機能カードはポイントの使いやすさで選ぶとよいでしょう。 【ポイントの使いやすさによる選び方】 ポイントの使い方 ピッタリな多機能カード 交通系電子マネーへのチャージ 交通系電子マネー機能付き 飛行機の座席アップグレードや特典航空券 ANA・JALマイレージカード機能付き 街の加盟店 ポイントカード機能付き まとめ 今回の記事では多機能カードについて紹介してきました。 【多機能カードのメリット】 ・さまざまな機能が付いているためカードの管理が楽になる ・ポイントが連携しあっているため無駄になりにくい ・電子マネー機能付きならキャッシュレスな支払ができるお店が増える ・ポイントカード機能付きなら街の加盟店でもポイントを貯めて使える カード初心者で慣れないうちはクレジット機能だけで構いません。慣れてきたら電子マネー機能、ポイントカード機能と徐々に増やしていくとよいでしょう。 また、どの多機能カードがよいのかわからない方は、今回紹介したおすすめの多機能クレジットカードをご参考ください。
多機能クレジットカードはメリットが豊富! 自分に合った多機能カードの選び方も紹介!
クレジットカード
2020/08/17

銀行系クレジットカードにはどんなメリット・デメリットがある? おすすめ銀行系カードも紹介!

銀行系クレジットカードは「銀行が発行するキャッシュカード一体型」と「銀行グループ会社が発行するカード」と大まかに分けて2種類あります。 カード初心者の方だとどちらがよいのか、わかりにくいですよね。結論から言うとおすすめするのは、銀行グループ会社が発行するカードです。 本記事ではそれぞれのカードの違いやメリット・デメリットをさらに詳しく紹介していきます。おすすめの銀行系クレジットカードもあわせて紹介するため、気になる方は本記事をご参考ください。 キャッシュカード一体型カードのメリットとデメリット まず先に銀行が発行するキャッシュカード一体型のメリット・デメリットについて整理します。 【メリット・デメリット】 メリット:2枚の機能を1枚にまとめられる デメリット:還元率や特典で劣り、口座が指定されてしまう メリット:2枚の機能を1枚にまとめられる 銀行の発行するキャッシュカード一体型には「キャッシュカード機能+クレジット機能」が付いています。そのため、キャッシュカードとクレジットカードと2枚持つ必要はありません。通常2枚持つところ、1枚ですむのがキャッシュカード一体型のメリットです。 また、キャッシュカード一体型によってはSuica機能(電車やバス、買いものなどに利用できるICカード)が付いていることがあります。Suicaは改札機をスムーズに通過したい方にも便利な機能です。「キャッシュカード機能+クレジット機能+Suica機能」付きなら3枚が1枚ですみます。 デメリット:還元率や特典で劣り、口座が指定されてしまう ただし、キャッシュカード一体型にあるデメリットには注意してください。 【2つのデメリット】 ・ポイント還元率やカードの特典が劣る ・口座が指定されてしまう 還元率や特典が劣る キャッシュカード一体型では低めのポイント還元率(0.5%ほどが目安)がよく見られます。ポイント還元率重視の方にはおすすめできません。 また、キャッシュカード一体型は特典でも劣る傾向があります。クレジットカードには「流通系」という種類があります。ショッピングモールやデパート、百貨店などが発行するのが流通系カードです。 流通系カードを1枚作っておくと、発行元グループ会社の店舗で買いものするときにお得です。なかには全国様々な施設で優待が受けられる流通系カードもあります。しかし、キャッシュカード一体型だと特典が少ないです。 口座が指定されてしまう 一般的なカードでは支払先口座、つまりカード利用代金の引き落とし口座を本人名義のものならば自由に登録できます。しかし、キャッシュカード一体型では発行元となる銀行の口座のみです。他の銀行口座を登録したいと思ってもできません。 クレジットカードの支払先口座は自由 通常、一般的なカードに登録できる支払先口座は自由です。たとえば、三井住友カードの支払先口座をみずほ銀行にしても構いません。 毎月給与が振込される口座といった、残高不足による遅延の心配がない口座を登録するとよいでしょう。 親会社が銀行で安心なおすすめクレジットカード 口座が指定されると困る方は、銀行系のカード会社が発行するカードのほうが便利です。次からは、親会社がメガバンク(都市銀行)で安心な銀行系クレジットカードを紹介します。 【おすすめ銀行系クレジットカード3選】 カード名 発行元会社 親会社 三井住友カード 三井住友カード 三井住友銀行 VIASOカード 三菱UFJニコス 三菱UFJ銀行 MUFG ゴールド 三菱UFJニコス 三菱UFJ銀行 3つのおすすめ銀行系カードについて詳しく紹介していきましょう。 三井住友カード >>>三井住友カードの詳細はこちら 三井住友カードには次のような特長があります。 【三井住友カードの主な特長】 項目 内容 年会費 1,375円(税込)/ネット入会で初年度無料/次年度以降は年会費割引あり 国際ブランド VISA/Mastercard ポイントサービス Vポイント 基本ポイント還元率 0.5% 電子マネー機能 iD 海外旅行保険 最高2,000万円 国内旅行保険 なし ショッピング保険 最高100万円 三井住友カードの基本ポイント還元率は0.5%です。しかし、次のポイントアップサービスが付いています。 【ポイントアップサービス】 サービス名 主な内容 対象店舗でポイント5倍 セブンイレブン、ファミリーマート、ローソン、マクドナルドでポイント5倍 選んだお店でポイント2倍 ポイント2倍になる対象店舗を3つ選べる ポイントUPモール ネットショッピングでポイント最大20倍貯まるポイントアップサイト コンビニ用・ネットショッピング用のカードを持ちたい方におすすめします。 三井住友カードの詳細はこちら VIASOカード >>>VIASOカードの詳細はこちら VIASOカードには次のような特長があります。 【VIASOカードの主な特長】 項目 内容 年会費 無料 国際ブランド Mastercard ポイントサービス VIASOポイント 基本ポイント還元率 0.5% 電子マネー機能 なし 海外旅行保険 最高2,000万円 国内旅行保険 なし ショッピング保険 最高100万円 VIASOカードにはオートキャッシュバック機能が付いています。 1ポイント=1円として口座へ自動入金する便利な機能です。手動で景品や他社ポイントなどに交換する手間がかかりません。さらに次のポイントアップサービスが付いています。 【ポイントアップサービス】 サービス名 主な内容 対象サービスでポイント2倍 携帯料金(※1)・プロバイダ料金(※2)・ETC利用分でポイント2倍(※3) VIASO eショップ ネットショッピングで最大10%のボーナスポイントが貯まるポイントアップサイト (※1)ドコモ、au、ソフトバンク、ワイモバイル (※2)Yahoo! BB、OCN、au one net、BIGLOBE、ODN (※3)高速道路や有料道路のETC通行料金 通信費(大手キャリア・プロバイダ)の支払用カードにもおすすめする1枚です。 VIASOカードの詳細はこちら MUFGカード ゴールド >>>MUFGカード ゴールドの詳細はこちら MUFGカード ゴールドは次の特長を持つゴールドカードです。 【MUFGカード ゴールドの主な特長】 項目 内容 年会費 2,095円(税込)/初年度無料/年会費優遇あり 国際ブランド VISA/Mastercard/JCB ポイントサービス グローバルポイント 基本ポイント還元率 0.4% 電子マネー機能 なし 海外旅行保険 最高2,000万円 国内旅行保険 最高2,000万円 ショッピング保険 最高100万円 基本ポイント還元率0.4%は低い水準です。しかし、ポイントアップサイト「POINT名人.com」経由のネットショッピングならポイント最大25倍です。 年会費が2,000円前後のカードには珍しく、空港ラウンジサービス(国内6空港とハワイ空港にあるラウンジが無料)が付いています。空港ラウンジは年会費5,000円ほどのゴールドカードによく見られるサービスです。 MUFGカード ゴールドの詳細はこちら 格安な年会費でゴールドカードを持ちたい方におすすめします。 銀行系=銀行のグループ会社発行のクレジットカードのメリット 銀行系カード会社が発行するカードには次のメリットがあります。 【2つのメリット】 ・流通系クレジットカードに比べてステータス性が高い ・クレヒスに有利に働くこともある 2つのメリットについて詳しく説明していきましょう。 流通系クレジットカードに比べてステータス性が高い ステータス性は流通系カードより、銀行グループ会社が発行するカードのほうが高いです。 「社会的な信用や価値」のことをステータスと呼びます。ステータスが高くなるほど、審査基準は厳しくなるのが一般的です。 ステータス性の高いカードを持つ会員にも社会的な信用や価値が要求されます。そのため、「ステータス性の高いカードを持てる人=社会的な信用や価値の高い人」となります。 ステータス性の高いカードを持つと優越感や満足感を得られることでしょう。 クレヒスに有利に働くこともある ステータス性の低いカードより、ステータス性の高いカードでクレヒスを育てたほうが有利になることがあります。 クレヒスとは、信用情報に登録される個人情報のことです。信用情報には今までのクレジットやローンの履歴が登録されています。クレジットやローンの審査では、クレヒスで入会希望者の信用や返済能力を調べています。 そのため、優良なクレヒスを育てることは審査通過のために大切です。 まとめ 今回の記事では銀行系クレジットカードについて解説してきました。キャッシュカード一体型より多くのメリットを持つのが銀行グループ会社が発行するカードです。 【銀行グループ会社が発行するカードのメリットまとめ】 ・登録できる支払先口座が多い(給与振込口座を登録できる) ・流通系カードよりステータス性が高い(優越感や満足感を得られる) ・優良なクレヒスを育てるときに有利になることがある(クレジットやローンの審査に有利) 今回おすすめした銀行系クレジットカードは3つとも高い還元率とは言えません。しかし、ポイントアップサイトといった貯まりやすいサービスを用意しています。会員の使い方次第で高還元カードに生まれ変わるでしょう。 また、銀行・銀行グループ会社は会社としての信頼性が高いため安心して長く持ち続けたい方もおすすめします。
銀行系クレジットカードにはどんなメリット・デメリットがある? おすすめ銀行系カードも紹介!
クレジットカード
2020/08/17

専業主婦におすすめするクレジットカード5選! 審査に通るための事前準備も解説!

専業主婦になると食料品や衣料品で日々の買い物代金が大きくなりませんか? そんなときに1枚あると便利なのがクレジットカードです。 しかし、「入会時の審査に通るかどうか不安」という専業主婦の方は多いことでしょう。 今回の記事では専業主婦の方におすすめするクレジットカードを紹介いたします。審査に通るための事前準備もあわせて解説するため、審査が気になる専業主婦の方はご一読ください。 専業主婦におすすめクレジットカードを比較 専業主婦の方におすすめするのは次のクレジットカードです。 【専業主婦へのおすすめクレジットカード5選】 ・三井住友カード アミティエ ・VIASOカード ・セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード ・ライフカード ・dカードゴールド 次にそれぞれの特徴を比較していくため、クレジットカード選びのご参考にしてください。 三井住友カード アミティエ >>>三井住友カード アミティエの詳細はこちら 三井住友カード アミティエは三井住友カードが発行する女性向けカードです。 【三井住友カード アミティエの主な特徴】 項目 内容 年会費 1,375円(税込)/オンライン入会で初年度無料/年会費割引あり 専業主婦 ○ ポイントサービス Vポイント 基本ポイント還元率 0.50% 海外旅行傷害保険 最高2,500万円 国内旅行傷害保険 最高2,000万円 ショッピング保険 年間100万円 基本ポイント還元率は平均水準です。しかし、通常よりポイントが貯まる特典が付いています。 【お得なポイント特典】 利用先 ポイント還元率 ケータイ料金 1.0% 対象店舗(※1) 2.5% 選べる3つのお店(※2) 1.0% (※1)セブンイレブン、ファミリーマート、ローソン、マクドナルド (※2)コンビニ、スーパー、ドラッグストア、飲食店、カフェ 特にお得なのが「対象店舗でポイント5倍、還元率2.5%」の特典です。主要なコンビニで2.5%還元というのはかなりお得ですよね。「選べる3つのお店」はいつも利用するお店を選ぶとよいでしょう。 三井住友カード アミティエの詳細はこちら VIASOカード >>>VIASOカードの詳細はこちら VIASOカードは三菱UFJニコスが発行するカードです。 【VIASOカードの主な特徴】 項目 内容 年会費 無料 専業主婦 ○ ポイントサービス VIASOポイント 基本ポイント還元率 0.50% 海外旅行傷害保険 最高2,000万円 国内旅行傷害保険 - ショッピング保険 年間100万円 VIASOカードにはオートキャッシュバック機能が付いています。貯めたポイントを自動的に口座へ入金するという機能で、オートキャッシュバック機能には次のメリットがあります。 【オートキャッシュバック機能のメリット】 ・貯めたポイントを交換する手間がない ・何に交換するか迷うことがない ・ポイント管理が楽になる また、次の利用先なら通常よりポイントが貯まります。 【お得な利用先】 利用先 ポイント還元率 ケータイ料金(※3) 1.0% プロバイダ料金(※4) 1.0% ETC(※5) 1.0% (※3)ドコモ、au、ソフトバンク、ワイモバイル (※4)Yahoo! BB、OCN、au one net、BIGLOBE、ODN (※5)全国の高速道路や有料道路のETCレーン さらに、ポイントアップサイト「VIASO eショップ」経由のネットショッピングならポイント最大10%還元です。 VIASOカードの詳細はこちら セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード >>>セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カードの詳細はこちら セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カードはクレディセゾンが発行するカードです。 【セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カードの主な特徴】 項目 内容 年会費 26歳まで無料/初年度無料/次年度以降3,300円(税込) 専業主婦 ○ ポイントサービス 永久不滅ポイント 基本ポイント還元率 0.50% 海外旅行傷害保険 最高3,000万円 国内旅行傷害保険 最高3,000万円 ショッピング保険 年間100万円 セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カードはお買い物特典が充実しています。 【主なお買い物特典】 ・西友・リヴィン・サニーで5%オフの優待日がある ・ロフトで5%オフの優待日がある ・ノースポート・モールで会員特典 さらに、全国の対象施設で優待が受けられる「セゾンカード優待ショップ」も利用できます。 セゾンブルーの詳細はこちら ライフカード >>>ライフカードカードの詳細はこちら ライフカードは誕生月ポイントがあるカードです。 【ライフカードの主な特徴】 項目 内容 年会費 無料 専業主婦 ○ ポイントサービス LIFEサンクスポイント 基本ポイント還元率 0.50% 海外旅行傷害保険 - 国内旅行傷害保険 - ショッピング保険 - 基本ポイント還元率は平均水準ですが、ライフカードには誕生月ポイント3倍になる特典が付いています。誕生月に欲しいものはまとめ買いしておくとよいでしょう。 さらに、ポイントアップサイト「L-Mall」経由のネットショッピングでポイント最大25倍など、ポイントをうまく獲得するチャンスもあります。 ライフカードの詳細はこちら dカードゴールド >>>dカード GOLDの詳細はこちら dカードゴールドはドコモが発行するゴールドカードです。 【dカードゴールドの主な特徴】 項目 内容 年会費 11,000円(税込) 専業主婦 ○ ポイントサービス dポイント 基本ポイント還元率 1.0% 海外旅行傷害保険 最高1億円 国内旅行傷害保険 最高5,000万円 ショッピング保険 年間300万円 基本ポイント還元率1.0%、平均水準よりも高いのが魅力の一つです。 さらに、次のサービス・特典が付いています。 【主なサービス・特典】 ・ドコモケータイとドコモ光の料金はポイント10%還元 ・dカード特約店、dポイント加盟店でポイントアップや割引 ・ケータイ補償(3年間/最大10万円) ・空港ラウンジ無料(国内主要空港・ハワイ空港) ・海外レンタカーで割引優待 さらに、ポイントアップサイト「dカード ポイントUPモール」経由のネットショッピングでポイント最大10.5倍の特典があります。 dカード GOLDの詳細はこちら 専業主婦でも審査に問題なく通るための事前準備 専業主婦の方でも作成できるクレジットカードは意外と多いです。しかし、申し込みすれば必ず審査に通るわけではありません。専業主婦の方は次の点に注意しながら申し込みするとよいでしょう。 個人情報の記載を間違えない クレジットカードのオンライン申し込みフォームには、さまざまな記入欄があります。 【主な記入欄】 ・本人情報(氏名、性別、生年月日、家族構成) ・自宅情報(住所、電話番号、居住形態、居住年数) ・勤務先情報(職業、雇用形態、収入) 個人情報は一つひとつ正確に記入してください。もし、記入欄に間違いがあると正確な審査ができないことがあります。カード会社に虚偽申し込みだと判断されると、審査落ちの原因になるため注意してください。 家計全体の年収を記載する 本人に収入のない専業主婦の方は、世帯年収を記載してください。 世帯年収とは、家計全体の年収のことを言います。(生計が同一であること) 【世帯年収のケース】 ・夫の年収500万円 ・専業主婦の年収0万円 ・同居中の両親の年収300万円 上記のケースだと「世帯年収800万円」として審査してもらえます。クレジットカードによっては世帯年収のほか、配偶者年収の記入欄があります。両方ともきちんと記入しておきましょう。 カード名義と口座名は同一に カード名義と口座名は同一が基本です。「カードの名義は妻」「引き落とし用の口座は収入のある夫」にしたいと思っても難しいです。 また、専業主婦の方は夫名義でクレジットカードへ申し込みしてはいけません。 カード会員規約には「他人への貸与・預入・譲渡は一切できません」といった内容の記載があります。夫名義のカードを妻が利用すると会員規約への違反となってしまいます。 家族カードを検討する 収入がないため、夫名義の口座から引き落とししたいという専業主婦の方は「家族カード」の活用を検討するとよいでしょう。 本カード(本会員が持つ)に追加する形で発行するのが家族カード(家族会員が持つ)です。 家族会員の利用代金は、本会員の口座より引き落としされます。 【本カードと家族カードの名義】 カードの種類 名義 本カード 夫 家族カード 妻 家族カードの名義を妻にできるため、会員規約への違反を気にせずにカード払いできます。 専業主婦がクレジットカードを使うメリット 専業主婦の方がクレジットカードを使うと、次のようなメリットが受けられます。 【クレジットカードのメリット】 ・ポイントが貯まってお得 ・家計の管理がしやすくなる ・旅行保険が付帯されているのでお得 それぞれのメリットについて、詳しく説明していきましょう。 ポイントが貯まってお得 街やネットの加盟店でカード払いするとポイントが貯まり、現金払いするよりお得なのがクレジットカードです。 食料品や衣料品(変動費)のほか、公共料金(固定費)でカード払いしてもポイントが貯まります。なるべく毎月の支払は1枚のクレジットカードにまとめて上手にポイントを貯めましょう。 家計の管理がしやすくなる カード会社が発行する利用明細は家計簿の代わりになります。 【利用明細の主な内容】 ・利用日 ・利用店名 ・利用代金 ・支払方法 ・支払予定月 利用明細を確認すれば、どのお店にいくら使ったのか一目瞭然です。家計の管理を楽にしたいときは毎月の固定費や変動費を1枚のクレジットカードにまとめましょう。 保険が付帯されているので安心 クレジットカードによっては海外・国内旅行保険が付帯されています。旅行中のアクシデントにそなえたいときに便利な付帯保険です。 また、ショッピング保険付帯のクレジットカードもあります。カードで購入した商品に破損・盗難が生じても補償が受けられる保険です。 カード付帯ならわざわざ保険会社で加入するといった手間はかかりません。 まとめ 専業主婦の方におすすめするクレジットカード5選、参考になりましたか? 次にどんな方におすすめなのかまとめてみましょう。 【おすすめする方】 ・三井住友カード アミティエ→はじめてカードを作る方 ・VIASOカード→貯めたポイントを現金に換えたい方 ・セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード→お買い物特典を重視する方 ・ライフカード→誕生月用のサブカードを作成したい方 ・dカードゴールド→還元率重視の方/ドコモユーザー/付帯保険を重視したい方 審査に不安がある専業主婦の方は、申し込みするときに世帯年収を記載するとよいでしょう。 万が一、審査に落ちてしまったときは「家族カードを作りたい」と配偶者や家族に相談してみてください。 家族カードなら本会員が審査対象となるため、収入のない専業主婦の方でも作りやすいです。 家族カードであっても、本カードとほぼ同じ付帯サービスとなります。今回の記事でおすすめしたクレジットカード5選、いずれも家族カードを追加可能です。
専業主婦におすすめするクレジットカード5選! 審査に通るための事前準備も解説!
クレジットカード
2020/08/17

クレジットカードを安心して使うために!セキュリティの仕組みとおすすめカードを紹介

クレジットカードの利用明細書を確認したときに、使った覚えのない請求を見ることがあるかもしれません。また、銀行口座に残高があるはずなのに、カードの利用料金が引き落とせないという連絡がカード会社からくる場合もあります。 実はそれらは不正利用が原因の可能性が高く、そのまま放置したところで解決することはないのです。 そこで、クレジットカードのセキュリティと仕組み、万が一不正利用の被害に遭ったときの対象方法を知っておくことが大切になるでしょう。 当記事では安心してクレジットカードを使うために知っておきたいことをはじめ、セキュリティ対策が万全なクレジットカードをご紹介します。 ぜひ、最後までチェックして、クレジットカードの安心と安全に関する知識を深めてください。 クレジットカードは不正利用されても補償される クレジットカードを不正利用された場合、カードの契約者に損害が発生することになります。 しかし、自分自身が使っていないものを支払うのは納得できませんし、カード会社で何らかの補償があれば役に立つと感じるはずです。 そこでカード会社は、新規契約する際に契約者に対して盗難保険を付帯させています。 特に難しい手続きもなく、カードに入会するだけ不正利用分は補償対象となると考えて大丈夫です。もちろん、契約するカードのグレードやランクも関係ありません。 以下で詳しくまとめてみたのでチェックしていきましょう。 不正利用から60日以内にカード会社に連絡すれば補償される クレジットカードが不正利用の被害に遭った場合、いつどのタイミングで申し出ても補償されるわけではありません。盗難保険を利用するには、カード会社があらかじめ設定した条件をクリアする必要があります。 要するに、その条件を満たしていない場合、不正利用の被害額は自分自身で負担しなくてはならないのです。 そのため、盗難保険の適応条件として以下のポイントがあることを覚えておいてください。 警察に盗難届を提出して受理番号をもらう 届出は契約者本人のみ可能 不正利用の被害に遭ってから60日以内にカード会社に事実を申告すること 特に重要なのが不正利用の被害に遭ってから60日以内にカード会社に事実を申告する点です。 つい申告するのを忘れてしまい、気づいたら被害から60日が過ぎていたなどのことになると、どんなに被害額が大きくても補償されない可能性が高いです。 利用明細を確認しなかったり、口座からの引き落とし金額を気にしなかったりすると、60日はすぐに過ぎてしまうので注意しましょう。 盗難保険の補償がされないケース クレジットカードの盗難保険はどんなケースでも補償されるわけではありません。 以下のような場合、盗難保険の補償がされない可能性が高いので覚えておいてください。 カード会社への届出日から61日以前の被害だった 警察に届出をしていなかった 提出書類の不備 契約者自身による重大な過失 なお、契約者による重大な過失はいくつもありますが、その中で主な理由となるのが以下の6点です。 1.暗証番号を第三者が知りやすいように保管していた 2.暗証番号を第三者に教えていた 3.憶測が可能な暗証番号を設定した 4.クレジットカードを第三者に渡していた 5.契約者の配偶者もしくは子供による使用 6.クレジットカードの署名欄にサインの記載がなかった 盗難保険の補償対象とならない理由は、クレジットカードの契約時に配布される「約款」にも記載されているので、前もって確認しておきましょう。 また、クレジットカードは契約者自身による管理も大切なので、貴重品として厳重に取り扱うことを心がけてください。 カード会社が不正利用を検知するシステムがある クレジットカードの不正利用を未然に防ぐために、不正利用検知システムを導入するカード会社があります。 不正利用検知システムでは、まず不正利用のパターンをデータ化します。そして、カードの取引ごとに不審点がないかを24時間365日の監視体制でモニタリングチェックをおこなう流れです。 なお、データ化される不正利用のパターン一例は以下のようになります。 これまでに不正利用があったときと同様、もしくは近い方法で利用があった 同一人物が同一店で、何度も繰り返しクレジットカードを利用していた 同時刻に複数の店舗で、同じクレジットカードを使った支払いがあった 契約者自身によるカード利用でも、稀に不正利用パターンと同じ状況になることがあります。その場合、支払いが一旦保留されてしまい、カード払いができなくなってしまいます。 もし、カードが突然使用できなくなってしまったら、不正利用検知システムが理由の可能性が高いです。その場合はカード会社に確認するなどしましょう。 セキュリティ対策も安心のおすすめクレジットカード 数多く発行されるクレジットカードの中で、セキュリティ対策も安心のおすすめクレジットカードをご紹介します。 不正利用が不安な方は以下のクレジットカードから納得できる1枚を選んでみましょう。 三井住友カード >>>三井住友カードの詳細はこちら 「三井住友カード」は、セキュリティ対策の安心感だけでなく、カードそのものの信頼度の高さやブランド力に定評があります。 三井住友カードのセキュリティ対策として、ICチップ搭載のカードであることがあげられます。またカードの裏面に顔写真を入れられるサービスも無料で提供しています。第三者からの不正利用の防止につながるでしょう。 三井住友カードの詳細はこちら VIASOカード >>>VIASOカードの詳細はこちら 三菱UFJニコスの発行する「VIASOカード」では、インターショッピングをより安全なものにするために本人認証サービスを導入しています。 利用する際に、契約者本人にしかわからないIDとパスワード等を入力する必要があるため、第三者からの「なりすまし」を避けることが可能です。 そのほかに、過去の不正利用に似た利用がある、契約者本人の利用と明らかに異なる利用が発見されると取引が自動的に保留される機能もあります。 VIASOカードの詳細はこちら セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード >>>セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カードの詳細はこちら 「セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード」では、アメックス独自のサービスとなるオンライン・プロテクションが付帯。心当たりのないインターネット上の不正利用による損害を補償してくれるので安心です。 また、セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カードを使って購入した商品が破損したり、盗難の被害に遭った場合は購入日から120日間まで・年間100万円まで補償されます。(国内・海外問わず) セゾンブルーの詳細はこちら dカードGOLD >>>dカード GOLDの詳細はこちら 携帯電話会社のドコモの発行する「dカードGOLD」では、海外でカード紛失・盗難の被害に遭った場合、緊急カードとして暫定的なカード発行をおこないます。また、緊急(キャッシュ)サービスでは、1,000米ドル相当額以内の現地通貨を用立てしています。 そのほかにカードの不正利用の被害に遭ったときは、紛失・盗難の届出日より90日前から期限なしで損害が補償されます。ただし、カード利用規約に記載された特殊なケースは除かれるので注意してください。 dカード GOLDの詳細はこちら カードを安心・安全に使うために気をつけること セキュリティ対策の整ったクレジットカードを利用するのが安心ですが、自分自身でも不正利用の被害に遭わないように日頃から気を付けることが大切です。 こちらでは、クレジットカードを安心かつ安全に使うためのポイントをお伝えします。 サインをしてきちんと管理する クレジットカードの裏面にある署名欄にサインがないと不正利用の被害に遭っても補償対象とならない場合があります。サインはカードを受け取った時点で必ずおこなうようにしましょう。 また、クレジットカードは紛失や盗難の被害に遭わないために、普段から管理は十分に気を付けるようにしてください。 カードの暗証番号は誰にも教えない 不正利用の被害対策として当然のことになりますが、カードの暗証番号は誰にも教えてはなりません。友人などの周囲の人間だけでなく、家族にも教えないようにするのが無難です。 利用明細は毎月必ずチェックする カード会社から毎月発行される利用明細は必ずチェックするようにしましょう。 利用時に発行されるレシートと利用明細を照らし合わせて、不明な請求があればその時点でカード会社に問い合わせてください。ただし、利用明細に記載される利用先が店名ではなく、経営会社名となっている場合もあります。 まとめ クレジットカードが不正利用されたとしても、補償対象となることがほとんどです。不正利用かもしれないと思ったら、まずはカード会社と警察に連絡してください。ただし、補償の適用期間は60日間になるため、スピーディーに行動することが重要です。 さらに大切なのが、普段からクレジットカードの管理に気をつかうことです。不正利用の被害に遭うと手続きに手間がかかるほか、自分自身も不安な気持ちになります。 注意した行動を心がけて不正利用の被害回避につなげましょう。
クレジットカードを安心して使うために!セキュリティの仕組みとおすすめカードを紹介
クレジットカード
2020/08/17

レアなクレジットカードってどんなカード?珍しいステータスカードを紹介

クレジットカードはさまざまなカード会社から発行されていますし、審査基準や難易度も選ぶカードによって異なります。 そして、一般カードと比べて、ゴールドカード、プラチナカード、ブラックカードという順にステータス性が高まります。「レア度が高い」「格付けが高い」「本当に珍しい」ステータスカードとはどんなカードのことなのでしょうか。 当記事では入手困難度が高いステータス性のあるブラックカードを持つ方法などを解説します。これから先にレア感のある珍しい1枚を作成したい方はぜひ参考にしてください。 レアなクレジットカードとは入手困難度が高いカード 気軽に手に入る一般ランクのクレジットカードとは異なり、プラチナカードやさらに上のブラックカードなどのランクになると審査通過難易度が極めて高くなります。 カード会社からのインビテーションを受け取らないと発行できないカードもありますし、年会費も高額なので入手できる方は限定されてしまうでしょう。 こちらではレアなクレジットカードと認識されるカードを4選でご紹介します。 アメリカン・エキスプレス・センチュリオン・カード 「アメリカン・エキスプレス・センチュリオン・カード」はアメックスのブラックカードと呼ばれる、選ばれた富裕層しか持てないクレジットカードです。 入会金が500,000円(税別)、年会費が350,000円(税別)と高額でステータス性も抜群なことから、クレジットカードの中で最も入手困難な1枚とされています。また、審査基準も公開されていないため、あらゆる謎に包まれたカードと考えて良いでしょう。 アメリカン・エキスプレス・センチュリオン・カードに申し込むには、アメリカン・エキスプレス社よりインビテーションをもらうことが必要です。 アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カードで良好な利用実績を築くことは必須であり、さらに上場企業の経営者や資産家でないとなかなか招待されないといわれています。 アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード 「アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード」は以前まではインビテーションをもらわないと申し込みができませんでした。しかし、2019年4月より申し込み制に変わったため、審査に通過すれば手にすることが可能です。 本会員の年会費は130,000円(税別)となり、家族カードは4枚まで年会費無料で発行できます。会員専用デスク・空港ラウンジ・レストランサービスをはじめとする多くの付帯特典があるほか、補償内容も手厚いです。 国内で発行されるプラチナカードの中では、まさに最高峰のステータスと充実度の高さでしょう。 ダイナースクラブ プレミアムカード 「ダイナースクラブ プレミアムカード」もブラックカードの部類に入ります。作成にはインビテーションをもらうことが必須なので、ワンランク下のカードとなる「ダイナースクラブカード/SuMi TRUST CLUBプラチナカード」で良好な実績を築く必要があります。 年会費は130,000円(税別)となり、家族カードは無料で発行できます。また、利用可能枠に一律の設定がなく、会員ごとの利用状況や支払い実績などから個別に設定をおこなっています。 エグゼクティブダイニングに24時間対応のコンシェルジュ、プレミアムカード会員限定ツアーの提案に海外旅行中のサポート、高級ホテルの宿泊優待、空港送迎サービス、空港ラウンジの利用などブラックカードに相応しい特典も豊富です。 JCBザ・クラス 「JCBザ・クラス」は日本発の国際ブランドJCBが発行する、最上級ステータスのクレジットカードです。こちらもブラックカードになるため、付帯保険にサービス内容もVIPクラスのものとなっています。 インビテーションをもらうことが入手条件で、申し込み制は採用していません。また、明確にされていませんが、インビテーションをもらうための条件が厳しい傾向にあります。 そのほかに1年に一度2~3万円のギフトがもらえるメンバーズセレクション、24時間365日対応可能なコンシェルジュサービス、空港ラウンジのプライオリティ・パスなど、多くのシーンで役立つ特典もそろっています。 申し込み可能なステータス&レア度が高いカード ステータスとレア度の高いクレジットカードをご紹介します。紹介制ではない、申し込み制のカードもあるので、自身の都合とタイミングで入会申し込みが可能です。 ラグジュアリーカード 「ラグジュアリーカード」はチタニウム、ブラック、ゴールドの3種類のランクがあります。その中でもっともランクが高いのがインビテーション制のゴールドで、カードに24金を使用。年会費も以下のように高額なことからレア感もあると思って良いでしょう。 年会費はゴールド200,000円(税別)、ブラック100,000円(税別)、チタニウム50,000円(税別)です。 コンシェルジュサービスをはじめ、日本を代表する予約困難なレストランで会員専用のお席を確保していたり、東京都内や都内近郊の指定の場所にリムジン送迎をしたりする特典付帯があります。 アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード 「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」はアメリカン・エキスプレス社の発行するゴールドカードで、ステータス性や充実度の高いカードです、 年会費は29,000円(税別)となり、空港ラウンジの利用、国内・海外の約200店舗のレストランでコースメニューを2名以上で予約すると1名分の料金サービス、海外旅行傷害保険は最高1億円など、このほかにも多くの特典があります。 ダイナースクラブカード 「ダイナースクラブカード」は年齢27歳以上の方を入会の目安とするクレジットカードです。 年会費は22,000円(税別)となり、旅行保険は海外・国内ともに最高1億円の補償となります。 また、日本国内300店以上の高級レストランのコース料理を2名以上で予約すると、1名分の料金が無料になる「エグゼクティブダイニング」も利用できるほか、空港ラウンジの利用も可能です。 三井住友カード ゴールド 「三井住友カード ゴールド」は三井住友カードの発行するゴールドカードです。 年会費は10,000円(税別)ですが、オンラインからの申し込みであれば初年度年会費は無料になります。 そのほかに一流ホテルに旅館の宿泊予約サービスの優待、空港ラウンジの無料利用、24時間・年中無休で医師に無料電話相談ができるドクターコール24も利用可能です。 三井住友カード ゴールドの詳細はこちら コスパの良いステータスカード 最後にコスパが良くて持っていると便利なクレジットカードもご紹介します。以下で内容を詳しく紹介するので参考にしてください。 セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード 「セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード」はセゾンカードの発行するクレジットカードで、決済ブランドはアメックスでカードデザインのメインモチーフになっています。 26歳になるまで年会費無料、26歳以上は初年度年会費無料で2年目以降3,000円(税別)の支払いが必要になります。 永久不滅ポイントに手荷物無料宅配サービス、コートお預かりサービスご優待、そのほかに国内・海外旅行中のトラブルは最高3,000万円まで自動的に補償されます。 セゾンブルー・アメリカン・エキスプレスは一般ランク扱いのため、もしワンランク上のクレジットカードが欲しいのであれば「セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード」を検討するのもおすすめです。 セゾンブルーの詳細はこちら dカードゴールド ドコモの携帯電話を使っている方であれば、持っていると役立つのが「dカードゴールド」です。年会費は10,000円(税別)で、毎月の「ドコモのケータイ料金」とドコモのインターネット回線「ドコモ光」の利用料金に対して10%のポイントが貯まることが特徴です。 そのほかに3年間で最大10万円のケータイ補償、国内・ハワイの主要空港ラウンジ利用無料になる特典、ポイント還元率も常時1%で高還元カードといえます。 dカード GOLDの詳細はこちら まとめ 入手困難なレアなクレジットカードをはじめ、ステータスの高さ、コスパの良さが特徴のクレジットカードをご紹介しました。 たとえば高級レストランで支払いを年会費無料のクレジットカードでおこなうのと、レアなクレジットカードでおこなうのでは、周囲に与える印象も変わってきます。 ただし、レアなクレジットカードは年会費が高額だったり、気軽に手に入らなかったりすることが多いです。 まずは自分に年会費の支払い能力はあるのか、カード会社からのインビテーションをもらえそうな状況なのかを考えてみてください。 そのうえで、インビテーションをもらうのが難しそうであれば、ワンランク下のカードで利用実績を築くなどして、レアなクレジットカードを手に入れることを目指していきましょう。
レアなクレジットカードってどんなカード?珍しいステータスカードを紹介
クレジットカード
2020/08/14

クレジットカードとは何か、仕組みや基本知識をわかりやすく解説

クレジットカードを持っていることで、現金を持っていなくても商品の購入ができたりサービス利用料金を支払ったりできます。 これはカード契約者本人の信用によって、カード会社が一時的に利用代金の立て替えをおこない、後で請求がくる流れです。 後払い方式なので手持ちのお金がないときなどに便利なクレジットカードですが「なぜ作る必要があるのか?」「後払い方式は借金と同じ」と考える方もいるかもしれません。 そこで当記事では以下の点について解説します。 クレジットカードとは何か、どんな仕組みで成り立っているか デビットカードやプリペイドカードとの違い、クレジットカードのメリット クレジットカードを使う上で知っておきたい基本情報 ぜひ、最後までチェックしてください。 クレジットカードとは何か、どんな仕組みで成り立っているか 最初にクレジットカードとは何なのか、どんな仕組みで成り立っているのかについて解説します。 クレジットカードとは すでに解説したように、クレジットカードは決済後にカード会社に後払いするカードです。 利用できるシーンも幅広く、たとえばコンビニやスーパーなどのショッピング、インターネットショッピング、公共料金や税金なども支払えます。 現金を持っていなくても支払いができる以外に海外旅行傷害保険やショッピング保険の付帯、選ぶクレジットカードによっては空港ラウンジも無料で利用できて便利です。 また、この後に解説するデビットカードやプリペイドカードとは違って、クレジットカードは契約者の信用を元に立て替え払いします。そのため、新規入会時にカード会社のおこなう審査に通過しないと持つことができません。 クレジットカードの仕組み 後払い方式のクレジットカードですが、どんな仕組みになっているのかをチェックしておきましょう。 決済ブランドにカード会社の違い、カード会社と加盟店の関わりについて解説します。 決済ブランドとカード会社の違い クレジットカードの券面にVISAやMastercard、JCBなどのロゴの記載があり、そちらを決済ブランドと呼びます。 決済ブランドとは、その名のとおり世界中で利用可能な決済システムの提供をおこなうブランドのことです。国際ブランドと呼ぶこともあります。 持っているクレジットカードに記載された決済ブランドに加盟する店舗であれば、世界中どこででもカード払いができます。 たとえばVISAの付帯するクレジットカードであれば、VISAの加盟店で支払いが可能です。VISAステッカーが店頭やレジに貼ってあれば間違いないでしょう。 それに対し、カード契約者と加盟店をつなぐ存在となるのがカード会社です。次で解説する内容に加えて、新規発行時の審査をおこなったり利用明細の発行、トラブルサポートなどをおこなったりするのもカード会社となります。 カード会社と加盟店の関わり カード契約者がショップやインターネット上などの加盟店でクレジットカードを使うと、加盟店はカード会社から契約者の利用代金を受け取ります。そして、後でカード会社は契約者に利用代金を請求し、支払いをしてもらう流れです。 このときに契約者と加盟店をつなぐのがカード会社となり、加盟店側が支払う手数料を受け取ることで利益を得ます。 クレジットカードと間違えやすいカード クレジットカードと間違えやすいカードとして、プリペイドカードとデビットカード、キャッシュカードがあります。 安全に利用するために、詳しい違いを知っておきましょう。 デビットカード、プリペイドカード、キャッシュカードとの違い プリペイドカードとデビットカード、キャッシュカードの特徴、クレジットカードとの違いについて、一覧でまとめてみました。 カードの種類 特徴 クレジットカードとの違い デビットカード 銀行口座からの即時決済方式、利用限度額は口座残高と同じ 発行時の審査不要、支払い回数は1回払いのみ、ETCカードの発行不可 プリペイドカード 前払い方式、事前にチャージした金額の範囲内で利用可能 発行時の審査不要、支払い回数は1回払いのみ、ETCカードの発行不可 キャッシュカード 金融機関で口座開設をした際に発行されるATM操作用のカード 買い物に使うことはできない クレジットカードは発行する際に審査がおこなわれることが、他のカードとの大きな違いでしょう。また、クレジットカードの場合、18歳以上(高校生は除く)でないと契約できないことがほとんどです。 クレジットカードのメリットとデメリット クレジットカードを持つ前に、カードのメリットとデメリットを知っておくと利用する際に役立ちます。 【クレジットカードのメリット】 現金を持っていなくても買い物ができる 現金を持ち歩く必要がない 利用明細で何にどれだけ使ったのかの流れを把握できる 都合に合わせた支払い方法を選べる ポイントやマイルが貯まる 優待に割引など、カード独自の特典がある 便利なこと以外にも、ポイントや優待特典でお得に利用できるのも大きなメリットです。 【クレジットカードのデメリット】 使い過ぎる可能性がある 支払いが遅れると金融事故につながるリスクがある 選ぶカードしだいで年会費などの維持コストがかかる 不正利用の被害にあう可能性がある リボ払いや分割払いは手数料(利子)がかかる クレジットカードのデメリットはカードをしっかり管理することで補填できます。また不正利用された際には正しく申請すれば、被害分はカード会社で補償してくれます。 クレジットカードの基本情報 クレジットカードの基本情報となる以下の4点について解説します。 *支払い方法(支払い回数)を指定できる *利用日、締め日、支払い日が異なる *カードの不正利用分は補償される *クレジットカードの特典や種類、ステータスは様々 クレジットカードを利用するにあたり、必ず知っておきたい情報なのでしっかりとチェックしておきましょう。 支払い方法を指定できる(一回、分割、リボ払いなど) クレジットカードは複数の支払い方法が用意されています。 主な支払い方法が「1回払い」「2回払い」「ボーナス一括払い」「ボーナス二括払い」「分割払い」「リボ払い」となり、契約者自身の都合や状況に応じて選べます。 1回払い 決められた締め日までの利用代金を一括して支払う方法 2回払い 決められた締め日までの利用代金を翌月、翌々月の2回に分けて半額ずつ支払う方法 ボーナス一括払い 年2回ある夏・冬のボーナス時に一括して支払う方法 分割払い(手数料がかかる) 利用代金を希望回数に合わせて均等に分割して毎月支払う方法 リボ払い(手数料がかかる) 毎月の支払い金額を一定金額に設定して支払う方法 現金では一度にまとまったお金を払う必要がありますが、クレジットカードであれば高額な買い物も分割払いやボーナス払いを利用できます。 また、今はお金がないけれど次の給料が入れば支払いができるなどのときもクレジットカードの使用は役立ちます。 利用日、締め日、支払い日が異なる まず、利用日と実際に支払いをする日は異なります。クレジットカードはあらかじめ締め日や支払日が設定されていて、選ぶカード会社によって変わってくることを覚えておいてください。 たとえばJCBのクレジットカードの場合、毎月15日が締め日、翌月10日が支払日となりますが、以下で詳しい例を見ていきましょう。 利用期間 支払日 7/16~8/15 9/10 クレジットカードの利用日が8/1であれば、支払日は9/10です。ただし、8/15の締め日間近の利用日の場合、加盟店とカード会社間のやりとりしだいで翌月10日になってしまうケースもあります。 カードの不正利用分は補償される クレジットカードのデメリットで不正利用の被害について挙げました。しかし、不正利用の被害にあったとしても、一定期間内にカード会社に事実を申請すれば該当の利用分は補償されます。 たとえばセゾンカードでは不正利用の被害に遭った場合、セゾンカードに連絡をした日を含めて61日前までさかのぼった利用分は補償すると公式ホームページに記載してあります。 そして、状況を調べて不正が明らかになれば全額補償される流れです。 クレジットカードの特典や種類、ステータスは様々 選ぶクレジットカードによって、付帯する補償、サービス内容に特典が異なります。また、カードによって以下のようなランクもあり、このランクが高くなるほどにカードの充実度も高くなると思ってください。 一般 ゴールド プラチナ ブラック 一般のランクでは年会費無料のものも多くあります。そして、ゴールド、プラチナ、ブラックという順に年会費の価格もカードのランクも高くなっていきます。 カードランクごとの年会費や取得難易度についても、カード会社やカードの種類によって異なります。 まとめ クレジットカードとは何なのかをはじめ、仕組みや基本知識を解説しました。 1枚持っていれば生活の中で幅広く役立てることができますし、利用することによるメリットも多くあります。 最近、キャッシュレス化が浸透しつつある傾向にあります。その流れに乗り遅れないためにも、今のうちにクレジットカードを手に入れてみてください。 おすすめのクレジットカード3選 ここからは、おすすめのクレジットカードを3つ紹介していきます。年会費の有無や、ポイント還元率の高さなどからあなたに合うクレジットカードを選びましょう。 三井住友カード >>>三井住友カードの詳細はこちら ブランド 年会費 ポイント還元率 発行期間 VISA・Mastercard 無料(2年目~:1,250円) 0.5~10.0% 最短翌営業日 ■Point1:年会費初年度無料!2年目以降も条件クリアで年会費が無料 年会費は初年度無料です。2年目以降も「マイ・ペイすリボ」登録と、前年度にリボ手数料を1回以上支払うと、年会費無料となります。 ■Point2:コンビニ3社&マクドナルド利用でいつでもポイント5倍 セブン-イレブン・ファミリーマート・ローソン・マクドナルドの利用で、いつでも三井住友カードのポイントであるVポイントが5倍貯まります。 ■Point3:最短5分で利用できる!発行は最短翌営業日! カード申し込み後、最短5分で利用できるので急ぎでネットで買い物したい場合に便利です。即時利用の利用枠は10万円・カード番号のみ表示されます。カード発行自体は最短翌営業日となります。 ■キャンペーン 新規入会&Vpassアプリログインで、20%還元(最大8,000円)プレゼント! 三井住友カードの詳細はこちら VIASOカード >>>VIASOカードの詳細はこちら ブランド 年会費 ポイント還元率 発行期間 Mastercard 永年無料 0.5~10.0% 最短翌営業日 ■Point1:貯まったポイントは自動で現金に還元 VIASOカードを使って貯まったポイントは、自動で現金に還元されるキャッシュバック機能付きです。ポイント交換の手間も不要なので、有効期限切れの心配もありません。 ■Point2:年会費は永年無料で最短翌営業日に発行 年会費は永年無料で無料条件もありません。また申し込み後、最短翌営業日で発行されるので、すぐに利用したい人にもおすすめです。 ■Point3:海外旅行旅行傷害保険が最大2,000万円付帯 VIASOカードで旅行代金を支払えば、死亡・後遺障害で最大2,000万円までの保険サービスを受けれます。携行品損害も最大20万円まで補償されるので、海外旅行によく行く人は安心です。 ■キャンペーン 条件クリアで最大10,000円をキャッシュバック! VIASOカードの詳細はこちら dカード GOLD >>>dカード GOLDの詳細はこちら ブランド 年会費 ポイント還元率 発行期間 VISA・Mastercard 10,000円 1.0~10.0% 最短5日間 ■Point1:年会費以上におトク!利用料金の10%が毎月還元される 「ドコモケータイ・ドコモ光・dマガジン」などドコモ関連サービス利用料金の10%が毎月還元されるので、年会費以上のポイントを貯められます。 ■Point2:最大1億円の海外旅行保険が付帯 海外旅行中の怪我や病気の際に最大1億円が、国内旅行での傷害保険で最大5,000万円が補償されます。 ■Point3:ケータイ補償で購入から3年間・最大10万円分補償される 携帯電話の故障や紛失の場合、購入から3年間、最大10万円分まで補償されます。 ■キャンペーン 最大18,000分のdポイントプレゼント(入会・エントリー・利用が必要) dカード GOLDの詳細はこちら
クレジットカードとは何か、仕組みや基本知識をわかりやすく解説
クレジットカード
2020/08/14

クレジットカードの作り方、初めての申し込みでも迷わないための解説

クレジットカードを初めて作る方の中には「申し込み方法がわからない」「申し込みをする際に何を用意すれば良いのだろう?」などと疑問に感じている方もいるのではないでしょうか。 実はクレジットカードの申し込みは、オンラインから簡単に手続きが可能です。 そこで当記事では、クレジットカードの作り方として以下の3点を解説します。 必要なものを用意して申し込む方法 申し込んでからカードを手にするまでの流れ カードを手にしてから実際に使う方法 これからクレジットカードを作ろうとしている方はぜひ参考にしてください。 クレジットカードの申し込み方法 最初に、クレジットカードを申し込む際の基本知識、申し込み方法を解説します。 クレジットカードはさまざまなカード会社から発行されているため、自身の利用目的が叶う1枚を見つけたら実際に手続きへと進んでみましょう。 自分に合ったカードを選んで決める 付帯する国際ブランド、ランク、サービスに特典、補償の内容など、発行するクレジットカードによって機能や特徴は大きく変わります。 そこで大切なのは自分自身がクレジットカードをどのように使うかです。 とにかく維持費をかけずに支払いのみの利用で良ければ年会費無料の一般カード、ある程度の年会費を支払っても良いからカードの充実度が高い1枚が欲しければゴールドやプラチナカードを検討するのが一般的です。 また、クレジットカードは審査に通過しないと持つことができません。一度に複数枚申し込むことでカード会社から「多重申し込み」と判断され、審査落ちのリスクを高めます。 申し込みをするときは自分に合った1枚にしぼるのが良いでしょう。もし2枚ほしい場合は、カード作成後に2か月くらい期間をあけてから、別のカードに申し込むことをおすすめします。 オンライン申し込みで個人情報を入力する 申し込みをするクレジットカードが決まったら、オンライン申し込みで手続きを進めます。 公式ホームページにアクセスして、新規申し込みのページより申込者自身の詳しい個人情報を入力しましょう。 なお、入力する情報は主に以下のような内容です。 氏名 生年月日 性別 メールアドレス 住所 電話番号 勤務先について 勤務形態 年収(税金などを含んだ額面の年収) 利用代金の支払い口座 申込者自身の勤務先の情報として、住所・電話番号・資本金・従業員数・勤続年数(入社日)・前年度の年収などの情報を入力します。また、学生の方は学校について入力してください。 申し込み時に審査やカード発行で必要なもの クレジットカードの申し込み時に、申込者自身の氏名・生年月日・現住所が記載された本人確認書類の提出が必要です。 運転免許証 パスポート 健康保険証 住民票の写し 上記の中のいずれかの書類を用意してから申し込み手続きを進めてください。 ただし、運転免許証とパスポート、健康保険証を提出する場合、有効期限が切れていないかどうかを必ず確認しましょう。また、住民票の写しを提出する場合、発行日から6ヵ月以内のものを用意する必要があります。 そのほかに以下の状況に当てはまる場合、年収を証明できる書類提出しなくてはなりません。 他社も含む借入総額が100万円を超える場合 キャッシングサービスの利用枠が50万円を超える場合 該当する方は以下のいずれかの中から書類を用意しましょう。 源泉徴収票 支払調書 所得証明書 年金証書 年金通知書 給与支払明細書(直近2ヵ月分) 確定申告書(税務署の受領印があるもの・電子申告の場合は受付番号があるもの) 納税通知書(収入もしくは所得金額の記載があるもの) 必要書類がすべてそろったら、引き落とし口座のわかるものも事前に用意し、さらに未成年者の場合は保護者の同意を得ることも忘れないでください。 クレジットカードを申し込んだ後の流れ オンライン申し込みが完了したら、その後はクレジットカード発行のための審査がおこなわれます。こちらではクレジットカードを申し込んだ後の流れについて、詳しく解説していきましょう。 カード会社から審査されるので結果を待つ クレジットカードの申し込みから審査が完了するまでにかかる時間は、どのカードを選ぶかによって異なります。 セゾンカードのように最短即日発行が可能なカードもありますし、時間がかかるものでは2週間近くかかることもあります。おおよその目安はカード会社に確認すればわかるので、前もって問い合わせておくとスムーズでしょう。 なお、審査は誰でも通過するわけではありません。 以下に該当する場合、審査通過が難しい可能性が高いのでチェックしておいてください。 申し込み内容に虚偽があった 返済能力のない方 信用情報機関に登録される個人信用情報に問題のある方 複数の会社からの借入がある方 借入残高の多い方 また、すでに解説したように短期間で複数のクレジットカードやローンに申し込んでいる方も審査通過の可能性は低くなります。 口座とカードをつなぐ手続きを行う クレジットカードを発行するにあたり、利用代金の引き落とし口座とクレジットカードをつなぐ手続きも必要です。 カード会社から送られてきた書類に記入をして返送をしたり、自身でPDFファイルをダウンロードして郵送したり、そのほかにもオンライン上で銀行口座とつなげる方法もあります。 カード会社から指定された方法で手続きを進めてください。 郵送で自宅に送られてくるので受け取る クレジットカードは後日、申し込み時に記入した申込者の自宅に郵送されます。 ただし、クレジットカードは盗難の被害に遭わないためにもポストに直接投函することはありません。一般的に「本人限定受取郵便」「簡易書留」で送られてくるため、申し込み者本人もしくは家族などが対面で受け取ることになります。 また、転送不要・転送不可で発送されるため、引っ越しなどで転居届を出していても転送されることはないので注意しましょう。 クレジットカードを手にしたら行うこと クレジットカードが郵送されて受け取ったら、そのまま財布などにしまうことはしないでください。 後にトラブルとならないためにおこなうべきことをお伝えします。 クレジットカードの内容を確認 クレジットカードを受け取ったら、カードの種類にランク、そのほかの申し込み内容と一致するかを確認します。さらに券面に刻印された氏名、有効期限もチェックし、間違っていたらそのまま使わずにカード会社へ問い合わせましょう。 そのほかに、クレジットカードのショッピング利用枠、キャッシング利用枠がどのくらいあるのかも忘れずにチェックしてください。前もって把握しないことで、クレジットカードを使っているうちに利用可能枠を超えていたということになりかねないからです。 クレジットカードの裏面にサインをする クレジットカードの内容に間違いがなければ、カード裏面の署名欄にサインをしてください。 サインがない場合、店舗側から利用を拒否されたり、紛失や盗難時に不正利用されたりしても補償対象にならない可能性があります。 サインはクレジットカードを利用した際に必ず同じ内容で記入します。無難なのは海外で悪用されにくい漢字ですが、カタカナ、アルファベット、イニシャルにしても特に問題はありません。 クレジットカードの使い方 カードの裏面にサインを済ませたら、クレジットカードを問題なく利用できます。 コンビニでもスーパーマーケットでも自分自身の利用しやすい場所で大丈夫です。まずは1回払いで低めの金額から利用してみましょう。 そして金額などに間違いがなければサインや暗証番号を入力して買い物は完了します。ただし、店舗によってサインレスで済む場合があるので、決められたように対応してください。 利用明細をチェックして口座残高も確認 クレジットカードを使うと後日、利用明細で内容を確認できます。クレジットカード使用時に発行されたお客様控と照らし合わせるなどして、間違いがないかをチェックしましょう。 なぜなら、身に覚えのない利用がある、不明点がある場合はすぐにカード会社に問い合わせをする必要があるからです。 また、利用明細に記載された請求金額は決められた口座引き落とし日に支払います。指定した銀行口座に残高があるかを事前に確認してください。 まとめ クレジットカードを作るにあたり、どのように申し込めば良いのか、申し込みからクレジットカードを手にするまでの流れを解説しました。 クレジットカードを作ることは特に難しくありません。カード会社の指示に沿って、契約手続きを進めていきましょう。 クレジットカードを手にしたら、さまざまなシーンで役立ててください。 おすすめのクレジットカード3選 ここからは、おすすめのクレジットカードを3つ紹介していきます。年会費の有無や、ポイント還元率の高さなどからあなたに合うクレジットカードを選びましょう。 三井住友カード >>>三井住友カードの詳細はこちら ブランド 年会費 ポイント還元率 発行期間 VISA・Mastercard 無料(2年目~:1,250円) 0.5~10.0% 最短翌営業日 ■Point1:年会費初年度無料!2年目以降も条件クリアで年会費が無料 年会費は初年度無料です。2年目以降も「マイ・ペイすリボ」登録と、前年度にリボ手数料を1回以上支払うと、年会費無料となります。 ■Point2:コンビニ3社&マクドナルド利用でいつでもポイント5倍 セブン-イレブン・ファミリーマート・ローソン・マクドナルドの利用で、いつでも三井住友カードのポイントであるVポイントが5倍貯まります。 ■Point3:最短5分で利用できる!発行は最短翌営業日! カード申し込み後、最短5分で利用できるので急ぎでネットで買い物したい場合に便利です。即時利用の利用枠は10万円・カード番号のみ表示されます。カード発行自体は最短翌営業日となります。 ■キャンペーン 新規入会&Vpassアプリログインで、20%還元(最大8,000円)プレゼント! 三井住友カードの詳細はこちら VIASOカード >>>VIASOカードの詳細はこちら ブランド 年会費 ポイント還元率 発行期間 Mastercard 永年無料 0.5~10.0% 最短翌営業日 ■Point1:貯まったポイントは自動で現金に還元 VIASOカードを使って貯まったポイントは、自動で現金に還元されるキャッシュバック機能付きです。ポイント交換の手間も不要なので、有効期限切れの心配もありません。 ■Point2:年会費は永年無料で最短翌営業日に発行 年会費は永年無料で無料条件もありません。また申し込み後、最短翌営業日で発行されるので、すぐに利用したい人にもおすすめです。 ■Point3:海外旅行旅行傷害保険が最大2,000万円付帯 VIASOカードで旅行代金を支払えば、死亡・後遺障害で最大2,000万円までの保険サービスを受けれます。携行品損害も最大20万円まで補償されるので、海外旅行によく行く人は安心です。 ■キャンペーン 条件クリアで最大10,000円をキャッシュバック! VIASOカードの詳細はこちら dカード GOLD >>>dカード GOLDの詳細はこちら ブランド 年会費 ポイント還元率 発行期間 VISA・Mastercard 10,000円 1.0~10.0% 最短5日間 ■Point1:年会費以上におトク!利用料金の10%が毎月還元される 「ドコモケータイ・ドコモ光・dマガジン」などドコモ関連サービス利用料金の10%が毎月還元されるので、年会費以上のポイントを貯められます。 ■Point2:最大1億円の海外旅行保険が付帯 海外旅行中の怪我や病気の際に最大1億円が、国内旅行での傷害保険で最大5,000万円が補償されます。 ■Point3:ケータイ補償で購入から3年間・最大10万円分補償される 携帯電話の故障や紛失の場合、購入から3年間、最大10万円分まで補償されます。 ■キャンペーン 最大18,000分のdポイントプレゼント(入会・エントリー・利用が必要)
クレジットカードの作り方、初めての申し込みでも迷わないための解説
クレジットカード
2020/08/04

クレジットカードの締め日と支払い日って何? 残高不足の時の対処法も解説!

クレジットカードを利用する前に知っておきたいのが締め日と支払い日です。 締め日と支払い日がいつなのか知っておかないと、滞納といったトラブルを起こしかねません。滞納後にカードが強制解約されると困ってしまいますよね? 本ページではクレジットカードの締め日と支払い日について分かりやすく解説していきます。 口座が残高不足の時の対処法についても解説するため、クレジットカードの締め日と支払い日が気になる方はご参考ください。 クレジットカードの締め日と支払い日の関係 クレジットカードには月に一度の締め日と支払い日があります。 カードにおける締め日と支払い日の意味 期日 意味 締め日 毎月のカード利用が締め切られる日 支払い日 カード利用金額を支払いする日 締め日までのカード利用金額は、支払金額確定日に確定します。その確定したカード利用金額は、支払い日に口座より引き落としとなるクレジットカードが一般的です。 次のように、締め日と支払い日はカードごとに違います。 カード別の締め日と支払い日 カード名 締め日 支払い日 NICOSカード 毎月5日 当月27日 セゾンカード 毎月10日 翌月4日 イオンカード 毎月10日 翌月2日 MUFGカード 毎月15日 翌月10日 DCカード 毎月15日 翌月10日 JCBカード 毎月15日 翌月10日 三井住友カード 毎月15日または毎月末日 翌月10日または翌月26日 楽天カード 毎月末日 翌月27日 セディナカード 毎月末日 翌月27日 OMCカード 毎月末日 翌月27日 オリコカード 毎月末日 翌月27日 ジャックスカード 毎月末日 翌月27日 三井住友カードのように締め日と支払い日が2つあるカード会社が見られます。カード払い後に混乱しないよう、事前に締め日と支払い日について調べておきましょう。 締め日と支払い日はカード会社公式サイトに掲載されています。ほかにもWEB明細サービスや、紙の利用明細書で支払い日を確認できるカード会社が多いです。 締め日と支払い日の理解不足で起こり得るトラブル クレジットカードの登録口座が残高不足だと、支払い日に引き落としができません。引き落としができないときに注意したいのが、次のような滞納によるトラブルです。 【滞納によるトラブル】 1.  カードが利用停止される 2.  遅延損害金の請求が届く 3. カード会社から催促される 4. カードが強制解約される 5. ブラックリストに入る 6. 一括請求される 7. 差し押さえされる 【翌日~3日後】カードの利用停止 カードの利用停止は、支払い日より翌日~3日後が目安です。 利用停止となったカードは当然ながら、カード払いできません。利用停止後であっても、カード会社への支払いは必要です。 【翌日~遅延解消日まで】遅延損害金の請求が届く 遅延損害金は、翌日~遅延解消日まで発生するのが基本です。 遅延損害金の計算式は次をご参考ください。「元金×年率÷365日×遅延日数=遅延損害金」カードショッピングの場合、遅延損害金の上限は年14.60%です。 ● 元金:10万円 ● 遅延損害金:年14.60% ● 遅延日数:10日 上記の条件で遅延損害金がいくらになるのか計算してみましょう。 「10万円×0.146÷365×10=400円」遅延が長引くほど、遅延損害金が大きくなります。 【7日後】カード会社からの催促 カード会社からの催促がはじまるタイミングは、7日後が目安です。 最初はメール、またはハガキで催促されることがあります。しかし、催促に応じられないとカード会社から電話で催促されかねません。 【2か月~3か月後】カードの強制解約 カードの強制解約は、2か月~3か月後が目安です。いったん強制解約となったカードは、復活できないと考えてください。 【2か月~3か月後】ブラックリストに入る 強制解約と同時にブラックリストに入ってしまいます。ブラックリストは個人信用情報に記録される事故情報です。 クレジットやローンの審査では、個人信用情報に照会をかけています。そのため、ブラックリストの方がクレジットやローンに申し込みしても審査通過はほぼ期待できません。 【3か月後】一括請求される 一括請求の通知は、滞納から3か月後が目安です。一括請求に応じられないと、裁判所から支払督促という郵送物が届くことがあります。支払督促が届いてから2週間以内であれば、異議申立が可能です。 しかし、異議申立せずに2週間経つと今度は仮執行宣言付支払督促という郵便物が届きます。仮執行宣言付支払督促でも、届いてから2週間以内なら異議申立が可能です。 【3か月~6か月後】差し押さえされる 仮執行宣言付支払督促を放置すると、強制執行(給与などの差し押さえ)まで進みかねません。差し押さえまでの目安は、3か月~6か月後です。 給与差し押さえの場合、原則手取りの4分の1相当となり、残りの4分の3の手取りは支給されます。 しかし、勤務している会社に裁判所からの差し押さえの通知が届くため会社の人に知られかねません。 支払い日に口座が残高不足の時の対処法 口座の残高不足による滞納には、次のような対処法が有効です。 【残高不足への対処法】 ●  給与振込口座を登録する ● 引き落とし日のお知らせメールを確認する ● 遅れたときは速やかに支払いする 給与振込口座を登録 給与振込口座をクレジットカードの引き落とし用口座として登録しておくと、残高不足による滞納リスクを抑えられます。 給与振込日が毎月25日、カードの支払い日が27日であれば口座の残高不足は生じにくいです。 ただし、給与振込日からカードの支払い日までの日数が多いときは、残高不足に注意してください。給与振込口座から生活費などを出金しすぎると、支払い日までに口座が残高不足になりかねません。 引き落とし日のお知らせメールを確認 金融機関によっては、クレジットカードの支払い日(引き落とし日)をメールでお知らせするサービスを提供しています。 うっかり支払いを忘れそうな方は、金融機関のメールサービスを利用すると良いでしょう。 ただし、お知らせメールの確認を忘れてしまったのでは意味がありません。そのため、定期的にメールボックスを確認しておきましょう。 遅れたときは速やかに支払い 支払い日に遅れてしまったときは、事態が悪化する前にカード会社へ支払いしてください。 支払い日に引き落としできなかった場合、再引き落としをかけるカード会社が見られます。再引き落とし日までに口座に入金すれば、利用停止となったカードが復活することが多いです。 再引き落とし日を過ぎてしまったときは、カード会社へ速やかに連絡してください。連絡後は指定口座への振込やコンビニ払いなど、カード会社指定の方法で支払いしていきます。 まとめ クレジットカードの締め日と支払い日について解説してきました。締め日から支払い日までは、次のように流れます。 ● 締め日→締め切られる ● 支払金額確定日→カード利用金額が確定 ● 支払い日→登録口座より引き落とし クレジットカードには締め日と支払い日のしくみがあるため、商品購入時の支払いを先に延ばせます。現金一括払いでは余裕がないときにも便利なしくみです。 ただし、締め日と支払い日を知らないと滞納によるトラブルが起こりかねません。 支払い日に遅れてしまったときは、速やかに支払いしてください。口座の残高不足が気になる方は、本ページで紹介した対策を試してみると良いでしょう。 おすすめのクレジットカード3選 ここからは、おすすめのクレジットカードを3つ紹介していきます。年会費の有無や、ポイント還元率の高さなどからあなたに合うクレジットカードを選びましょう。 三井住友カード >>>三井住友カードの詳細はこちら ブランド 年会費 ポイント還元率 発行期間 VISA・Mastercard 無料(2年目~:1,250円) 0.5~10.0% 最短翌営業日 ■Point1:年会費初年度無料!2年目以降も条件クリアで年会費が無料 年会費は初年度無料です。2年目以降も「マイ・ペイすリボ」登録と、前年度にリボ手数料を1回以上支払うと、年会費無料となります。 ■Point2:コンビニ3社&マクドナルド利用でいつでもポイント5倍 セブン-イレブン・ファミリーマート・ローソン・マクドナルドの利用で、いつでも三井住友カードのポイントであるVポイントが5倍貯まります。 ■Point3:最短5分で利用できる!発行は最短翌営業日! カード申し込み後、最短5分で利用できるので急ぎでネットで買い物したい場合に便利です。即時利用の利用枠は10万円・カード番号のみ表示されます。カード発行自体は最短翌営業日となります。 ■キャンペーン 新規入会&Vpassアプリログインで、20%還元(最大8,000円)プレゼント! 三井住友カードの詳細はこちら VIASOカード >>>VIASOカードの詳細はこちら ブランド 年会費 ポイント還元率 発行期間 Mastercard 永年無料 0.5~10.0% 最短翌営業日 ■Point1:貯まったポイントは自動で現金に還元 VIASOカードを使って貯まったポイントは、自動で現金に還元されるキャッシュバック機能付きです。ポイント交換の手間も不要なので、有効期限切れの心配もありません。 ■Point2:年会費は永年無料で最短翌営業日に発行 年会費は永年無料で無料条件もありません。また申し込み後、最短翌営業日で発行されるので、すぐに利用したい人にもおすすめです。 ■Point3:海外旅行旅行傷害保険が最大2,000万円付帯 VIASOカードで旅行代金を支払えば、死亡・後遺障害で最大2,000万円までの保険サービスを受けれます。携行品損害も最大20万円まで補償されるので、海外旅行によく行く人は安心です。 ■キャンペーン 条件クリアで最大10,000円をキャッシュバック! VIASOカードの詳細はこちら dカード GOLD >>>dカード GOLDの詳細はこちら ブランド 年会費 ポイント還元率 発行期間 VISA・Mastercard 10,000円 1.0~10.0% 最短5日間 ■Point1:年会費以上におトク!利用料金の10%が毎月還元される 「ドコモケータイ・ドコモ光・dマガジン」などドコモ関連サービス利用料金の10%が毎月還元されるので、年会費以上のポイントを貯められます。 ■Point2:最大1億円の海外旅行保険が付帯 海外旅行中の怪我や病気の際に最大1億円が、国内旅行での傷害保険で最大5,000万円が補償されます。 ■Point3:ケータイ補償で購入から3年間・最大10万円分補償される 携帯電話の故障や紛失の場合、購入から3年間、最大10万円分まで補償されます。 ■キャンペーン 最大18,000分のdポイントプレゼント(入会・エントリー・利用が必要) dカード GOLDの詳細はこちら
クレジットカードの締め日と支払い日って何? 残高不足の時の対処法も解説!
クレジットカード
2020/08/04

クレジットカード初心者必見!決済ブランドの特徴と違いについて詳しく解説

クレジットカードには決済ブランドという、決済を可能にするシステムを提供する会社があります。この決済ブランドは主に5つありますが、それらの特徴や具体的な違い、どのように選べば良いかわからないという方もいるのではないでしょうか。 もしかしたら、クレジットカードで支払いさえできれば決済ブランドはどこでも良いと適当に考えている方もいるかもしれません。しかし、決済ブランドはクレジットカードを利用するにあたって大きな影響を与えることがあります。 当記事では、クレジットカードの決済ブランドについて、特徴やおすすめポイントなどを交えて詳しく解説します。 クレジットカードの決済ブランドは5つから選択可能 クレジットカードがどのお店で使えるのかを表す決済ブランドは主に5つあります。 多くのクレジットカードで券面の右下に決済ブランドのロゴが記載されています。そして、店頭に同じ決済ブランドのロゴ掲示があれば加盟店となり、支払いが可能となる流れです。 なお、日本で発行されるすべてのクレジットカードにおいて、付帯する5つの決済ブランドは以下のとおりです。 ● VISA ● Mastercard ● JCB ● American Express(アメリカン・エキスプレス) ● Diners Club(ダイナースクラブ) これらを総称して5大決済ブランドと呼びますが、そのほかに5大国際ブランドと呼ぶこともあります。 また、上記の5大決済ブランドと比べると日本国内での知名度は低いですが、新興の決済ブランドの銀聯(ぎんれん)とDiscoverを加えることで、7大決済ブランドと呼ぶこともあります。 5大決済ブランドの特徴とおすすめポイント 5つある決済ブランドですが、主な特徴やおすすめしたいポイントはそれぞれ異なります。以下に一覧でまとめたので比較していきましょう。 決済ブランド 特徴・おすすめポイント VISA ・世界シェア率第1位・日本国内をはじめ、欧米にアジアなど世界各国・地域に加盟店がある決済ブランド・初めてクレジットカードを持つ方・どこの決済ブランドを選べば良いのかわからない方におすすめ Mastercard ・世界シェア率第2位でVISAと性質が近い決済ブランド・ヨーロッパ圏で多くの会員数を誇るユーロカードと提携、統合した経緯があることからヨーロッパで利用しやすいと有名・ヨーロッパ限定にするとVISAよりも使いやすいとされているため、ヨーロッパ方面へ行く機会の多い方におすすめ JCB ・日本発祥の決済ブランド・海外における普及率はVISAやMastercardと比べて低いが、一部のアジアやハワイなどでは加盟店増加の傾向にありサポートも充実・日本人旅行者の多い海外に行く機会が多い方におすすめ American Express(アメリカン・エキスプレス) ・高ステータスカードとして日本国内外で人気の決済ブランド・優待サービスや補償、独自のプロテクションサービスの付帯、一律の利用限度額の設定なし・アメリカン・エキスプレスとしての加盟店は少なめだが、提携関係にあるJCB加盟店でも使用可能なため利用に大きな問題はない・ステータスや充実度を求める方におすすめ Diners Club(ダイナースクラブ) ・富裕層に人気の決済ブランド・会員限定優待サービスがあったり、イベントが開催されたりするなどエンターテイメントサービスが充実・アメリカン・エキスプレスと同様に加盟店は少ないが、JCBと提携関係にあるため日本国内の利用に大きな問題はない・レストランや旅行などにおける充実度、特別な日常を求める方におすすめ 決済ブランドと発行会社・カード名の違い クレジットカードの決済ブランドが違ったとしても、「イシュアー」と呼ばれる発行会社やカード名が異なれば特徴や利用できるサービス内容が違ってきます。 まず、決済ブランドと発行会社の大まかな違いをまとめてみました。 ● 決済ブランド:クレジットカード決済を可能にするためのシステム提供をおこなう ● 発行会社(イシュアー):クレジットカード会員に対するサービス全般をおこなう 発行会社では自社カードだけでなく提携カードを発行したり、入会に必要な審査や手続きをおこなったりします。また、毎月の利用明細書の発行や請求の業務の他、さまざまなサービスに特典、ポイント還元なども発行会社がおこなうことです。 日本国内には発行会社は多くありますが、代表的な会社は以下のようになります。 ● 三井住友カード ● 三菱UFJニコス ● ライフカード ● 楽天カード ● オリコカード ● クレディセゾン さらに発行会社の中にいくつものクレジットカードが存在し、自分自身のニーズにあったカードが選べます。 たとえば、三井住友カードの発行する主な個人向けクレジットカードは以下のようになっていて、カードによってスペックや使い勝手などが違います。 種類 特徴 三井住友カード もっともベーシックな一般ランクのカード 三井住友カード(学生) 在学中の年会費無料の学生限定カード 三井住友カード デビュープラス 18歳~25歳の方限定のカード 三井住友カード ゴールド ワンランク上の充実と補償のそろうカード 三井住友カード プラチナ 手厚いサービス内容と補償のそろう最上位ランクのカード 上記のカードの中でも三井住友カードはインターネット入会で初年度年会費は無料ですが、利用限度額は10~80万円となっています。海外旅行傷害保険は最高2,000万円の補償、空港ラウンジやコンシェルジュなどのサービスは付帯しません。 それに対し三井住友カード プラチナは、本会員年会費が55,000円(税込)かかりますが、利用限度額は原則300万円~で、海外旅行だけでなく国内旅行も傷害保険が最高1億円補償されます。 また、三井住友カードの指定レストランで2名以上のコース料理を利用すると1名分の料金が無料になったり、空港ラウンジや空港と自宅間の荷物宅配サービス、24時間年中無休で対応可能なコンシェルジュサービスも利用可能です。 三井住友カードの詳細はこちら 決済ブランドはクレジットカード名とは異なる クレジットカードを持っていてありがちなのが、クレジットカードの会社を聞かれたときに決済ブランドの名前を言うことです。 たしかにVISAやMastercardなどと答えるのは間違いではありませんが、情報の正確性を求めるとなるとやや不足感があります。 なぜなら、VISAカードと言っても多くの会社でVISAのライセンスのクレジットカードを発行しているからです。 VISAのロゴがあるクレジットカードがあっても表面だけチェックしたのでは発行会社はわかりません。三菱UFJニコスを例にすると券面にはカード名の「MUFG CARD」、裏面には発行会社の「三菱UFJニコス」の名前が記載されています。 この場合、決済ブランドはVISA、発行会社は三菱UFJニコス、カード名がMUFG CARDというのがより正確です。 まとめ 5つあるクレジットカードの決済ブランドは、国や地域によって加盟店数の状況が異なったり、付帯するサービス内容や補償の違いが大きかったりします。 日本国内では使いやすくても海外に行った際に自身の持っているクレジットカードの決済ブランドでは支払いができない場合もあります。 自分自身がクレジットカードをどう利用するのかを考えたうえで、最適な決済ブランドを選びましょう。 おすすめのクレジットカード3選 ここからは、おすすめのクレジットカードを3つ紹介していきます。年会費の有無や、ポイント還元率の高さなどからあなたに合うクレジットカードを選びましょう。 三井住友カード >>>三井住友カードの詳細はこちら ブランド 年会費 ポイント還元率 発行期間 VISA・Mastercard 無料(2年目~:1,250円) 0.5~10.0% 最短翌営業日 ■Point1:年会費初年度無料!2年目以降も条件クリアで年会費が無料 年会費は初年度無料です。2年目以降も「マイ・ペイすリボ」登録と、前年度にリボ手数料を1回以上支払うと、年会費無料となります。 ■Point2:コンビニ3社&マクドナルド利用でいつでもポイント5倍 セブン-イレブン・ファミリーマート・ローソン・マクドナルドの利用で、いつでも三井住友カードのポイントであるVポイントが5倍貯まります。 ■Point3:最短5分で利用できる!発行は最短翌営業日! カード申し込み後、最短5分で利用できるので急ぎでネットで買い物したい場合に便利です。即時利用の利用枠は10万円・カード番号のみ表示されます。カード発行自体は最短翌営業日となります。 ■キャンペーン 新規入会&Vpassアプリログインで、20%還元(最大8,000円)プレゼント! 三井住友カードの詳細はこちら VIASOカード >>>VIASOカードの詳細はこちら ブランド 年会費 ポイント還元率 発行期間 Mastercard 永年無料 0.5~10.0% 最短翌営業日 ■Point1:貯まったポイントは自動で現金に還元 VIASOカードを使って貯まったポイントは、自動で現金に還元されるキャッシュバック機能付きです。ポイント交換の手間も不要なので、有効期限切れの心配もありません。 ■Point2:年会費は永年無料で最短翌営業日に発行 年会費は永年無料で無料条件もありません。また申し込み後、最短翌営業日で発行されるので、すぐに利用したい人にもおすすめです。 ■Point3:海外旅行旅行傷害保険が最大2,000万円付帯 VIASOカードで旅行代金を支払えば、死亡・後遺障害で最大2,000万円までの保険サービスを受けれます。携行品損害も最大20万円まで補償されるので、海外旅行によく行く人は安心です。 ■キャンペーン 条件クリアで最大10,000円をキャッシュバック! VIASOカードの詳細はこちら dカード GOLD >>>dカード GOLDの詳細はこちら ブランド 年会費 ポイント還元率 発行期間 VISA・Mastercard 10,000円 1.0~10.0% 最短5日間 ■Point1:年会費以上におトク!利用料金の10%が毎月還元される 「ドコモケータイ・ドコモ光・dマガジン」などドコモ関連サービス利用料金の10%が毎月還元されるので、年会費以上のポイントを貯められます。 ■Point2:最大1億円の海外旅行保険が付帯 海外旅行中の怪我や病気の際に最大1億円が、国内旅行での傷害保険で最大5,000万円が補償されます。 ■Point3:ケータイ補償で購入から3年間・最大10万円分補償される 携帯電話の故障や紛失の場合、購入から3年間、最大10万円分まで補償されます。 ■キャンペーン 最大18,000分のdポイントプレゼント(入会・エントリー・利用が必要) dカード GOLDの詳細はこちら
クレジットカード初心者必見!決済ブランドの特徴と違いについて詳しく解説
クレジットカード
2020/08/04

クレジットカードの明細書はここをチェック!確認方法やお得な情報を徹底解説!

クレジットカードを利用している場合、毎月確認しなければならないものがあります。それが、カードの利用明細書。 どれくらいクレジットカードを使用したか振り返るだけでなく、今後の利用計画を考えたり、不正利用を発見したりと、明細書はしっかりと確認しておかなければなりません。 本記事では、クレジットカードの明細書について ● 明細書の種類や確認方法 ● 明細書でチェックすべき項目 ● お得に明細書を活用する小技 これらの3点を中心に解説していきます! クレジットカードの明細を確認する方法 クレジットカードの明細は、オンライン明細や郵送で届く書類で確認する方法があります。 スマホやPCでWeb明細書をチェック 各カードの公式サイトやアプリで登録することで、スマホやPCのオンラインで確認できるようになるのがWeb明細書です。 紙の明細書と異なり、 ● スマホやPCさえあればいつでもどこでも確認できる ● 明細書発行手続き料金が掛からない ● 紙の明細書よりも早く確認することができる 等のメリットが見られます。 特に明細書の発行手続き料が掛からないというのは気付きにくい点ですね。 最近では「Web明細書を基本としているため紙の明細書を発行する場合には手続き料金が掛かる」という仕組みが主流です。 例えば楽天カードであれば、WEB明細サービスが未登録の場合は郵送の明細発行費用の84円(税込)を負担しなければなりません。 Web明細書に切り替えるだけで、年間で約1,000円の節約となることがわかります。特別大きな理由がない場合にはWeb明細書に切り替えることをオススメします。 毎月届く紙の明細書をチェック 紙の明細書ですが、こちらはどのクレジットカードであっても毎月中旬頃に届くようになっています。 そのため、メリットには ● 明細書をチェックすることを忘れにくい ● パスワード等が無く届いた瞬間確実に確認できる という2点が挙げられるでしょう。 Webで明細書を確認するのも非常に便利なのですが、そのためには公式サイトまたはアプリへログインする工程が必要となります。 そのためパスワードやIDを忘れてしまっていると、再設定手続き等余計に手間が掛かってしまいますよね。紙の明細書であれば、家にいる時であればいつでもすぐに確認をすることができます。 さらに、以下の表のようにクレジットカードの種類によって期間は異なるのですが、Web明細は過去〇ヵ月までの分しか確認ができません。 クレジットカードの種類 過去何カ月までの明細が確認可能か 楽天カード 最長15ヵ月前 イオンカード 最長3ヵ月前 JCBカード 最長6ヵ月前→15ヵ月前に拡張 三井住友VISAカード 最長15ヵ月前 クレジットカードの明細で必ず見ておくべき項目 ①今月の支払い料金 まず1つ目の項目は、「今月の支払い料金」です。大体これくらいだろうと考えお金を用意してしまうと、 ● 不正利用があった場合に気付くことができない ● 残高不足で引き落としが掛からない これらのトラブルに繋がってしまいます。もちろん不正利用があった場合には支払いの段階で気付くとは思いますが、「不正利用の金額が数千円だった」場合には気付かないことも。 また、家族カードなどで家族が勝手にカードを利用してしまった場合も、金額が大きくなければなかなか気付かないものです。 また、残高不足で引き落としが掛からない場合には「クレヒス※に傷がついてしまう」という事態にもなり兼ねません。将来的にゴールドカードや新規カードの申込みを検討している方は1番気を付けなければならないことですよね。 明細書を確認する際には、必ずこの項目をチェックしておきましょう。 ※クレヒスとは、クレジットヒストリーの略。信用情報のようなもので、利用回数や利用料金が大きかったり遅延が一度もなかったりすると信用が上がっていきカードの審査に通りやすくなります。 ②ショッピングの履歴(何にカードを利用したか) こちらも不正利用を防ぐための項目ですが、利用料金と合わせて確認するようにしましょう。 例えばネットショッピング等をしないのにも関わらず、明細書に「Amazon」や「楽天市場」のような利用履歴が載っているのはおかしなことですよね。 アプリゲームの課金についても同じことが言えます。金額だけを見て「使いすぎたのかな」と終わるのではなく、必ずショッピング履歴についても1つ1つ確認することが重要です。 ただし、ショッピング履歴で「何を買ったか」など商品や具体的なサービス内容を確認することはできません。 ③必要な支出以外の支出 この項目は重要というわけではありませんが、今後の節約に繋がる情報です。これまでカードを利用してきた中で、「意外と使っていた」と感じた経験はありませんか? 外食が多かったり、趣味に使いすぎてしまっていたりとカード決済だからこそ覚える感覚ですよね。 支払い料金や履歴をチェックして、今後の節約に活かすというのも大事なことです。 クレジットカードの明細をお得に活用するには 先述した通り、最近ではクレジットカードのほとんどが「Web明細書を基本とする」仕組みへと移行しています。 そのため紙の明細書を発行するよりも、Web明細書に切り替えれば手続き料金が掛からないため、「Web明細書の方がお得」ということになります。 しかし、実はWeb明細書に切り替えることによって得るメリットというのはそれだけではありません。それは「Web明細書に切り替えることで貰える特典」が関係してきます。 この特典というのはカード会社によってことなるのですが、 ● 年会費が〇円割引される ● 期間限定のキャンペーンによってプレゼントを貰える ● ポイントを毎月獲得できる このような特典を獲得することができます。 さらにキャンペーン以外でも年会費が最大1,000円割引になるという特典がカードに付帯します。紙の明細書も独自のメリットはありますが、Web明細書に切り替えるメリットの方が大きいということがわかりますね。 まとめ 本記事ではクレジットカードの明細書の確認方法、並びに紙とWeb2種類の明細書について詳しくご紹介してきました。 Webや紙の明細書それぞれのメリットやデメリットについても言及したため、初めて明細書について調べた方は是非参考にしてみて下さい。 また、Web明細のキャンペーンについてはそれぞれのクレジットカードが期間を定めて開催しているため、Web明細書に切り替えるか検討している方は早めにキャンペーン情報について調べてみることをオススメします。 公式サイトに行けば大体は公表しているものですので、今すぐにでも確認してみましょう。 おすすめのクレジットカード3選 ここからは、おすすめのクレジットカードを3つ紹介していきます。年会費の有無や、ポイント還元率の高さなどからあなたに合うクレジットカードを選びましょう。 三井住友カード >>>三井住友カードの詳細はこちら ブランド 年会費 ポイント還元率 発行期間 VISA・Mastercard 無料(2年目~:1,250円) 0.5~10.0% 最短翌営業日 ■Point1:年会費初年度無料!2年目以降も条件クリアで年会費が無料 年会費は初年度無料です。2年目以降も「マイ・ペイすリボ」登録と、前年度にリボ手数料を1回以上支払うと、年会費無料となります。 ■Point2:コンビニ3社&マクドナルド利用でいつでもポイント5倍 セブン-イレブン・ファミリーマート・ローソン・マクドナルドの利用で、いつでも三井住友カードのポイントであるVポイントが5倍貯まります。 ■Point3:最短5分で利用できる!発行は最短翌営業日! カード申し込み後、最短5分で利用できるので急ぎでネットで買い物したい場合に便利です。即時利用の利用枠は10万円・カード番号のみ表示されます。カード発行自体は最短翌営業日となります。 ■キャンペーン 新規入会&Vpassアプリログインで、20%還元(最大8,000円)プレゼント! 三井住友カードの詳細はこちら VIASOカード >>>VIASOカードの詳細はこちら ブランド 年会費 ポイント還元率 発行期間 Mastercard 永年無料 0.5~10.0% 最短翌営業日 ■Point1:貯まったポイントは自動で現金に還元 VIASOカードを使って貯まったポイントは、自動で現金に還元されるキャッシュバック機能付きです。ポイント交換の手間も不要なので、有効期限切れの心配もありません。 ■Point2:年会費は永年無料で最短翌営業日に発行 年会費は永年無料で無料条件もありません。また申し込み後、最短翌営業日で発行されるので、すぐに利用したい人にもおすすめです。 ■Point3:海外旅行旅行傷害保険が最大2,000万円付帯 VIASOカードで旅行代金を支払えば、死亡・後遺障害で最大2,000万円までの保険サービスを受けれます。携行品損害も最大20万円まで補償されるので、海外旅行によく行く人は安心です。 ■キャンペーン 条件クリアで最大10,000円をキャッシュバック! VIASOカードの詳細はこちら dカード GOLD >>>dカード GOLDの詳細はこちら ブランド 年会費 ポイント還元率 発行期間 VISA・Mastercard 10,000円 1.0~10.0% 最短5日間 ■Point1:年会費以上におトク!利用料金の10%が毎月還元される 「ドコモケータイ・ドコモ光・dマガジン」などドコモ関連サービス利用料金の10%が毎月還元されるので、年会費以上のポイントを貯められます。 ■Point2:最大1億円の海外旅行保険が付帯 海外旅行中の怪我や病気の際に最大1億円が、国内旅行での傷害保険で最大5,000万円が補償されます。 ■Point3:ケータイ補償で購入から3年間・最大10万円分補償される 携帯電話の故障や紛失の場合、購入から3年間、最大10万円分まで補償されます。 ■キャンペーン 最大18,000分のdポイントプレゼント(入会・エントリー・利用が必要) dカード GOLDの詳細はこちら
クレジットカードの明細書はここをチェック!確認方法やお得な情報を徹底解説!
クレジットカード
2020/08/04

JCBとVISAはどちらが良い?判断ポイントとおすすめクレジットカードをご紹介

クレジットカードを作成するにあたり国際ブランド=決済ブランド選びは重要なポイントです。国際ブランドは世界シェア率第1位のVISAを筆頭に、Mastercard、JCB、アメリカン・エキスプレス、ダイナースが5大ブランドとして知られています。 また、同じカードを発行する場合、VISAとMastercard、JCB というようにブランドを自由に選べることがあります。しかし、ここで何も考えずに国際ブランドを選んでしまうと、後で利用する際に困る可能性があるので注意しないといけません。 当記事では5大国際ブランドの中からVISAと、唯一の日本発の国際ブランドとなるJCBを取り上げ、比較・解説していきます。 VISAとJCBどちらの国際ブランドを選ぶと良いのかについて、チェックしておきましょう。 VISAとJCBの違い・どちらを選ぶべきか判断するポイント 最初に、VISAとJCBにはどんな違いがあるのか、どちらを選ぶべきか判断するためのポイントを解説します。それぞれのカードで使い勝手や特徴が異なるので、しっかりと内容を把握しておくと良いでしょう。 国内、海外含めて使えるお店が多いのは圧倒的にVISA VISAとJCBの国際ブランドを比較するにあたり、大きな違いとなるのが日本国内と海外での使用感です。 まず、世界シェア率第1位のVISAはアメリカ発となり、JCBは日本発の国際ブランドとなります。世界における加盟店数はVISAがJCBを圧倒的に上回ることから、日本国内と海外での使い勝手は大きく異なるでしょう。 実際にヨーロッパなどに行くと「JCBは聞いたことがないし知らない」「VISAは使えるけどJCBは使えない」ということが多いのも現実です。 それでは国際ブランドはVISA一択かと聞かれれば一概に言い切れません。日本国内、またはアジア、海外リゾート地などであれば、JCBは不自由しない普及率を誇りますし、VISAと互角の使用感です。 国際ブランドによって加盟店が支払う手数料が違う 支払うべき加盟店手数料は国際ブランドによって違い、JCBはVISAに比べて高めの傾向です。加盟店によって異なるため一概に言い切れませんが、JCBの加盟店手数料はVISAの1.5倍程度と考えておくと良いでしょう。 そのため、できるだけ利益を増やしたい店舗や通販サイトでは、加盟店手数料が安価のVISAもしくはMastercardだけを支払い可能とし、JCBとの加盟店契約を断るケースも出てきています。 JCBは海外使用時に独自の基準レートを導入している 海外でクレジットカード決済をおこなうと、カード会社は利用金額に基準レートをかけた金額+事務手数料を請求します。 カード会社が決めた通貨の換算レートを基準レートと呼びます。海外でカードを利用すると現地通貨を日本円に換算してから請求しますが、この基準レートは国際ブランドごとに設定されているのです。そして、JCBは独自の基準レートを導入していて、詳しい数値はJCBの公式サイトから確認できます。 JCBの公式サイトにアクセスすると日付が羅列されているので、確認したい基準レートの日付を選びましょう。そして、JPY(日本円)の隣にあるSellの項目に記載されています。 ただし、JCBの基準レートは米ドル基準のみとなるため、そのほかの通貨を調べたい場合は自分自身で計算しなくてはなりません。 JCBは海外旅行先での日本人向けサービス・特典が充実 VISAもJCBのどちらを持っても特典はありますが、その中でもぜひチェックしておきたいのが海外旅行先でのJCBカード利用者向けのサービス・特典です。 JCBプラザ 海外に設置されたサポート窓口で、海外でJCBカードの紛失・盗難にあった際の手続きのほか、カード会員の状況に応じたサポートを日本語で対応します。また、日本語にてJCB加盟店の予約、観光についての問い合わせも対応可能です。 ■JCBプラザ設置都市一覧 ● ロサンゼルス ● ホノルル ● ラスベガス ● サンフランシスコ ● サイパン ● ニューヨーク ● オーランド ● バンクーバー ● トロント ● 上海 ● 北京 ● 大連 ● ソウル ● 台北 ● バリ ● ホーチミンシティ ● セブ ● クアラルンプール ● シェムリアップ ● シドニー ● ケアンズ ● ゴールドコースト ● オークランド ● クイーンズタウン ● ロンドン ● ローマ ● マドリード ● バルセロナ ● フランクフルト ● ウィーン ● コペンハーゲン JCBプラザラウンジ 一部主要都市にJCB会員専用の空間「JCBプラザラウンジ」を設置しています。JCBプラザのサービスに加え、フリードリンクにマッサージ機などの利用、インターネットや現地情報誌などの閲覧が可能です。 ■JCBプラザ設置都市一覧 ● ロサンゼルス ● ホノルル ● グアム ● ソウル ● 台北 ● 香港 ● シンガポール ● バンコク ● パリ そのほかにクーポンなどの特典も多いため、JCBカードの幅広い活用ができます。 VISAとJCBそれぞれあると安心 訪れる海外の都市によって、VISAしか使えないなどのケースも出てきたり、日本国内でもJCBには加盟しておらず、VISAやMastercardしか利用できなかったりする店舗もあります。 そこで安心なのが、VISAとJCBのそれぞれが付帯するクレジットカードを持つことです。JCBが使えないならばVISAで、VISAが使えなければJCBという利用をすれば良いのです。 年会費などの維持コストが気になるという場合、年会費永年無料、条件付きで年会費無料などのクレジットカードを選べば負担なく保有しやすいでしょう。 おすすめのVISAカード3選 VISAが国際ブランドのクレジットカードはさまざまなカード会社で発行していますが、その中でも主なカードを3選でご紹介します。 ● 三井住友カード ● dカードゴールド ● エポスカード こちらでは詳しい特徴などを解説していきます。 三井住友カード 三井住友カードは三井住友カードが発行するクレジットカードの中で最もスタンダードな1枚です。銀行系クレジットカードなこともあり。ステータス性も申し分ないので、初めてクレジットカードを持つ際にこのカードを選ぶ方もいるくらいです。 年会費は通常1,375円(税込)ですが、インターネットからの申し込みで初年度無料です。翌年度以降はWEB明細書サービス、マイ・ペイすリボに登録することで年会費無料になります。 海外旅行傷害保険は最高2,000万円の補償付帯があります。 三井住友カードの詳細はこちら dカードゴールド ゴールドカードを持つには年収や勤続年数などの細かな条件があると思う方もいるかもしれません。しかし、dカードゴールドであれば「満20歳以上(学生は除く)の安定した継続収入がある方」「個人名義」「本人名義の銀行口座を支払い口座に設定する」などの条件を満たせば審査通過の可能性があります。 年会費は11,000円(税込)ですが、毎月のドコモのケータイもしくはドコモ光の利用料金1,000円(税別)ごとに100ポイントが貯まります。また、3年間最大10万円のケータイ補償が付いたり最大1億円の海外旅行保険が付帯したりします。 dカード GOLDの詳細はこちら エポスカード エポスカードも年会費永年無料のクレジットカードですが、そのほかに最短即日発行が可能な点も魅力です。丸井にあるエポスカードセンターで申し込み手続きをすれば、大体30分程度でカード発行されます。 また、年会費無料のカードにしては珍しく海外旅行傷害保険が自動付帯します。明日から海外旅行に行くけれど保険に加入していない…という方にも適した1枚でしょう。 そのほかにエポスポイントが最大30倍、マルコとマルオの7日間の期間中は丸井のお買い物がいつでも10%OFFになる特典もあります。 エポスカードの詳細はこちら おすすめのJCBカード3選 国際ブランドにJCBの付帯するクレジットカードの中で、特におすすめしたいのが以下の3種類です。 ● ライフカード ● JALカードSuica ● JCB CARD W 年会費無料、初年度年会費無料のカードなど、いずれも維持コストをおさえて持つことができます。 ライフカード ライフカードは年会費永年無料なほか、入会後1年間はポイント1.5倍、誕生月の利用で基本ポイント3倍というようにポイント還元率が高いメリットがあります。申し込み資格も「日本国内在住の高校生を除く18歳以上で電話連絡が可能な方」という点のみなので、気軽に申し込みをしやすいことも特徴です。 旅行傷害保険は海外旅行のみですが、最高2,000万円の補償があります。 ライフカードの詳細はこちら JALカードSuica JALカードSuicaは本会員カード年会費が2,200円(税込)ですが、入会後1年間年会費無料となっています。 この1枚でマイルとJRE POINTを効率的に貯めることが可能で、後で特典航空券と交換したり、Suicaにチャージして利用したり、商品と交換することもできます。また、Suicaのオートチャージ機能、空港でチェックインをせずに保安検査場へ直行できるJALタッチ&ゴーサービスも利用できるようになります。 最高1,000万円の海外旅行・国内旅行傷害保険、入会搭乗、毎年初回搭乗、搭乗ごとというようにボーナスマイルも獲得できます。 JALカードの詳細はこちら JCB CARD W JCB CARD WはJCBの発行するプロパーカードで年会費永年無料、常に利用金額の2倍のポイントを獲得できるメリットのあるカードです。ただし、対象年齢は18歳から39歳までとなっているので、その点のみご注意ください。 さらにJCBオリジナルシリーズパートナーの提携店、Oki Doki ランド を利用するとポイントは大幅アップします。スターバックスコーヒーやセブンイレブンなどの身近なお店で利用すればお得にポイントを貯めていけるでしょう。 海外旅行傷害保険も最高2,000万円の補償付帯があるので安心です。 まとめ VISAもJCBも普段の生活の中で身近な国際ブランドです。日本国内や日本人も多く訪れる海外であれば、VISAもJCBも極端な差はなく支払いができるでしょう。 ただし、訪れる海外の都市や地域によってJCBが使えなかったり、日本国内では加盟店手数料を理由にVISAしか使えなかったりする場合もあるので、安心なのはVISAとJCBの国際ブランドが付帯するクレジットカードを1枚ずつ持つことでしょう。年会費永年無料のカードやポイント還元率の高いカードを持つなどすれば、維持するための負担は軽減します。 また、VISAとJCBの国際ブランドが付帯するおすすめクレジットカードも多くあります。当記事内で紹介したカードを比較したうえで、ぜひ自身に適した1枚を選んでみてください。
JCBとVISAはどちらが良い?判断ポイントとおすすめクレジットカードをご紹介
クレジットカード
2020/08/04

アメックスのクレジットカードの審査基準や審査期間をわかりやすく解説

アメックスことアメリカン・エキスプレスの発行するクレジットカードはブランド性やステータス性の高いクレジットカードです。 「アメックスのクレジットカードを持っている方=富裕層」というイメージがある方も多いのではないでしょうか。そのほかにサービス内容や特典の充実度が高いことから、「一度は保有してみたい」と思う方も多いことでしょう。 そこで当記事ではアメックスのクレジットカードの審査について詳しく解説します。アメックスの審査基準は何なのかをはじめ、審査にどのくらいの期間がかかるのか、審査に通過するために必要な年収はどのくらいなのか、審査落ちする理由などをまとめたので、ぜひチェックしてください。 アメリカン・エキスプレスの審査基準 アメックスのクレジットカードの審査基準としてチェックしておきたいのが以下の3点です。 ● 入会者本人の個人情報が正しいこと ● 信用会社に照会して問題ないか ● 本人に安定した収入があるか 審査において重要なポイントとなるので、しっかりとチェックしておきましょう。 申し込み者本人が申請した個人情報が正しいこと 申し込み時に勤務先に雇用形態、年収といった個人情報を申請する必要がありますが、その際に正しい情報を伝えることが重要です。 審査通過が有利になるために、「年収の金額を多く申請しよう、虚偽の勤務先を伝えよう」と考える方もいるかもしれません。しかし、何らかの理由で虚偽の申請が発覚するとその時点で審査落ちは避けられませんし、最悪の場合は今後の審査通過が半永久的に難しくなる可能性もあります。 正直に申告することをおすすめします。 信用情報機関に情報照会して問題がないか クレジットカードの審査では、信用情報機関に申込者自身の個人信用情報を照会します。これはアメックスだけでなく、どのクレジットカード会社も審査時におこなうことと思って良いでしょう。 個人信用情報の照会をすることで、クレジットヒストリー(クレヒス)と呼ばれる「申込者自身の過去の借金の返済状況」を確認できます。そして、このクレジットヒストリーの内容が良いか悪いかで審査通過が決まる流れです。 以下のような内容が申込者自身の個人信用情報に登録されている場合、金融事故として取り扱われます。どれか1つでも登録があれば悪いクレジットヒストリーと判断されるため、審査基準を満たしてないことになります。 ● 借金の返済が遅れることが頻発した(している) ● 未払いままの借金がある ● 債務整理をおこなった ● 強制解約をされた 上記に対し、借金があっても問題なく返済していることが確認できれば、良好なクレジットヒストリーと判断され、審査通過において有利です。 金融事故の情報は一定期間残る 「全国銀行個人情報信用センター」「CIC」「日本信用情報機構」というように、信用情報機関は国内に3つあります。そして、金融事故の情報が登録されたら一定期間削除されることはありません。 アメックスの審査に通過したいがために、未払いの借金を全額支払ったとしてもどうにもならないということです。また、自己破産や強制解約の情報も5年間残ってしまいます。 これはアメックスだけでなく、他社のクレジットカードの審査でも共通します。過去に金融事故を起こしている場合、5年間はクレジットカードの申し込みはおこなわない方が無難でしょう。申し込んでもかなりの確率で審査落ちとなります。 そのほかに携帯電話料金の延滞も金融事故として情報登録されるので、この点も注意してください。 本人に安定した収入があるか アメックスのクレジットカードでは、審査通過に必要な年収が公開されているわけではありません。しかし、安定した収入を継続的かつ長期的に得ていることは大切だと思って良いでしょう。 なぜなら、クレジットカードは利用者の信用を元にお金を貸す仕組みだからです。そのため、アメックスのクレジットカードを使ってもらっても、その後に返済してもらえる見込みがなければ成り立ちません。万が一、返済をしてもらえなければ貸し倒れとなり、損をしてしまうことになります。 公務員、大手企業などに勤務していなくても審査通過は問題なく可能です。自営業や派遣社員、契約社員などの方でも、安定的な収入があると判断されることは多くあります。 また、この後に詳しく解説しますが、アメックスのプロパーのクレジットカードは年会費の価格設定が高額の傾向です。そのぶんだけ、付帯サービスや特典、補償などの充実度は高いですが、その年会費を支払えるだけの能力があるかどうかも重要になってきます。 アメリカン・エキスプレス審査の流れと必要書類 この章ではアメックスの審査の流れ、申し込み時に必要な書類について解説します。 以下を参考にして、審査からクレジットカード発行までの流れをスムーズに進めていきましょう。 申し込みからカードを手にするまでの流れと期間 アメックスのクレジットカードの申し込み方法は3パターンあります。 ● オンライン ● 電話 ● 店頭や出張ブース どの方法でも申し込み手続きはできますが、その中でもスピーディな発行が叶うのはオンラインからの申し込みです。 オンラインからアメックスのクレジットカードに申し込んだ場合、以下の流れで進んでいくのでチェックしていきましょう。 申し込みページにアクセス 申し込み画面から「お申し込みはこちら」を選択 必要事項を入力(本人の情報、連絡先、職業・年収・勤務形態など) 入力内容を確認 同意を選択して申し込む 審査 カードを受け取り 必要書類を記入して返送 完了 審査期間は公式ホームページに「申し込みから審査結果が届くまでに2~3週間ほどかかります」と記載があります。 もし、急ぎで発行を希望する場合は「0120-020222」に 9:00~21:00(土日祝休)にカード申し込みの連絡をくださいとあるので、電話で事前に問い合わせてみると良いでしょう。 そして、審査通過した後にクレジットカードを発送する手続きに入るので、実際に手元にカードが届くのは4~5週間程度となると思ってください。 申込み者が用意する書類 アメックスのクレジットカードは、申し込み時に本人確認書類の提出をおこなっていません。カード受け取り時の本人確認をもって対応するようになっています。 ただし、審査期間中に本人確認書類の提出を求めるメールが届く場合もあるため、そのときは専用WEBサイトにアップロードする、もしく郵送やファックスなどで本人確認書類を提出してください。 提出が必要な本人確認書類は以下のようになり、有効期限内のものを用意しましょう。 ● 運転免許証 ● パスポート ● 各種健康保険証 ● 写真付き住民基本台帳カード ● マイナンバーカード ● 特別永住者証明書 ● 在留カード ● 住民票の写し アメリカン・エキスプレスの審査に落ちてしまう事例 せっかくアメックスのクレジットカードに申し込みをしたのに、審査落ちするのは避けたいところですよね。 こちらでは、アメックスの審査に落ちてしまう事例をお伝えします。 申し込み時の個人情報が間違っている すでに「申し込み者本人が申請した個人情報が正しいこと」が大切な旨をお伝えしましたが、勘違いや間違いによる個人情報の記載ミスも審査落ちを招くこととなります。 特に年収や勤務先、勤務形態などは審査通過を判断する重要な情報です。間違って事実とは異なる情報を伝えたり、記載漏れをしたりしては取返しがつきません。クレジットカード会社も「この申込者は信用力のない方」と判断してしまうでしょう。 申請をおこなうまえに、必ず内容に間違いがないかを確認してください。 短期間で何枚もクレジットカードを申し込んでいる 何が何でもクレジットカードが欲しいという方は、同時期に複数のクレジットカードに申し込んでしまいがちです。しかし、短期間に複数のクレジットカードに申し込む=申し込みブラックと判断されてしまい、審査落ちを招くことになります。 まず、クレジットカードの新規申し込みをした情報も、すでにお伝えした個人信用情報に登録。これは審査落ちしても審査通過しても同じです。 そして、審査時に個人信用情報で「短期間に複数の新規申し込み」を確認することでクレジットカードは以下のように判断します。 ● この申込者はお金に困っているのではないか ● カードを利用した後に破産を考えているのではないか ● 入会特典目的ではないか このように、短期間に複数枚のクレジットカードに申し込みすることは何のメリットもありません。クレジットカード会社はリスクを回避するために、審査通過させないということになります。 審査基準と入会資格を満たしていない すでに解説した審査基準を満たしてない場合、アメックスのクレジットカードを手に入れることは難しいと思ってください。 また、安定した収入、申請した個人情報、個人信用情報も審査通過を左右するポイントですが、そのほかにクレジットカードの入会資格を満たしていないと審査基準以前の問題となります。 たとえばアメックス・ゴールドカードでは以下のように入会資格を決めています。 ● 満20歳以上 ● 日本に定住所がある ● 定職に就いていて、安定収入がある 自身が該当するのかを必ず確認しましょう。 おすすめのアメリカン・エキスプレス アメックスの発行するクレジットカードの種類は多くありますが、その中でもおすすめなのが以下の3つです。 ● アメリカン・エキスプレス・カード ● アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード ● セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス 以下でそれぞれの特徴を解説します。 アメリカン・エキスプレス・カード アメリカン・エキスプレス・カードはアメックスの発行するクレジットカードの中でもっともスタンダードな1枚です。しかし、付帯サービスや特典、補償などは他社ゴールドカードと同等、もしくはそれ以上なので、持っていればさまざまなシーンで役立てることができるでしょう。 アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、ステータス性の高さ、ゴールドカードならではのサービス付帯、使い勝手の良さなどが特徴です。 年会費は31,900円(税込)と高額になりますが、家族カードの年会費が1枚無料、空港ラウンジの無料利用、海外旅行先での24時間日本語サポートなど充実しています。 セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス セゾンブルー・アメリカン・エキスプレスはセゾンカードが発行をおこないます。アメックスのプロパーカードではないため、以下のように年会費がお得なことが魅力でしょう。 ● 26歳になるまで:年会費無料 ● 26歳以上の方は:初年度年会費無料(2年目以降3,300円(税込)) ● ファミリーカード年会費:1枚につき1,100円(税込) そのほかに、郵送最短3営業日発行、永久不滅ポイント、入会時に最大8.000円相当のポイント獲得、旅行傷害保険の付帯に空港サービスの利用など、多くのメリットがあります。 詳細はこちら まとめ アメリカン・エキスプレスの審査基準に申し込みからカード発行までの流れ、審査落ちする理由、おすすめのアメックスのクレジットカードについてまとめてお伝えしました。 アメックスは富裕層に人気の高いクレジットカードなので、審査通過は難しいと考えて諦めてしまう方も多いかもしれません。 しかし、審査基準や入会資格を満たしていれば審査通過の可能性は高いので、ぜひこれを機に申し込み手続きを進めてみてください。
アメックスのクレジットカードの審査基準や審査期間をわかりやすく解説
クレジットカード
2020/08/04

学生におすすめクレジットカードを比較!初めても安心して使えるクレジットカード

普段の買い物をはじめ、海外旅行に出掛けることを理由にクレジットカードを手に入れたいと考える学生の方もいるのではないでしょうか。 クレジットカードがあれば現金を支払う手間が省けたり、貯まったポイントを有効活用したりすることが可能です。 なお、高校生を除く18歳の方であれば、利用条件を満たすクレジットカードは複数あります。さらに大学生や専門学生などの学生にメリットの多いカードもあるので、ぜひ比較してチェックしておくと良いでしょう。 当記事では、学生に人気のおすすめのクレジットカードを比較して紹介するほか、クレジットカードを利用する際のメリットも詳しく解説します。 学生におすすめのクレジットカード 学生向けのクレジットカードを取り扱っているカード会社もあります。また、そのほかに年会費無料で学生が使い勝手の良いクレジットカードもあるので、それらの中から自分自身に適した1枚を選ぶと良いでしょう。 ● 三井住友カードデビュープラス ● ライフカード 学生専用 ● VIASOカード ● dカード それぞれのカードの特徴について詳しくご紹介します。 三井住友カードデビュープラス 三井住友カードデビュープラスは、デビューという名前が入るだけあって、クレジットカードを初めて持つ方におすすめです。 高校生を除く満18歳~25歳の方が申し込み対象になっていて、ポイント還元率は最初の3ヵ月は5倍となり、その後は常時2倍となります。さらに初年度年会費が無料、2年目以降は1,375円(税込)ですが、1年に1回でもカードを利用すれば翌年度年会費は無料になります。 また、満26歳以降の最初に迎える更新時に、「プライムゴールドカード」に切り替わることも保有するメリットです。 三井住友カードデビュープラスの詳細はこちら ライフカード学生専用 ライフカード学生専用は高校生を除く満18歳以上満25歳以下の方が発行可能です。「大学・大学院・短期大学・専門学校に在学中」であることが申し込み条件で、25歳以下という年齢の上限が設定されています。そのため、26歳以上になると学生でも申し込みはできません。 年会費は永年無料、海外旅行保険は最高2,000万円まで補償、海外でカード利用(ショッピング枠)すると利用額の5%をキャッシュバック、新規入会時ポイントプレゼントなど、特典が豊富です。 また、入会後1年間はポイント1.5倍になり、お誕生月は1ヵ月間ポイント3倍になります。このタイミングを上手に活用すれば効率良くポイントが貯あるでしょう。 ライフカード学生専用の詳細はこちら VIASOカード 学生のみをターゲットにするクレジットカードではありませんが、三菱UFJニコスの発行するVIASOカードは年会費永年無料で維持コストがかからず人気を集めています。 旅行代金をクレジットカード払いすれば、最高2,000万円の海外旅行傷害保険サービスが付帯しますし、ポイントが自動で現金還元される「オートキャッシュバック」機能もあります。 その他に利用金額の20%(最大10,000円)がキャッシュバックされる入会特典もチェックしておきたいポイントです。 VIASOカードの詳細はこちら dカード dカードは携帯電話会社のNTTドコモが発行する人気のクレジットカードです。 年会費永年無料なほか、通常ポイント還元率も1%と高めになっているので、普段利用するお店でお得な買い物ができるのではないでしょうか。 また、dカードにはケータイ補償がついているため、紛失したり故障したりした場合に1年間で最大10,000円が補償されます。 なお、海外旅行保険や国内旅行保険の付帯はありません。 海外緊急サービスも有料なので、機能的に物足りないと感じるようでしたら、後にゴールドカードにランクアップすることを目指してください。 dカードの詳細はこちら クレジットカードとデビットカード、プリペイドカードの違い クレジットカードとデビットカード、プリペイドカードはキャッシュレスで支払いのできる点は共通します。しかし、利用代金の支払われるタイミングが以下のように大きく違うのが特徴です。 ● クレジットカード:後日払い ● デビットカード:即時払い ● プリペイドカード:先払い クレジットカードは後払い方式となり、カード会社が利用者に代わって決済代金を先に立て替える仕組みになっています。そのため、新規申し込み時に支払い能力や信用力があるかを審査で判断し、申し込みも18歳以上(高校生を除く)でないとできません。 デビットカードは紐づいた預金残高からの即時決済となり、預金残高=利用可能残高となります。審査不要で持てますが支払い方法は1回払いしか選べません。 また、プリペイドカードは携帯電話からの決済、コンビニ決済などの先払い方式のため、デビットカード同様に審査なしで誰でも持てます。支払い方法は1回払いのみで場所によって使えない場合もあるので注意する必要があります。 クレジットカード、デビットカード、プリペイドカードの支払いタイミングが違うことについて、整理できたでしょうか。 学生がクレジットカードを利用するメリットをわかりやすく解説 学生がクレジットカードを利用するメリットはいくつもありますが、その中で主なものが以下の4点です。 現金がなくても買い物ができる 貯まったポイントが節約につながる 良好なクレヒスを早いうちに築ける クレジットカードに付帯する保険で海外旅行のときも安心 それぞれのメリットについて詳しく解説します。 1. 現金がなくても買い物ができる クレジットカードの利用料金は後で指定した銀行口座から引き落とされるため、手持ちの現金がなくても買い物ができます。 学生のうちは飲み会や旅行などの付き合いをはじめ、書籍の購入などで何かとお金を使いがちです。また、親元を離れて1人暮らしをする学生の場合、生活費が不足することもあるでしょう。 そんなときにクレジットカードがあれば便利ですが、くれぐれも決められた引き落とし日にお金を用意することは忘れないでください。 2. 貯まったポイントが節約につながる クレジットカードは利用料金に応じたポイントが貯まり、その際の還元率はカード会社によって異なります。 貯まったポイントはマイルや他社ポイント、さまざまな商品などと交換可能です。また、そのほかに利用する銀行口座にキャッシュバック可能なカードもありますので、詳しい内容はあらかじめチェックしておくと良いでしょう。 たとえば還元率1%のクレジットカードは100円で1ポイントが貯めることが可能で、常に1%オフで買い物をしているのと同じことになります。そしてポイントを効率良く貯めれば節約につながることは大きなメリットです。 一般的に還元率1%以上は高還元と言える傾向ですが、カード選びの際に還元率がどのくらいなのかを確認することを忘れないでください。 3. 良好なクレヒスを早いうちに築ける クレジットカードの利用履歴は信用情報機関に登録され、その履歴はクレヒス(クレジットヒストリー)と呼ばれます。 毎月クレジットカードを利用して支払いも遅れることなくおこなえば、それだけで良好なクレヒスが気付かれます。逆に毎月支払いが遅れていたり、利用料金の未払いがあったりするようではクレヒスが悪いものとなります。 クレヒスはマイカーローンや住宅ローンなどの借金の審査の際に必ずチェックされる内容です。だからこそ、学生のうちからクレジットカードを利用して、良好なクレヒスを築いておけば、後のローン審査に通過しやすくなったり優遇金利を適用してもらえたりする可能性が高まるのです。 4. クレジットカードに付帯する保険で海外旅行のときも安心 さまざまなサービス付帯のあるクレジットカードですが、そのうちの一つが海外旅行傷害保険の付帯です。 海外旅行傷害保険が付帯することで、現地での思いがけない病気や怪我、盗難や破損などに対応してくれます。特に海外の病院で診察を受けると日本では想像もできないような高額な医療費がかかるので保険加入は必須と言えます。 本来であれば保険会社の取り扱う掛け捨ての保険に加入するのが一般的ですが、すでに海外旅行傷害保険の付帯するクレジットカードがあれば新規加入しなくても良いのです。 そのほかにクレジットカードがあれば現地通貨に両替する必要がありません。最低限の現金を用意する必要はありますが、両替時に発生する手数料を払うことはないので結果的に節約にもつながります。 まとめ 学生が使いやすくて、お得に利用できるおすすめのクレジットカードは多くあることがわかったかと思います。 たしかに支払いをクレジットカードではなく現金で済ませることもできます。しかし、クレジットカードには現金払いでは得られないメリットがあるのも確かです。 今回、ご紹介したクレジットカードの中から自分自身に最適な1枚を見つけて、色々なシーンで使ってみてください。 おすすめのクレジットカード3選 ここからは、学生にもおすすめのクレジットカードを3つ紹介していきます。年会費の有無や、ポイント還元率の高さなどからあなたに合うクレジットカードを選びましょう。 三井住友カード >>>三井住友カードの詳細はこちら ブランド 年会費 ポイント還元率 発行期間 VISA・Mastercard 無料(2年目~:1,250円) 0.5~10.0% 最短翌営業日 ■Point1:年会費初年度無料!2年目以降も条件クリアで年会費が無料 年会費は初年度無料です。2年目以降も「マイ・ペイすリボ」登録と、前年度にリボ手数料を1回以上支払うと、年会費無料となります。 ■Point2:コンビニ3社&マクドナルド利用でいつでもポイント5倍 セブン-イレブン・ファミリーマート・ローソン・マクドナルドの利用で、いつでも三井住友カードのポイントであるVポイントが5倍貯まります。 ■Point3:最短5分で利用できる!発行は最短翌営業日! カード申し込み後、最短5分で利用できるので急ぎでネットで買い物したい場合に便利です。即時利用の利用枠は10万円・カード番号のみ表示されます。カード発行自体は最短翌営業日となります。 ■キャンペーン 新規入会&Vpassアプリログインで、20%還元(最大8,000円)プレゼント! 三井住友カードの詳細はこちら VIASOカード >>>VIASOカードの詳細はこちら ブランド 年会費 ポイント還元率 発行期間 Mastercard 永年無料 0.5~10.0% 最短翌営業日 ■Point1:貯まったポイントは自動で現金に還元 VIASOカードを使って貯まったポイントは、自動で現金に還元されるキャッシュバック機能付きです。ポイント交換の手間も不要なので、有効期限切れの心配もありません。 ■Point2:年会費は永年無料で最短翌営業日に発行 年会費は永年無料で無料条件もありません。また申し込み後、最短翌営業日で発行されるので、すぐに利用したい人にもおすすめです。 ■Point3:海外旅行旅行傷害保険が最大2,000万円付帯 VIASOカードで旅行代金を支払えば、死亡・後遺障害で最大2,000万円までの保険サービスを受けれます。携行品損害も最大20万円まで補償されるので、海外旅行によく行く人は安心です。 ■キャンペーン 条件クリアで最大10,000円をキャッシュバック! VIASOカードの詳細はこちら dカード GOLD >>>dカード GOLDの詳細はこちら ブランド 年会費 ポイント還元率 発行期間 VISA・Mastercard 10,000円 1.0~10.0% 最短5日間 ■Point1:年会費以上におトク!利用料金の10%が毎月還元される 「ドコモケータイ・ドコモ光・dマガジン」などドコモ関連サービス利用料金の10%が毎月還元されるので、年会費以上のポイントを貯められます。 ■Point2:最大1億円の海外旅行保険が付帯 海外旅行中の怪我や病気の際に最大1億円が、国内旅行での傷害保険で最大5,000万円が補償されます。 ■Point3:ケータイ補償で購入から3年間・最大10万円分補償される 携帯電話の故障や紛失の場合、購入から3年間、最大10万円分まで補償されます。 ■キャンペーン 最大18,000分のdポイントプレゼント(入会・エントリー・利用が必要) dカード GOLDの詳細はこちら
学生におすすめクレジットカードを比較!初めても安心して使えるクレジットカード
クレジットカード
2020/08/04

30代におすすめのゴールドカード一覧!利用するメリットと注意点も解説

普段の生活の中で身近な存在のクレジットカード。30代の方、もしくはこれから30代を間近にした方の中には、「そろそろゴールドカードを持ちたい」「一般カードからゴールドカードにグレードアップしたい」と考える方もいるのではないでしょうか。 金色の券面が特徴のゴールドカードはデザイン性やステータス性が高いことが特徴ですが、そのほかにも保険の補償内容や付帯サービスの充実度が高くなるメリットがあります。 当記事では30代の方に特におすすめしたいゴールドカードをご紹介するほか、ゴールドカードを利用することのメリット、利用にあたっての注意点も解説します。 ゴールドカードに申し込みをする前に、ぜひ記事の内容を参考にしてください。 おすすめゴールドカードを年会費や特典で比較 ゴールドカードは多くのカード会社から発行されていますが、その中から30代の方におすすめのカードをご紹介します。 ● 三井住友カード ゴールド ● dカードGOLD ● Orico Card THE POINT PREMIUM GOLD ● MUFGカードゴールド ● セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス ● アメリカン・エキスプレス・ゴールドカード 年会費の金額をはじめ、特典内容などもまとめています。 三井住友カード ゴールド 三井住友カード ゴールドは満30歳以上、利用者自身に安定継続収入のあることが利用条件です。 項目 ポイント 年会費 ・本会員カード年会費:11,000円(税込)・日本国家族会員カード年会費(1人目):年会費無料・家族会員カード年会費(2人目):1,100円(税込) ポイント還元率 0.5%~1.0% 代表的な付帯サービスと特典 ・インターネット入会で初年度年会費無料・最高5,000万円の国内/海外旅行傷害保険・年間300万円までのお買物安心保険・空港ラウンジサービス・ゴールドデスク 三井住友カード ゴールドの詳細はこちら dカードGOLD ドコモの発行するdカードGOLDは、ドコモのスマホ・携帯電話のユーザーにメリットが多いクレジットカードです。 項目 ポイント 年会費 ・本会員カード年会費:11,000円(税込)・家族会員カード年会費(1人目):年会費無料・家族会員カード年会費(2人目):1,100円(税込) ポイント還元率 1.0% 代表的な付帯サービスと特典 ・3年間最大10万円のケータイ補償・毎月のドコモのケータイおよび「ドコモ光」の利用料金1,000円(税別)ごとに100ポイント獲得・海外旅行保険最大1億円・国内旅行保険最大5,000万円・お買物あんしん保険年間300万円まで dカード GOLDの詳細はこちら Orico Card THE POINT PREMIUM GOLD Orico Card THE POINT PREMIUM GOLDは他社ゴールドカードと比べて年会費が格安なことが特徴です。 項目 ポイント 年会費 ・本会員カード年会費:1,986円(税込)・家族会員カード年会費:3名まで年会費無料 ポイント還元率 1.0% 代表的な付帯サービスと特典 ・入会後6カ月間はポイント還元率が2%にアップ・電子マネーの利用でポイント還元率が0.5%アップ・オリコモールでポイント還元率が2.5%以上・最高2,000万円の海外旅行傷害保険・国内外の宿泊施設、飲食店などの優待利用 MUFGカードゴールド 銀行系クレジットカードのMUFGカードゴールドは、ステータスの高さ、本会員カード年会費2,095円(税込)という格安価格が特徴の1枚です。 項目 ポイント 年会費 ・本会員カード年会費:2,095円(税込)*登録型リボ「楽pay」による年会費優遇あり・家族会員カード年会費(1人目):年会費無料・家族会員カード年会費(2人目):440円(税込) ポイント還元率 0.4~0.5% 代表的な付帯サービスと特典 ・カード入会初年度年会費無料・最大2,000万円の海外旅行傷害保険・空港ラウンジサービスの利用・ショッピング保険:年間限度額100万円 MUFGカード ゴールドの詳細はこちら セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カードはセゾンカードとアメリカン・エキスプレスが提携するゴールドカードです。 項目 ポイント 年会費 ・本会員カード年会費:11,000円(税込)・家族会員カード年会費(1枚あたり):1,100円(税込) ポイント還元率 0.75% 代表的な付帯サービスと特典 ・カード入会初年度年会費無料・永久不滅ポイント・国内/海外の空港ラウンジサービス・国内リゾートホテル「休暇村」の優待・毎月第1・第3土曜日に、全国の西友、リヴィン、サニーで5%割引・毎月末の金・土・日曜日にロフトで5%割引 詳細はこちら アメリカン・エキスプレス・ゴールドカード 世間的認知度の高いアメリカン・エキスプレスの発行するプロパーゴールドカードがアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード(通称:アメックスゴールド)です。 項目 ポイント 年会費 ・本会員カード年会費:31,900円(税込)・家族会員カード年会費(1人目):年会費無料・家族会員カード年会費(2人目以降):13,200円(税込) ポイント還元率 0.333~0.4% 代表的な付帯サービスと特典 ・プライオリティ・パスの会員権が付帯・海外旅行先での24時間日本語サポート・最高1億円の海外旅行傷害保険・手荷物無料宅配サービス・充実したプロテクションサービスの付帯    30代の方がゴールドカードを持つメリット ゴールドカードを持つことは30代の方に限定されることなく、多くのメリットを得られます。 その中でも主なメリットとなるのが以下の4点です。 ● 利用限度額がアップする ● ポイント還元率で優遇される ● 空港ラウンジを利用できる ● 旅行保険の補償内容が手厚くなる それぞれの内容についてまとめているのでチェックしておきましょう。 利用可能枠がアップする クレジットカードの利用可能枠はカードのグレードによって、設定される目安が異なります。 三井住友カードを例にしてみると、一般カードとゴールドカードでは以下のように利用可能枠の目安に違いがあります。 ● 一般カード:10~80万円 ● ゴールドカード:50~200万円 一般カードではどんなに属性が良くて利用状況に問題がなかったとしても、設定される利用枠は多くても80万円程度です。 その点、ゴールドカードになると最高200万円程度の利用枠が設定されることもあるので、まとまった金額を支払ったり、複数のお店で買い物をしたりする際も有利です。 ポイント還元率で優遇される ゴールドカードは一般カード以上に、ポイント還元率が優遇されている特徴があります。 通常ポイントの還元率が一般カードの設定よりも高い場合もありますし、そのほかに特定の店舗でネットショッピングをすると獲得できるポイントが増えることもあるでしょう。 また、新規入会時の特典として、数千円のポイント付与をおこなうケースも見られます。 たしかにゴールドカードは一般カード以上の年会費が発生しますが、日常的にクレジットカードを使う人は一般カードよりもポイントを貯めるのにお得です。 空港ラウンジを利用できる ゴールドカードの多くで空港ラウンジを利用できます。なお、空港ラウンジには各カード会社が共同運用するカードラウンジと航空会社のラウンジがあります。どちらを利用できるのかは保有するゴールドカードによっては異なるため、事前に確認してから利用してください。 ラウンジでは新聞に雑誌の閲覧をはじめ、ソフトドリンクなどの提供があります。また、ラウンジによってはシャワー室(有料)があったり、軽食やアルコールをいただけたりします。 空港での待ち時間を有意義に過ごせるため、飛行機の利用機会が多い方にはメリットのあるサービスでしょう。 旅行保険の補償内容が手厚くなる クレジットカードの多くに付帯される各種保険ですが、ゴールドカードになると補償内容が一般カード以上に手厚くなります。 たとえば、アメリカン・エキスプレスの発行する「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」の場合、海外旅行傷害保険の補償額は最高1億円です。また、海外だけでなく国内旅行は最高5,000万円の補償となります。 旅行先での予想外の怪我や病気の治療費をはじめ、携行品の破損や盗難などの補償に対応可能なので何かあったときにも安心でしょう。 30代の方がゴールドカードを持つ際の注意点 メリットの多いゴールドカードですが、以下のように持つにあたっての注意点もあります。 ● 年会費の管理をしっかりする ● カード会社によって特典が違うので自分に合ったものを選ぶ 後で知らなかったなどのことにならないように、あらかじめチェックしておきましょう。 年会費の管理をしっかりする 一般カードとゴールドカードの年会費は異なるため、事前に年間の維持コストを把握したうえで支出分を確保する必要があります。 まず、JCBの一般カードとゴールドカードの年会費を比較してみましょう。 カード種類 年会費 JCB一般カード ・本会員カード年会費:1,375円(税込)・家族会員カード年会費:440円(税込) JCBゴールドカード ・本会員カード年会費:11,000円(税込)・家族会員カード年会費(1人目):年会費無料・家族会員カード年会費(2人目):1,100円(税込) 本会員カードだけでなく、家族カードを発行した場合の年会費も一般カードとゴールドカードでは異なります。 支払いができないとカード会員資格を喪失することになるので、支払い管理はしっかり行うようにしてください。 カード会社によって特典が違うので自分に合ったものを選ぶ ゴールドカードは発行するカード会社によって特徴や特典内容が異なったり、発生する年会費の金額に違いがあったりします。 ゴールドカードでもプラチナカードと内容が変わらないものもあれば、逆に一般カードと同等程度のものもあります。 支払う年会費に対し、充実度や満足度は問題ないかを確認するのをはじめ、本当に自分の利用に合ったゴールドカードなのかを申し込み前に知るようにしてください。 まとめ 30代の方に特におすすめしたいゴールドカードをご紹介しました。ゴールドカードもさまざまなカード会社から発行されているので、その中から自分自身が使いやすくて維持しやすい1枚を選ぶ必要があります。 また、ゴールドカードを利用することのメリット、利用時の注意点も解説したので、それらの情報も十分に把握したうえでゴールドカードを活用していきましょう。 おすすめのクレジットカード3選 ここからは、ゴールドカード以外も含めたおすすめのクレジットカードを3つ紹介していきます。年会費の有無や、ポイント還元率の高さなどからあなたに合うクレジットカードを選びましょう。 三井住友カード >>>三井住友カードの詳細はこちら ブランド 年会費 ポイント還元率 発行期間 VISA・Mastercard 無料(2年目~:1,250円) 0.5~10.0% 最短翌営業日 ■Point1:年会費初年度無料!2年目以降も条件クリアで年会費が無料 年会費は初年度無料です。2年目以降も「マイ・ペイすリボ」登録と、前年度にリボ手数料を1回以上支払うと、年会費無料となります。 ■Point2:コンビニ3社&マクドナルド利用でいつでもポイント5倍 セブン-イレブン・ファミリーマート・ローソン・マクドナルドの利用で、いつでも三井住友カードのポイントであるVポイントが5倍貯まります。 ■Point3:最短5分で利用できる!発行は最短翌営業日! カード申し込み後、最短5分で利用できるので急ぎでネットで買い物したい場合に便利です。即時利用の利用枠は10万円・カード番号のみ表示されます。カード発行自体は最短翌営業日となります。 ■キャンペーン 新規入会&Vpassアプリログインで、20%還元(最大8,000円)プレゼント! 三井住友カードの詳細はこちら VIASOカード >>>VIASOカードの詳細はこちら ブランド 年会費 ポイント還元率 発行期間 Mastercard 永年無料 0.5~10.0% 最短翌営業日 ■Point1:貯まったポイントは自動で現金に還元 VIASOカードを使って貯まったポイントは、自動で現金に還元されるキャッシュバック機能付きです。ポイント交換の手間も不要なので、有効期限切れの心配もありません。 ■Point2:年会費は永年無料で最短翌営業日に発行 年会費は永年無料で無料条件もありません。また申し込み後、最短翌営業日で発行されるので、すぐに利用したい人にもおすすめです。 ■Point3:海外旅行旅行傷害保険が最大2,000万円付帯 VIASOカードで旅行代金を支払えば、死亡・後遺障害で最大2,000万円までの保険サービスを受けれます。携行品損害も最大20万円まで補償されるので、海外旅行によく行く人は安心です。 ■キャンペーン 条件クリアで最大10,000円をキャッシュバック! VIASOカードの詳細はこちら dカード GOLD >>>dカード GOLDの詳細はこちら ブランド 年会費 ポイント還元率 発行期間 VISA・Mastercard 10,000円 1.0~10.0% 最短5日間 ■Point1:年会費以上におトク!利用料金の10%が毎月還元される 「ドコモケータイ・ドコモ光・dマガジン」などドコモ関連サービス利用料金の10%が毎月還元されるので、年会費以上のポイントを貯められます。 ■Point2:最大1億円の海外旅行保険が付帯 海外旅行中の怪我や病気の際に最大1億円が、国内旅行での傷害保険で最大5,000万円が補償されます。 ■Point3:ケータイ補償で購入から3年間・最大10万円分補償される 携帯電話の故障や紛失の場合、購入から3年間、最大10万円分まで補償されます。 ■キャンペーン 最大18,000分のdポイントプレゼント(入会・エントリー・利用が必要) dカード GOLDの詳細はこちら
30代におすすめのゴールドカード一覧!利用するメリットと注意点も解説
クレジットカード
2020/08/04

20代で持つべきクレジットカードを紹介!20代限定のおすすめカードを比較

進学や就職などが理由で、10代の頃以上にクレジットカードの利用機会が増える方も多いかと思います。しかし、さまざまな会社から種類豊富に発行されるクレジットカードなので、自分自身に最適な1枚がわからない方もいるのではないでしょうか。 クレジットカードには、20代の方だからこそぜひおすすめしたい、お得で特典満載のクレジットカードがあります。これは早めにカード会員になることで、カード会社は将来的にクレジットカードを利用してほしいと考えるからです。 当記事では20代の方にぜひおすすめしたい、クレジットカードをご紹介します。20代の方がお得に持てるゴールドカードをはじめ、20代を過ぎた後も年会費無料で使えるクレジットカードなど、特徴も異なるのでぜひ比較してみてください。 また、最後にクレジットカードを使う上での注意点も解説しています。 20代の特典付きおすすめクレジットカード 20代の方にぜひおすすめしたい、お得な特典の付いたおすすめクレジットカードは以下のようになります。 ● 三井住友カードデビュープラス ● セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード ● JAL CLUB ESTカード 詳しい特徴について解説していきます。 三井住友カードデビュープラス 「三井住友カードデビュープラス」は18歳から25歳までの方が持てるクレジットカードです。 ● 初年度年会費無料 ● 年1回の利用があれば翌年度以降の年会費無料 ● いつでもポイント2倍 若年層限定のクレジットカードなため、ポイント還元率も高く、年会費も実質無料です。 さらに26歳の更新時期を迎えると、三井住友カードプライムゴールドへ切り替わります。三井住友カードデビュープラスを持つだけでゴールドカードにアップグレードが可能となるのは大きな特徴かつ魅力でしょう。 三井住友カードデビュープラスの詳細はこちら 三井住友カード プライムゴールド 「三井住友カードプライムゴールド」は満20歳以上30歳未満、本人に安定した継続収入のある方が利用可能なクレジットカードで以下のような特徴があります。 ● 初年度年会費無料 ● 条件達成で翌年度以降の年会費割引あり ● 最高5,000万円の海外・国内旅行傷害保険 ● 空港ラウンジの利用が可能 また、満30歳以降の最初のカード更新を迎えると「三井住友カードゴールド」にランクアップが可能です。 三井住友カード プライムゴールドの詳細はこちら セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード 「セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード」の最大の魅力は26歳になるまで年会費無料な点です。なお、26歳以上の方は初年度年会費の3,300円(税込)が無料になります。 ● 最短即日発行可能 ● 永久不滅ポイントで貯めたポイントに有効期限がない ● 万が一のときに役立つプロテクションサービス また、セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カードの支払いで、毎月第1・第3土曜日は西友・リヴィン・サニー、毎月、月末の金・土・日はLOFTでのお買い物が5%オフになります。 詳細はこちら JAL CLUB ESTカード JALカードに「JAL CLUB EST」というオプションを付帯させることで、ゴールドカード相応の特典を利用可能です。 なお、申し込みは20代の方のみを対象にしていて、JALカードの年会費は2,000円(税別)で入会後1年間は無料です。さらにカード年会費以外にJAL CLUB ESTの年会費を別途5,500円(税別)を支払うことで以下の特典を利用できるようになります。 ● 毎年2,500マイルプレゼント ● フライトでボーナスマイルの獲得が可能 ● 年間5回までサクララウンジ(国内線)の利用可能 ● JALビジネスクラス・チェックイン ● マイルの有効期限延長:36カ月から60カ月に延長可能 JALカードの詳細はこちら ずっと年会費無料で使いやすいクレジットカード クレジットカードを持つにあたり、維持コストをかけたくないと考える方もいるかと思います。そんな方は年会費無料のクレジットカードを選ぶようにしましょう。 ● VIASOカード ● ライフカード 年会費無料のクレジットカードでは他の有料のカードと比べて機能面が劣ることを気にする方もいるかもしれません。 しかし、こちらで紹介するクレジットカードはユーザーレビューも良く、使い勝手の良さに特徴があるカードなので、ぜひ選択肢に加えてみてください。 VIASOカード 「VIASOカード」は年会費永年無料をはじめ、最短翌営業日発行可能なので急ぎでクレジットカードを手にしたい方にもおすすめです。 また、獲得したポイントはオートキャッシュバック機能で利用銀行口座に自動で現金還元されます。手続きも不要なので、ポイント交換に手間をかける必要がありません。 そのほかに、旅行代金をVIASOカードで支払うことで、最高2,000万円の海外旅行傷害保険サービスが付帯します。 VIASOカードの詳細はこちら ライフカード 「ライフカード」は年会費永年無料で利用可能なクレジットカードです。 基本のポイント還元率は高くないものの、誕生月のみ1.5%にアップします。ポイント還元率1.5%のクレジットカードは少ないため、誕生月に多く利用することでたくさんのポイントを獲得できるでしょう。 そのほかにポイントを獲得できる、新規入会キャンペーンを開催していることもあります。 ライフカードの詳細はこちら クレジットカードを使う上での注意点 クレジットカードをただ持つのではなく、注意点をあらかじめ知ったうえで賢く利用することが大切です。クレジットカードをせっかく手に入れたものの、何も考えずに利用して後悔するのは避けたいところでしょう。 こちらでは、20代がクレジットカードを使う上での注意したい3つのポイントについて説明します。 ● 1回払いが基本!特にリボ払いには注意 ● キャッシング枠は0円にしておくと安心 ● カードの利用明細を確認する習慣をつけよう クレジットカードの利用で失敗しないようにぜひチェックしておいてください。 1回払いが基本!特にリボ払いには注意キャッシング枠は0円にしておくと安心 クレジットカードは以下のようにそれぞれに利用できる枠が設けられています。 ● ショッピング利用枠:買い物に利用可能 ● キャッシング利用枠:ATMなどから現金の借入れが可能 キャッシングは現金に困った際にATMなどから気軽に引き出しができます。いざというときに便利な機能ですが、リボ払い同様に高額な手数料が発生します。 無計画に借入れをすると後に返済が困難となることも珍しくありません。最初はキャッシング枠を0円で設定しておくのが安心でしょう。 カードの利用明細を確認する習慣をつけよう クレジットカードは「無意識のうちに使いすぎていた」などのことがあるため、特に20代でクレジットカードを初めて持つ方は利用に注意する必要があります。 そのために重要なのが毎月発行されるクレジットカードの利用明細を確認することです。Webやアプリなどから常に状況を確認できるので、定期的にチェックする習慣をつけてください。 そうすることでクレジットカードの利用料金を支払えないなどのことを避けられますし、不正利用があった際の早期発見にもつながるからです。 もし利用料金の支払いが遅れてしまうと、個人信用情報に履歴が残り、今後新たなクレジットカードやその他ローンの審査に悪影響を与えてしまいます。 まとめ 20代の方だからこそ、お得に使えるクレジットカードがあります。また、最初は手に入れやすいクレジットカードに申し込みをおこない、実際にそのカードで良好な利用実績を築いたらワンランク上のクレジットカードにステップアップする方法もあります。 また、リボ払いやキャッシングの利用はできるだけ避けたり、利用明細書を欠かさずチェックしたりすることもクレジットカードを安心して使うために大切です。 自分自身が利用しやすく、特典内容に魅力のあるクレジットカードを見つけて、ぜひ普段の生活の中で活用していきましょう。 おすすめのクレジットカード3選 ここからは、おすすめのクレジットカードを3つ紹介していきます。年会費の有無や、ポイント還元率の高さなどからあなたに合うクレジットカードを選びましょう。 三井住友カード >>>三井住友カードの詳細はこちら ブランド 年会費 ポイント還元率 発行期間 VISA・Mastercard 無料(2年目~:1,250円) 0.5~10.0% 最短翌営業日 ■Point1:年会費初年度無料!2年目以降も条件クリアで年会費が無料 年会費は初年度無料です。2年目以降も「マイ・ペイすリボ」登録と、前年度にリボ手数料を1回以上支払うと、年会費無料となります。 ■Point2:コンビニ3社&マクドナルド利用でいつでもポイント5倍 セブン-イレブン・ファミリーマート・ローソン・マクドナルドの利用で、いつでも三井住友カードのポイントであるVポイントが5倍貯まります。 ■Point3:最短5分で利用できる!発行は最短翌営業日! カード申し込み後、最短5分で利用できるので急ぎでネットで買い物したい場合に便利です。即時利用の利用枠は10万円・カード番号のみ表示されます。カード発行自体は最短翌営業日となります。 ■キャンペーン 新規入会&Vpassアプリログインで、20%還元(最大8,000円)プレゼント! 三井住友カードの詳細はこちら VIASOカード >>>VIASOカードの詳細はこちら ブランド 年会費 ポイント還元率 発行期間 Mastercard 永年無料 0.5~10.0% 最短翌営業日 ■Point1:貯まったポイントは自動で現金に還元 VIASOカードを使って貯まったポイントは、自動で現金に還元されるキャッシュバック機能付きです。ポイント交換の手間も不要なので、有効期限切れの心配もありません。 ■Point2:年会費は永年無料で最短翌営業日に発行 年会費は永年無料で無料条件もありません。また申し込み後、最短翌営業日で発行されるので、すぐに利用したい人にもおすすめです。 ■Point3:海外旅行旅行傷害保険が最大2,000万円付帯 VIASOカードで旅行代金を支払えば、死亡・後遺障害で最大2,000万円までの保険サービスを受けれます。携行品損害も最大20万円まで補償されるので、海外旅行によく行く人は安心です。 ■キャンペーン 条件クリアで最大10,000円をキャッシュバック! VIASOカードの詳細はこちら dカード GOLD >>>dカード GOLDの詳細はこちら ブランド 年会費 ポイント還元率 発行期間 VISA・Mastercard 10,000円 1.0~10.0% 最短5日間 ■Point1:年会費以上におトク!利用料金の10%が毎月還元される 「ドコモケータイ・ドコモ光・dマガジン」などドコモ関連サービス利用料金の10%が毎月還元されるので、年会費以上のポイントを貯められます。 ■Point2:最大1億円の海外旅行保険が付帯 海外旅行中の怪我や病気の際に最大1億円が、国内旅行での傷害保険で最大5,000万円が補償されます。 ■Point3:ケータイ補償で購入から3年間・最大10万円分補償される 携帯電話の故障や紛失の場合、購入から3年間、最大10万円分まで補償されます。 ■キャンペーン 最大18,000分のdポイントプレゼント(入会・エントリー・利用が必要) dカード GOLDの詳細はこちら
20代で持つべきクレジットカードを紹介!20代限定のおすすめカードを比較
クレジットカード
2020/08/04

クレジットカードで公共料金を支払できるの?メリット・デメリットやおすすめカードを紹介

公共料金はクレジットカードでも支払できることをご存じでしょうか?  公共料金は口座振替(口座からの自動引き落とし)でも支払できます。しかし、カードには「ポイントが貯まる」メリットがあるのです。 本記事では公共料金をクレジットカードで支払するメリット・デメリットをさらに詳しく解説していきます。公共料金でおすすめのカードも紹介するため、どのカードがお得なのか知りたい方も本記事をご参考下さい。 公共料金はクレジットカード払いできる クレジットカード払いは加盟店でできる仕組みになっています。 【メジャーなブランドと加盟店】 ブランド 加盟店 VISAカード VISA加盟店 Mastercard Mastercard加盟店 JCBカード JCB加盟店 公共料金の支払先が加盟店であればカード払い可能です。メジャーなブランドなら国内外にたくさんの加盟店があります。 そのため、多くの公共料金の支払先でカード払いできるでしょう。 カード払いできる代表的な公共料金を紹介 カード払いできる公共料金と一言でいっても様々です。まずは代表的な公共料金を紹介していきましょう。 【カード払い可の代表的な公共料金3つ】 ● 電力料金 ● ガス料金 ● 水道料金 国内では電力と都市ガスが自由化され、大手以外にも様々な会社が参入しています。新電力会社、新都市ガス会社でもカード払いできることが多いです。 水道は各地域の水道局が提供しており、多くの水道局でカード払いに対応しています。 電力・ガス・水道料金のほか、次の公共料金もカード払いできることがあります。 【カード払い可の主な公共料金】 ● 固定電話・携帯電話料金 ● 新聞代 ● プロバイダー料金 ● NHK受信料 ● 国民年金保険料など カード払い可かどうか知りたい時は、各公共料金の支払先の公式ホームページを確認して下さい。 クレジットカードで支払するメリット 公共料金をクレジットカードで支払すると、次のメリットが受けられます。 【3つのメリット】 ● カードのポイントが貯まる ● 引き落とし日が毎月同じになる ● 優良なクレヒスを作りやすい それぞれ3つのメリットについて詳しく説明していきましょう。 カードのポイントが貯まる クレジットカードなら公共料金の支払でポイントが貯まります。次に年間で貯まるポイントを見てみましょう。 【公共料金で貯まる年間のポイント数】 月々の公共料金 年間のポイント数 2万円 200×12か月=2,400ポイント 3万円 300×12か月=3,600ポイント 4万円 400×12か月=4,800ポイント 5万円 500×12か月=6,000ポイント ※100円につき1ポイント付与される場合 ポイント還元率の高いカードほどお得になります。公共料金は多くの家庭で毎月発生する負担ですよね。そのため、カードショッピングの機会が少ない方でも、公共料金ならポイントが貯まりやすいです。 引き落とし日が毎月同じになる 各公共料金を口座振替で支払している方は、毎月の引き落とし日がバラバラになりませんか? しかし、様々な公共料金の支払を1枚のカードにまとめれば、毎月の引き落とし日が同じになります。支払管理を行いやすいのが、カード払いのメリットの一つです。 新聞代や国民年金保険料などの公共料金では、口座振替日を指定できないことがあります。口座振替日がバラバラで支払管理が難しい時はカード払いへ変更しておきましょう。 優良なクレヒスを作りやすい カードにはクレヒス(クレジットヒストリー)という用語があります。簡単に言うとクレジットカードの利用履歴です。優良なクレヒスを作っておくと、カードの審査が有利になります。 しかし、優良なクレヒスを作るには定期的にカードで支払しないといけません。カードショッピングの機会が少ない方だと、優良なクレヒスを作るまで時間がかかってしまいます。そんな時でも毎月支払する公共料金なら、比較的容易に優良なクレヒスが作れるのです。 ただし、公共料金の支払を遅延すると、いわゆる「クレヒスにキズが付いて」しまいます。長期間支払を滞納すると電気・ガス・水道を止められるリスクがあるため、毎月の支払は約束どおり続けて下さい。 クレジットカードで支払するデメリット クレジットカードで公共料金を支払する場合、次のデメリットには注意して下さい。 【3つのデメリット】 ● 口座振替の割引が受けられない ● 有効期限が変わるとカード情報の変更が必要になる ● 引越し時に手続きを忘れると余計な支払が発生することがある 3つのデメリットについて詳しく説明していきましょう。 公共料金をクレジットカードで支払する注意点 公共料金をカード払いする時は、次の注意点をチェックして下さい。 【チェックしたい注意点3つ】 ● 口座振替の割引がないかチェック ● クレジットカードの有効期限をチェック ● 引越し時の手続きをチェック 口座振替の割引がないかチェック 公共料金を支払している方は口座振替の割引がないかチェックして下さい。 【口座振替割引のある主な電力会社】 電力会社名 割引額(税込) 東京電力エナジーパートナー 月55円 北陸電力 月55円 中部電力 月55円 関西電力 月55円 中国電力 月55円 四国電力 月55円 九州電力 月55円 電気代月5,000円をカード払いした時に貯まるのは50ポイントです。(100円につき1ポイント付与される場合) カードのポイント還元率が1.0%とすると50ポイント=50円分になります。ポイント分より口座振替割引のほうがお得になる計算です。 カード払いでは口座振替割引の適用はありません。そのため、電気代が毎月5,000円ほどより低いご家庭はそのまま口座振替で支払したほうがよいでしょう。 クレジットカードの有効期限をチェック カードの有効期限が近くなると自動的に更新されます。更新されたら有効期限をチェックして下さい。 有効期限が変わると、公共料金の支払先でカード情報の変更が必要になることがあります。カード情報の変更が必要なのか分からない時は、公共料金の支払先へ電話またはメールで質問するとよいでしょう。 引越し時の手続きをチェック 公共料金の支払先によっては、引越し時の手続きが必要です。引越し時の手続きを忘れると、引越し前の旧住居で公共料金が発生しかねません。電力・ガス・水道・新聞などは忘れずに手続きしましょう。 公共料金の支払におすすめするクレジットカード 公共料金でおすすめするのが次のカードです。 【おすすめのカード4選】 ● dカードGOLD ● セゾンブルーアメリカンエキスプレスカード ● 三井住友カード ● VIASOカード 4つのおすすめカードについて、詳しくご紹介します。 dカードGOLD >>>dカード GOLDの詳細はこちら dカードGOLDはポイント還元率1.0%のゴールドカードです。ゴールドカードのなかでもポイント還元率が高くなっています。ドコモスマホ、ドコモ光の料金ならポイント還元10%です。 さらにケータイ補償(3年間最大10万円)が付いているため、高額なケータイの紛失・盗難・故障にそなえたい方にもおすすめします。 dカード GOLDの詳細はこちら セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード >>>セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カードの詳細はこちら セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カードは永久不滅ポイントが貯まるカードです。ポイントの有効期限がないため、じっくり貯められます。 ポイント還元率は0.5%となっており、それほど高い水準ではありません。しかし、手荷物無料宅配サービスや西友5%オフなど様々な優待を利用できます。 詳細はこちら 三井住友カード >>>三井住友カードの詳細はこちら 三井住友カードでは家計管理機能付きのアプリを利用できます。月々の収支や支出がひと目で分かるため、支払管理を楽にしたい方に便利です。 ポイント還元率は0.5%となっています。しかし、セブンイレブン・ローソン・ファミリーマート・マクドナルドでポイント5倍です。 三井住友カードの詳細はこちら VIASOカード >>>VIASOカードの詳細はこちら VIASOカードでは貯めたポイントをキャッシュバックに交換できます。自動的に現金に交換してもらえるため、わざわざ手動で景品などに交換する手間はかかりません。 ポイント還元率は0.5%であるものの、次の支払先ならポイント2倍です。 【ポイント2倍の支払先】 ● ケータイ料金(ドコモ・au・ソフトバンク・ワイモバイル) ● プロバイダー料金(Yahoo! BB・OCN・au one net・BIGLOBE・ODN) ● ETC利用分(各高速道路・有料道路) また、VIASO eショップ経由でネットショッピングするとポイント最大10%貯まります。 VIASOカードの詳細はこちら まとめ 公共料金のカード払いについて解説してきました。メリット・デメリットを簡単にまとめてみましょう。 【メリット】 ● クレジットカードのポイントが毎月貯まる ● 引き落とし日が毎月同じになり支払管理が楽になる ● 優良なクレヒスを作りたい時に便利 【デメリット】 ● 金額によっては口座振替割引のほうがお得になる ● 有効期限が変わると、カード情報の変更が必要になることがある ● 引越し時に手続きを忘れると旧住居で支払が発生することがある また、カードによってポイント還元率や特典などが異なります。どのカードがよいのか分からない方は今回ご紹介したカードをご参考下さい。
クレジットカードで公共料金を支払できるの?メリット・デメリットやおすすめカードを紹介
クレジットカード
2020/08/04

クレジットカードを初めて使う方は必見! 使う時のルールやおすすめカードを紹介

加盟店のレジにて本人認証で決済できるのが、クレジットカード。しかし、事前にルールを知っておかないと、カードの利便性や安全性が損なわれることがあります。本記事ではカードを初めて持つ方のために、ルールや注意点などについて解説していきます。 【本記事で分かること】 ● カードを使う時のルール ● 初めての方におすすめするカード ● カードのメリット・注意点など カードが初めての方だとルールや注意点などが分かりにくいですよね。そんな方でも本記事を見れば分かりやすくなります。初めてクレジットカードへ申し込みする方は、本記事をご一読ください。 クレジットカードを初めて使う時に知っておくべき5つのルール 「クレジットカードが初めてで使い方がよく分からない…」 そんな方は以下のルールを押さえながら使ってください。 【カードの5つのルール】 1. カードは本人しか使えない 2. カードの裏面にサインを書く 3. 支払い回数は1回が基本 4. 口座引き落としはカード利用日ではなく支払い日 5. 明細は確認しておこう それぞれのルールについて詳しく説明します。 カードは本人しか使えない カードを使えるのは本人(本人名義)のみです。カードが手元に届いたら、表面に記載されている名前をチェックしてください。 また、カードの会員規約には次のような内容が記載されていることがあります。 「会員は他人にカードを貸与、預託、譲渡してはいけない」 他人はもちろんのこと、家族であってもカードを貸してはいけません。もし、本人名義以外の人にカードを貸すとルール違反となってしまいます。 カードによっては家族カードの発行が可能です。本会員が持つのが本カード、家族会員が持つのが家族カードとなります。家族カードの名義が誰になるのか、初めての方だと分かりにくいですよね。 【本カードと家族カードの名義】 カードの種類 名義 本カード 本会員 家族カード 家族会員 家族カードの名義は本会員ではなく家族会員です。そのため、加盟店のレジで家族カードを提示した時は、家族会員の名前でサインしてください。 カードの裏面にサインを書く カードが手元に届いたら、必ず裏面にサインを書くのがルールとなっています。なぜサインが必要なのか、それは次のような理由があるからです。 【カード裏面へのサインが必要な理由】 ● 本人確認するため ● 不正利用のリスクを抑えるため 本人確認するため 加盟店のレジでカードを提示すると店員さんに「伝票にサインしてください」と言われることがあります。店員さんは「伝票に書いたサイン」と「カード裏面にあるサイン」の筆跡をチェックします。 筆跡が同じであれば、カード所有者本人だと分かるわけです。裏面にサインがないカードを加盟店のレジで提示した場合、どうなるでしょうか。 【カード裏面にサインがない場合の店員さんの対応】 ● 裏面へのサインを求める ● サインに応じない時は販売を断る 加盟店のレジでスムーズに決済できるのがカードのメリットの一つです。裏面にサインのないカードだとメリットが損なわれるため、事前にサインを書いておきましょう。 不正利用のリスクを抑えるため 裏面にサインのないカードだと、紛失・盗難時に第三者が勝手にサインする恐れがあります。比較的容易に不正利用されてしまうのが、裏面にサインのないカードです。不正利用のリスクを抑えるため、裏面には直筆でのサインを書いておきましょう。 支払い回数は1回が基本 カードでは様々な支払い方法を用意しており、それぞれの使い分けが可能です。しかし、初めてカードを使う方だと1回払いが基本となります。 【カードの主な支払い方法】 支払い方法 特長 1回払い 1回でまとめて支払い 2回払い 2回に分けて支払い ボーナス一括払い ボーナス時にまとめて支払い ボーナス2回払い 夏・冬ボーナス時に分けて支払い リボ払い 最小金額を毎月支払い 分割払い 指定回数に分けて毎月支払い ※カードや加盟店によって支払い方法が異なる リボ払いや分割払いにある注意点 余裕がない時の支払いに便利なのがリボ払いや分割払いです。しかし、手数料が高額という注意点があります。 【リボ払いと分割払いの手数料の目安】 支払い方法 手数料の目安 リボ払い 年15%~年18% 分割払い 年12%~年15% 1回払いなら手数料は必要ありません。レジの店員さんに支払い回数を質問された時は「1回で」と答えてください。 1回払いのほか、2回払いとボーナス一括払いにも手数料がありません。1回払いでは厳しい時は、手数料のない2回払いまたはボーナス一括払いを選ぶとよいでしょう。 口座引き落としはカード利用日ではなく支払い日 カード利用代金は締め日に締め切られて、支払い日に口座から引き落としされます。 【カードショッピングから支払いまでの流れ】 1. 会員が加盟店のレジでカードを提示 2. 加盟店がサインまたは4ケタの暗証番号で本人確認 3. カード会社が加盟店に立て替え払い 4. 会員はカード会社に支払い(支払い日に引き落とし) カード利用日ごとに引き落としされるわけではありません。また、カードによって支払い日が異なります。 【主なカードと支払い日】 カードの種類 締め日 支払い日 イオンカード 毎月10日 翌月2日 オリコカード 毎月末日 翌月27日 ジャックスカード 毎月末日 翌月27日 セゾンカード 毎月10日 翌月4日 セディナカード 毎月末日 翌月27日 JCBカード 毎月15日 翌月10日 NICOSカード 毎月5日 当月27日 MUFGカード 毎月15日 翌月10日 多くのカードで支払い日が翌月です。しかし、NICOSカードのように当月が支払い日の場合があります。遅れてしまうと遅延損害金を請求されてしまうため、カードの支払い日は事前に把握しておきましょう。 明細は確認しておこう カード会社では会員に明細を発行しています。 【明細で確認できること】 ● カード利用日 ● 利用した加盟店 ● 利用代金 ● 支払い方法 ● 支払い回数など 不正利用されてもすぐに分かるよう、明細はきちんと確認してください。 【カードの明細を確認する方法】 ● WEB明細(パソコンやスマホなどで確認) ● 紙の明細書(郵送物で確認) WEB明細ではIDとパスワードでログインして確認します。紙の明細書は自宅に届くのを待つだけです。 初めてのクレジットカードにおすすめカード カードには次のように様々なランクがあります。 【カードの主なランク】 ● スタンダード ● ゴールド ● プラチナ ● ブラック 初めて作成する方におすすめするのがスタンダードです。 【スタンダードを初めての方におすすめする理由】 ● 年会費が安い(永年無料のカードもある) ● ゴールドやプラチナより審査に通りやすい ● 原則18歳以上から作成できる(高校生は除く) しかし、スタンダードカードといっても種類は様々です。初めての方だとどのスタンダードカードがよいのか分からないことはありませんか? 次からは、そんな初めての方におすすめするスタンダードカードを紹介していきます。 三井住友カード >>>三井住友カードの詳細はこちら カードのなかでも高い知名度を持つのが三井住友カードです。1980年代からVisaカードを発行しているため、三井住友カードはVisaカードの印象が強くなっています。 【三井住友カードの概要】 年会費 通常1,375円(税込)/インターネット入会で初年度無料/年会費優遇あり 国際ブランド Visa/Mastercard ポイント還元率 0.50% 海外旅行保険 最高2,000万円 ショッピング保険 最高100万円 支払い方法 1回払い/2回払い/ボーナス一括払い/リボ払い/分割払い 支払い日 15日締め翌月10日支払い/月末締め翌月26日支払い 年齢 18歳以上(高校生は除く) 最高2,000万円の海外旅行保険が付いているため、海外旅行が好きな方にもおすすめする1枚です。 三井住友カードの詳細はこちら エポスカード >>>エポスカードの詳細はこちら 特典が充実しているのがエポスカードです。丸井グループが発行しており、マルイでのお買いものにお得なカードとなっています。 【エポスカードの概要】 年会費 無料 国際ブランド Visa ポイント還元率 0.50% 海外旅行保険 最高2,000万円 ショッピング保険 - 支払い方法 1回払い/2回払い/ボーナス一括払い/リボ払い/分割払い 支払い日 4日締め翌月4日支払い/27日締め翌月27日支払い 年齢 18歳以上(高校生は除く) マルイ・モディなどでは「マルコとマルオの7日間」というセールが開催されます。エポスカードで支払いすると10%オフになるセールです。そのため、お買いもの好きな方におすすめします。 エポスカードの詳細はこちら セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード >>>セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カードの詳細はこちら アメックスブランドを手頃な年会費で持てるのが、セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カードです。1枚のカードにセゾンとアメックスの特典が盛り込まれています。 【セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カードの概要】 年会費 通常3,300円(税込)/初年度無料/26歳まで無料 国際ブランド AMEX ポイント還元率 0.50% 海外旅行保険 最高3,000万円 ショッピング保険 最高100万円 支払い方法 1回払い/2回払い/ボーナス一括払い/ボーナス2回払い/リボ払い 支払い日 10日締め翌月4日支払い 年齢 18歳以上(高校生は除く) 特に海外に強いのがアメックスのカードです。しかし、スタンダードなアメックスグリーンでも13,200円(税込)の年会費となっています。 セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カードなら26歳まで年会費無料です。そのため、アメックスブランドを持ちたい若い方におすすめします。 セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カードの詳細はこちら クレジットカードを使うメリット クレジットカードには現金払いにはないメリットがあります。 【カードにある3つのメリット】 ● 現金を持ち歩かなくても決済可能 ● ポイントが貯まってお得 ● 紛失や不正利用でも補償されて安全 3つのメリットについて詳しく説明していきましょう。 現金を持ち歩かなくても決済可能 加盟店での決済はカード1枚提示するだけです。財布からお札や小銭を出して支払いすることはありません。 なかにはサインレス決済に対応する加盟店もあります。サインレスは文字どおり、サイン不要で決済できるため支払いがさらにスムーズです。(少額決済のみ・1回払いのみが原則) ポイントが貯まってお得 カードを持つ大きなメリットとなるのがポイントです。なかにはポイント還元率1.0%以上のカードがあります。 【還元率1.0%で貯まるポイント】 利用代金 ポイント数 1,000円 10ポイント=10円分 1万円 100ポイント=100円分 10万円 1,000ポイント=1,000円分 ※100円につき1ポイント、1ポイント=1円分の場合 商品や飲食店のメニューのほか、カード払いできるものは様々です。 【カード払いできるもの】 ● 電気・ガス・水道代 ● 乗車券・特急券・定期券などJRのきっぷ ● 国民年金保険料 ● 生命保険・損害保険などの保険料 ● ふるさと納税 ● 家賃 ● ディズニーランドなどのレジャー施設 現金払いや口座振替では、カードのポイントは貯まりません。そのため、支払いできるものはなるべく1枚のカードにまとめましょう。 紛失や不正利用でも補償されて安全 裏面にサインしておけば、紛失や盗難で不正利用されても補償が受けられます。(紛失・盗難の届け出より一定期間前まで) 全額補償するカードが多いため、安全に利用できるのがメリットの一つです。 紛失・盗難後はカード会社へ電話連絡すると、カードを利用停止して不正利用の被害拡大を防止してくれます。利用停止後はカードの再発行を依頼してください。 現金の場合は紛失・盗難されても補償は受けられません。 まとめ クレジットカードの5つのルールやメリット、注意点について紹介してきました。 【5つのルールまとめ】 1. 本人以外は使ってはいけない 2. 裏面には必ず直筆でサインする(ボールペンで可) 3. なるべく手数料のない1回払いを選ぶ 4. 口座から引き落としされるのは支払い日 5. 不正利用に気が付くよう明細は確認する カードのルールは会員規約に記載されています。カードを使う前に会員規約をよく読んでください。 また、慣れないうちは手数料がかかるリボ払いや分割払いは選ばないほうがよいです。 どのカードがよいのか分からない初心者の方は、本記事で紹介した3つのカードをご参考ください。 おすすめのクレジットカード3選 ここからは、おすすめのクレジットカードを3つ紹介していきます。年会費の有無や、ポイント還元率の高さなどからあなたに合うクレジットカードを選びましょう。 三井住友カード >>>三井住友カードの詳細はこちら ブランド 年会費 ポイント還元率 発行期間 VISA・Mastercard 無料(2年目~:1,250円) 0.5~10.0% 最短翌営業日 ■Point1:年会費初年度無料!2年目以降も条件クリアで年会費が無料 年会費は初年度無料です。2年目以降も「マイ・ペイすリボ」登録と、前年度にリボ手数料を1回以上支払うと、年会費無料となります。 ■Point2:コンビニ3社&マクドナルド利用でいつでもポイント5倍 セブン-イレブン・ファミリーマート・ローソン・マクドナルドの利用で、いつでも三井住友カードのポイントであるVポイントが5倍貯まります。 ■Point3:最短5分で利用できる!発行は最短翌営業日! カード申し込み後、最短5分で利用できるので急ぎでネットで買い物したい場合に便利です。即時利用の利用枠は10万円・カード番号のみ表示されます。カード発行自体は最短翌営業日となります。 ■キャンペーン 新規入会&Vpassアプリログインで、20%還元(最大8,000円)プレゼント! 三井住友カードの詳細はこちら VIASOカード >>>VIASOカードの詳細はこちら ブランド 年会費 ポイント還元率 発行期間 Mastercard 永年無料 0.5~10.0% 最短翌営業日 ■Point1:貯まったポイントは自動で現金に還元 VIASOカードを使って貯まったポイントは、自動で現金に還元されるキャッシュバック機能付きです。ポイント交換の手間も不要なので、有効期限切れの心配もありません。 ■Point2:年会費は永年無料で最短翌営業日に発行 年会費は永年無料で無料条件もありません。また申し込み後、最短翌営業日で発行されるので、すぐに利用したい人にもおすすめです。 ■Point3:海外旅行旅行傷害保険が最大2,000万円付帯 VIASOカードで旅行代金を支払えば、死亡・後遺障害で最大2,000万円までの保険サービスを受けれます。携行品損害も最大20万円まで補償されるので、海外旅行によく行く人は安心です。 ■キャンペーン 条件クリアで最大10,000円をキャッシュバック! VIASOカードの詳細はこちら dカード GOLD >>>dカード GOLDの詳細はこちら ブランド 年会費 ポイント還元率 発行期間 VISA・Mastercard 10,000円 1.0~10.0% 最短5日間 ■Point1:年会費以上におトク!利用料金の10%が毎月還元される 「ドコモケータイ・ドコモ光・dマガジン」などドコモ関連サービス利用料金の10%が毎月還元されるので、年会費以上のポイントを貯められます。 ■Point2:最大1億円の海外旅行保険が付帯 海外旅行中の怪我や病気の際に最大1億円が、国内旅行での傷害保険で最大5,000万円が補償されます。 ■Point3:ケータイ補償で購入から3年間・最大10万円分補償される 携帯電話の故障や紛失の場合、購入から3年間、最大10万円分まで補償されます。 ■キャンペーン 最大18,000分のdポイントプレゼント(入会・エントリー・利用が必要) dカード GOLDの詳細はこちら
クレジットカードを初めて使う方は必見! 使う時のルールやおすすめカードを紹介
クレジットカード
2020/08/04

おすすめクレジットカード+ETCを比較!メリットや注意点もあわせて紹介

高速道路を乗る機会のある人や自動車の所有を考えている人にとって、ETCカードは便利でお得なカードですよね。 ETCカードには2つの種類があります。 発行元 種類 クレジット会社 クレジットカード+ETC(一体型・分離型) 高速道路会社6社 ETCパーソナルカード おすすめするのはクレジットカード+ETCです。一体型はクレジット機能とETC機能が一枚にまとめられています。一方、もう一枚のETC専用カードを発行するのが分離型です。 自動車で高速道路を走行する機会の多い方は、クレジットカード+ETCを作成しておくと便利です。しかし、クレジット会社によって特長が異なるため選び方が難しくありませんか? そんな方のために当ページではおすすめクレジットカード+ETCを紹介していきます。あわせてメリットや使用時の注意点についても説明するため、気になる方はご参考ください。 おすすめETCカードを年会費・ポイント・発行日数で比較 当ページでおすすめするクレジットカード+ETCは次の5つです。 ● オリコカード・ザ・ポイント ● エポスカード ● dカード ● セゾンカードインターナショナル 次に年会費・ポイント・発行日数の3点で比較していきましょう。 オリコカード・ザ・ポイント 「オリコカード・ザ・ポイント」は信販会社オリコが発行するカードです。 項目 本カード ETCカード 年会費 無料 無料 ポイント還元率 1.00% 1.00% 発行日数の目安 最短8営業日(オンライン入会) 1週間~2週間ほど ETC部分の還元率は1.0%となっておりポイントをためやすいです。オリコでは、ETCカードとの同時申込ができます。 【同時申込の流れ】 1. 申込するオリコカードを選択 2. 郵送申込を選択 3. 申込書が届いたら必要事項に記入して返送 すでにオリコカードを持っている方は、会員用のWEBサービス「eオリコサービス」よりETC[カードを申込んでください。 オリコカード・ザ・ポイントの詳細はこちら エポスカード エポスカードはマルイでおなじみの丸井グループが発行するカードです。 項目 本カード ETCカード 年会費 無料 無料 ポイント還元率 0.50% 0.50% 発行日数の目安 最短即日(店頭受取) 2週間ほど ETC部分にもポイントがたまるものの0.5%となっており標準的な還元率です。また、ETCカードの即日発行はできません。 エポスカードの詳細はこちら dカード dカードはNTTドコモが発行するカードです。 項目 本カード ETCカード 年会費 無料 500円(税抜)/初年度無料/次年度以降は条件つき無料 ポイント還元率 1.00% 1.00% 発行日数の目安 最短5日(オンライン入会) 2週間ほど ETCカードは通常500円の年会費(初年度無料)が必要になります。ただし、前年度に一度でもETCを使用すれば次年度以降の年会費は無料です。また、ETCカードの申込方法はインターネット、ドコモショップ、入会申込書と3種類あります。 dカードの詳細はこちら セゾンカードインターナショナル(即日発行可能) セゾンカードインターナショナルはクレディセゾンが発行するカードです。 項目 本カード ETCカード 年会費 無料 無料 ポイント還元率 0.50% 0.50% 発行日数の目安 最短即日(店頭受取) 最短即日(店頭申込) ETCカードも最短即日発行できる点に注目です。急ぎの方はセゾンカードと本人確認書類(運転免許証・パスポートなど)を持参し、セゾンカウンターで申込してください。 セゾンカードインターナショナルの詳細はこちら おすすめクレジットカード比較表 おすすめクレジットカード+ETCの比較表を掲載しておきます。 カード名 年会費(※1) ポイント還元率(※1) 発行日数の目安(※1) オリコカード・ザ・ポイント 無料/無料 1.0%/1.0% 最短8営業日/1週間~2週間ほど エポスカード 無料/無料 0.5%/0.5% 最短即日/2週間ほど dカード 無料/初年度無料・次年度以降条件つき無料 1.0%/1.0% 最短5日/2週間ほど セゾンカードインターナショナル 無料/無料 0.5%/0.5% 最短即日/最短即日 (※1)本カード/ETCカードの並び 還元率重視で選ぶならオリコ・dカード、即日発行で選ぶならセゾンが便利です。 エポスカードはマルイ・モディなどで10%オフになる「マルコとマルオの7日間」の対象となっています。そのため、マルイでよくお買いものする方はエポスを選ぶとよいでしょう。 ETCカードを使うメリット ETCカードには次のようなメリットがあります。 ● 高速料金が割引になる ● 料金所のやりとりがスムーズ ● ETC部分でクレジットカードのポイントがたまる それぞれのメリットについて詳しく説明していきましょう。 高速料金が割引になる ETCでは次のような割引を用意しています。 【主なETC割引】 割引の種類 曜日・時間帯 割引内容 平日朝夕割引 平日朝6時~9時/夕方17時~20時 30%・50%割引 休日割引 土日祝日 30%割引 深夜割引 午前0時~午前4時 30%割引 高速道路を安く使用したい方は、各種割引の対象となる曜日・時間帯に注目です。 料金所のやりとりがスムーズ ETCカードがあると料金所にあるETCレーンを速度20km/h以下で通過できるようになります。わざわざ料金所でストップし、お札や小銭で高速料金を支払いする作業は不要です。 また、手元にあるETCカードはレンタカーでも使えます。 ETC利用でクレジットカードのポイントがたまる ショッピング利用と同じように、ETCカードでポイントが貯まります。 ポイントの種類 主な使い道 ETCマイレージサービスのポイント 高速料金の支払い クレジットカードのポイント クレジット会社によって異なる ETCパーソナルカードの場合、たまるのはETCマイレージのポイントのみです。そのため、ポイントの2重取りができるクレジットカードのほうがお得になります。 ETCカード使用時の注意点 ETCカードにはいくつかの注意点があります。 ● クレジットカードの支払いには遅れないこと ● 即日発行以外だと発行まで時間がかかる ● ETC機能一体型のカードの管理 それぞれの注意点について詳しく説明していきましょう。 クレジットカードの支払いには遅れないこと クレジットカードの支払いを延滞すると、ETCカードが使用停止となりかねません。クレジット会社で定めている規約を確認してみてください。 「本カード・ETCカードの支払いを怠った場合、ETCカードの使用を停止する」といった内容が記載されている場合があります。そのため、クレジットカードの支払いには遅れないでください。 ETCを使用できないときは、自動車の車載器より警告音が流れることがあります。そのときは通常レーンを通過してください。 即日発行以外だと発行まで時間がかかる ETCカードへの申込から手元に届くまで時間がかかることがあります。「今日明日中にETCレーンを通過したい」と思っても難しいです。 急ぎのときは先ほど紹介した、セゾンカードインターナショナルに注目してみてください。最寄りにセゾンカウンターがある方なら最短即日発行されます。 ETC機能一体型のカードの管理 ETC機能一体型で注意したいのが管理です。分離型ならETCカードを紛失しても、クレジット部分が不正使用される心配はありません。 しかし、ETC機能一体型の場合は別です。紛失するとクレジット部分もETC部分も不正使用される恐れがあります。 車載器に差し込みしたまま、自動車の外へ出かけるとクレジットカードを盗難される恐れがあります。真夏は高温によってカード不具合になる恐れがあるため、車載器に差し込みしたカードは外してきちんと管理してください。 まとめ この記事ではETCカードを発行する上でおすすめクレジットカードについて説明してきました。 ETCカードの発行にはクレジットカードと紐づいており、利用によってポイントが貯まります。またそれぞれの年会費も、カードによって異なります。 ETCカードを上手に活用して、便利でお得なドライブを楽しんでくださいね。 おすすめのクレジットカード3選 ここからは、おすすめのクレジットカードを3つ紹介していきます。年会費の有無や、ポイント還元率の高さなどからあなたに合うクレジットカードを選びましょう。 三井住友カード >>>三井住友カードの詳細はこちら ブランド 年会費 ポイント還元率 発行期間 VISA・Mastercard 無料(2年目~:1,250円) 0.5~10.0% 最短翌営業日 ■Point1:年会費初年度無料!2年目以降も条件クリアで年会費が無料 年会費は初年度無料です。2年目以降も「マイ・ペイすリボ」登録と、前年度にリボ手数料を1回以上支払うと、年会費無料となります。 ■Point2:コンビニ3社&マクドナルド利用でいつでもポイント5倍 セブン-イレブン・ファミリーマート・ローソン・マクドナルドの利用で、いつでも三井住友カードのポイントであるVポイントが5倍貯まります。 ■Point3:最短5分で利用できる!発行は最短翌営業日! カード申し込み後、最短5分で利用できるので急ぎでネットで買い物したい場合に便利です。即時利用の利用枠は10万円・カード番号のみ表示されます。カード発行自体は最短翌営業日となります。 ■キャンペーン 新規入会&Vpassアプリログインで、20%還元(最大8,000円)プレゼント! 三井住友カードの詳細はこちら VIASOカード >>>VIASOカードの詳細はこちら ブランド 年会費 ポイント還元率 発行期間 Mastercard 永年無料 0.5~10.0% 最短翌営業日 ■Point1:貯まったポイントは自動で現金に還元 VIASOカードを使って貯まったポイントは、自動で現金に還元されるキャッシュバック機能付きです。ポイント交換の手間も不要なので、有効期限切れの心配もありません。 ■Point2:年会費は永年無料で最短翌営業日に発行 年会費は永年無料で無料条件もありません。また申し込み後、最短翌営業日で発行されるので、すぐに利用したい人にもおすすめです。 ■Point3:海外旅行旅行傷害保険が最大2,000万円付帯 VIASOカードで旅行代金を支払えば、死亡・後遺障害で最大2,000万円までの保険サービスを受けれます。携行品損害も最大20万円まで補償されるので、海外旅行によく行く人は安心です。 ■キャンペーン 条件クリアで最大10,000円をキャッシュバック! VIASOカードの詳細はこちら dカード GOLD >>>dカード GOLDの詳細はこちら ブランド 年会費 ポイント還元率 発行期間 VISA・Mastercard 10,000円 1.0~10.0% 最短5日間 ■Point1:年会費以上におトク!利用料金の10%が毎月還元される 「ドコモケータイ・ドコモ光・dマガジン」などドコモ関連サービス利用料金の10%が毎月還元されるので、年会費以上のポイントを貯められます。 ■Point2:最大1億円の海外旅行保険が付帯 海外旅行中の怪我や病気の際に最大1億円が、国内旅行での傷害保険で最大5,000万円が補償されます。 ■Point3:ケータイ補償で購入から3年間・最大10万円分補償される 携帯電話の故障や紛失の場合、購入から3年間、最大10万円分まで補償されます。 ■キャンペーン 最大18,000分のdポイントプレゼント(入会・エントリー・利用が必要) dカード GOLDの詳細はこちら
おすすめクレジットカード+ETCを比較!メリットや注意点もあわせて紹介
クレジットカード
2020/08/04

Suica機能付きクレジットカードを比較!チャージや通勤でもお得にポイントを貯める方法

首都圏で生活している人にとって、Suicaは日常でも欠かせないもののひとつ。しかし現金でチャージするのは手間ですし、改札で足止めされるのも不便ですよね。 そこでSuica機能のついたクレジットカードを利用すれば、カードからオートチャージできてポイントもお得に貯まります。カードによっては定期券機能も付けて1枚で完結させることもできます。 この記事ではSuica機能付きのクレジットカードを、比較して紹介します。 Suica機能つきおすすめクレジットカードを比較 Suica機能つきおすすめクレジットカードとしてJREカード、ビックカメラSuicaカード、ビュー・スイカカード、JALカードSuica、ルミネカードがあります。 それぞれどんな特徴があるか年会費、ポイント還元率、定期券機能付きかどうかで比較していきます。 JREカード JRE POINTをお得にためられるクレジットカードとしてビューカードの「JRE CARD」があります。定期券機能が付いたカードで年会費は524円(初年度無料)、ポイント還元率が最大3.5%です。 基本のショッピング利用の還元率は0.5%です。そこに例えばJRE CARD優待店なら100円につき3ポイント(3%)、JRE POINT加盟店なら1,000円で10ポイント(1%)のポイントが加算されます。 チャージ時や定期券の購入のポイント還元率は1.5%です。定期券、Suica機能付きカードで通常1,000円の利用で5ポイントのJRE POINTが定期券購入の時やSuicaチャージには3倍のポイントが貯まります。 加盟店や優待店での利用では通常ポイントに加えポイントが貯まります。また、貯まったポイントは1ポイント1円単位でポイント加盟店やSuicaチャージに利用できます。 ビックカメラSuicaカード ビックカメラで買い物するとビックポイントが基本10%の付与される「ビックカメラSuicaカード」があります。 定期券機能付きではありませんが、Suicaのオートチャージ機能付きカードです。年会費は524円(初年度無料)ですが、年に一度でも利用をすると年会費が無料になります。 ビューカードで実質年会費無料になるのは大変魅力です。 ポイント還元率は、ビックカメラで買い物をすると購入金額の10%のビックポイントが付与され、コジマで利用すると現金払いと同率のビックポイントが付与されます。またビックカメラ、コジマ以外の店舗利用でも、ポイント1%が付与されます。 貯めたビックポイントはSuicaに交換可能です。 さらに、ビックカメラSuicaカードにSuicaをクレジットチャージすると、JRE POINTが1.5%相当貯まります。貯めたJRE POINT、ビックポイント、は相互交換が可能です。こちらはJR線をよく利用する方、ビックカメラやコジマ、向けのカードです。   ビュー・スイカカード 貯めたポイントがSuicaに交換出来る「ビュー・スイカカード」があります。オートチャージと定期券が付き、年会費は524円(税込)です。 1,000円の買い物利用で5ポイント付与され、1,000円の定期券購入やオートチャージ利用時で15ポイント貯まり、貯めたポイントは希望するプレゼント、商品券やSuica(1ポイントあたり約2.5円)に交換が可能です。 また年間利用額に応じてボーナスポイントが貯まるいう特典や自動付帯で限度額最高500万円の海外旅行傷害保険が、付いています。 JALカードSuica マイルで飛行機にも電車にもバスにも使える「JALカードSuicaカード」です。JR東日本でのきっぷ・定期券などの購入、オートチャージ付きで年会費は2,200円(初年度無料)です。 利用金額に応じて自動的にマイルがたまり、マイル移行手数料はかかりません。フライトや毎日のお買い物でJALマイルが200円=1マイル・特約店では200円=2マイル貯まります。 さらにJR東日本できっぷ・定期券などの購入、オートチャージ、Suicaへ入金(チャージ)をJALカードSuicaで決済するとJRE POINTが1,000円につき6ポイントたまります。 貯まったJREポイントをJALマイルに移行できます。特典航空券との交換や、JALカードSuica会員限定でSuicaにチャージすることも可能で、嬉しい事に入会や搭乗時にはボーナスマイルが加算されます。 このカードも自動で最大1,000万円の海外旅行保険・国内旅行傷害保険が付きです。 JRとJALをよく利用される方にはおすすめです。 ショッピングマイルプレミアムに年会費3,300円で加入すると、もらえるマイルが2倍になり高還元カードとなります。 ルミネカード ルミネやNEWoManで利用すると引き落とし時に代金が5%OFFになるルミネカードがあります。定期券、Suicaの機能やオートチャージ機能が備わり年会費は1,048円(初年度無料)です。 ポイント還元率はルミネ系列店利用で代金引き落とし時にお買い上げ金額が5%OFF、バーゲンの時もバーゲン価格から更に5%OFFになり、定期券、Suicaの機能が備わり、オートチャージに発生するポイントは通常の3倍になります。年間100万円以上の利用の方は、1年に1度、抽選でルミネ商品券がプレゼントされます。 またJRE POINT加盟店で買い物をする時にカードを提示すると110円につき1ポイントが貯まります。 また特典として海外旅行に行く際は、自動で傷害治療費用・疾病治療費用それぞれ50万円、死亡・後遺障害で500万円がセットされます。ビューカード払いなら通院日額2,000円、入院日額3,000円、国内旅行も死亡・後遺障害1,000万円が補償されます。 ルミネとJR定期券を利用される方は大変お得なカードです。 Suica機能付きのクレジットカードのメリット ここではSuica機能付きのクレジットカードのメリットについて話していきます。 オートチャージでチャージの手間がかからない オートチャージ機能には、「現金やクレジットカードでその都度、入金する手間がかからない」という大きなメリットがあります。 この機能を一度設定してしまえば、その後は必要な金額を自動でチャージすることができます。 わざわざ残金の確認をして切符売り場でチャージを行う手間がなくなるため、スムーズに電車やバスなどの交通機関を利用することができます。特に急いでいる時などチャージする暇が無い時に大変便利な機能です。 また常時一定額以上の金額が確保されるオートチャージを利用することにより、自動販売機での使用やコンビニで気軽に買い物ができるようになります。 オートチャージでSuicaを使うことでキャッシュレスによる支払いが日常的に行えるようになるため大きなメリットがあります。 定期券機能付きで1枚で完結できる ビューカードにはほぼすべてにSuica機能が搭載されているのでSuicaのカードを別に持つ必要はありません。 また定期券機能付きならビューカードにまとめることができ、一枚で完結できます。 3つの機能が1枚に集約されているので、JR線と他の鉄道会社にまたがる定期券とバス定期券も1枚になり、お財布のカード入れもかさばりません。 ただ定期券機能付きカードかどうかは、カードによって違いがあるので注意が必要です。荷物を減らしたい方や沢山のカードを持ち歩きたくない方は定期券機能付きのカードを選ぶと良いでしょう。 JR東日本の駅ビルでお得にJREポイントが貯まる Suica機能付きのクレジットカードのメリットとして、通勤の便利さだけでなく、JR東日本の駅ビルを利用する方にとって大変おトクなカードです。「JRE CARD」を使うと、JR東日本グループの共通ポイント「JRE POINT」が貯まります。 特に、『JRE CARD 優待店』であるペリエ、フェザン、エスパル、アトレ各店舗などでクレジット払いを利用すると、高還元率の3.5%、『JRE POINT加盟店』では1.5%の還元率で商品を購入するたびにポイントをゲットできます。『JRE CARD 優待店』は今後も拡大していくそうなのでより便利になる事、間違いなしです。 まとめ ここではSuica機能付きクレジットカードの比較や、Suicaチャージや通勤でもお得にポイントを貯める方法について解説しました。 基本的に乗車券を購入する際は、Suicaを通して購入して使用した方がメリットは大きいです。ぜひ活用してみてくださいね。 おすすめのクレジットカード3選 ここからは、おすすめのクレジットカードを3つ紹介していきます。年会費の有無や、ポイント還元率の高さなどからあなたに合うクレジットカードを選びましょう。 三井住友カード >>>三井住友カードの詳細はこちら ブランド 年会費 ポイント還元率 発行期間 VISA・Mastercard 無料(2年目~:1,250円) 0.5~10.0% 最短翌営業日 ■Point1:年会費初年度無料!2年目以降も条件クリアで年会費が無料 年会費は初年度無料です。2年目以降も「マイ・ペイすリボ」登録と、前年度にリボ手数料を1回以上支払うと、年会費無料となります。 ■Point2:コンビニ3社&マクドナルド利用でいつでもポイント5倍 セブン-イレブン・ファミリーマート・ローソン・マクドナルドの利用で、いつでも三井住友カードのポイントであるVポイントが5倍貯まります。 ■Point3:最短5分で利用できる!発行は最短翌営業日! カード申し込み後、最短5分で利用できるので急ぎでネットで買い物したい場合に便利です。即時利用の利用枠は10万円・カード番号のみ表示されます。カード発行自体は最短翌営業日となります。 ■キャンペーン 新規入会&Vpassアプリログインで、20%還元(最大8,000円)プレゼント! 三井住友カードの詳細はこちら VIASOカード >>>VIASOカードの詳細はこちら ブランド 年会費 ポイント還元率 発行期間 Mastercard 永年無料 0.5~10.0% 最短翌営業日 ■Point1:貯まったポイントは自動で現金に還元 VIASOカードを使って貯まったポイントは、自動で現金に還元されるキャッシュバック機能付きです。ポイント交換の手間も不要なので、有効期限切れの心配もありません。 ■Point2:年会費は永年無料で最短翌営業日に発行 年会費は永年無料で無料条件もありません。また申し込み後、最短翌営業日で発行されるので、すぐに利用したい人にもおすすめです。 ■Point3:海外旅行旅行傷害保険が最大2,000万円付帯 VIASOカードで旅行代金を支払えば、死亡・後遺障害で最大2,000万円までの保険サービスを受けれます。携行品損害も最大20万円まで補償されるので、海外旅行によく行く人は安心です。 ■キャンペーン 条件クリアで最大10,000円をキャッシュバック! VIASOカードの詳細はこちら dカード GOLD >>>dカード GOLDの詳細はこちら ブランド 年会費 ポイント還元率 発行期間 VISA・Mastercard 10,000円 1.0~10.0% 最短5日間 ■Point1:年会費以上におトク!利用料金の10%が毎月還元される 「ドコモケータイ・ドコモ光・dマガジン」などドコモ関連サービス利用料金の10%が毎月還元されるので、年会費以上のポイントを貯められます。 ■Point2:最大1億円の海外旅行保険が付帯 海外旅行中の怪我や病気の際に最大1億円が、国内旅行での傷害保険で最大5,000万円が補償されます。 ■Point3:ケータイ補償で購入から3年間・最大10万円分補償される 携帯電話の故障や紛失の場合、購入から3年間、最大10万円分まで補償されます。 ■キャンペーン 最大18,000分のdポイントプレゼント(入会・エントリー・利用が必要) dカード GOLDの詳細はこちら
Suica機能付きクレジットカードを比較!チャージや通勤でもお得にポイントを貯める方法
クレジットカード
2020/08/04

クレジットカードの選び方、簡単で得する選び方を初心者にわかりやすく解説

発行するカード会社に国際ブランドの違いをはじめ、クレジットカードは数えきれないくらいの種類があります。しかし、支払うべき年会費やステータス以外に、大きく異なる点は少ないと考えている方もいるのではないでしょうか。 実は、クレジットカードにはさまざまな特徴があり、たとえばポイント還元率が高い、優待・割引サービスを受けられる、旅行損害保険の補償が充実している、空港ラウンジが利用できるなどが挙げられます。 しかし、どのクレジットカードが自分自身に最適なのかを完璧に理解している方は少ないことでしょう。せっかくクレジットカードに申し込んでも、活用ができなければ意味がありません。 そこで今回はクレジットカードの選び方、おすすめカードについて詳しく解説します。カード初心者にもわかりやすいように解説しているのでぜひ参考にしてください。 簡単でわかりやすいクレジットカードの選び方 クレジットカードを選ぶ際に大切なのが以下の3点です。  1. 年会費無料または支払う年会費だけの利用価値があるか  2. ポイントが貯まりやすくて使いやすいか  3. 使いたい店舗や国で利用できるか 以下で詳しく解説するのでチェックしていきましょう。 年会費無料または支払う年会費だけの利用価値があるか クレジットカードは年会費無料のもの、年会費の発生するものがあり、基本的に支払う年会費が高ければ高いほどにカードの充実度が高くなります。 まず、クレジットカードの年会費はランクによって決まります。 ● 一般・スタンダードなど ● ゴールド ● プラチナ クレジットカードのランクは一般・スタンダードからプラチナまでが基本となります。 さらにカード会社によって最上位のブラックを設定する場合がありますが、カード会社からのインビテーション(招待)がないと発行は難しいので、限られた個人しか持てないのが現状です。 そのため、一般・ゴールド・プラチナを持つことが一般的で、支払う年会費は無料だったり数十万円かかるものがあったりと幅広いです。しかし、年会費無料のカードでは「機能や付帯サービスが不足するのでは?」「利用価値はないのでは?」などと思うかもしれません。 たしかにクレジットカードの基本的な機能を利用するだけであれば、年会費無料のものでも利用価値は十分にあります。しかし、付帯保険やサービス内容の充実度、さらに空港ラウンジをはじめとするエンターテインメント関連の特典を活用したいのであれば、ゴールドやプラチナを視野に入れるようでしょう。 以下でクレジットカードのランクごとに、どんな機能や付帯サービスがあるのかをまとめてみました。 一般、スタンダード、普通カード カード会社によって異なりますが、一般、スタンダードなどの位置づけのものが年会費無料なことが多いです。年会費永年無料のほか、「年1回以上の利用で翌年度の年会費が無料」「年間10万円以上の利用で年会費無料」などの条件付きで年会費無料になる場合があります。 年会費無料でも、決済金額を支払うという基本的な機能は他のランクのクレジットカードと共通します。しかし、ゴールド以上のランクと比較すると、付帯サービスの内容や優待特典、旅行傷害保険の補償などの面は劣ってしまいます。 「まずはクレジットカードを発行したい」「普段の買い物の支払いができればそれでいい」「クレジットカードに維持コストはかけたくない」という方であれば、年会費無料のクレジットカードでも利用価値は十分にあるでしょう。 ゴールド ゴールドカードになると、空港ラウンジを利用ができたり、旅行傷害保険の補償内容がアップしたりするようになります。 ただし、旅行傷害保険などの具体的な補償金額や支払い対象となる条件、その他の付帯サービスは同じゴールドでも発行するカード会社によって大きく異なる場合があります。実際に検討する際はしっかり比較するようにしてください。 ゴールドカードの年会費は1万円前後のものが多いです。 プラチナ ブラックは存在せず、プラチナが最高ランクのカード会社も多いです。年会費はカード会社によっても違いますが、2万円前後から10万円を超えるものもあります。 プラチナ会員専用デスクにコンシェルジュをはじめ、より手厚いサービスを利用できるのが魅力と言えるでしょう。 ポイントが貯まりやすく、使いやすいか クレジットカードの選び方として、「ポイントが貯まりやすくて使いやすいか」という点をチェックしてみると良いでしょう。 その際に重要なのがポイント還元率で、還元率が高いほど獲得できるポイントが多くなるのでお得です。そして、貯まったポイントは毎月の支払い金額に充当したり、商品と交換したり、その他にもマイルに交換できるなど、使い道は自分で決めることが可能です。 近年では年会費無料のカードでも、ポイント還元率が1%を超えることも増えています。 また、クレジットカードの中には利用するショップによって、ポイントアップする場合もあります。自分自身の利用機会が多いお店でお得に貯まるカードを、選んでみるのがおすすめです。 使いたい店舗や国で利用できるか もう一つクレジットカードの選び方で大切なのが、自分自身が使いたい店舗、または国や地域などで利用できるかどうかという点です。 カードの券面に記載された「VISA」「MasterCard」「JCB」などは国際ブランド(=決済ブランド)と呼ばれます。この国際ブランドがどこなのかによって、カード決済のできない店舗や国に地域があります。利用する場所や機会考えたうえで選ぶようにしてください。 なお、国際ブランドは以下の7つのブランドがあります。以下でそれぞれの特徴をまとめてみました。 ● VISA:世界シェア率第1位、世界各国の地域や国で利用可能 ● Mastercard:世界シェア率第2位、加盟店数はVISA同様の規模を誇る ● JCB:日本発の国際ブランド。日本国内、アジア、日本人観光客の多く訪れるハワイなどのリゾート地で利用に困ることはないが、欧米などでは加盟店が少ない傾向 ● American Express:富裕層に支持の高い国際ブランド。JCBと加盟店の相互解放を行っているため、JCBが使える店舗ではアメックスのクレジットカードも使える ● Diners Club:アメックス同様富裕層の保有率が高く、JCBと加盟店の相互開放を行っている。入会資格に一定の条件があり、年会費も高めの傾向 ● DISCOVER:アメリカに本社を置く国際ブランドだが、日本でDISCOVERのクレジットカードは発行されていない ● 銀聯:中国上海が本社の国際ブランドで、中国国内以外にさまざま国で加盟店が増加中。ただし、クレジットカードではなく銀行預金口座と紐づいたデビットカードとなり、ショッピング専用の1回払い・キャッシング機能の付帯はなし 年会費やポイント以外に便利でお得なカードの特典 年会費やポイント以外に使い勝手の良さに便利さ、お得さを感じるカードの特典をチェックしておきましょう。 ● 海外旅行保険が付帯 ● 空港ラウンジの利用 ● カードの優待や割引 それぞれについて解説していきます。 海外旅行保険が付帯されている 海外に行く機会の多い方は海外旅行保険の付帯があるかどうかも重要です。海外で思いがけない病気や怪我をした、物を壊した、死亡したなどの損害が補償対象になります。 保険適用となるには旅行代金の支払いをカードでおこなうなどの条件はありますが、基本的にカードを持っていれば保険加入となるので保険料の節約につながります。 空港のカードラウンジが使用可能 ゴールド以上のランクになると、空港のカードラウンジを使用可能な場合が多いです。 空港のカードラウンジでは、フライト前(一部フライト後の場合もある)の時間に利用可能なスペースです。フリードリンクに新聞・雑誌が置いてあったり、Wi-Fiが用意されていたりする他、ラウンジによっては軽食やアルコール類が提供される場合があります。 なお、空港カードラウンジは以下の3種類があり、利用条件はカードによって異なります。 ● 国内空港ラウンジ ● 海外空港ラウンジ ● 航空会社ラウンジ カードの優待として割引がうけられるものもある 優待や割引は、実際に発行するクレジットカードによって内容が大きく異なります。 たとえばカードの提示、カードで支払うことで映画館やテーマパーク、カラオケなどの施設利用料金が割引されたり、宿泊料金が会員限定の優待価格で利用できたりします。そのほかにもプラチナや一部のゴールドランクのカードになると、レストランのコース料理が1名分無料になるなどの特典もあります。 あらかじめ、優待や割引などをチェックして、有効活用できそうなカードを選ぶのがお得です。 まとめ クレジットカードの選び方をはじめ、おすすめのクレジットカードをご紹介しました。 どのクレジットカードが使い勝手が良く、お得なのかは実際に利用する方によって受け止め方は異なります。まずは候補となるクレジットカードを決めて、それらを比較検討してみるのが良いでしょう。 そして、納得できる1枚を手にしたら、さまざまなシーンでクレジットカードを利用してください。 クレジットカード選びに迷ったときにおすすめしたいカード3選 数えきれないほどの選択肢があるクレジットカードですが、その中でおすすめしたいのが以下の3種類です。 ● 三井住友VISAカード ● VIASOカード ● dカードゴールド それぞれのカードの特徴をまとめたので、選ぶ際の参考にしてください。 三井住友VISAカード >>>三井住友カードの詳細はこちら 世界シェア率第1位のVISAと三井住友カードが提携発行するクレジットカードです。国内はもちろん、海外にも加盟店が多数あり、利便性の高いことで人気です。 年会費はスタンダードの三井住友カードが1,375円(税込)、三井住友カードゴールドが11,000円(税込)ですが、インターネットからの入会で初年度年会費が無料になります。 その他に在学中の年会費が無料の学生カード、18~25歳までの方限定でポイントが常に2倍になるカードをはじめ多数そろっているため、状況と目的に合わせたカード選びが可能です。 三井住友カードの詳細はこちら VIASOカード >>>VIASOカードの詳細はこちら ポイントが貯まるのではなく、キャッシュバックとして還元されるカードです。面倒なポイント交換の手続きが不要で、「ポイントの有効期限が切れて使えなかった」ということが起きません。 会費も永年無料で、最短で翌営業日発行されます。 VIASOカードの詳細はこちら dカードゴールド >>>dカード GOLDの詳細はこちら ゴールドカードの中でも近年人気が出ているのが、dカードゴールドです。ドコモの利用料金の10%がポイント還元されます。 基本ポイント還元率は1%と高還元で、電子マネーのiDが付帯されていてiDの利用でもポイントが貯まります。空港ラウンジ無料などの、ゴールドカードならではの特典や優待も魅力的です。 dカード GOLDの詳細はこちら
クレジットカードの選び方、簡単で得する選び方を初心者にわかりやすく解説
クレジットカード
2020/08/04

年会費無料のクレジットカードを比較するポイントとは?選び方と注意点も解説

クレジットカードには年会費無料のもの、年会費がかかるものと2種類あります。そこで、どうせ持つなら維持コストのかからない「年会費無料のクレジットカードが気になる」という方もいるのではないでしょうか。 実は年会費無料のクレジットカードは数多くあり、スペックや特徴もさまざまです。年会費無料だから良いと思っても、ポイント還元率が低かったり付帯保険やサービス内容の充実度が低かったり、ETCカードの年会費は発生したりする場合があります。 そこで後悔しないクレジットカード選びをするために、前もって情報収集をしておきたいですよね。 当記事では年会費無料のおすすめクレジットカードを5選で紹介するので、それぞれの使い勝手などや特徴を比較していきましょう。その後にカードを選ぶ方法の注意点、年会費無料で発行できるETCカードについて解説します。 年会費無料でポイント還元率の高いおすすめクレジットカード 年会費無料のクレジットカードを選べば、維持コストはかかりません。さらにどうせ利用するのであれば、ポイントを貯めて次回以降の買い物に役立てたいところです。 その際に重要になるのがポイント還元率です。この還元率が高いほど獲得できるポイントが増えます。貯まったポイントをその後どう使えるのかはカード会社によって違いますが、たとえば商品やギフトカードと交換したり、航空会社のマイルと交換したりするほか、毎月のカード利用料金に充当することも可能です。 こちらでは、年会費無料でかつポイント還元率も高いおすすめのクレジットカードを5選でご紹介します。それぞれのカードの特徴などもまとめているので、ぜひ比較しながら自身に最適なクレジットカード選びにつなげてください。 VIASOカード 「VIASOカード」は三菱UFJニコスが発行する年会費無料のカードです。最短翌営業日発行可能なので、急ぎでクレジットカードを手にしたい方にもおすすめです。 また、獲得したポイントはオートキャッシュバック機能で利用銀行口座に自動で現金還元されます。手続きも不要なので、ポイント交換に手間をかける必要がありません。 そのほかに、旅行代金をVIASOカードで支払うことで、最高2,000万円の海外旅行傷害保険サービスが付帯します。 VIASOカードの詳細はこちら ライフカード 「ライフカード」はライフカード株式会社が発行する、年会費永年無料で利用可能なクレジットカードです。 基本の還元率は0.5%と高くないものの、初年度は1.5倍、誕生月は3倍の1.5%にアップします。ポイント還元率1.5%のクレジットカードは少ないため、誕生月に多く利用することでたくさんのポイントを獲得できるでしょう。 ライフカードの詳細はこちら dカード 「dカード」は携帯電話会社のdocomoが発行する年会費無料のクレジットカードで、通常ポイント還元率1.0%になります。以前は1年に1回以上の利用がないと年会費が発生しましたが、現在は規約が変更して利用有無関係なく無料です。 まず、dカードの大きな特徴となるのが、ローソンでdカード支払いをするとカード請求時に3.0%割引になることです。さらに2.0%のdポイントが還元され、実質5.0%もお得に利用できます。 特にdocomoユーザーでなければdカードを利用できない決まりもないので、ローソンで買い物をする機会が多い方は申し込んでおくと後に活用しやすいでしょう。 獲得したdポイントはさまざまな加盟店で利用できるほか、docomoで買い物をする際に利用することもできます。有効期限も48ヶ月あるため、時間をかけてポイントが多く貯まったら、スマホの機種の購入代金に充当するのも良いでしょう。 dカードの詳細はこちら 楽天カード 楽天市場をお得に利用できる機会の多い「楽天カード」ですが、通常ポイント還元率も1.0%という高さのクレジットカードです。 まず、楽天市場で利用する際のポイント還元率は最低3.0%からとなり、最大は16.0%という高さになります。年会費も永年無料なので、現在楽天市場を利用する機会の多い方、これから利用を増やす予定のある方であればぜひ持っておくと良いでしょう。 さらに年会費無料のクレジットカードですが、海外旅行傷害保険も最大2,000万円が付帯するので、海外に行く予定がある方も安心できるでしょう。 楽天カードの詳細はこちら オリコカード・ザ・ポイント これまでにご紹介したクレジットカードと同様に「オリコカード THE POINT」も年会費無料、通常1.0%という高いポイント還元率のクレジットカードです。 そのほかに入会から6ヶ月間はポイント還元率が2.0%にアップする特典がありますし、入会特典も魅力的です。 さらに600店以上の加盟店を誇るオリコモール経由でショッピングをすれば、ポイント還元率は1.5%となります。ファッションブランドにコスメブランドをはじめ、さまざまなジャンルのショップが加盟しているので利用しない選択肢はありません。 利用前にオリコモールの公式サイトをチェックするなどして、自身が利用したい店舗のポイントアップ率をチェックしておきましょう。 オリコカード・ザ・ポイントの詳細はこちら 年会費無料のクレジットカードの選び方と使う際の注意点 年会費無料という点だけでクレジットカードに申し込むことはおすすめしません。必ず、自身が検討するクレジットカードの特徴を確認して納得してから申し込みをおこなってください。 こちらでは年会費無料のクレジットカードの選び方と注意点について解説します。 利用する機会の多い店舗・サービスのクレジットカードを選ぶ 楽天市場で買い物をする機会があれば楽天カード、利用頻度の高く、ポイント還元率も高いお店がオリコモールの中にあるからオリコのクレジットカードを使うという流れです。 たとえば以下のクレジットカードでは、通常ポイント以外に獲得できるポイントがアップする魅力があります。 通常ポイント還元率 ポイントアップの条件 楽天カード 1.00% 楽天市場の利用は通常3.0%、最大16.0%までアップ ヤフーカード 1.00% Yahoo!ショッピング、LOHACOの利用で3.0% イオンカード 0.50% イオングループの店舗で利用した場合は1.0% エポスカード 0.50% マルイの利用は通常1.0%だが、年4回のセール期間中は10.0%にアップ 初年度無料は2年目以降に年会費がかかってくる 年会費無料のクレジットカードには永年無料ではなく、初年度無料のクレジットカードがあります。要するに「初年度のみ年会費無料」「翌年より○円発生」となっている状態です。 この場合、年会費無料は初年度のみなため、維持コストをかけたくない場合には不適切でしょう。 リボ払いや分割払いは手数料や利息が発生するので注意 どんなに年会費が無料でも、支払い方法をリボ払いや分割払いにしていたら手数料や利息が発生します。クレジットカードの年間維持コストをどんなにおさえたとしても、手数料や返済金額に応じた利息を支払っているようでは支出が軽減しません。 たしかに分割払いやリボ払いを利用すれば、それだけ毎月の支払い負担は減ります。しかし、手数料や総支払い金額は相当なものになるので、いつまでも返済が終わらない・気づけば返済不能の状態だったという負のループに陥りがちです。 ETCカードは無料発行が可能なのかを確認 高速道路のETCレーンを通過する際に必要なのがETCカードで、車を運転する機会のある方でしたらぜひ1枚は持っていると便利です。 しかし、ETCカードも発行するクレジットカードしだいで年会費や発行手数料があるため注意しましょう。 ETCカードの年会費が無料のクレジットカード クレジットカードそのものの年会費が無料で、かつETCカードの年会費が無料なケースも多くあります。 すでに紹介したライフカードやオリコカード・ザ・ポイントは、ETCカードの年会費が永年無料で利用できます。 しかし、楽天カードやdカードでは条件達成でETCカードの年会費が無料になります。詳しい内容をチェックしないとETCカードの年会費を支払うことになるので注意しましょう。 ETCカードの年会費が無料になるための条件 ・楽天カードの場合:ETCカード年会費550円(税込) 楽天PointClubの会員ランクがダイヤモンド会員・プラチナ会員の方はETCカード年会費無料 ・dカード: ETCカードは初年度年会費無料 2年目以降は、前年度(本会員のdカード契約月より1年間)にETCカードの利用と請求が1度でもあれば無料 まとめ 年会費無料でポイント還元率が高く、キャンペーンで多くのポイントを獲得できる機会のあるクレジットカードは多くあります。 しかし、年会費やポイント還元率の部分だけチェックしてクレジットカードを選ぶのはよくありません。年会費無料と言っても永年無料なのか、条件付きで無料なのかという点もありますし、クレジットカードそのものの使い勝手や年会費以外に発生する費用の有無など確認しておきたい点はいくつもあります。 ただし、あらかじめ選び方や注意点を選んでクレジットカードを選べば、効率良くポイントを貯めることが叶うはずです。 ぜひ当記事を参考に自身の納得できる年会費無料かつポイント還元率の高いクレジットカードを選んでください。
年会費無料のクレジットカードを比較するポイントとは?選び方と注意点も解説
クレジットカード
2020/07/29

クレジットカードのキャッシュバックをお得に利用!高還元カードを比較

クレジットカードに新規入会したり、ショッピングで利用したりすることで、キャッシュバックの特典が受けられるカードが存在します。 自分に合ったカードさえ選ぶことができれば非常に生活が豊かになります。 本記事ではクレジットカードの「利用キャッシュバック」や「入会特典」についてご紹介します。 クレジットカード利用でキャッシュバックをもらえるカード VIASOカード 国際ブランド VISA/MasterCard 年会費 永年無料 ポイント還元率 0.50% 付帯カード ETCカード/家族カード 国内旅行傷害保険 最大限度額3,000万円 海外旅行傷害保険 最大限度額2,000万円 VIASOカードはポイントではなく、現金の振込みという形でキャッシュバックをするためポイント交換の手間がかかりません。 またさらに下記の条件で入会によるキャッシュバックを受けることができます。 ①会員専用WebサービスのIDを登録の上15万円以上利用する ②登録型リボの「楽Pay」に登録する ポイント還元率は標準的であるものの、年会費無料で海外旅行傷害保険が付いているというメリットもありオススメです。 VIASOカードの詳細はこちら MUFGカード 国際ブランド VISA/MasterCard/JCB 年会費 2,095円(初年度無料) ポイント還元率 0.2~0.4% 付帯カード ETCカード/家族カード/銀聯 国内旅行傷害保険 最大限度額2,000万円 海外旅行傷害保険 最大限度額2,000万円 MUFGカードもVIASOカードと同様キャンペーンにて現金キャッシュバックを受け取ることができます。利用金額の10%と最大5,000円と額は少ないもののやはり現金キャッシュバック自体が珍しいため狙い目のカードと言えるでしょう。 ただ、最大5,000円を獲得するための条件は先ほどよりも緩く、 ①入会より2ヵ月以内にMUFGカードWebサービスにIDご登録の上ショッピングでカードを利用する。 この1つとなります。最大5,000円分のキャッシュバックを獲得するには2ヵ月以内に50,000円分ショッピングをすれば良いだけなので、先程のような15万円分の利用が難しそうな方はこちらを選んでおくといいかもしれません。 MUFGカードの詳細はこちら キャッシュバック特典のメリット では、入会特典と異なるキャッシュバック特典のメリットにはどのようなものがあるのでしょうか?実は入会特典というとポイント還元やグッズプレゼント等が見られるのですが、現金ではないという点で少し困ってしまうこともあります。 では早速現金ならではのメリットに着目して見ていきましょう。 ポイント交換先に悩む必要がない 入会特典の多くがポイント還元になるのですが、ポイントは使い道が限られます。例えば、楽天カードを使うことで貯まる「楽天スーパーポイント」の主な使い道は以下のように。 ①楽天が提供するサービスで利用する(※) ②楽天の提携先店舗で利用する ③楽天の提携先ECサイトで利用する ④ANAマイルへ交換する ⑤楽天Edyへチャージする ※楽天市場や楽天Travel、楽天証券等のサービス ANAマイルへ交換することができますが、ほとんどが楽天の提供するサービスや提携先で利用できることがわかります。 しかし、利用者の中には ・ネットショップはAmazonを使う ・行きつけのお店が提携店舗ではなかった という方もいるでしょう。そういった方はこの楽天スーパーポイントを貯めたところで、あまりメリットがないと言えます。現金であればこのように悩むことがありませんよね。 もし入会特典でポイントを貰いたいと考えている方がいましたら、獲得したポイントで何ができるのかを先に調べて置くことをオススメします。 自動キャッシュバックサービスならば交換手続きが要らない 本記事で紹介していた現金キャッシュバックは、基本的に交換手続きをこちらがするわけではなくカード会社が指定の口座に振り込む形となります。 もし貯まったポイントを何かに交換したり、使えるように申請する必要があるものである場合こちらがオンラインや電話を通して何かしらの手続きを行う必要があります。 しかし実際には、手続きが複雑であったり時間が掛かったりとスムーズに行うことが出来ない方もちらほら。特にこういった手続きに弱いという方にとっては難しい作業ですよね。 そのような方でも自動キャッシュバックであれば一切手続きが要らないため、かなり簡単に獲得することができます。この「手続きが要らない」という点も現金キャッシュバックの魅力の1つと言えるでしょう。 クレジットカードの入会で特典があるカード 三井住友VISAカード 国際ブランド VISA/MasterCard/JCB 年会費 1,375円 ポイント還元率 0.50% 付帯カード ETCカード/家族カード/バーチャルカード 国内旅行傷害保険 × 海外旅行傷害保険 最大限度額2,000万円 三井住友VISAカードでは、利用金額の20%(最大8,000円)キャッシュバックキャンペーンを行っております。 こちらもMUFGカードと同様に、利用金額の〇%がキャッシュバックされるというキャンペーン。必ず〇万円利用しなければならないといったことがないため、こちらもキャッシュバックを獲得しやすいと言えますね。 では、クリアしなければならない条件について見てみましょう。 ①キャンペーン期間中対象カードに新規入会する ②入会月の2ヵ月後末までに1回以上Vpassスマホアプリへログインする ③入会月の2ヵ月後末までにクレジットカードまたはIDでショッピング利用する さて、先述した通り実はこのプレゼントというのは手元に現金が来るわけではありません。引き落とし額からプレゼント分を値引きすると記載されています。 三井住友カードの詳細はこちら 入会特典を受け取る前の注意点 クレジットカードの入会特典は基本的に「新規入会」を最低条件としており、入会をすることで貰うことのできる特典。しかし、実は入会だけでは全ての入会特典を受け取ることができないクレジットカードがほとんどなのです。 ①新規入会をする ②対象カードを利用期限内に1円以上利用する 2ステップを踏む必要があるということです。これからクレジットカードに新規入会し、入会特典を受け取ろうと考えている方はあらかじめ「獲得条件」について調べておくといいでしょう。 まとめ 本記事では、クレジットカードの利用に応じた現金キャッシュバックや、入会特典についてご紹介してきました。 実はキャッシュバックにおいてはそれほど知名度があるわけではなく、「知らなかった!」という方も多く見られます。あらかじめ知っておくことで、しっかりとお得に利用できるでしょう。 クレジットカードは使い過ぎや無計画な利用さえしなければ、日常をより良くしてくれるものであります。 今回紹介したキャッシュバック制度や特典を利用してみてはいかがでしょうか? おすすめのクレジットカード3選 ここからは、おすすめのクレジットカードを3つ紹介していきます。年会費の有無や、ポイント還元率の高さなどからあなたに合うクレジットカードを選びましょう。 三井住友カード >>>三井住友カードの詳細はこちら ブランド 年会費 ポイント還元率 発行期間 VISA・Mastercard 無料(2年目~:1,250円) 0.5~10.0% 最短翌営業日 ■Point1:年会費初年度無料!2年目以降も条件クリアで年会費が無料 年会費は初年度無料です。2年目以降も「マイ・ペイすリボ」登録と、前年度にリボ手数料を1回以上支払うと、年会費無料となります。 ■Point2:コンビニ3社&マクドナルド利用でいつでもポイント5倍 セブン-イレブン・ファミリーマート・ローソン・マクドナルドの利用で、いつでも三井住友カードのポイントであるVポイントが5倍貯まります。 ■Point3:最短5分で利用できる!発行は最短翌営業日! カード申し込み後、最短5分で利用できるので急ぎでネットで買い物したい場合に便利です。即時利用の利用枠は10万円・カード番号のみ表示されます。カード発行自体は最短翌営業日となります。 ■キャンペーン 新規入会&Vpassアプリログインで、20%還元(最大8,000円)プレゼント! 三井住友カードの詳細はこちら VIASOカード >>>VIASOカードの詳細はこちら ブランド 年会費 ポイント還元率 発行期間 Mastercard 永年無料 0.5~10.0% 最短翌営業日 ■Point1:貯まったポイントは自動で現金に還元 VIASOカードを使って貯まったポイントは、自動で現金に還元されるキャッシュバック機能付きです。ポイント交換の手間も不要なので、有効期限切れの心配もありません。 ■Point2:年会費は永年無料で最短翌営業日に発行 年会費は永年無料で無料条件もありません。また申し込み後、最短翌営業日で発行されるので、すぐに利用したい人にもおすすめです。 ■Point3:海外旅行旅行傷害保険が最大2,000万円付帯 VIASOカードで旅行代金を支払えば、死亡・後遺障害で最大2,000万円までの保険サービスを受けれます。携行品損害も最大20万円まで補償されるので、海外旅行によく行く人は安心です。 ■キャンペーン 条件クリアで最大10,000円をキャッシュバック! VIASOカードの詳細はこちら dカード GOLD >>>dカード GOLDの詳細はこちら ブランド 年会費 ポイント還元率 発行期間 VISA・Mastercard 10,000円 1.0~10.0% 最短5日間 ■Point1:年会費以上におトク!利用料金の10%が毎月還元される 「ドコモケータイ・ドコモ光・dマガジン」などドコモ関連サービス利用料金の10%が毎月還元されるので、年会費以上のポイントを貯められます。 ■Point2:最大1億円の海外旅行保険が付帯 海外旅行中の怪我や病気の際に最大1億円が、国内旅行での傷害保険で最大5,000万円が補償されます。 ■Point3:ケータイ補償で購入から3年間・最大10万円分補償される 携帯電話の故障や紛失の場合、購入から3年間、最大10万円分まで補償されます。 ■キャンペーン 最大18,000分のdポイントプレゼント(入会・エントリー・利用が必要) dカード GOLDの詳細はこちら
クレジットカードのキャッシュバックをお得に利用!高還元カードを比較
クレジットカード
マネーフォワードモール編集部 | 2020/07/15

マイルが貯まりやすいおすすめ航空系クレジットカードをANA・JAL徹底比較

飛行機に乗ると加算されるのがマイル。さらにクレジットカードを利用することでも多くのマイルを獲得できるとあって、陸マイラーの方からも航空会社のクレジットカードは人気を集めています。 しかしANA、JAL、その他デルタ航空などそれぞれのマイレージプログラムがわかれているため、どのマイルを貯めるのが良いのか迷ってしまいますよね。 この記事ではクレジットカードでマイルを貯める方法と、おすすめの航空系クレジットカードを比較して紹介します。 クレジットカードでマイルを貯めるメリット ここではクレジットカードでマイルを貯める3つのメリットについてお話していきます。 無料で飛行機が利用できる マイルを貯める大きなメリットは、マイルで特典航空券が交換できることです。 必要なマイルは行先によって違います。国際線は往復12,000マイル前後、国内線は片道5,000マイル前後から利用することが出来ます。 コツコツと貯めていけば、夢の海外旅行にも行くことが出来ます。 ANAの特典航空券は国内線なら搭乗日の前日まで予約ができ、期間中いつでも変更可能です。ただし、繁忙期によっては必要なマイルが多くなる可能性が高く、予約が取れなくなる場合もあります。 また海外旅行の場合は、燃油サーチャージ代や空港利用税などを別途支払う必要があるため注意が必要です。 座席のアップグレードが出来る マイルを使用して、予約した飛行機の座席のアップグレードが可能です。エコノミークラスからビジネスクラス、ビジネスクラスからファーストクラスへと、普段少しでも費用を押さえたくて利用しないクラスを体験すると、また新しい世界が広がるかもしれません。 対応している座席のアップグレードは、正規航空券のみが原則です。代理店が販売する格安航空券やパッケージツアーなどは、マイルでのアップグレードができないことも多々あるので注意が必要です。 電子マネーや商品に交換できる 貯めたマイルは、商品券や電子マネーにも交換可能です。例えばJALやANAが運営するサイトでは、トラベルグッズやワインなどの商品も選べます。またホテルやレストランで使えるクーポン券にも交換可能です。 電子マネーでは、JALならWAON、ANAなら楽天Edyへの交換が可能です。WAONは主にイオングループの店舗など、空港内の売店などで使えます。楽天Edyは楽天市場などで使える電子マネーです。 クレジットカードでマイルを貯める方法 具体的にカードでどのようにマイルを貯めることができるか、詳しく説明します。 クレジットカードのショッピングでマイルを貯める ANAカードやJALカードを使うことで、利用金額に応じてマイルが貯まります。マイル還元率はカードによって違いますが、100円から200円で1マイル貯まるカードが多いです。 航空会社系クレジットカードでない場合、カード会社のポイントを一度貯めてからマイルにポイント移行することもできますが、還元率が低くなってしまう懸念があります。 マイルを貯めるのがカード利用の狙いならば、ANAカードやJALカードがおすすめです。 注意!発行するカード会社によって貯まり方や交換方法が違う カード会社によってマイルの貯まり方や交換方法が違うので、注意が必要です。カード入会時には、どうしたらポイントが貯まるかに加えて、交換方法も確認しておきましょう。 入会時、更新時、搭乗などでボーナスマイルを貯める クレジットカードの入会時、更新時、飛行機への搭乗などでボーナスマイルを貯めることが出来ます。 例えばANAのカードで入会時、更新時にボーナスマイル1,000~10,000が貯まります。一般、ゴールド、プレミアムカードの種類によって貯まるポイントが違ってきます。 搭乗時に10%から最大50%貯まるボーナスマイルもカード会員の特典なので、年間に何度か飛行機に乗る人はその航空会社系クレジットカードを持つのがおすすめです。 年間で複数回搭乗するならばゴールドカードも検討を 年間で複数回搭乗するならばゴールドカード検討もおすすめです。 ゴールドカードの大きなメリットして、ボーナスマイルの優遇、カードラウンジ利用、旅行保険の補償額アップなどがあげられます。 ゴールドカードのデメリット・注意点としては、やはり年会費です。自分が年間でどれくらい搭乗してマイルを貯められるのか、サービスの手厚さとなどを比較してゴールドカードにするか判断してみてください。 ANAカードとJALカードを比較 今回はANAとJALカードについて、2つの視点で比較をします。 陸マイラーにはANAカードがおすすめ  ANAカードはカードの更新時に、普通カードであれば1,000マイルが継続マイルとしてもらえます。JALカードの場合は1年のうちに最初の搭乗があった際に年間初回マイルがもらえますが、ANAは搭乗しなくてももらえるのです。 1年に一度も飛行機に乗らなくてもマイルがもらえるのは、陸マイラーには大きなメリットです。 ANAカードの詳細はこちら JALカードは直接マイルが貯まるのでわかりやすい  ANAカードは「発行した各カード会社のポイント→ANAマイルに移行」という交換手続きが必要です。三井住友、JCB、アメックスなどのポイントを移行します。このポイント移行時に手数料を払うことで交換レートが優遇されますが、少しややこしいですよね。 JALカードは毎月の利用で締めて、支払い日にその月分のマイルが直接貯まっていくので分かりやすいです。 JALカードの詳細はこちら マイルの基礎知識を再度おさらい ここで航空会社のマイレージプログラムの基礎知識について、おさらいしていきます。 航空会社によって提携マイルが違う ANA・JALともに、独自に複数のエアラインと提携しています。提携エアラインの数で比較すると、ワンワールドのJALが19社に対して、スターアライアンスのANAは38社と2倍です。 特にANAはヨーロッパや東南アジアに強く、大手からローカルまで幅広く網羅しています。一方のJALは東アジアやハワイアン航空との提携されているのが特徴です。 日本でも利用する方の多いデルタ航空は、スカイチームというアライアンスで、スカイマイルが貯まります。 国際線に乗る機会の多い方は、提携航空会社について確認しておくとよいでしょう。提携先が多いということは、それだけ利用する事があり、フライトマイルが貯めやすい・使いやすいということになります。 プレミアムポイントやFLY ONポイントとは違う   マイルと間違えやすいポイント制度として、ANAではプレミアムポイント、JALでは、FLY ONポイントというものがあります。 ANAプレミアムポイントは、ANAグループ運航便で1月~12月の1年の間に搭乗した回数や、スターアライアンス加盟航空会社利用分につき、マイルとは別に貯まっていくポイントです。 これのJAL版ともいえるのが、FLY ONポイントです。ワンワールド加盟の搭乗でも貯まります。 ANAプレミアムポイント・FLY ONポイントは、航空会社のステータス会員の判定基準となります。マイルとは違いますが、ステータスが上がると搭乗のボーナスマイルがたくさんたまる仕組みです。 まとめ ここではマイルが貯まりやすいおすすめ航空系クレジットカードをANA・JAL徹底比較について解説しました。 旅行好きな方や出張が多い方は特に、航空系クレジットカードがおすすめです。日々の生活スタイルにあったクレジットカードを選んで、活用してみてくださいね。 おすすめのクレジットカード3選 ここからは、ANA・JALカード以外のおすすめのクレジットカードを3つ紹介していきます。年会費の有無や、マイルの貯まりやすさなどからあなたに合うクレジットカードを選びましょう。 三井住友カード >>>三井住友カードの詳細はこちら ブランド 年会費 ポイント還元率 発行期間 VISA・Mastercard 無料(2年目~:1,250円) 0.5~10.0% 最短翌営業日 ■Point1:年会費初年度無料!2年目以降も条件クリアで年会費が無料 年会費は初年度無料です。2年目以降も「マイ・ペイすリボ」登録と、前年度にリボ手数料を1回以上支払うと、年会費無料となります。 ■Point2:コンビニ3社&マクドナルド利用でいつでもポイント5倍 セブン-イレブン・ファミリーマート・ローソン・マクドナルドの利用で、いつでも三井住友カードのポイントであるVポイントが5倍貯まります。 ■Point3:最短5分で利用できる!発行は最短翌営業日! カード申し込み後、最短5分で利用できるので急ぎでネットで買い物したい場合に便利です。即時利用の利用枠は10万円・カード番号のみ表示されます。カード発行自体は最短翌営業日となります。 ■キャンペーン 新規入会&Vpassアプリログインで、20%還元(最大8,000円)プレゼント! 三井住友カードの詳細はこちら VIASOカード >>>VIASOカードの詳細はこちら ブランド 年会費 ポイント還元率 発行期間 Mastercard 永年無料 0.5~10.0% 最短翌営業日 ■Point1:貯まったポイントは自動で現金に還元 VIASOカードを使って貯まったポイントは、自動で現金に還元されるキャッシュバック機能付きです。ポイント交換の手間も不要なので、有効期限切れの心配もありません。 ■Point2:年会費は永年無料で最短翌営業日に発行 年会費は永年無料で無料条件もありません。また申し込み後、最短翌営業日で発行されるので、すぐに利用したい人にもおすすめです。 ■Point3:海外旅行旅行傷害保険が最大2,000万円付帯 VIASOカードで旅行代金を支払えば、死亡・後遺障害で最大2,000万円までの保険サービスを受けれます。携行品損害も最大20万円まで補償されるので、海外旅行によく行く人は安心です。 ■キャンペーン 条件クリアで最大10,000円をキャッシュバック! VIASOカードの詳細はこちら dカード GOLD >>>dカード GOLDの詳細はこちら ブランド 年会費 ポイント還元率 発行期間 VISA・Mastercard 10,000円 1.0~10.0% 最短5日間 ■Point1:年会費以上におトク!利用料金の10%が毎月還元される 「ドコモケータイ・ドコモ光・dマガジン」などドコモ関連サービス利用料金の10%が毎月還元されるので、年会費以上のポイントを貯められます。 ■Point2:最大1億円の海外旅行保険が付帯 海外旅行中の怪我や病気の際に最大1億円が、国内旅行での傷害保険で最大5,000万円が補償されます。 ■Point3:ケータイ補償で購入から3年間・最大10万円分補償される 携帯電話の故障や紛失の場合、購入から3年間、最大10万円分まで補償されます。 ■キャンペーン 最大18,000分のdポイントプレゼント(入会・エントリー・利用が必要) dカード GOLDの詳細はこちら
マイルが貯まりやすいおすすめ航空系クレジットカードをANA・JAL徹底比較
クレジットカード
マネーフォワードモール編集部 | 2020/07/15

Amazon利用にお得なクレジットカードは?ポイント還元率の高いおすすめカードも解説

インターネットショッピングを利用する方であれば、高いシェアを誇るAmazonを利用する方も多くいるのではないでしょうか。 利用代金の支払いは複数の方法から選択可能ですが、中にはクレジットカード以外の方法で支払ったり、クレジットカードでもお得さ気にせずに支払ったりしている方もいるかと思います。 しかし、少しでもAmazon利用をお得にしたいのであれば、クレジットカードの利用は欠かせません。また、Amazonで使うとお得にポイントが貯まるクレジットカードがあるので、それらのカードを選んで活用するのがおすすめです。 当記事ではAmazonを利用する方必見のクレジットカードをご紹介します。クレジットカードを適当に選んで多くのポイントを取り逃さないようにチェックしてください。 Amazonポイントとクレジットカードで獲得できるポイントの違い Amazonを利用したときに獲得できるポイントは主に以下の2種類があり、それぞれに違った特徴があります。 ● Amazonポイント ● クレジットカードの利用で獲得できるポイント まず、AmazonポイントはAmazonで一部の商品を購入すると獲得できるポイントです。基本的にAmazonでのみ消費可能なポイントで、その他のポイントサービスに移行したり別の目的で使ったりすることはできません。 商品ページの価格の下に「ポイント:〇〇pt(〇%)」などと記載されているのを見たことがあるのではないでしょうか?こちらが実際に獲得可能なポイントで次回以降の利用時に商品購入代金に充当できます。 それに対してクレジットカード会社から付与されるポイントは、毎月の利用金額に応じて獲得できるポイントです。カード会社の指定する商品をはじめ、マイルや商品券・ギフトカードなど選択肢はさまざまで、もちろんAmazonの利用代金に貯まったポイントを使うこともできます。 チェックを忘れずに!獲得したポイントの有効期限と交換手続き Amazonポイント、クレジットカードの利用で獲得できるポイントそれぞれに有効期限があります。獲得したポイントの交換手続きを行わないと失効の可能性があるので、有効期限は必ずチェックするようにしてください。 まず、Amazonポイントの有効期限は最後のお買い物から1年間です。ただし、1年間が過ぎたら期限切れというわけではありません。有効期限の来る前にAmazonで再度商品を購入すれば、Amazonポイントの有効期限はその時点から1年間延長となるので失効を避けることができます。 クレジットカードの利用で獲得できるポイントは、持っているクレジットカードによって有効期限が異なります。セゾンインターナショナルのようにポイントに有効期限がない場合もありますが、多くのクレジットカードが2年だったり、条件付きで延長になったりしています。 有効期限に獲得済のポイント残高はAmazonやクレジットカードのホームページやアプリなどから確認できます。忘れることのないように定期的にチェックすれば失効を避けることはできるでしょう。 ポイント還元率の高さがクレジットカード選びに重要 上記で解説したようにAmazonを利用して獲得できるポイントは2種類あります。 どちらのポイントが自身にとって使いやすいかを考えて選ぶのがおすすめですが、すでに解説したようにAmazonでは一部商品購入時にしかAmazonポイントが付与されません。 Amazonを利用して貯まるポイントは、基本的にクレジットカードの利用で獲得できるポイントのみと考えれば良いでしょう。 そこで重要なのがポイント還元率の高いクレジットカードを選ぶことですが、中にはAmazonを利用した場合のみ還元率が高くなるカード、Amazonの有料会員の特典を無料でできることがあります。 次にAmazonを利用する方が持ってほしい、ポイントがお得に貯まるクレジットカード、Amazonの有料会員の特典を無料で利用できるクレジットカードをご紹介します。 Amazonでお得にポイントが貯まるおすすめクレジットカード2選 最初にAmazonでポイントをお得に貯めたい方におすすめのクレジットカードが以下のカードです。 ● JCB CARD W ● オリコカード・ザ・ポイント いずれもポイント還元率が高く、年会費が無料のメリットがあります。それぞれの特徴をチェックして、自身に合ったクレジットカードを選びましょう。 JCB CARD W 国際ブランドのJCBが発行元の「JCB CARD W」は、Amazon以外に普段の生活の中でもお得に使えるクレジットカードを探している方におすすめです。 新規申し込みできるのは39歳以下の方という条件はありますが、以下のような特徴・メリットがあります。 ● 年会費永年無料 ● 基本ポイント還元率が1.0% ● Amazon利用の場合は常時2.0%のポイント還元率 ● ポイント還元率がアップする優待店あり 年会費無料のクレジットカードは多数ありますが、その中でも基本ポイント還元率1.0%はトップクラスの数字で、さらにJCBの運営するポイントサイトOkiDokiランドを経由すれ ばAmazon利用時のポイント還元率が常時2.0%となります。 そのほかにJCB CARD Wを「JCB ORIGINAL SERIESパートナー」という特約店で利用することで、以下のようにポイント還元率がアップします。あらかじめチェックして、普段の生活の中で積極的に利用するのをおすすめします。 JCB ORIGINAL SERIESパートナーの特約店一例 ● セブンイレブン:2.0% ● スターバックスカードにチャージ:5.0% ● 昭和シェル石油:1.5% もう一つ、JCB CARD Wでチェックしておきたいのがキャンペーンの実施です。内容はそのときによって異なりますが、新規入会後3カ月間はポイント4倍、Amazonの利用でポイント10倍などのことがあります。 タイミングが良ければ大量ポイントの獲得が可能なので、どんなキャンペーンがおこなわれているのかを確認してから申し込み手続きをしても良いかもしれません。 オリコカード・ザ・ポイント JCB CARD Wと同じく、「オリコカード・ザ・ポイント」もAmazonを利用する際にお得なクレジットカードです。 ● 年会費永年無料 ● 基本ポイント還元率が1.0% ● Amazon利用の場合は常時2.0%のポイント還元率 上記のように年会費は永年無料、基本ポイント還元率は1.0%となり、JCB CARD Wと内容に大きな違いはありません。 さらにショッピングサイトのオリコモールを経由して買い物をするとAmazon利用時のポイント還元率が2.0%にアップするのもJCB CARD Wと共通すると言えるでしょう。 しかし、オリコカード・ザ・ポイントの最大の特徴として、新規入会後6カ月間はポイント還元率が2倍になります。この期間内にまとまった金額の買い物をすることで、ポイント還元率2倍の特典を大きく活かすことが可能です。 オリコカード・ザ・ポイントの詳細はこちら Amazonプライム会員ならAmazonゴールドカードがおすすめ Amazonを頻繁に利用する方であれば、Amazonプライム会員になるのがおすすめです。そして、Amazonゴールドカードに入会することで、Amazonプライム会員と同様のサービスを受けられるようになります。 なお、Amazonゴールドカードの基本ポイント還元率は1.0%、Amazonを利用した際は2.5%です。 Amazonプライム会員の特典が無料で利用可能 Amazonゴールドカードの年会費は11,000円(税込)ですが、Amazonプライム会員の年会費4,900円(税込)は無料となります。そのため、Amazonプライム会員の方なら申し込みを検討するべきクレジットカードはAmazonゴールドカード一択と言えるでしょう。 Amazonプライム会員は以下のようにお得な特典が満載です。 ● お急ぎ便・日時指定便の追加料金が無料 ● Amazon Prime Videoが見放題 ● Prime Musicで200万曲が聴き放題 ● プライム会員限定先行タイムセールへの参加 ● 小説・ビジネス本・実用書・漫画などが読み放題 Amazonを頻繁に使う方であれば、Amazonプライム会員になると受けられる恩恵は大きなものになります。 Amazonゴールドカードの年会費負担を抑える方法 Amazonゴールドカードの年会費負担を抑える方法に「マイ・ペイすリボ」があります。登録することで年会費は初年度から割引され、半額の5,050円(税込)を払えば良いことになります。 そのほかに以下の条件をクリアすることでさらに1,100円(税込)が割引されます。 ● WEB明細サービス利用 ● 年間のカード利用が6回以上ある(年会費請求前月まで) マイ・ペイすリボの仕組み マイ・ペイすリボとは、事前に設定した毎月の支払い金額を超えた分が自動的にリボ払いになる仕組みです。最低支払い金額は5,000円からとなり、自身の収入や支出に応じて自由に設定できます。 リボ払いは発生する手数料が高く、最低支払い金額も低いことから返済金額が高くなる傾向にあります。そのため、管理のできない方には決しておすすめできない注意すべき支払い方法とされています。 しかし、設定する毎月の支払い金額をクレジットカードの利用限度額まで引き上げれば、通常の1回払いと同じように利用することが可能です。 この方法を上手に活用すればリボ払いに発生する手数料を気にすることなく、年会費の割引が適用となりリボ払いの悪循環に陥ることを避けられます。 まとめ 当記事ではAmazonを利用するときにおすすめのクレジットカードを紹介しました。Amazonではさまざまな商品を取り扱っているため、普段の生活において利用機会も多いことでしょう。 そこで、Amazonで効率的にポイントを貯めるには、利用するクレジットカードのポイント還元率の高さ、普段の生活の中で利用しやすいかどうか、キャンペーンがおこなわれているのかなどをチェックするのが良いです。 ぜひ、自身に合ったクレジットカードを選んで、Amazonをお得に活用してください。 おすすめのクレジットカード3選 ここからは、おすすめのクレジットカードを3つ紹介していきます。年会費の有無や、ポイント還元率の高さなどからあなたに合うクレジットカードを選びましょう。 三井住友カード >>>三井住友カードの詳細はこちら ブランド 年会費 ポイント還元率 発行期間 VISA・Mastercard 無料(2年目~:1,250円) 0.5~10.0% 最短翌営業日 ■Point1:年会費初年度無料!2年目以降も条件クリアで年会費が無料 年会費は初年度無料です。2年目以降も「マイ・ペイすリボ」登録と、前年度にリボ手数料を1回以上支払うと、年会費無料となります。 ■Point2:コンビニ3社&マクドナルド利用でいつでもポイント5倍 セブン-イレブン・ファミリーマート・ローソン・マクドナルドの利用で、いつでも三井住友カードのポイントであるVポイントが5倍貯まります。 ■Point3:最短5分で利用できる!発行は最短翌営業日! カード申し込み後、最短5分で利用できるので急ぎでネットで買い物したい場合に便利です。即時利用の利用枠は10万円・カード番号のみ表示されます。カード発行自体は最短翌営業日となります。 ■キャンペーン 新規入会&Vpassアプリログインで、20%還元(最大8,000円)プレゼント! 三井住友カードの詳細はこちら VIASOカード >>>VIASOカードの詳細はこちら ブランド 年会費 ポイント還元率 発行期間 Mastercard 永年無料 0.5~10.0% 最短翌営業日 ■Point1:貯まったポイントは自動で現金に還元 VIASOカードを使って貯まったポイントは、自動で現金に還元されるキャッシュバック機能付きです。ポイント交換の手間も不要なので、有効期限切れの心配もありません。 ■Point2:年会費は永年無料で最短翌営業日に発行 年会費は永年無料で無料条件もありません。また申し込み後、最短翌営業日で発行されるので、すぐに利用したい人にもおすすめです。 ■Point3:海外旅行旅行傷害保険が最大2,000万円付帯 VIASOカードで旅行代金を支払えば、死亡・後遺障害で最大2,000万円までの保険サービスを受けれます。携行品損害も最大20万円まで補償されるので、海外旅行によく行く人は安心です。 ■キャンペーン 条件クリアで最大10,000円をキャッシュバック! VIASOカードの詳細はこちら dカード GOLD >>>dカード GOLDの詳細はこちら ブランド 年会費 ポイント還元率 発行期間 VISA・Mastercard 10,000円 1.0~10.0% 最短5日間 ■Point1:年会費以上におトク!利用料金の10%が毎月還元される 「ドコモケータイ・ドコモ光・dマガジン」などドコモ関連サービス利用料金の10%が毎月還元されるので、年会費以上のポイントを貯められます。 ■Point2:最大1億円の海外旅行保険が付帯 海外旅行中の怪我や病気の際に最大1億円が、国内旅行での傷害保険で最大5,000万円が補償されます。 ■Point3:ケータイ補償で購入から3年間・最大10万円分補償される 携帯電話の故障や紛失の場合、購入から3年間、最大10万円分まで補償されます。 ■キャンペーン 最大18,000分のdポイントプレゼント(入会・エントリー・利用が必要) dカード GOLDの詳細はこちら
Amazon利用にお得なクレジットカードは?ポイント還元率の高いおすすめカードも解説
クレジットカード
マネーフォワードモール編集部 | 2019/12/09

クレジットカードの解約方法をわかりやすく解説!メリットや注意点

クレジットカードに入会すると、こちらから解約をするまでは基本的に自動更新となります。 ほとんど使わないカードをそのままにして、知らぬ間に年会費を払い続けていたなんて事もあるのではないでしょうか? やはりそのままにしておくのはデメリットがあります。 でも解約って簡単に出来るの? しつこく引き留められるのではないか? などそんな不安もあるかと思います。 この記事ではクレジットカードを解約する方法、メリット、知っておきたい注意点についてまとめます。 クレジットカードの解約をするには電話が基本 クレジットカードを解約する方法は結論から言うと、カードの裏面の問い合わせ番号に電話をかけるだけです。 カード会社によって様々ですが、オペレーターの方が対応してくれる時もあれば、自動音声サービスで対応してくれる場合もあります。 オペレーターの場合は、クレジットカードを解約する旨を伝えれば簡単に解約できます。 例えばアメックスのカードの解約の場合、自動音声サービスにて案内通りに番号を打ち込んで簡単に解約出来ました。 オペレーター対応だと中には引きとめられることもあり、「年会費を1年無料にする」などの条件を出して引きとめてくるカード会社もあるようです。 それでも必要なければ、解約の理由を伝えれば大丈夫です。しっかりと本音で解約の意思を伝えましょう。 クレジットカードの解約をするメリット ここではクレジットカードを解約する4つのメリットを解説します。 年会費の無駄を省く クレジットカードを解約する大きなメリットは先でも話しましたが、「使用していないのに無駄な年会費を払ってしまっていること」です。 年会費がかかるクレジットカードの中には、 ●ポイント還元率が高い ●付帯サービスが充実している などのメリットも存在しますが、ほとんど使用していないのに年会費だけ払うのは勿体ないです。 そのため、クレジットカードのサービスをうまく活用できていない方は解約をおすすめします。 情報漏洩を防ぐ クレジットカード解約の二つ目のメリットは、「情報漏洩のリスクを減らせること」です。 クレジットカードは、 ●どこかで紛失してしまった ●情報が漏れてしまった などのトラブルからあなたのカード番号が知らない間に盗まれ、犯罪などの悪用に使われるリスクがあります。 そのため、使用していないカードは早めに解約をした方が得策です。 新たにカードを作りやすくなる クレジットカードを解約すると新しくカードを作りやすくなります。 なぜかというと、カード会社は個人に与えても良いクレジットカードの限度額が決められており、審査の際、収入と共にこの限度額も確認されています。 クレジットカードを解約すると、その限度額も減る為新たにカードを作った時にも審査が通りやすくなり作りやすくなります。 使用していないカードをたくさん所有しているために、作りたいカードが作れないのは少しもったいないですよね。 新たにカードを発行したい場合は、不要なクレジットカードは解約した方がおすすめです。 DMや通知が来なくなる クレジットカードを沢山所有していると、カード会社からの請求書やポイントなどの書類やメールの通知が、大量に来ます。必要なメールが見つけにくくなり、無駄な情報が増えます。 解約することで書類やメールのわずらわしさから、解放されるでしょう。 クレジットカードを解約する際の注意点 クレジットカードを解約する際の注意点ですが、二つの事が上げられます。解約前に事前に確認しましょう。 支払いの確認 まず一つ目ですが、解約予定のカードがガス、水道、電気などの公共料金や携帯、PCなどの通信料、また固定費に設定されていないか注意しましょう。 これらの引き落としに設定されている場合、支払いが済まされず遅延扱いになり、放置しておくと最悪の場合、電気やガスを止められたりします。 また上記以外にもクレジットカードを解約すると、紐づいているETC付きのカードも使用できなくなります。 旅行先のETCでいざ使用する時にカードが使用できずに、料金所で時間がかかったりETC割引を受けられないこともあるので、注意が必要です。 貯まっているポイントはないかを確認する クレジットカードを解約すると、その時点で貯まっていたポイントは全て失効してしまいます。 ポイントカード発行の際や毎月の間など、「知らない間にポイントが貯まっていた」こともありますよね。 解約する前は必ずポイントを確認して使い切るか、ポイントを利用せずにそのまま解約してしまうか、後悔の無いように事前に判断しておきましょう。 まとめ この記事ではクレジットカードを解約するやり方、メリット、注意点について解説しました。 基本的に使用していないカードは注意点を確認して頂ければ、解約した方がメリットは大きいです。必要であれば早めに解約するようにしてくださいね。 以上クレジットカードのやり方、メリットや注意点についての解説でした。 おすすめのクレジットカード3選 クレジットカードを解約しても、新たに作成できます。年会費の有無や、ポイント還元率の高さなどからあなたに合うクレジットカードを選びましょう。おすすめのクレジットカードを3つ紹介していきます。 三井住友カード >>>三井住友カードの詳細はこちら ブランド 年会費 ポイント還元率 発行期間 VISA・Mastercard 無料(2年目~:1,250円) 0.5~10.0% 最短翌営業日 ■Point1:年会費初年度無料!2年目以降も条件クリアで年会費が無料 年会費は初年度無料です。2年目以降も「マイ・ペイすリボ」登録と、前年度にリボ手数料を1回以上支払うと、年会費無料となります。 ■Point2:コンビニ3社&マクドナルド利用でいつでもポイント5倍 セブン-イレブン・ファミリーマート・ローソン・マクドナルドの利用で、いつでも三井住友カードのポイントであるVポイントが5倍貯まります。 ■Point3:最短5分で利用できる!発行は最短翌営業日! カード申し込み後、最短5分で利用できるので急ぎでネットで買い物したい場合に便利です。即時利用の利用枠は10万円・カード番号のみ表示されます。カード発行自体は最短翌営業日となります。 ■キャンペーン 新規入会&Vpassアプリログインで、20%還元(最大8,000円)プレゼント! 三井住友カードの詳細はこちら VIASOカード >>>VIASOカードの詳細はこちら ブランド 年会費 ポイント還元率 発行期間 Mastercard 永年無料 0.5~10.0% 最短翌営業日 ■Point1:貯まったポイントは自動で現金に還元 VIASOカードを使って貯まったポイントは、自動で現金に還元されるキャッシュバック機能付きです。ポイント交換の手間も不要なので、有効期限切れの心配もありません。 ■Point2:年会費は永年無料で最短翌営業日に発行 年会費は永年無料で無料条件もありません。また申し込み後、最短翌営業日で発行されるので、すぐに利用したい人にもおすすめです。 ■Point3:海外旅行旅行傷害保険が最大2,000万円付帯 VIASOカードで旅行代金を支払えば、死亡・後遺障害で最大2,000万円までの保険サービスを受けれます。携行品損害も最大20万円まで補償されるので、海外旅行によく行く人は安心です。 ■キャンペーン 条件クリアで最大10,000円をキャッシュバック! VIASOカードの詳細はこちら dカード GOLD >>>dカード GOLDの詳細はこちら ブランド 年会費 ポイント還元率 発行期間 VISA・Mastercard 10,000円 1.0~10.0% 最短5日間 ■Point1:年会費以上におトク!利用料金の10%が毎月還元される 「ドコモケータイ・ドコモ光・dマガジン」などドコモ関連サービス利用料金の10%が毎月還元されるので、年会費以上のポイントを貯められます。 ■Point2:最大1億円の海外旅行保険が付帯 海外旅行中の怪我や病気の際に最大1億円が、国内旅行での傷害保険で最大5,000万円が補償されます。 ■Point3:ケータイ補償で購入から3年間・最大10万円分補償される 携帯電話の故障や紛失の場合、購入から3年間、最大10万円分まで補償されます。 ■キャンペーン 最大18,000分のdポイントプレゼント(入会・エントリー・利用が必要) dカード GOLDの詳細はこちら その他の新着記事一覧はコチラ
クレジットカードの解約方法をわかりやすく解説!メリットや注意点
スマホ決済
マネーフォワードモール編集部 | 2019/05/31

機種変しても使えるの?スマホ決済の再設定方法とは

スマホ決済は各種スマホ決済に必要な手続きさえ行えば、機種変更をしても引き続き利用することが可能です。ただし、機種変更をした際の新しい端末の種類やOSによっては、引き続き利用できないこともあります。 こちらでは各種スマホ決済(PayPay、LINE Pay、Origami Pay、楽天ペイ)ごとの再設定方法と注意点についてまとめています。 PayPayの再設定方法 電話番号に変更がない場合のPayPayの再設定方法について紹介します。 【STEP1】新しい端末でPayPayのアプリをインストールする 機種変更したら、新しい端末でPayPayのアプリをインストールします。 【STEP2】ログインする 前の端末で使用していた際にPayPayに登録していた電話番号・パスワード、もしくはYahoo! JAPAN IDでログインして引き継ぎ完了です。 参考:機種変更した場合、情報は引き継げるか|PayPay LINE Payの再設定方法 LINE PayはLINEアカウント自体を引き継ぐことによって、機種変更しても引き続き利用することができます。 【STEP1】 機種変前にアカウントの登録情報を確認する LINEアカウントを引き継ぐためには、LINEアカウントに電話番号・メールアドレス・パスワードの登録が行われている、もしくはFacebookと連携している必要があります。 【STEP2】 新しい端末でLINEのアプリをインストールする 機種変更をしたら、新しい端末でLINEをインストールします。 【STEP3】 引き継ぎを行う LINEアプリを開いて、LINEユーザーログインから引き継ぎを行います。 電話番号で引き継ぎを行う場合は、電話番号を入力したのち認証番号の入力を行います。 Facebookで引き継ぎを行う場合は、まずは機種変更前の端末でアカウントの引き継ぎを行う当日にアカウント引き継ぎ設定をONにしておきます。その後、「Facebookログイン」をタップしてFacebookのログインを行い、認証番号 を受け取って入力します。「既にこのアカウントを使用しています」と表示されたら、「削除して認証する」をタップして完了です。 参考:ヘルプセンター|LINE 参考:LINEアカウントを引き継ぐには?|LINE Origami Payの再設定方法 【STEP1】登録しているメールアドレスの確認 Origami Payの引き継ぎではメールアドレスを使用するので、機種変更前に登録しているメールアドレスを機種変更後も使えるものに変えておきます。 【STEP2】新しい端末でOrigamiアプリをインストールする 機種変更したら、新しい端末でOrigamiアプリをインストールします。 【STEP3】ログインする 登録しているメールアドレスを入力してOrigamiアプリにログインすることで、引き継ぎ完了です。 参考:機種変更をする時の注意|Origami 楽天ペイの再設定方法 楽天ペイの再設定方法について紹介します。 【STEP1】新しい端末で楽天ペイのアプリをインストールする 機種変更したら、新しい端末で楽天ペイのアプリをインストールします。 【STEP2】ログインする 前の端末で使用していた際と同様の楽天会員IDでログインして引き継ぎ完了です。 参考:スマートフォンが故障しました。新しいスマートフォンで楽天ペイアプリをそのまま使い続けられますか?|楽天ペイ 機種変更で引き継ぎできない場合に気をつけること 機種変更で引き継ぎができない場合は、既にチャージしている金額が補償されていない場合があります。事前に調べて引き継ぎができないことが分かったら、端末変更を行う前に残額を必ず使い切るようにしましょう。 機種変更する時のスマホ決済に関するまとめ スマホ決済の種類によっては必要な手続きさえ行えば、新しい端末でも引き続き利用可能です。 引き継ぎ方法はスマホ決済のサービスごとに異なるので、引き継ぎを行いたいアプリの詳しい引き継ぎ情報を調べましょう。また、場合によっては引き継ぎができないこともあるので、引き継ぎできない場合についての情報も調べておきましょう。 その他の新着記事一覧はコチラ
機種変しても使えるの?スマホ決済の再設定方法とは
スマホ決済
マネーフォワードモール編集部 | 2019/05/31

スマホ決済の注意点とは?初心者が気を付けたいポイント

スマホ決済を始めたばかりの方は、未入金や残高不足により支払いが出来ない、端末の電池切れやアプリのアップデートによりそもそもログインが出来ない、などに注意が必要です。 また、使いすぎてしまうことも注意点の一つとして挙げられますが、使いすぎてしまう方は家計簿アプリを使うのがおすすめです。 こちらの記事ではスマホ決済5つの注意点とおすすめの家計簿アプリについて紹介ています。 スマホ決済における5つの注意点 スマホ決済において初心者が意識すべき注意点は、未入金や残高不足による支払い不可、端末の電池切れやアプリのログアウト、使いすぎが挙げられます。 【注意点1】未入金 前払い系のQRコード決済のスマホ決済であるLINE Payやメルペイなどは、未入金のままでは支払いができません。 初心者の方で初めての利用時にありがちなことですが、利用前に必ず入金しておく必要があります。 入金方法は各スマホ決済サービスによるので、こちらの記事もご参照ください。 【注意点2】残高不足 入金していても残高不足の場合は支払いができません。PayPayは残高が不足していた場合、PayPay残高にチャージをするか他の支払い方法を選択するかを選ぶエラー画面が表示されます。 また、LINE Payやメルペイなどクレジットカードでの後払いが不可の場合、その場で入金しないと支払いができないので、あらかじめ残高を確認してからレジに並ぶようにしましょう。 参考:PayPay残高不足時の挙動変更について|PayPay 【注意点3】端末の電池切れ スマホ決済初心者の方は、端末の電池切れも注意が必要です。アプリが起動できなければ、当然支払いもできません。 【注意点4】アプリのログアウト アプリからログアウトしていると決済することができないので、支払いの前にアプリにログインをしているのか確認する必要があります。 自分でログアウトした記憶がなかったとしても、アプリのアップデートによって自然にログアウトしている場合があるので支払い前のログインの確認は必須です。PayPay はセキュリティの設定により一定期間でログアウトする仕様になっているので、そのような場合も注意が必要です。 参考:意図せずにPayPayアプリからログアウトしてしまう事象について|PayPay 【注意点5】使いすぎ スマホ決済では目に見える現金での支払いではないため、どれくらいお金を使っているのかを把握することができず使いすぎてしまう人がいます。先払いのスマホ決済なら入金している金額以外使うことはありませんが、後払いのスマホ決済は中が必要です。 先払いのスマホ決済でも制限なしに入金すれば使いすぎてしまうので、初心者の方は注意してください。 スマホ決済の使いすぎ対策には家計簿アプリがおすすめ スマホ決済で使いすぎが不安な人は、家計簿アプリを使った対策がおすすめです。 家計簿アプリとは? 家計簿アプリとは、毎日の支出や収入を記録して家計管理ができるアプリです。 自動でお金の出入りを可視化でき、どれだけ使っているかを把握できるので使いすぎの対策になります。 中には、銀行の残高やカードの利用額も確認することができる家計簿アプリやレシートを撮影するだけで支出を記録して支出の分析グラフを表示してくれる家計簿アプリまであります。 家計簿アプリを使えば全ての支出や収入を把握することが可能です。各種スマホ決済と連携可能な家計簿アプリも多いので、活用してみてはいかがでしょうか。 スマホ決済の注意点のまとめ 初めてスマホ決済を使う方は、以下の5つの点に注意しましょう。 ●未入金 ●残高不足 ●端末の電池切れ ●アプリのログアウト ●使いすぎ 初めてスマホ決済を利用する方は、特に未入金には注意してください。利用前にクレジットカードや銀行口座から入金を忘れずに行いましょう。 使いすぎが不安な方は、日々の収支を記録できる家計簿アプリの利用がおすすめです。家計簿アプリでは日々の利用額も確認することができます。是非、家計簿アプリの利用を検討してみてください。 その他の新着記事一覧はコチラ
スマホ決済の注意点とは?初心者が気を付けたいポイント
スマホ決済
マネーフォワードモール編集部 | 2019/05/31

アプリのアンインストールでは不十分?スマホ決済を解約する方法

スマホ決済アプリは使い勝手がよく、慣れると大変便利です。しかしスマホ決済をやめたい場合、また中古のスマホを売りに出すなど、手放す場合にはどうすればよいのでしょうか?また万が一の盗難や紛失の場合にはどう対応すればよいのでしょうか? スマホ決済はユーザーの個人情報と密接に結びついています。スマホ決済を確実に解約する方法や、万が一の場合の利用停止方法について「非接触型IC決済」と「QRコード決済」にわけてそれぞれご紹介します。 「非接触型IC決済」の解約方法 ここでは「おサイフケータイ」に代表されるNFC、Felicaと呼ばれる技術を使った、スマホを端末にかざすだけで決済が完了する「非接触型IC決済」の解約方法についてご紹介します。 アンインストールする前にしておきたいこと 「おサイフケータイ」は複数の電子マネーなどのサービスと連携していますので、解約時の対応が煩雑です。 アンインストールを行った時点で、「おサイフケータイ」アプリとの契約は終了しますが、各サービス業者との契約は自動的には消滅しません。ユーザー自身で個々のサービス業者と「退会」について確認する必要があります。 参考:よくある質問|フェリカネットワークス ポイント・電子マネー残高移行手続き アンインストール前に、楽天Edy・モバイルWAON・nanacoモバイルのポイントや残高については使いきる必要があります。例えば楽天Edyは残高があると退会できませんし、モバイルWAONの残高をWAONカードに引き継ぐことはできません。nanacoモバイルの残高やポイントも退会と同時に失効します。 モバイルSuicaは「退会」の手続きは「おサイフケータイ」のアンインストール前に行いましょう。定期券、Suicaグリーン券分は登録済みのクレジットカードへ返金されます。電子マネー分は、退会時に登録する金融口座へ返金されます。 退会の手続きについて個々のサービス業者との間で確認できたら、アンインストールをしましょう。 参考:楽天Edyの利用をやめたいときは?|楽天Edy 参考:モバイルWAONアプリ機種変更方法について|モバイルWAON 参考:nanacoカード・モバイルを退会する場合には、どうすればよいですか?|nanaco 参考:退会手続き|モバイルSuica スマホ決済のデータを完全消去する方法 アンインストールをしたら、忘れてはいけない作業がICチップ(Felicaチップ)の初期化です。 「おサイフケータイ」はICチップへデータが書き込まれているために、機種変更をしてもアンインストールをしてもICチップに書き込まれたデータは残ります。そのため、読み取り機にかざせば利用できてしまいます。 不正利用を防ぐためには、必ずICチップに書き込まれたデータを削除する必要があります。 契約している携帯会社のショップへ行けばICチップ内のデータを初期化することができます。例えば、ドコモから発売された携帯電話であれば、ドコモショップに設置されている「DOCOPY(ドコピー)」を使ってICチップを初期化します。ICチップ初期化の作業は面倒がらず、忘れずに行いましょう。 参考:DOCOPY(ドコピー)|NTTドコモ 「QRコード決済」の解約方法 ここでは「QRコード決済」を利用するスマホ決済の解約方法についてお話しします。3つの主なQRコード決済のスマホ決済アプリを例にあげ、解約方法を説明します。 「PayPay」の解約方法 解約自体はアプリから簡単に手続きができます。 携帯電話番号とPayPayアカウントは紐付けされているので、解約すると使用していた携帯電話番号でログインもできませんし、同じ携帯電話番号で180日間は新たなPayPayアカウントを作成することもできません。 取引の返金がある場合は、返金が受け取れない、またはPayPayボーナスが受け取れない、といった不便さがあります。これらに問題がなければ、アプリ右下の「アカウント」→「その他」→「アカウントの解約」から解約しましょう。 参考:PayPayのアカウントを解約したい|PayPay 「Origami Pay」の退会方法 Origami Payの退会方法はヘルプセンターが用意する「退会手続きフォーム」から退会を申請、登録ずみのメールアドレスに届いた「本人確認」のリンクをクリックすると完了します。 退会について不明な点は、ヘルプセンターへ「リクエストを送信」して確認しましょう。 退会すると登録情報が全て削除されるため、Origamiマーケットプレイスで買い物をし、万が一配送が完了していない商品がある場合に、届かないといった事態が起きる場合があります。そのため、配送済みとなってから退会操作をする必要があります。 退会自体は簡単なので、慌てずに慎重に確認してから手続きをしましょう。 参考:Origamiの退会方法|Origami 「d払い」の解約方法 ドコモの携帯を契約していない方が、d払いのアカウントを削除する場合、「dアカウントメニュー」から「dアカウントの廃止」手続きをします。手続き簡単ですが、気をつけたいのが一度廃止手続きをすると、過去の取引情報が全て失われてしまう点です。 ドコモの携帯回線を契約している方は、「IDを削除する」から簡単にdアカウントを削除できます。しかし、携帯電話番号とお客様情報は紐づけられていますので、個人情報は残ります。 参考:よくあるご質問 -dアカウントの各種設定・手続きについて-|dアカウント 会員情報の流出を防ぐためのセキュリティ対策 万が一個人情報が詰まったスマホを紛失してしまったり、盗難にあったりした場合は、すぐにスマホ決済の利用停止をしましょう。以下「非接触型IC決済」と「QRコード決済」の解約方法について説明します。 「非接触型IC決済」利用停止の方法 「おサイフケータイ」の場合 おサイフケータイは紛失や盗難に備えて、事前にロックをかけることができます。「おサイフケータイ ロック」と呼ばれるサービスで、もしもの事態に備えることができます。 万が一の事態が起きてしまったら、ドコモとauは遠隔でおサイフケータイをロックし、機能を停止するサービスを提供しています。おサイフケータイのロックだけでなく、各電子マネーサービス提供会社にも連絡をし、紛失や盗難に伴う利用停止手続きをしましょう。 各種手続きのため何件も連絡をすることになりますが、不正利用を防ぐため速やかな手続きが必要です。 参考:おサイフケータイ® の不正利用を防ぐ機能を確認する|Softbank 「QRコード決済」利用停止の方法 「PayPay」の場合 PayPayの利用停止ですが、24時間対応の携帯電話紛失・盗難専用窓口の電話番号が公開されています。 登録の電話番号とユーザーIDが必要なので、ユーザーIDはどこかに控えておくといいでしょう。 参考:スマートフォンを盗難・紛失された場合|PayPay 「Origami Pay」の場合 Origami Payの場合には、専用のメールアドレス宛に連絡をすると利用停止手続きが可能です。 万が一の場合に慌てることがないよう、支払いの設定にパスコードや指紋認証設定 をおすすめします。 参考:スマートフォンを紛失したので、一時的に利用停止したい|Origami 「d払い」の場合 d払いについては、ドコモインフォメーションセンターへ電話連絡、ドコモショップへ行く、またはMy docomo(お客様サポート)から利用停止手続きをすることができます。 参考:よくあるご質問|d払い まとめ 簡単で便利なスマホ決済ですが、中身は個人情報の宝庫です。解約の場合や万が一のスマホの盗難や紛失の場合の対応も含めて、スマホ決済アプリを選ぶ際の判断材料にしていただきたいと思います。 特におサイフケータイは複数の電子マネーサービス会社と連携しますので、紛失などの際は連絡先が複数に渡ったり、携帯を処分する場合にはICチップの初期化を必ず行うといった煩雑な手続きをしなければなりません。 個人情報の管理に細心の注意を払いながら、利便性の高いスマホ決済を活用してください。 その他の新着記事一覧はコチラ
アプリのアンインストールでは不十分?スマホ決済を解約する方法
スマホ決済
マネーフォワードモール編集部 | 2019/05/31

スマホ決済はどう支払っているの?お金を支払うタイミングの違いとは

日本政府が「キャッシュレス社会」への取組みを推し進めているため、スマホ決済が拡がりをみせています。スマホ決済の利用者をコンビニなどでよく見かけますが、一体どのように決済が完了し、お金が支払われているのでしょうか。 現金決済だと即時、クレジットカード決済だと締め日にまとめて請求など、これらはお金を支払うタイミングが分かりやすいですが、スマホ決済はどうなのか、疑問に思う方もいらっしゃるかもしれません。 今回の記事ではお金を支払うタイミングの違いについて、主なQRコード決済のスマホ決済アプリを例に紹介します。また2019年秋より開始予定の、スマホ決済と同時に銀行口座から直接支払いのできる「Bank Pay」についても解説します。 スマホ決済の支払い方法 スマホ決済には3つの支払い方法があります。 ●前払い(プリペイド)型 ●即時払い(リアルタイムペイメント)型 ●後払い(ポストペイ)型 ここからは、それぞれについて代表的なQRコード決済のスマホ決済を挙げていきます。サービスによってはユーザが支払いタイミングを選べる場合もあります。 前払い(プリペイド)型 あらかじめ銀行口座の残高から入金するものや、コンビニで現金をチャージする方法が「前払い」にあたります。下記のスマホ決済が該当となります。 PayPay:銀行口座からのチャージ LINE Pay:コンビニでの現金チャージ、銀行口座・LINE Payカードからのチャージ、銀行口座からのオートチャージ メルペイ:銀行口座からのチャージ、メルカリの売上金からのチャージ Pring(プリン):銀行口座からのチャージ・オートチャージ Kyash(キャッシュ):コンビニでの現金チャージ、セブン銀行ATM・銀行ATM(ペイジー)からのチャージ バンドルカード:コンビニでの現金チャージ、セブン銀行ATM・銀行ATM(ペイジー)・ネット銀行・ビットコイン・ギフトコードからのチャージ 即時払い(リアルタイムペイメント)型 スマホ決済で支払ったタイミングで銀行口座などから引き落とされるのが「即時払い」です。 現状「即時払い」となるQRコード決済のスマホ決済は存在しておらず、後述する「Bank Pay」が今後その代表格となっていくことでしょう。 後払い(ポストペイ)型 スマホ決済完了後、月末などの締め日のタイミングで支払うものが「後払い」となります。主にクレジットカードを使用するケースがほとんどです。下記のスマホ決済が該当となります。 PayPay:クレジットカードからの引き落とし Origami Pay:銀行口座/クレジットカードからの引き落とし 楽天ペイ:クレジットカードからの引き落とし d払い:月々のケータイ料金と一緒に支払い Kyash(キャッシュ):クレジットカードからのオートチャージ バンドルカード:クレジットカードからのチャージ 2019年はスマホ決済と銀行口座がリンク「Bank Pay」元年 2019年4月、日本電子決済推進機構が、オールバンクのスマホ決済サービスをうたい「Bank Pay(バンクペイ)」を2019年秋より開始すると発表しました。 これはメガバンク、地方銀行をはじめとする1,000以上(予定)の銀行口座から共通アプリで支払いができるようになるサービスです。上記3つの中の「即時払い」に対応したものとなります。 「Bank Pay」の機能を小売企業にも開放するので、今まで使用している飲食店のクーポンアプリやアパレルブランドのショッピングアプリでも銀行口座からの決済が可能になる日も近いようです。加盟店向けの導入コストも0円と、ますますキャッシュレスを推進していくサービスになることは間違いなさそうです。 参考:日本電子決済推進機構 まとめ スマホ決済の支払い方法について説明しました。 2019年は、銀行口座とスマホ決済が直結した即時払い型が躍進する年です。 スマホ決済は現在のところキャッシュレス支払額の20%ほどの比率を占めていますが、2019年を機にキャッシュレス化がさらに加速するかもしれません。スマホ決済について理解を深め、便利なキャッシュレス決済を活用していきましょう。 参考:PayPay、LINE Pay、Origami Pay、楽天ペイ、d払い、メルペイ、pring(プリン)、Kyash(キャッシュ)、バンドルカード その他の新着記事一覧はコチラ
スマホ決済はどう支払っているの?お金を支払うタイミングの違いとは
スマホ決済
マネーフォワードモール編集部 | 2019/05/31

スマホ決済のデメリットは?気になるセキュリティについても解説

スマホ決済のデメリット5つ スマホ決済は、スマホさえあれば支払いができる便利さが魅力ですが、デメリットも存在します。スマホ自体のセキュリティはかなり向上しているため、不正利用の危険性は減少し、比較的安全になっています。その他のデメリットをまとめると、およそ以下の5点にまとめられます。 ・バッテリーが切れると使えない ・クレジットカードのブランドが一部制限されている ・基本的には一括払いしか利用できない ・QRコードを認識させるためにアプリを起動する手間がかかる ・使いすぎや家族など身近な人による不正使用の危険性も これらのデメリットについて、順番に説明します。 バッテリーが切れると使えない ごく当たり前なことですが、スマホが使えなければスマホ決済はできません。スマホのバッテリー切れに備えて、モバイルバッテリーを一緒に携帯して、いざというとき使えない、ということがないようにしておきましょう。 災害時など、スマホの充電ができない状態に陥ることも考えられます。現在のところは、100%スマホ決済に頼っている人はそう多くないかもしれませんが、しばらくスマホ決済が使えない場合の対策は考えておくことをおすすめします。 クレジットカードのブランドが一部制限されている スマホ決済の中には、利用できるクレジットカードのブランドが、一部制限されているものもあります。例えば、PayPayの場合、登録できるクレジットカードの国際ブランドは、VISA、Mastercard、Yahoo!JAPANカードのみJCBも可、という条件です。この条件以外のクレジットカードしか持っていない場合、別の支払い方法を選択しなければなりません。 参考:登録可能なクレジットカードの種類|PayPay 基本的には一括払いしか利用できない クレジットカードには、一括払いのほかに、2回払いやボーナス一括払い、分割払いなど支払い方法が豊富に用意されています。しかし、スマホ決済の場合は、一括払いが一般的です。銀行口座と連携していて必要な現金がない場合は、決済できないこともあります。 QRコードを認識させるためにアプリを起動する手間がかかる 致命的なデメリットとまでは言えませんが、QR決済のスマホ決済を利用するときは、アプリを起動してQRコードを読み込ませるというひと手間がかかります。交通系電子マネーは非接触型ICカードなので、そのような手間もなくあっという間に決済完了です。交通系ICカードを使い慣れていると、この手間が意外と面倒に感じる人もいます。 使いすぎや家族など身近な人による不正使用やの危険性も 簡単に支払いができてしまうので、クレジットカードのようについつい使いすぎる危険性は常にあります。また、簡単に支払いができてしまうため、身近な人に不正使用されてしまう可能性もゼロではありません。 スマホ決済をより安全に使用する5つのポイント スマホ決済のでメリットとして紹介したポイントは、それぞれ解決策があります。スマホ決済をより安全に、安心して使うためのポイントを5つにまとめましたので、デメリットと一緒に確認してください。 常にバッテリーの予備を持っておく 例えば、充電に時間はかかりますが、太陽光発電ができるバッテリーを手元に置いておくのも解決策の一つです。バッテリーに関係なく使える現金またはクレカ、デビッドカードなど、スマホ決済以外の支払い方法も用意しておくとさらに安心です。 自分で使えるチャージ方法や決済方法を確認してスマホ決済を選ぶ スマホ決済の中には、クレジットカード以外からチャージする方法や、銀行口座と直接結び付けてデビットカードのように即時決済する方法が選べる場合もあります。自分が利用したいと思ったスマホ決済でクレジットカードが使えなかった場合も、あきらめずに他のスマホ決済が使えないかを調べてみましょう。 分割払いができるスマホ決済を選ぶこともできるが手数料がかかる 楽天ペイは、オンライン決済に限りクレジットカードでの分割払いが可能 です。ただし、分割払いをすると、手数料がかかり後々負担になりますのであまりおすすめしません。基本的には、一括払いで済ませられるよう、計画的にスマホ決済を使うようにしましょう。 参考:楽天ペイなら豊富な支払いラインアップ|楽天ペイ QR決済操作の面倒な部分は今のところ解決策なし QR決済時にアプリを起動する手間がかかるという不満に関しては、今のところ解決策はありません。今後、何らかの形で解決することを期待して待ちましょう。 課金制限や生体認証などで安全性の高いスマホ決済を利用 LINE Payやメルペイなどは、なりすまし防止のため、生体認証(顔認証)を使った本人確認を導入しました。また、多くのスマホ決済は、課金制限や利用制限額を設けて、一度に多額の利用ができないようにしています。スマホ決済を選ぶ際、課金制限や生体認証を行っている種類の中から選び、安全に使えるように意識してください。 参考:本人確認の方法|LINE Pay 参考:スマホ決済サービス「メルペイ」 オンラインで完了する本人確認(eKYC)を導入、加盟店での商品購入代金の後払いサービス「メルペイあと払い」も開始|メルペイ スマホ決済にはいいところもたくさん!メリットも紹介 スマホ決済のデメリットを見てきましたが、スマホ決済にはメリットもたくさんあります。スマホ決済のメリットについてもおさらいしましょう。 現金払いにはないポイント還元は大きなメリット スマホ決済に変えることで付与されるポイントやキャッシュバックなどは、現金払いでは得られないメリットです。Origami Payのように、購入金額から直接2%値引きするパターンもあります。 いつでもどこでも支払いやチャージが可能 手元のお金が足りず、買いたくても買えないという事態に陥った経験はありませんか?いつでもどこでも支払いやチャージが可能な点もスマホ決済のメリットです。また、インターネットに接続できていないとチャージはできませんので、ネットワークの状態には注意しましょう。 現金を持ち歩かなくてよい 現金を持ち歩いている場合は、盗難や紛失に見舞われたとき、不正使用を防止する方法がありません。その点、本人確認がしっかりしているスマホ決済を選んでおけば、なりすましによる不正使用の心配はほぼありません。 利用者も店舗側も導入にコストを掛けなくて済む 利用者は、スマホに無料のアプリをダウンロードしておくだけで、すぐにスマホ決済が使えるようになります。導入コストは、スマホ決済アプリをダウンロードする際のパケット代程度です。また、スマホ決済はクレジットカードなどと比較して、店舗側も初期コストが低いため導入しやすくなっています。 知人同士での送金ができる場合も スマホ決済のメリットとして忘れてならない点は、知人同士での送金が可能な点です。割り勘機能を持たせているスマホ決済アプリもあります。この機能は、他の決済方法には見られない、スマホ決済独自のメリットです。送金慣れしている知人とスマホ決済が使えるお店での飲み会の場合、お財布の中の現金が割り勘しやすい持ち合わせとなっているかを心配する必要がなくなります。 スマホ決済のデメリットまとめ スマホ決済にもデメリットはいくつかあります。ただし、その多くは何らかの形で解決することが可能です。 今後、スマホ決済はますます生活の中に浸透していくと予想されるため、デメリットを把握したうえで、お試しで利用してみてはいかがでしょうか。現金のように小銭を持ち歩く必要もなく、プリペイドや銀行口座からの即時決済なら利息の心配もないスマホ決済の意外な便利さを体感してみてください。 その他の新着記事一覧はコチラ
スマホ決済のデメリットは?気になるセキュリティについても解説
スマホ決済
マネーフォワードモール編集部 | 2019/05/31

スマホ決済はどのコンビニでも使える?ECサイトや飲食店など主要な利用先も

スマホ決済の利用先確認は重要 スマホ決済を使えるように準備を整えても、普段行くお店で使えないと、その魅力も半減します。そこで、普段一番よく行くお店で対応している、またはお得になるスマホ決済を探せるように、各店舗で利用できるQRコード決済のスマホ決済を紹介します。 なお、Kyashおよびバンドルカードは、基本的にVISA加盟店ならどこでも利用可能です。メルペイは、以下で示す店舗以外にも、iD支払いができる店舗なら利用可能です。また、ALIpayはPayPayと提携しているため、PayPayが使える店舗では一部店舗を除き利用できます。 主要な実店舗で導入しているスマホ決済 まとめ 主要な実店舗で、どのスマホ決済がどの程度浸透しているか、2019年5月20日時点でまとめました。なお、今後も続々と導入が進んでいくため、対応しているスマホ決済の種類は予告なく変更になる場合があります。最新情報は各店舗のHPを参照してください。 実店舗:コンビニ 大手コンビニのほとんどは主なスマホ決済に対応しています。コンビニ利用でスマホ決済を使いたい場合は、自分の使いやすいスマホ決済を選べるという恵まれた状況です。 ただし、セブンイレブンだけは、メルペイあるいはVISA経由で使えるKyashおよびバンドルカードしか使えません。 セブンイレブン メルペイ ローソン PayPay、LINE Pay、楽天ペイ、d払い、メルペイ ファミリーマート PayPay、LINE Pay、楽天ペイ、d払い、メルペイ ミニストップ PayPay、LINE Pay、楽天ペイ、d払い、メルペイ ポプラ PayPay、LINE Pay、楽天ペイ、d払い、メルペイ 実店舗:ドラッグストア よく利用するドラッグストアはどのスマホ決済が使えるのかを確認しておきましょう。 ウエルシア LINE Pay、Pay Pay、d払い、auPay、Origamiペイ、楽天ペイ ツルハドラッグ LINE Pay、d払い、Alipayなど マツモトキヨシ d払い、auかんたん決済/au WALLETなど スギ薬品 LINE Pay、Pay Pay、d払い、auPay、楽天ペイ、Alipayなど サンドラッグ LINE Pay、Pay Pay、auPayなど 実店舗:スーパー・百貨店 スーパーおよび百貨店は、あまりスマホ決済が浸透しているとは言えませんが、少しずつ対応が進んでいます。大丸・松阪屋は現在のところAlipayのみの対応ですが、導入自体は2015年からと早期に対応していました。 高島屋 d払い、Apple Pay 阪急・阪神百貨店 PayPay、LINE Pay 大丸・松阪屋 Alipay イオン メルペイ LOFT LINE Pay 実店舗:家電量販店 家電量販店では、大抵の店舗でPayPayとLINE Payが使えるようになっています。大手家電量販店のヨドバシカメラは、現在のところスマホ決済には対応していません。 ジョーシン PayPay、LINE Pay、楽天ペイ エディオン PayPay、LINE Pay、楽天ペイ ヤマダ電機 PayPay、LINE Pay ビックカメラ PayPay、LINE Pay 実店舗:ファッション・アパレル ファッション・アパレル関係では、PayPayと楽天ペイが比較的多く採用されている傾向です。どちらかを持っていれば、スマホ決済が使える場面は多くなるのではないでしょうか? はるやま PayPay、楽天ペイ AOKI 楽天ペイ earth PayPay、d払い Right-On PayPay、楽天ペイ DIESEL PayPay アーバンリサーチ d払い メガネスーパー PayPay、LINE Pay、楽天ペイ、d払い ALOOK PayPay 実店舗:飲食店 飲食店では、上島珈琲店がほとんどのスマホ決済に対応していますが、その他はまだ1種類か2種類のスマホ決済のみ対応している状況です。 ガスト メルペイ マクドナルド メルペイ プロント メルペイ 牛角 PayPay、メルペイ 上島珈琲 PayPay、LINE Pay、楽天ペイ、d払い、メルペイ 松屋 PayPay、LINE Pay、楽天ペイ かっぱ寿司 PayPay、メルペイ 白木屋 LINE Pay、楽天ペイ 魚民 LINE Pay、楽天ペイ 笑笑 LINE Pay、楽天ペイ かっぱ寿司 PayPay フレッシュネスバーガー PayPay 実店舗:エンターテインメント エンターテインメントでは、カラオケのチェーン店が少しずつスマホ決済に対応しています。 ジャンカラ PayPay、楽天ペイ、d払い HIS PayPay ホテル マイステイズ PayPay ジュンク堂書店 楽天ペイ 主要なECサイトが使えるスマホ決済 大手ECサイトのAmazonは、現在のところスマホ決済に対応していません。ZOZOTOWNや楽天市場もそれぞれ少しずつ対応してきています。 ZOZOTOWN LINE Pay、楽天Pay、d払い 楽天市場 楽天ペイ スマホ決済の利用先まとめ スマホ決済の利用先は、PayPay、LINE Pay、メルペイが比較的使える店舗が多い傾向にありました。また、d払いは、他のスマホ決済が使えない高島屋やアーバンリサーチなどで唯一採用されています。 今後は、スマホ決済の利用先はさらに拡大していくと予想されます。最新の対応状況に関しては、スマホ決済の公式サイトや各店舗公式サイトの「お支払方法」に関するページ、さらに支払い時にレジ周りの案内をこまめにチェックして、対応しているスマホ決済の状況について確認してみましょう。 参考:PayPay、LINE Pay、Origami Pay、楽天ペイ、d払い、メルペイ、pring(プリン)、Kyash(キャッシュ)、バンドルカード、auPay、りそなウォレット その他の新着記事一覧はコチラ
スマホ決済はどのコンビニでも使える?ECサイトや飲食店など主要な利用先も
スマホ決済
マネーフォワードモール編集部 | 2019/05/31

スマホ決済、気になる各社のポイント還元率は?お得な貯め方やキャンペーンもご紹介

スマホ決済のメリットとして、クレジットカードと同じようにポイント還元の制度があることが挙げられます。そこで、今回はQRコード決済のスマホ決済のポイント還元率をまとめました。 PayPay 通常:0.5% キャンペーンで話題となることの多いPayPayですが、通常のポイント還元率0.5%と、他のスマホ決済と同じ程度です。ただ、現在無期限のキャンペーンで、支払い方法によっては3%までポイント還元率はアップします。 LINE Pay ホワイト(通常):0.5% レッド:0.8%(1ヶ月で1万円以上の利用) ブルー:1.0%(1ヶ月で5万円以上の利用) グリーン:2.0%(1ヶ月で10万円以上の利用) LINE Payは、「マイカラー」という制度を導入しており、毎月20日時点での利用金額に応じて、次月1日から1ヶ月間のポイント還元率が決まる仕組みです。利用実績が1万円未満の場合は0.5%ですが、10万円以上利用すると最大2.0%にまでアップします。 楽天ペイ 通常:0.5% 楽天カードを楽天ペイアプリに設定した場合:1.5% 楽天ペイは、楽天カードとセットで使うとポイント還元率が1.5%となります。利用実績やキャンペーンなどではないため、安定してポイントをためることが可能です。 Origami pay 通常:2%の値引き Origami payにはポイント制度はありません、その代わり、利用の際にその場で2%の値引きが行われる点は他と違うメリットです。キャンペーンによってさらに値引き率がアップすることもあります。 Kyash(キャッシュ) 通常:2%のキャッシュバック Kyashもポイント制度はありませんが、利用金額の2%を後からキャッシュバックしてくれます。 d払い 通常:0.5% ネットでの利用:1.0% d払いは、通常(実店舗)での利用は0.5%、ネットでの利用は1.0%となっており、ネット利用がお得です。 メルペイ メルカリの売上金が使えるという点がメリットのメルペイですが、2019年5月20日現在、メルペイはポイント制度がありません。 pring(プリン) 送金や銀行口座からの引き出しに長けているpring(プリン)ですが、メルペイと同様、ポイント還元制度や値引きはありません。 バンドルカード すぐに発行でき、Visa加盟店で使える点が魅力のバンドルカードも、ポイント還元制度やキャッシュバックの制度はありません。 スマホ決済で「ポイント二重取り」をする方法 スマホ決済でポイントをお得に貯めていただく方法のひとつに、クレジットカードでチャージする際の「ポイント二重取り」があります。各スマホ決済におけるポイント還元率アップの方法についてもまとめました。(2019年5月20日時点) ※キャンぺーンやポイント還元率は予告なく変更になる場合があります。最新情報は各社のHPをご参照ください。 PayPay PayPayは、クレジットカード支払いにするとポイントの二重取りができます。 また、Kyashリアルカードとの連携により、さらにポイント・キャッシュバックの三重取りも可能です。 手順は、Kyashリアルカードに1%還元(100円で1ポイント)のクレジットカードを登録し、さらにPayPayにKyashリアルカードを登録します。 このようにするとクレジットカードで1%、Kyashリアルカードで2%のキャッシュバック、さらにPayPayのクレジットカード払いで0.5%で、合計3.5%の還元となり、かなりお得です。 「Kyashリアルカードって何?」という方は、下記もご参照ください。 参考:Kyashリアルカードとは|Kyash FAQ d払い d払いは、曜日によりポイント還元率がアップする「d曜日」キャンペーンを毎週開催しています。毎週エントリーが必要ですが、金曜日・土曜日の買い物はdポイントが3倍に、さらに3サイト以上の買い物で6倍になります。ネット払いだと最高6%のdポイントがつく計算です。 楽天ペイ 楽天ペイは、楽天カード以外にも、決済に使用するクレジットカードのポイントとの二重取りが可能です。楽天ペイの0.5%分、クレジットカードのポイント還元率に上乗せされます。 スマホ決済のお得なポイント還元キャンペーン紹介 スマホ決済のキャンペーンを上手に利用することで、さらにポイント還元率が上昇します。現在開催中のキャンペーンをご紹介します。(2019年5月20日時点) ※キャンぺーンは予告なく変更になる場合があります。最新情報は各社のHPをご参照ください。 PayPay 「PayPay残高」または「Yahoo!マネー」または「Yahoo! JAPANカード」を使用した支払いの場合、ポイント還元率が3%(PayPayボーナスとして付与)になるキャンペーンを実施中です。このキャンペーンで獲得できるポイントの上限は、1人1回の支払いにおける付与上限15,000円まで、1ヶ月では30,000円までです。 「Yahoo! JAPANカード」を使用した場合、前述の三重取りをしなくても、「Yahoo! JAPANカード」自体の還元率1%+PayPayのポイント還元率3%、計4%の還元率を得ることが可能です。 このキャンペーンは期限が設けられていないためいつ終了になるか分かりませんが、かなり大きくポイントをためることができます。 参考:PayPayでのお支払いで最大3%還元 楽天ペイ 楽天ペイでは、楽天カードを設定して使用すると、楽天カードの支払い分が5%還元されるキャンペーンを2019年7月1日まで開催中です。第二弾の予定もあるようなので、しばらくこのキャンペーンは続きそうです。 付与される楽天スーパーポイントは期間限定ポイントなので、付与されたら楽天ペイアプリで、楽天ポイントを使うように設定して利用しましょう。 参考:お支払い元に楽天カードを設定で期間中ずーっと実質最大5%還元 参考:楽天ペイアプリで、楽天ポイントを使う設定 スマホ決済でもらえるお得なポイント還元まとめ 消費税率10%引き上げに伴うキャッシュレス決済時の還元政策に合わせ、スマホ決済の競争は激化しています。今後も注目のポイント還元キャンペーンが行われるかもしれないので、自分に合ったスマホ決済を選んで対応できるようにしておきましょう。 ただし、自分が利用する店舗で使えないとポイントをためる機会もないので、コチラの記事で加盟店もチェックして、利用しやすいスマホ決済を探してみてください。 参考:PayPay、LINE Pay、Origami Pay、楽天ペイ、Alipay、d払い、メルペイ、pring(プリン)、Kyash(キャッシュ)、バンドルカード その他の新着記事一覧はコチラ
スマホ決済、気になる各社のポイント還元率は?お得な貯め方やキャンペーンもご紹介
スマホ決済
マネーフォワードモール編集部 | 2019/05/31

スマホ決済10種類を徹底比較!おすすめのQRコード決済サービスはどれ?(後編)

前回に引き続き、今回も特にQRコード決済について、スマホ決済のサービスをご紹介します。特徴やおすすめのポイントをまとめましたので、ぜひスマホ決済サービス選びの参考にしてください。 d払い au、ソフトバンクと並ぶ大手キャリア「ドコモ」が提供しているスマホ決済サービス。街のお店やネットショッピングでの買い物に利用でき、決済した分の金額は月々の通信料と合算して後払いすることになります。 実店舗で使う場合は他のQRコード決済サービスと同様、アプリからバーコードを表示して読み取ってらもらうことで決済が完了します。ローソンやファミリーマートなどのコンビニから、ビックカメラやEDIONなどの家電量販店と対応している店舗は豊富です。 ネットショッピングでも対応しているサイトは多く、ネット通販大手のAmazonやメルカリ、Yahoo!ショッピングなどで利用できます。 利用できる店舗について、詳しくはドコモの公式サイトをご覧ください。ネットショッピングでd払いを利用する時は4桁のパスワードを入力するだけでとても簡単です。 d払いの特徴はドコモのポイントであるdポイントを貯められることです。 貯めたdポイントはドコモが販売する携帯電話本体、通信料の支払いのほか、その他ショッピングに利用できます。 d払いをおすすめしたいのはもちろんドコモユーザーで、なかでもdポイントを使いこなしている方にぜひ検討してほしい決済サービスです。ただし1ヶ月あたりの利用額上限は10万円となっているので注意しましょう。 参考:使えるお店をさがす|d払い メルペイ メルペイはフリマアプリ「メルカリ」と連携したスマホ決済サービスです。すでにメルカリのアプリをダウンロードしている方であれば、わざわざ他のアプリをダウンロードする必要はありません。 メルペイの特徴はメルペイコード払い(QRコード決済)と非接触型IC決済の両方に対応している点です。電子マネーiDに対応している店舗であればどこでも非接触型IC決済を利用できます。 かざすだけで決済が完了することからQRコード決済よりも楽だと感じる方も多いでしょう。ただしiDによる決済を行う場合はスマートフォンがiD決済に対応している必要があります。 もう一つの特徴が、メルカリでの売上金を店舗での支払いに利用できる点です。これまでメルカリで売り上げたお金をメルカリ以外のサービスで利用するには銀行に振り込む必要があり、振込手数料の負担が避けられませんでした。 しかしメルペイを活用すれば振込手数料を負担する必要がなくなります。 もちろん銀行口座から残高をチャージすることも可能なので、メルカリユーザーでなくても利用できます。 とはいえやはりメルペイをおすすめしたいのはメルカリユーザーです。頻繁にメルカリで出品している方なら導入しておいて損はありません。 pring(プリン) pringはお金コミュニケーションアプリとして提供されている決済サービスです。特徴はスマホでメッセージを送るようにお金のやり取りができることです。支払いや送金、残高へのチャージはもちろん、銀行口座への送金のどれをするにも手数料がかかりません。 特に優れているのが銀行口座への出金が無料という点です。他のサービスでは数百円の手数料がかかったり、そもそも銀行口座への出金ができなかったりすることもあるため、pringはこの点で大きな差別化ができているといえるでしょう。 まだまだpringでの決済に対応している店舗は少ないのですが、移動・送金がかなり便利であることと、チャット機能つきで相手とコミュニケーションが取れるのはpringならではの魅力です。 お金のやり取りを無駄なく行いたい方におすすめの決済サービスです。 Kyash(キャッシュ) Kyashはメールアドレスや電話番号などを登録するだけで、面倒な本人確認なしで使えるVisaのプリペイドカードのサービスです。ネットショッピングで使えるバーチャルカードと実店舗でも使えるリアルカードを発行できます。Kyashの特徴は常に2%のポイント還元があることです。 Kyashで発行したプリペイドカードはクレジットカードのように使えるため、他のスマホ決済サービスにKyashのカードを登録すればKyashのポイント還元、他のスマホ決済サービスのポイント還元を二重で受けられます。また、Kyashの支払いに、すでに持っているクレジットカードを使えば、クレジットカードの還元が加わって、三重にポイント還元を受けることが可能です。申し込みも簡単なので、どんな人にもおすすめしたいサービスです。 バンドルカード バンドルカードはKyashと同様、Visa加盟店で使えるプリペイドカードです。審査・年齢制限なしで誰でも無料で始められます。 バーチャルカード、リアルカードが存在する点もKyashと似ていますが、バンドルカードの大きな特徴は「ポチッとチャージ」いう仕組みがあることです。 今お金がないという場合でも、「ポチッとチャージ」を利用すれば、すぐに残高にお金を追加することが可能です。「ポチッとチャージ」で追加した分の金額は、翌月末の好きなタイミングで支払うことができます。 来月になればお金が入るけど、今どうしても支払いが必要な用事がある、という方におすすめしたい決済サービスです。緊急時の出費に備えて登録しておくとよいでしょう。 まとめ ここまで説明してきたように、すでにさまざまなスマホ決済サービスがリリースされています。使ってみなければなかなか実感することができないので、最初から一つに決めて使うよりは複数のサービスを使いつつ、自分にあったものを見つけていくと良いでしょう。 参考:d払い、メルペイ、pring(プリン)、Kyash(キャッシュ)、バンドルカード その他の新着記事一覧はコチラ
スマホ決済10種類を徹底比較!おすすめのQRコード決済サービスはどれ?(後編)
スマホ決済
マネーフォワードモール編集部 | 2019/05/31

スマホ決済10種類を徹底比較!おすすめのQRコード決済サービスはどれ?(前編)

PayPayなどのサービスが大々的に宣伝を行ったことで注目されているスマホ決済。 その中でも特にアプリでバーコードやQRコードをかざすだけで決済可能なQRコード決済について、具体的にどのようなサービスがあるのか、それぞれどのような特徴があるのかについてご紹介します。 PayPay PayPayはソフトバンクとヤフーの出資により設立されたPayPay株式会社によるQRコード決済サービスです。 スマートフォンを持っている方であれば数分で利用登録が完了し、すぐに使い始めることができます。アプリのダウンロードはもちろん、残高のチャージ、支払いにかかる手数料は無料です。アプリをダウンロードしたらSMS認証、もしくはYahoo!Japan IDで利用登録し、支払い方法を設定すれば利用準備完了。PayPayで使える支払い方法はクレジットカード、Yahoo!マネー、銀行残高からの入金の3種類があります。 PayPayの特徴は大々的にキャンペーンを次々に打ち出していること。決済するたびに20%の還元、さらに抽選で決済金額の全額が還元されるという”100億円あげちゃうキャンペーン”はニュースなどで大きく取り上げられました。テレビCMもよく放送されていることから見覚えがある方も多いのではないでしょうか。他にも新規登録で500円相当のポイントをプレゼントや、最大3%のポイント還元を受けられるなど次々とキャンペーンを実施しています。 お得なキャンペーンを見逃したくないという方はとりあえず登録しておきましょう。スマホ決済というとセキュリティ面が不安という方もいるでしょうが、PayPayではクレジットカード会社の提供する本人認証サービス(3Dセキュア)によって他人のなりすましなどを防げます。 LINE Pay LINE PayはLINE Pay株式会社が提供するQRコード決済サービス。もしすでにメッセージアプリのLINEを使っているということであれば、新たにQRコード決済用の別アプリをダウンロードする必要はありません。LINEアプリから規約に同意し、クレジットカードや銀行口座を登録するだけで使い始めることができます。 LINE Payも他のQRコード決済サービス同様にスマホ画面にコードを表示して読み取ってもらう、もしくは店頭のQRコードを読み込むことで決済が可能です。LINE Payの特徴は友達同士で気軽にお金を送ったり受け取ったりできること。 あなたは友達同士の飲み会で割り勘をする時、細かいお金がなかったり集計に手間取ってしまったことはありませんか? LINE Payなら一人あたりの金額を計算して友達に送金または送金依頼するだけ。誰が払って誰が払っていないか分からなくなってしまったといったトラブルから解放されます。友達同士でお金のやり取りをすることが多いならこちらのLINE Payがおすすめ。LINEであれば遠く離れた場所にいる人ともメッセージをやり取りする感覚でお金のやり取りができてしまいます。 Origami Pay Origami Payは株式会社Origamiが提供するQRコード決済サービス。利用にあたってはまず専用のアプリをダウンロード。メールアドレスと氏名の登録、SMS認証をした上でクレジットカード、もしくは銀行口座を登録すれば利用準備が完了します。 Origami Payの特徴は頻繁に加盟店のクーポンが発行されること。お会計金額から10%オフになるもの、500円引きになるもの、などお得なクーポンが発行されています。 店舗によってはQRコードを読み込むことでクーポンを入手できることも。自分がどんなクーポンを持っているのかはアプリからチェックできます。 たかがクーポンと思うかもしれませんが、1つ1つの支払いが積み重なればやがて大きな差になります。アプリ内の地図で近くの加盟店を探せるため、Origami Payが使える場所を探す楽しみもあるでしょう。お得な割引サービス等に目がない方へおすすめしたいサービスです。 楽天ペイ 楽天ペイメント株式会社が提供するQRコード決済サービス。コンビニなどの実店舗で利用できるほか、BUYMAなどのネットショッピングでも利用できます。 楽天ペイの特徴は、決済時に楽天スーパーポイントを貯められること。もしあなたが楽天カードを持っているなどすでに楽天スーパーポイントを使いこなしているのであればぜひとも導入したいところ。 楽天ペイのクレジットカードに楽天カードを登録すれば決済のたびに楽天ペイ、楽天カードそれぞれでポイントを二重に獲得できます。 家族や友達に残高を送ることもできるため、飲み会などでまとめて支払えばかなりのポイントを貯めることができるでしょう。 Alipay 中国のネット通販で有名になったアリババグループが提供するQRコード決済サービス。中国ではスマートフォンによる決済金額が急激に増えており、デパートはもちろん屋台での買い物もスマホ決済になるなど、あらゆる場所でスマホ決済が進んでいます。 Alipayでは店頭での支払いのほか、資産運用や保険、公共料金の支払いもできることから中国人の暮らしに欠かせないサービスとなりつつあります。 日本においてもAlipayでの支払いに対応する店舗が増えていますが、2019年5月現在では英語もしくは中国語でのみ対応しておりますので、日本人の方では使いにくいかもしれません。 まとめ 今回は5つのスマホ決済サービスについてご紹介しました。ますます注目の集まるキャッシュレス。あなたもぜひ導入し、お得に便利に買物を楽しんでみてはいかがでしょうか。 参考:PayPay、LINE Pay、Origami Pay、楽天ペイ、Alipay 後編記事はコチラ その他の新着記事一覧はコチラ
スマホ決済10種類を徹底比較!おすすめのQRコード決済サービスはどれ?(前編)
スマホ決済
マネーフォワードモール編集部 | 2019/05/31

スマホ決済の種類とは?気になる仕組みや年齢制限について

非接触型IC決済の仕組み・手数料 非接触型IC決済についてはSuicaやICOCAなどの交通系ICカードをイメージすると分かりやすいでしょう。支払いを行う際に、店頭に置かれたカードリーダーにICカードをかざすだけで簡単に決済できます。各種店舗はもちろん自動販売機でも使えるなど利用範囲がかなり広がっているため、すでに活用している方も多いのではないでしょうか。従来のICカードと違い、カードを機械に差し込むなど、物理的に接触しなくても決済できることから非接触型と呼ばれています。 しかし最近はカードを持ち歩く必要すらなくなっています。なぜなら、非接触型IC決済に対応している機種であればスマートフォンがICカードの代わりになってしまうから。例えばiPhoneのApple Payであれば、Suicaやクレジットカードをアプリに登録し、カードリーダーにiPhoneをかざすだけで決済が完了します。 他にもGoogle Payや楽天Edy など、さまざまな電子マネーや決済方法が存在しているので、自分のスマートフォンでも使いやすいと思える決済サービスを探してみてはいかがでしょうか。どれも基本的に手数料はかかりません。 QRコード決済の仕組み・手数料 非接触型IC決済をスマートフォンで行うには、スマートフォンの機種が非接触型IC決済に対応していなければいけません。最近販売されている新しいスマートフォンであれば対応していることが多いのですが、少し古い機種を長らく使い続けている方もいるでしょう。 しかしQRコード決済であればどんなスマートフォンであっても決済可能です。 QRコードによる決済方法は大きく2種類。一つはスマートフォンの画面にQRコードやバーコードを表示し、店員にバーコードリーダーで読み込んでもらう方法。もう一つは店頭に置いてあるQRコードを利用者がカメラで読み取り、支払い金額を自分で入力する方法です。 こちらも非接触型IC決済と同様に手数料はかかりません。QRコード決済のサービスとしてはPayPay、LINE pay、楽天ペイなどが有名です。 キャリア決済とは何が違う? 以上、スマホ決済として非接触型IC決済とQRコード決済の2つをご紹介しました。 キャリア決済についてご存知の方であれば「キャリア決済のようなものだろう」「キャリア決済との違いはなんだろう?」と思うかもしれません。 キャリア決済はドコモ、au、ソフトバンクと契約している方が利用できる決済サービスのこと。商品やサービスを購入する際に行った決済金額が月々の通信料と合算して請求される仕組みとなっており、この点が前もってチャージの必要があったり、後日クレジットで請求される仕組みとなっているスマホ決済とは異なります。 スマホ決済はオフライン(実店舗)でも多く使用できる一方で、キャリア決済が利用できる場所はオンラインが中心で、動画や音楽、ゲームや電子書籍の購入をする時に使えます。 一部例外もあり、ドコモのd払いであれば実店舗であってもd払いに対応している店なら決済が可能。バーコードを表示したスマートフォンの画面を店員に見せ、それを読み取ってもらえば決済できます。 各スマホ決済の年齢制限について お金が絡むサービスなだけに、未成年であったり18歳未満であったりすると使えないのではないかと考える方もいるでしょう。 結論からいえば、スマホ決済を利用するにあたって年齢制限はありません。 なぜならスマホ決済サービスのほとんどはプリペイド方式だからです。あらかじめチャージしておいた金額より高い支払いでは決済することはできず、使いすぎてしまう心配がありません。一部クレジットカードでの後払い対応可能のスマホ決済もありますが、18歳未満であればクレジットカードを作れないため、Apple Payやその他スマホ決済サービスにクレジットカードを登録することはできません。 ちなみに、キャリア決済の場合はクレジットカード同様に後払いする仕組みになっていますが、一定の限度額以内であれば18歳未満でも利用できます。例えば「ドコモ電話料金合算払い」の場合は19歳まで最大1万円/月、20歳以上だと契約期間に応じて最大10万円です。「auかんたん決済」であれば年齢制限はなく一律最大10万円/月、「ソフトバンクまとめて支払い」の場合は満12歳未満は最大2千円/月、満20歳未満は最大2万円/月、満20歳以上は最大10万円/月に設定されています。 参考:ドコモ電話料金合算払い 参考:auかんたん決済 参考:ソフトバンクまとめて支払い まとめ スマホ決済は大きく非接触型IC決済とQRコード決済の2種類。 非接触型IC決済についてはスマートフォンがこれに対応していなければいけませんが、QRコード決済であれば機種を問わずに使えます。支払いが便利になる上に基本的に手数料は無料。利用者の負担なしにサービスを利用できます。 スマホ決済に似た決済サービスとして大手キャリアの提供するキャリア決済サービスがありますが、これは月々の通信料と合算して請求される、使える場所はオンラインが中心であるという点で違いがあります。スマホ決済には基本的に年齢制限はなく、18歳未満でも使えるのでぜひ気軽に試してみてください。 その他の新着記事一覧はコチラ
スマホ決済の種類とは?気になる仕組みや年齢制限について
仮想通貨
マネーフォワードモール編集部 | 2019/05/17

あなたはどこまでわかる?初心者のための仮想通貨用語まとめ

仮想通貨にはたくさんの専門用語が出てきますが、最近始めた方にとってはわかりにくく感じる用語が多いのではないでしょうか。 そこで今回は、仮想通貨の用語を基礎編、取引方法編、技術編、ネットスラング(ウェブ上の造語)編と4つのカテゴリにわけて解説していきたいと思います。 仮想通貨基礎編 まずは基礎編として、仮想通貨を知る上では欠かせない5つの用語を解説していきます。 仮想通貨 特定の国家(およびその中央銀行)が価値を保証せず、インターネット上で取引することや法定通貨と交換することのできる通貨(資産)のこと。CoinMarketCapによると、2018年11月時点で約2,000種類の仮想通貨が存在しています。 暗号通貨=Crypto Currency(クリプトカレンシー)とも呼ばれることがありますが、資金決済法改正で名称を「仮想通貨」から「暗号資産」に変更される可能性があるようです。 ビットコイン サトシ・ナカモトと呼ばれる人物の論文をもとに、2009年から運用され始めた仮想通貨。仮想通貨の代表的な存在であり、2018年11月時点でも2位以下に圧倒的な差をつけて時価総額が1位となっています。 アルトコイン アルトコインとは代替のコイン(Alternative Coin)の略称で、ビットコイン以外の仮想通貨の総称です。つまり、ビットコイン以外の仮想通貨はまとめてアルトコインと呼ばれます。代表的な種類としてイーサリアム、ビットコインキャッシュ、リップルなどがあります。 サトシ・ナカモト ビットコインのもととなる論文「Bitcoin: A Peer-to-Peer Electronic Cash System」を発表した人物。日本人のような名前ですが、その正体は謎に包まれており実名かどうかや国籍はもとより、個人なのか団体なのかもわかっていません。漢字で中本哲史と記載されることもあります。 satoshi(サトシ) ビットコインの1番小さな単位で、1Satoshi=0.00000001BTC(ビットコインの単位)となります。ビットコインのはじまりとなる論文を発表したサトシ・ナカモト氏が名称の由来となっています。 仮想通貨取引方法編 次に取引方法編として、取引で使われる7つの用語を見ていきましょう。 現物取引(げんぶつ とりひき) 仮想通貨の取引方法のひとつ。仮想通貨(現物)を実際に取引する取引方法で、取引する仮想通貨を実際に所有できることが特徴です。 お店でお金を払い商品を購入するという取引と同様に、欲しい仮想通貨(商品)をお金(法定通貨・仮想通貨)で払って売買するという一般的な取引です。 仮想通貨や、株式市場などでは後ほど説明するレバレッジ取引などと区別するために「現物」とあえて呼びます。 レバレッジ取引 元手となる資金にレバレッジ(テコの意味)という倍率をかけておこなう取引のこと。仮想通貨FXで使われる取引方法で、少ない資金でも数倍以上の額を取引できるようになるためハイリターンを得る可能性がある一方で、損失が増大する可能性もあるためハイリスクな側面もあります。 販売所 仮想通貨交換業者の仮想通貨を提供する機能(販売所と取引所)のひとつ。販売所で仮想通貨を取引する場合には、販売所を運営している会社と取引することになり、売買するときも販売所を運営する会社の仮想通貨を買ったり売ったりすることになります。 取引所と比較すると手数料が割高になる傾向があります。 取引所 仮想通貨交換業者の仮想通貨を提供する機能(販売所と取引所)のひとつ。取引所は仮想通貨ユーザー同士が仮想通貨の取引をするためのプラトフォームです。 仮想通貨を売却したい人と購入したい人が集まっていて売買価格を確認することができる「板」と呼ばれるものを見て取引をおこないます。仮想通貨ユーザー同士の取引に手数料がかかりますが、販売所に比べると手数料は割安になります。 アービトラージ 裁定取引とも呼ばれる、取引所同士の価格差を利用して利益を得る取引方法。仮想通貨取引所はたくさんありますが。仮想通貨の売買価格は業者ごとにわずかな差があります。そういった価格差を利用して、安い取引所で購入した仮想通貨を別の取引所で高く売却するなどにより利益を得ることを狙っておこなわれます。 ICO(アイシーオー) 仮想通貨による資金調達方法。ICO=Initial Coin Offeringの略称で、新規仮想通貨公開という意味です。独自の機能や利用方法を設定したオリジナルの仮想通貨を発行し、投資家が仮想通貨を購入することで資金調達が可能になります。投資家は、仮想通貨の発行元が事業成長をすることによって発行された仮想通貨の価格が上がることを期待して投資をおこないます。 ただし、詐欺目的のものも多くあるため投資をする際には注意が必要だと言われています。 空売り FX取引などで利用される、価格が高いときに売却し、価格が安くなった時点で買い戻しその差額で利益を得る方法。現物取引は価格が安いときに購入して高くなったら売却することで利益を得ますが、空売りはその順番を逆にして利益を得られる可能性があります。 仮想通貨技術編 様々な技術が使われている仮想通貨ですが、次はその技術を知る上で必要な7つの用語の解説です。 ブロックチェーン 仮想通貨の基盤となる技術の一部。ブロックチェーンとは分散型台帳技術とも呼ばれる技術で、ネットワークに参加しているユーザーが取引データや処理作業を共有しているため、改ざんされる可能性が極めて低く信頼性が高いことが特徴です。 マイニング 仮想通貨取引の整合性を確認する承認作業のこと。マイニングをおこなう人はマイナーと呼ばれ、作業をおこなった報酬として新規に発行される仮想通貨が与えられます。報酬として新規コインが与えられることから、金の採掘になぞらえてマイニング(採掘)と呼ばれています。 ウォレット 仮想通貨を保管する電子上の財布のようなもの。大別するとインターネットに接続される時間の長いホットウォレットと、インターネットからは切り離されたコールドウォレットがあります。 P2Pネットワーク 中央にサーバーを必要としなくても、個人の端末同士が対等にデータの提供やアクセスをすることによって成り立つネットワークのこと。中央管理者が不在のため、管理者によって故意にデータの改ざんなどをされる危険性が少なく外部からの攻撃が集中しにくいことが特徴です。 プルーフ・オブ・ワーク(PoW) マイニングをおこなう際に、どのマイナーがおこなった承認を正しいとするかを決めるルール(コンセンサスアルゴリズム)のひとつ。コンセンサスアルゴリズムの中でも、マイニングの作業量を評価するアルゴリズムがプルーフ・オブ・ワーク(仕事量による証明)です。ビットコインのマイニングに採用されており、もっとも早くおこなわれたマイニングを正とするものです。この他に、プルーフ・オブ・ステーク/PoS(掛け金による証明)というルールもあり、これは仮想通貨の保有量に応じて承認者を決めるなど、さまざまなルールがあります。 半減期 マイニングの報酬が半減するタイミングのこと。発行上限が決められているコインであれば新規発行されるコインの量が減ることで、すでに発行済のコインの価値は上昇する可能性があります。 秘密鍵・公開鍵 仮想通貨の取引で必要な暗号情報。公開鍵は銀行の口座番号のようなものであり、秘密鍵は暗証番号のようなものです。安全に仮想通貨を管理するためには秘密鍵は絶対に他人に知られてはいけないものです。 仮想通貨ネットスラング編 最後はネットスラング編です。仮想通貨のネットスラングは、株などのスラングからきたものが多いようです。ネットで仮想通貨について調べていると見かけることの多い6つの用語を見ていきましょう。※ネットスラングには明確な言葉の定義がない場合も多く、ウェブ上でさまざまな使われ方をしています。こちらで紹介している意味などは2018年12月時点のものです。 億り人(おくりびと) もともとはFXや株などのコミュニティで利用されていたネットスラング。仮想通貨取引で莫大な利益を上げ、言葉通りに1億円以上の利益を得た人を指します。仮想通貨のスラングでは比較的有名なものです。 草コイン アルトコイン(ビットコイン以外のコイン)の中でも時価総額が低く、ほとんどの人から注目されていない仮想通貨のこと。価格が低い反面、上昇すれば大きな利益を得られる可能性があります。 ガチホ 価格変動にかかわらず、長期で仮想通貨を保有し続けることを示す言葉。「ガチガチのホールド」や「ガチでホールド」「ガッチリとホールドする」など語源は諸説あるようです。価格の変動があっても仮想通貨を保有し続け、長期的な目で見て利益が出るまで待つことやそういった投資スタイルを指します。 イナゴ 価格が上昇しそうな仮想通貨(有名な投資家が良いと言っている、企業との連携があるなど)に、短期トレードで利益を出そうとして集まる投資家のこと。トレーダーがいっせいに集まり価格変動させた後に、また別の仮想通貨への取引へと移っていく様子が、秋に田んぼの稲穂に一気に集まり食い尽くした後に別の田んぼへと移っていくイナゴに例えられて利用されています。 ガラ 一気に価格が大暴落する様子のこと。世界的に有名なナイアガラの滝に例えて「ガラ」と表現しています。 ゴックス(GOX) 保有しているコインを失うこと。2014年2月に取引所を運営していたマウントゴックス社からビットコインが大量に盗まれましたが、この事件が言葉の由来と言われています。送金などの自分のミスによってコインを失った場合は、セルフゴックスと言うこともあります。 まとめ ここまで4つのカテゴリに分けて専門用語を解説してきました。多くの専門用語が飛び交う仮想通貨の世界では、知らない言葉が出てくると内容を理解することも難しいと思います。しかし、1つ1つの用語を丁寧に理解していけば、内容の理解も進みやすくなるでしょう。 初心者にとっては知らない用語がたくさん飛び交いますが、知識を増やしていくことは安全に取引をおこなうためにも重要なことです。 そのため、これから仮想通貨を始めてみようという方は、わからない用語があれば少しずつ理解していきましょう。 仮想通貨取引所を探す その他の新着記事一覧はコチラ
あなたはどこまでわかる?初心者のための仮想通貨用語まとめ
仮想通貨
マネーフォワードモール編集部 | 2019/05/17

仮想通貨のロスカットとは?仕組みやメリット・デメリットを解説

仮想通貨のことを調べているとロスカットという言葉が出てきます。FXで利用される言葉ですが投資の初心者の方であれば、少し難しい言葉かもしれません。 今回は仮想通貨FXにおけるロスカットについて、仕組みやメリットやデメリットについて解説します。 仮想通貨のロスカットとは? まずロスカットとは、どのような取引方法で利用されるものか、そしてどのような仕組みで適応されるかについてご紹介します。 仮想通貨FXで使われる仕組み ロスカットとは、仮想通貨FXで使われる仕組みです。仮想通貨FXではレバレッジをかけた取引が可能であることが特徴です。 レバレッジとは「テコの原理」を示す言葉です。レバレッジを利用することで、預けた資金の数倍の取引をおこなうことができるため、預けた資金よりも大きな額の取引が可能で、一般的には「レバレッジをかける」という言い方をします。レバレッジをかければ預けた資金よりも大きな取引ができるため、より大きな利益を得ることができる可能性があります。 しかし、相場が予想とは異なる動きになると、損失も拡大する可能性があるためハイリスク・ハイリターンな取引方法と言えます。 自動的に決済される仕組み ロスカットとは各取引所に設定された仕組みのことです。仮想通貨FXにおいて、レバレッジをかけると、損失が増える可能性があることはご紹介しました。レバレッジ取引をおこなえば、大きな取引をすることができるため、場合によっては預け入れた資金を大きく上回る損失を被る可能性もあります。 しかし、ロスカットが適用されれば、投資家が大きな損失を被ってしまうことを避けられる可能性があります。 取引所が定めている一定の基準に損失が到達すると自動的決済がおこなわれるため、損失額が無制限に増える前に取引を強制終了することができます。仮想通貨FXでレバレッジをかけることは大きなリスクを背負うことになりますが、ロスカットという仕組みによって、投資家は大きすぎる損失を被る可能性を低くすることが可能です。 証拠金維持率は取引所ごとに違う ロスカットは、取引所によって設定されたルールに到達すると適用されると解説しましたが、具体的な適用ルールとは「証拠金維持率を下回った場合」です。そして、証拠金維持率は取引所ごとに違うため、利用する際には事前に確認することが大切です。 また、追証(おいしょう)という制度がある取引所では、証拠金維持率を下回るとロスカットの前に追証という制度が適用されます。追証とは追加で証拠金を支払わなければならない制度で、これを支払わないと取引は強制終了となります。 そのため、追証とはロスカットされる前に含み損(確定していない実質上の損失)が大きくなっていることを知らせるアラートのようなものと考えて良いでしょう。 しかし、追証は取引所によっては設定がない場合もあるため、この点も注意しておきましょう。 ロスカットの2つのメリット ロスカットの仕組みや発動条件はご紹介しましたが、次はメリットについてご紹介します。ロスカットのメリットとしてあげられるポイントを紹介していきます。 投資家の資産を守る レバレッジ取引は取引可能な額が増えるため、損失も預け入れた資金以上になってしまう場合があります。あまりにも大きな取引をしている場合には、投資用に想定している資金を失うことも考えられます。 また、投資用に用意した資金だけでは損額を支払うことができず、借金を抱えてしまう人もいるようです。 しかし、ロスカットという仕組みは自動的に適用されるため、大きすぎる損失を被ることを防ぐ可能性があります。投資家保護の措置としてのメリットが考えられます。 損失額を大きくしない レバレッジは取引所によって設定が違います。5倍のレバレッジがかけられるところもあれば、20倍のところもあります。 例えば、レバレッジを5倍で取引をする場合、預けた資金が10万円なら50万円相当の取引ができます。同様に、20倍のレバレッジで取引をする場合は、預けた資金が10万なら200万円相当の取引が可能になります。このように扱える金額が増えれば増えるほど損失が大きくなる可能性も同様に増えてしまいます。 しかし、ロスカットは設定されたルールをもとに適用されるため、そのような事態になることを未然に防ぐ可能性があります。つまり、損失額が無尽蔵に増えていくことに歯止めをかける役割があります。 ロスカットのデメリット ロスカットは大きな損失を被らないためには重要な仕組みですが、デメリットとなる場面もあります。ロスカットは確定されていない実質的な損失(含み損)が増えることによって、設定された証拠金維持率を下回ればロスカットは自動的に適用されます。自動的にロスカットがおこなわれることによって、損失を大きくしないためにはメリットがある一方で、投資家の考えとは関係なく適用されてしまいます。この損失を自動的に確定してしまう点がデメリットになり得ます。 デメリットになる理由としては以下のようなパターンがあります。 損失を挽回する機会がなくなる 一般的には相場が一時的に下がった場合でも、長期的に見れば上昇する場合もあります。このような状況の場合には、一時的に損失は出ていても今後仮想通貨の価格が上昇することによって挽回できる可能性があります。 しかし、ロスカットが適用されてしまえば、その機会は失われてしまうことになります。価格の変動が激しい中では、ロスカットがあるためにレバレッジをかけた長期間の取引がおこないにくい可能性があります。 しかし相場が下がると予想できれば早めに決済して、価格が下がりきったところで再度購入すればロスカットによるデメリットは回避できる可能性があります。そのため、ロスカットにおけるデメリットは、投資家の取引方法によっては回避することも可能です。 ロスカットが追いつかないこともある 原則、保証金維持率によって自動的にロスカットされますが、相場が急変した場合などにおいてはロスカットの適用が追いつかない場合もあります。 急激な価格変動によってロスカットが追いつかないと、設定されている証拠金維持率を大きく下回った状態で損失が確定してしまう可能性があります。大幅な損失によって、預け入れをした資金をはるかに超える額の損失を抱える可能性もあります。借金が資金を大きく下回った場合には追加で損失分を支払う必要があるため、この点は気をつけておく必要があります。 ロスカットを避けるための方法 ロスカットが適用されてしまえば取引は終了となりますが、自分が意図するタイミングで損失を確定されてしまうことを避けるにはどのような方法があるのでしょうか? 充分な証拠金を預け入れる ロスカットはが適用される基準は、預け入れた証拠金の維持率であることが一般的です。レバレッジをかけた取引をおこなうときに、預け入れをおこなっている資金(証拠金)が少なければ少ないほど、ロスカットは適応されやすくなってしまいます。 証拠金維持率の計算式は以下のようになっています。 例えば、証拠金維持率が50%でロスカットがおこなわれる取引所において、ビットコインのレバレッジ取引をすると仮定します。なお、口座に預け入れている資金(有効証拠金は10万円とします。) 1BTC(ビットコインの単位)が40万円のときにレバレッジ5倍で取引をするのであれば必要証拠金は下記の通りです。 1BTC(40万円)の取引をレバレッジ5倍でおこなうには8万円が必要となります。 8万円とは別に、預け入れしている証拠金は10万円なので取引前の証拠金維持率は下記になります。 証拠金維持率が、50%でロスカットですので 10万円が4万円になったとき、つまり6万円の損失が出るとロスカットされてしまう(1BTC=34万円になるとロスカット)となります。 しかし、仮に10万円ではなく、30万円を証拠金として預け入れておけば、26万円の損失が出る(1BTC=14万円になる)までロスカットがされることはありません。つまり充分に証拠金を預け入れておけば、急な仮想通貨の価格変動が起こった際でもロスカットされずに取引を続けることができます。 ロスカットの基準となる証拠金維持率の設定が低い取引所を選ぶ ロスカットを避けるということだけを考えると、証拠金維持率は取引所ごとに違った設定になっているため、できるだけロスカットがおこなわれる証拠金維持率の低い取引所を選ぶことも可能です。 しかし、証拠金維持率が低くロスカットがおこなわれない取引では、いざ価格が急落しロスカットされる際に多額の損失が確定してしまうこともあります。例えば証拠金維持率が20%の取引所で先ほどと同じ条件で取引をする場合を想定してみます。口座に預け入れている資金(有効証拠金)は10万円として1BTC(ビットコインの単位)が40万円のときにレバレッジ5倍で取引をするのであれば必要証拠金は以下になります。 先ほどと同様に取引をはじめる前の証拠金維持率は以下になります。 証拠金維持率の設定が20パーセントの取引所の場合、ロスカットがおこなわれるのは となり、10万円の証拠金が1万6千円になったとき、つまり損失が8万4千円(1BTC=31万6千円)になるまで取引が可能です。 しかし、ロスカット時には既に証拠金のほとんどが損失となってしまっており、預け入れた10万円を超える損失を被ってしまう可能性もあります。 ロスカットに耐えうる証拠金を充分預け入れて、こまめに損切りをおこなう方がよいのではないでしょうか。 含み損が少ない内に決済する(取引のルールを自分で決める) ロスカットされにくくするには、含み損が少ない内に決済することが方法として考えられます。 含み損が出てしまったときに早めに損切り(損失を確定させて取引を終了させる)すれば一定の損失は出てしまうものの、ロスカットされる可能性は低くなります。 早めに判断するには決断力が必要になりますが、ロスカットを避ける、または損失を少なく抑えるためには重要なことと考えられます。 これから上がる!という期待を込めて損切りが遅れてしまうということは投資家心理的によくあることなので、投資額の何%の損失が出たら必ず損切りをするというようなルールを設けることも大切かもしれません。 まとめ ここまで「ロスカット」について解説してきました。専門用語のため言葉だけを聞くと難しく感じやすいですが、その内容は投資家を守るための仕組みです。適用されれば自動的に決済されて損失として確定する可能性がありますが、それはあくまでも投資家が大きな損失を被らないようにするためです。 意図しない場面で適用されないようにするには、投資家自身が気をつけて利用することが大切です。 仮想通貨取引所を探す その他の新着記事一覧はコチラ
仮想通貨のロスカットとは?仕組みやメリット・デメリットを解説
仮想通貨
マネーフォワードモール編集部 | 2019/05/17

仮想通貨の問題点とは?デメリットやリスク、注意点を解説

仮想通貨取引所のテレビCMなどで世間一般でも仮想通貨が注目されました。仮想通貨の取引で大きな利益をあげるトレーダーも注目されており、投資の対象として興味を持っている人も多いのではないでしょうか。 しかし、仮想通貨はまだ認知されたばかりであり、問題視されている点もあります。今回は仮想通貨の取引をする上での問題点や、注意すべきこと・デメリットについて紹介します。 仮想通貨の値動きの激しさによる問題点 多くの仮想通貨は誕生してから取引されている期間が株などと比べると短く、価格の変動が激しいという特徴を持ちます。さらに、通貨として利用するのであれば法定通貨(日本円などの法律で認められた、いわゆる現金)の代わりとしてはまだまだ十分に機能しないという問題点があります。 値動きが激しいことを「ボラティリティーが大きい」と言います。ビットコインと円の通貨ペアの値動きは、ドルと円の通貨ペアと比べてボラティリティが3倍以上となることもあります。値動きが激しいことから投資商品として考えると株などと比べてハイリスクなものであり、決済のための手段として考えると、まだまだ使い勝手が悪いというのが現状です。 仮想通貨の値動きが激しい理由 仮想通貨の値動きが激しい理由のひとつには、決済という本来の目的ではなく投資目的で売買されることが多いからという点があります。仮想通貨は現時点では一般のスーパーやコンビニなどでは利用ができないため、決済手段として保有していても使う場所が限定されています。 投資を目的に仮想通貨の取引をする多くの人は、値動きによる売買価格の差額で儲けることを目的として購入しています。ビットコインをはじめとした仮想通貨はまだ歴史が浅く、さまざまな要因が影響して大きく価格が変動します。 また、他の投資商品と同様に、需要と供給の変化が急激になればそれだけ、ボラティリティも大きくなります。一般的に仮想通貨の認知度や人気が高まれば、需要が上がるため価格も上がります。 たとえば、仮想通貨リップルが過去に体験した価格変動として、大手企業や大手銀行がプロジェクトにリップルを採用するというニュースが発表されたことがありました。そのニュースをみて、リップルへ将来性を感じた人が大量にリップルを購入した結果、価格が急上昇しました。 一方で、マウントゴックスやコインチェック事件、中国政府の仮想通貨に関する規制などネガティブな報道があると価格が急激に下がってしまいます。仮想通貨は法定通貨とは異なり、政府のコントロールがありませんので、投資家の売買取引が直接的に価格へ影響が出ます。 また、仮想通貨業界は規定等含めた法律関係の整備がまだ完全ではありませんので、法律的に今後どのようになっていくかを予想しにくいというのも重要なポイントです。ある国が仮想通貨を厳しく規制するなどのニュースがあると、それに反応して値下がりしたりします。 決済手段としての使いにくさ このように仮想通貨は現状では値動きが激しいため、決済手段としては使いにくいという問題点があります。 仮に、ビットコインの価格が一日で10%ほどの値動きがあったとすると、その日のどの時点でのビットコインで買い物をするかによって買えるものが大きく変わってしまいます。 そのため、仮想通貨を決済手段として利用するのであれば日常の買い物をするときも常に仮想通貨の値動きを意識しないといけなくなります。本来は通貨の値動きが激しいと混乱しますので、日本円などの法定通貨は国の中央銀行がコントロールすることで価値が安定するようになっています。 しかし、仮想通貨の場合は国や組織(発行団体)のコントロールを受けないことが特徴でもありますので、需要と供給のバランスが直接値動きに影響するため価格が安定しません。さらには、課税の手間や利用店舗が少ない結果、仮想通貨を日常の決済手段として使っている人はほとんどいないという状況になっています。(2018年12月時点) 仮想通貨取引で損失を被るリスク また、ボラティリティーの大きさから仮想通貨売買で儲ける人がいる一方、損失を被っている人もいるという点もあります。仮想通貨を投資の対象として見た場合、大きく稼げる可能性がある一方で損をする可能性もあるということを知っておく必要があります。 実際の過去の例では、2017年の年末ごろから主要仮想通貨の価格は急上昇しましたが、2018年の1月には短期間で価格が半分になってしまいました。短期間に大幅な値下がりをする可能性があるということに注意して取引する必要があります。 取引で利益が出ても税金に要注意 また、仮に大きく儲けても翌年に多額の所得税が発生します。投資経験などが少なく確定申告がはじめての人は戸惑うこともあるかもしれません。仮想通貨の売買で確定した利益は雑所得に分類されます。雑所得は所得税に所属し、所得税は累進課税といって利益が大きければ大きいほど税率が高くなる課税方法を取っています。課税率は最大で55%の税率となります。 所得税は利益が確定した翌年に課税されるため、利益を仮想通貨によって得ていると多額な納税をすることになり驚いてしまう人もいるかもしれません。 ハッキングや流出のリスク 仮想通貨には法定通貨のように中央管理者がいないため、紛失や流出が起きた場合に仮想通貨に投資した財産分を失う可能性があります。仮想通貨の扱い方や保管方法は自己責任ということを再認識しておく必要があります。 ハッキングやウイルスの問題 仮想通貨の取引時にはPCやスマホのセキュリティー対策が重要になります。仮想通貨はデータとしてのみ存在しますので、ハッキングやウイルスに狙われてしまうポイントが複数あるという問題点があります。 ネットバンキングを除く日本円のような法定通貨はお札や硬貨という物理的な実体がありますので、紛失さえしなければ失ってしまう可能性は高くありません。仮想通貨自体が、ハッキングされて根幹から消失するというようなことは今まで起こっておらず、起こる可能性はかなり低いとされています。 しかし、仮想通貨はウォレット(仮想通貨を保管する電子上の財布)をインストールしているパソコンやスマホがハッキングされてしまうと、勝手に送金されてまったり、消失してしまうリスクがあります。また、ウイルスが原因でパソコンやスマホが故障してしまい、仮想通貨の送金ができなくなるというリスクもあります。 取引所に預けても安全とは言い切れない 購入した仮想通貨を仮想通貨取引所に預けておいても完全に安全とは言い切れません。ご存知のように2018年に大手取引所のCoincheck(コインチェック)から大量の仮想通貨が流出していますし、金融庁の登録を済ませていたZaif(ザイフ)でもハッキング被害が発生しています。 日本円のような法定通貨は銀行に預けておけば基本的に安全であると考えられていますが(銀行も不正払出について100%は保証していません)、仮想通貨は取引所が法定通貨の銀行ほどに体制や保証などが整ってはいないため、現状では自分で管理する必要があります。 お小遣い程度の金額なら問題ないと思う人もいるかもしれませんが、仮想通貨を大量に長期保有するなら、ハードウェアウォレットやペーパーウォレットと呼ばれるインターネットに接続する時間の短いウォレットで安全に保管しておくべきだと言われています。 仮想通貨の匿名性による問題点 仮想通貨にはビットコインのような決済型、イーサリアムのようなプラットフォーム型など色々なタイプがあります。決済型の仮想通貨の中でもそれぞれ特徴があり、モネロやダッシュなど匿名性の高さが特徴の仮想通貨が時価総額上位に入っています。匿名性が高い仮想通貨はそのことによるメリットがありますが、問題点もあります。 匿名性が高いことによるメリット モネロやダッシュなど匿名性の高い仮想通貨はリング署名やプライベートセンドなどという技術で匿名性が確保されています。そういった技術によって、利用者のプライバシーをしっかりと守ることができます。企業などの組織でブロックチェーンを応用する場合でも、匿名性の高いものは個人情報を保護するために活用できます。 匿名性の高さが問題になる場合も 一方で、匿名性の高さによる問題点もあります。匿名性が高いということは誰が送金したのか分からないということになりますので、マネーロンダリングや脱税目的で使われてしまうリスクがあります。仮想通貨の匿名性が問題視され、犯罪防止などのために仮想通貨が厳しい規制の対象となる可能性があります。 まとめ 今回は仮想通貨の問題点やデメリット、注意すべき点について紹介しました。ブロックチェーンという技術を利用した仮想通貨は将来性が期待されていますが、まだ成熟していないため問題点もあります。仮想通貨を通貨として使う場合でも、投資対象として売買する場合でも、リスクや問題点についてしっかりと把握しておくことが大切です。 仮想通貨取引所を探す その他の新着記事一覧はコチラ
仮想通貨の問題点とは?デメリットやリスク、注意点を解説
仮想通貨
マネーフォワードモール編集部 | 2019/05/17

仮想通貨のロックアップとはどんなもの?おこなう理由と事例解説

仮想通貨にはたくさんの種類がありますが、通貨によっては特定の団体により発行されているものもあります。発行をおこなう運営団体が、もし一気に保有する大量の仮想通貨を売ってしまうと、仮想通貨の価格が暴落することが予想されます。仮想通貨の価格が暴落すると、その仮想通貨に投資する人たちは損失を被ってしまう可能性が出てきます。 そのような不安材料を解消するために注目されるのが「ロックアップ」です。今回は、ロックアップについて詳しく解説します。 ロックアップとはどんなもの? ロックアップとは仮想通貨を発行する企業や団体が一定の期間、発行した仮想通貨を売り出さずにいることです。特定の団体により運営・発行されている仮想通貨であれば、発行母体の方針によっては保有する大量の仮想通貨を売ることも可能になります。 しかし、ロックアップがおこなわれると一定期間、発行母体は売ることはできなくなります。では、なぜ仮想通貨の発行をする団体は販売を一時的に停止するのでしょうか。 仮想通貨の値段が一気に下がることを防ぐ 仮想通貨の発行を特定の団体が運営していると、運営団体の方針によっては持ち分の全てを売却するなどにより、需要と供給(欲しい人の数と出回る数)のバランスが崩れてしまう可能性があります。運営団体が保有する仮想通貨を売却し、欲しい人の数をはるかに上回る仮想通貨が出回ると、当然仮想通貨あたりの価格は下がります。 仮想通貨を保有している投資家からすると、そのようなリスクは当然避けたいものです。 仮想通貨の運営団体は、投資家のもつ懸念を解消するためにロックアップを約束することが多いようです。ロックアップをおこなえば、需要と供給のバランを調整することができるため仮想通貨の価格を結果的に高められる可能性もあります。ロックアップは仮想通貨の売却を永久にしないというわけではなく、一定期間を過ぎると「解除」される仕組みになっています。 バーン(焼却)について ロックアップは、期間限定で仮想通貨の売却をしないことで需要と供給のバランスを調整できる可能性がありますが、需要と供給のバランスを調整するものとしてはバーンという方法もあります。バーンは焼却するという意味で、一定量の仮想通貨を永久に使えなくする方法です。 バーンの目的は発行する仮想通貨の全体の量を減らすことで需要と供給のバランスを調整することです。ロックアップは期間限定のものですがバーンは永久的なもののため、期間に違いがあることが特徴です。 ロックアップをおこなう意味とは? 需要と供給のバランスを調整するための方法としてロックアップがあるということをご紹介しましたが、ロックアップを実施することで、どのような影響があるのでしょうか。 保有者の不安を解消する 先ほどもご紹介したように、運営団体が大量の仮想通貨を保有している場合には、一度に売却されることにより需要と供給のバランスが崩れ価格が下落する可能性があります。ロックアップをおこなうことによる影響の一つとして、このような保有者の不安を軽減することにあると考えられています。 ロックアップがおこなわれると仮想通貨の価格が上昇する可能性が増し、逆に価格が急落することを防げる可能性があります。 流動性を高めること 大量に保有している団体があることは、すでに仮想通貨を保有している投資家の不安要素となるだけではなく、新しく仮想通貨を購入しようと検討する投資家の不安要素にもなります。新規の購入を検討する投資家の不安要素が多ければ、仮想通貨の流動性が低下する可能性もあります。 仮想通貨の流動性が低下すれば価格自体も下がる可能性があります。ロックアップをすることにより仮想通貨の流通量(供給)が少なくなるため、需要が高まることが予想されます。需要が高まるということは購入したい人の増加につながるため、流動性は高まる可能性があります。 ロックアップをおこなう影響の一つには仮想通貨の流動性を高める側面もあると考えられています。 信頼を得ること 発行団体によって仮想通貨が一度に大量に市場に売却されることがなくなれば、価格が一気に下がる可能性は低くなるため、投資家にとってはその仮想通貨に投資しやすくなると考えられます。今後の事業に対する本気度や意気込みを投資家に見せるという影響もあるかもしれません。 ロックアップをおこなった仮想通貨とは? これまでにロックアップをおこなった通貨にはどんなものがあるのでしょうか? 次はロックアップがおこなわれた過去の具体的な事例を見てみましょう。 ⒈ Ripple/リップル リップルは送金に関する課題の解決が期待されている仮想通貨です。リップルは1,000億XRP(リップルの単位)が発行済みですが、2017年12月の段階でリップル社は発行された通貨の6割ほどの、630億XRPを持っていました。リップル社の保有する仮想通貨の550億XRPをロックアップすると発表し、12月8日に実施しました。 ロックアップ されたリップルは徐々にロックアップを解除され55カ月間(約4年半)をかけて全てのロックアップを解除する予定です。予定通りであれば2022年にロックアップの解除が完了します。ロックアップされたリップルは2018年以降の毎月1日に10億XRPずつ解除されますが、各月に10億XRPに到達せずに残ったリップルは、再び55ヶ月の間ロックアップされる予定だそうです。 ⒉ TRON/トロン トロンとは、コンテンツを作るクリエイターを保護し、コンテンツの質を上げるシステムを構築することを目的とするプロジェクトの仮想通貨です。トロンという仮想通貨は2017年12月から2020年1月まで、運営団体が持っている約332億TRXをロックアップすると発表しました。また、2018年6月25日には10億TRX(仮想通貨の単位)当時の価格で約55億円、11月1日には約902億円相当の仮想通貨をバーンしたと発表しています。 なお、トロンはこれまでに複数回のバーンをおこなっています。 ⒊ ZAIFトークン・CMSトークン ZAIFトークンは仮想通貨取引所のZaifで取引が可能で、Zaifを運営する企業が運用するICOプラットフォーム(仮想通貨の資金調達のプラットフォーム )などでの利用が見込めます。仮想通貨取引所Zaif(ザイフ)を運営しているテックビューロ社は、2017年10月にCMSトークンとZAIFトークンをロックアップすると発表しています。CMSトークンとZAIFトークンは仮想通貨取引所Zaifが発行しているオリジナルの仮想通貨(トークン)です。 2018年12月末日まで総発行枚数の25%にあたる22.5億Zaifをロックアップするそうです。取引所Zaifはハッキングの被害を受け、2018年11月22日にフィスコに事業譲渡されました。 ⒋ NANJCOIN/NANJコイン NANJCOINはスポーツ関係者に特化した独自のネットワークを作り出すことで、より深いスポーツの魅力を引き出すことを目的に日本で開発された仮想通貨です。2019年5月まで45億NANJのロックアップを予定されています。 NANJCOINの総発行枚数は300億NANJのため、45億NANJは総発行枚数の15%となります。 まとめ いかがでしたか?ロックアップとは何か、どのようなことを目的におこなれるかのかをご紹介しました。仮想通貨のメリットを語られる際には、特定の発行母体が存在しないという非中央集権型の運用体制があります。 だからこそ、特定の団体が運営する仮想通貨にはデメリットを語られることがありますが、ロックアップなどによってそれらの不安を解消しようとする動きがあります。 今後も様々な仮想通貨でロックアップはおこなわれるかもしれませんが、そのような背景にどのような目的があるのかに注目してみるのもいいかもしれません。 仮想通貨取引所を探す その他の新着記事一覧はコチラ
仮想通貨のロックアップとはどんなもの?おこなう理由と事例解説
仮想通貨
マネーフォワードモール編集部 | 2019/05/17

仮想通貨のハードフォークとは?目的やメリット・デメリット紹介

ハードフォークとは難しそうな仮想通貨の専門用語ですが、その意味はもともと1つだったコインが分岐(分裂)し2つになることです。 しかし、仮想通貨が分岐し2つになると聞いてもどんなことなのかすぐには理解できないという人が多いかもしれません。 この記事では、ハードフォークの目的、ソフトフォークとの違い、メリット、デメリット、過去にあった事例と分けて初心者の方にもわかりやすく解説していきます。 ハードフォークにはどんな目的がある? ハードフォーク(仮想通貨の分岐・分裂)は何を目的にされているのでしょうか?基本的に仮想通貨のハードフォークは、仮想通貨をよりよりものに改善するためにおこなわれます。仮想通貨が分岐し2つになることはあくまで結果であり、目的ではありません。 ではどのような目的のためにハードフォークがおこなわれたことがあるのでしょう。 最初に、その目的として例を2つ見ていきましょう。 目的①スケーラビリティ問題の解決 1つ目の目的は「スケーラビリティ問題の解決」です。スケーラビリティ問題とは、簡単に説明すると仮想通貨の利用者が多くなったことで処理速度が遅くなる問題のことです。 処理速度が遅くなってしまうと取引処理にかかる時間が長くなり、スムーズに取引をおこなえなくなりますし、手数料が高くなることにもつながります。一般的に、利用者が多くなることは良いことと捉えられるかもしれますが、処理速度が遅いままではせっかく増えた利用者が将来的には離れてしまうかもしれません。 ハードフォークは仮想通貨の形式を大きく変えることができるため、処理速度を改善する有効な方法の一つとして考えられています。 目的②ハッキングの事後処理 2つ目は「ハッキングの事後処理」を目的としておこなわれるケースです。仮想通貨の根本となる技術であるブロックチェーン自体がハッキングの被害にあったことはありませんが、悪質なハッカーによってハッキングの被害を受けることがあります。 ハッキングされた一例として、2016年6月にはイーサリアムという仮想通貨プラットフォームから生まれたプロジェクト「The DAO」でハッキング事件が発生しました。通称「The DAO事件」と呼ばれていますが、ハッキングによって当時の価格で約65億円相当のイーサリアムが盗まれています。ここでイーサリアムの開発をおこなうコミュニティはハードフォークをおこなうことによって盗まれる前のブロックチェーン(取引記録)の状態に巻き戻しました。 ハードフォークとソフトフォークについて ここまでは目的について説明してきましたが、同様に仮想通貨の改善を目的としておこなわれるものに「ソフトフォーク」と呼ばれるものがあります。 次に、ソフトフォークとハードフォークの違いを見ていきましょう。 ハードフォークについて ハードフォークが実施されると、もともと1つの仮想通貨だったものが別々の価値を持った2種類のコインになります。例えば、ビットコインとビットコインキャッシュはもともと、ビットコインという同一の仮想通貨でしたが、ハードフォークによってビットコインキャッシュが誕生しました。 ビットコインは今までのブロックチェーン情報を引き継いだままで、ビットコインキャッシュは異なるブロックチェーン情報となりました。もともと一つだったブロックチェーン情報を書き換えることや機能が変わるため同一のブロックチェーン上には存在できず、互換性のないアップデートと言われたりもします。 ソフトフォークについて ブロックチェーンの機能(スペック)を特定の部分から変更するハードフォークと異なり、ソフトフォークはブロックチェーン全体の機能を改善するアップデートです。ハードフォークがおこなわれるとブロックチェーン自体が2つに分かれるため2つの通貨が存在することになりますが、ソフトフォークでは一時的な分岐に留まり、最終的には1つの形式に収まることが特徴です。 そのため、ハードフォークは仮想通貨の大きな分かれ道と考えられますが、ソフトフォークはその後に与える影響は小さいものと考えられています。 ハードフォークの2つのメリット 分裂するハードフォークにはどんなメリットがあるのでしょうか?ハードフォークのメリットを2つに分けて見ていきましょう。 仮想通貨銘柄の機能が高くなる 1つ目のメリットとしてあげられることは、スケーラビリティ問題などのような既存の仮想通貨の抱えていた課題が解決されることです。スケーラビリティ問題は処理速度が遅くなることと解説しましたが、これを解決できれば性能が良くなることが予想されますし、仮想通貨の実利用が一般的となる可能性が広がります。 仮想通貨業界のことを考えると、流通量の多い仮想通貨の機能が改善されると実利用の可能性が広がりますし、実利用が仮におこなわれると仮想通貨自体の価格が上がる可能性もあります。 新しい仮想通貨がもらえるかもしれない 2つ目のメリットは、新しく発行された仮想通貨を付与される可能性があることです。ハードフォークが実施され、新たに仮想通貨が誕生しても流通量が少なく、利用する人がいなければ機能改善をおこなう意味があまりありません。 だからこそ、分裂して生まれた仮想通貨の基となる仮想通貨を保有している人へ、同数の新しい仮想通貨を付与するというプロモーションがおこなわれることがあります。 ハードフォークによって新しく生まれた仮想通貨の価値は低いことが一般的ですが、基となる仮想通貨を保有している人は実質無料で新しい仮想通貨を得ることができるため、利用者にとってはメリットと考えられます。(仮想通貨を保有するウォレットを管理する仮想通貨取引所によって、新通貨付与の対応は異なります。) ハードフォークの3つのデメリット ハードフォークには問題を解決できる可能性があるものの、デメリットが無いわけではありません。ここから3つのデメリットを解説していきます。 分岐もとの仮想通貨の利便性が低下する可能性がある ハードフォークでは古い形式から新しい形式に変わりますが、上で解説したように互換性はないためハードフォークが実施され、新しい通貨へマイナー(仮想通貨の取引処理や承認をおこなう人)が集中すると古い仮想通貨の価値が下がってしまうことがあります。 極論、古い形式の仮想通貨の取引処理や承認をおこなうマイナーがいなくなれば仮想通貨は非常に不便なものとなるからです。 また、ハードフォークの計画がすべて順調に行くわけではなく、送金などにおいてトラブルが生じる可能性もあります。 相場が急変するかもしれない ハードフォークが実施されるタイミングの前後には、相場が急変する可能性があります。実際に、ビットコインがハードフォークの実施が計画されていた時期には価格が大きく変動したことがあります。 価格が変動する原因はいくつかありますが、一つには仮想通貨の信頼性が低下するという可能性があります。 ビットコインのように、特定の人や組織が管理しないこと(非中央集権)であることをメリットしている仮想通貨において、機能改善とはいえシステムが変えられてしまうことに信頼性が損なわれると考える人がいるようです。 そのため、もし自身が保有する仮想通貨でハードフォークがおこなわれる予定があるようなら、こまめに最新情報をチェックすることが大切です。 取引が停止される 取引所ではハードフォークで相場が急変することや予想外のトラブルを予想して取引が停止されることがあります。対象のコインの取引や送金は停止されるため、取引を予定している場合は早めに済ませておくことが大切かもしれません。 また、ある程度のエラーやトラブルが起きることも事前に想定しておくと良いかもしれません。 これまでにあったハードフォークの2つの事例 最後に、これまでにハードフォークにより新しい仮想通貨が生まれた事例を2つ紹介します。 事例①ビットコインとビットコインキャッシュ 仮想通貨の代名詞ともいえるビットコインは2017年8月1日にハードフォークをおこない、ビットコインキャッシュが新たに誕生しました。それぞれ名前が似ているため、聞いたことがあるという方も多いのではないでしょうか。この事例では、スケーラビリティ問題(処理速度が遅い問題)に対する解決方法は二つありました。 一つは、取引情報を処理するための能力(ブロックサイズ)を高めることで、この方法にはブロックチェーンの互換性がなく仮想通貨の分岐を起こすハードフォークでした。 もう一つは、処理能力はそのままに取引データを圧縮することで処理速度の解決をはかるソフトフォークでした。 二つの解決方法をめぐってビットコインの開発をおこなうコミュニティ内で対立が起こり、解決方法をそれぞれ採用した形となりました。つまり、ビットコインはソフトフォークをおこない、対立したグループがハードフォークをおこなったことで、ビットコインキャッシュが誕生しました。 事例②イーサリアムとイーサリアムクラシック イーサリアムでは「The DAO事件」と呼ばれるハッキング被害の際にDAO事件の被害者を救済するためにも、被害を受けたという取引情報そのものをなかったことにするためにハードフォークが実施されました。 この事件ではイーサリアムの仕組み自体には問題がなかったことや、被害をなかったことにするハードフォークを中央集権的(特定の人や組織が管理する)な介入だと考えたコミュニティのメンバーたちは、元のイーサリアムの形式を利用し続けることにしました。 こうして、結果的にイーサリアムクラシックは誕生しました。 まとめ 仮想通貨のハードフォークについて解説してきました。現在、仮想通貨はたくさんの種類が存在していますが、ハードフォークは仮想通貨の種類に関わらず実施される可能性があります。 実施時には価格の変動を含め混乱が起こることが予想されるため、保有している仮想通貨で予定されている場合には最新情報をこまめにチェックしておきましょう。 仮想通貨取引所を探す その他の新着記事一覧はコチラ
仮想通貨のハードフォークとは?目的やメリット・デメリット紹介
仮想通貨
マネーフォワードモール 編集部 | 2019/05/17

仮想通貨の使い道とは?投資目的だけではない使用方法を解説!

2017年は仮想通貨への投資が盛り上がり空前の仮想通貨ブームが起こりました。その価格変動の大きさから投資の方法だと捉えられている人も多いかもしれません。 ですが、仮想通貨の使い道は投資だけではありません。今回は、仮想通貨の使い道を解説します。 仮想通貨を用途に分けて分類 仮想通貨は投資目的以外でも用途別に以下の3つに分類されます。 1.決済型 2.送金型 3.プラットフォーム型 仮想通貨はたくさん存在し、今もなお、開発されている仮想通貨もあります。全ての種類が上記の3つに分類されるわけではありませんので基本的な分類として考えておいてください。 それぞれの用途に関して詳しくみていきます。 仮想通貨の使い道1(決済型) 決済型という名前のとおり日本円や米ドルなどと同様でモノやサービスを購入した際の支払いにも使えるようになることを目的として作られた仮想通貨になります。 決済型の仮想通貨ってどんなものがある? 決済型の仮想通貨にはビットコイン、ビットコインキャッシュなどがあります。なかでもビットコインに関しては実店舗や通販サイトで利用できるお店が増えてきています。 仮想通貨が利用できるお店は? 仮想通貨を決済方法として使える実店舗としてビックカメラ、メガネスーパーなどがあります。メガネスーパーは一時、ビットコインでの支払いが停止していた店舗もありましたが再開されています。 また、ネム、ビットコイン、ビットコインキャッシュ、モナコインなどで飲食代を支払うことができる飲食店などもあります。 他にも、国内最大手の仮想通貨取引所であるビットフライヤーはビットコイン専用のネットショップをリリースしており、口座を持つ方が決済に利用しやすい環境を提供しています。 仮想通貨を決済に利用するメリット 仮想通貨を決済手段として使うのはメリットもある反面、デメリットもあります。まずあげられるメリットは、決済時のセキュリティの高さです。 日本の店舗ではあまりイメージができませんが、クレジットカードなどの決済をおこなう際に店員がクレジットカード情報を盗み見し、その情報で不正利用をするという事件が起きているようです。 仮想通貨を利用した決済では店頭で決済情報を盗むことはクレジットカードよりも比較的困難であると言われています。さらに、送金スピードのはやい仮想通貨であれば決済をリアルタイムで確認できます。 また、仮想通貨は国境に利用を制限されることはありません。法定通貨(日本円などのように法律で定められた通貨)のように両替の必要なく利用ができるため海外での利便性にも優れます。 仮想通貨を決済に利用するデメリット 一方、デメリットは仮想通貨の価格変動が激しいため決済時に不利になる可能性がある点です。 例えば、ビットコインを購入した時に1BTC(ビットコインの単位)=50万円だったにも関わらず、決済時のレートが利用する際に1BTC=25万円に変動していれば、決済時にたくさんのBTCが必要となります。極論ですが、商品を選んでいる間にビットコインの価格が暴落すれば、手持ちのビットコインでは決済できない場面も想定できます。 また、日本の法律では決済に仮想通貨を利用すると利益確定と見なされ課税対象となることもデメリットといえます。このため、仮想通貨を決済に利用することは、現状ではデメリットが目立っているのではないかと考える人もいます。 仮想通貨の使い道2(送金型) 次に送金型の仮想通貨について解説します。送金型の仮想通貨は国内外における銀行間の送金にある不自由を解決することを目的に作成されている仮想通貨です。銀行間の送金ができると聞いただけではあまりメリットがピンとこないかもしれません。現在の銀行間の送金仕組みを見ていきましょう。 誰かにお金を送る時、私たちは銀行のATMや窓口に出向き(もしくはネットバンキング)、必要な手続きをおこない送金します。この際に送金(振込)手数料を支払うのですが、相手に届くには時間がかかります。これが国際送金なら手数料も時間もさらにかかります。 そこで注目されているのが送金型の仮想通貨です。現在、たくさんの仮想通貨の中でも送金型の仮想通貨は実利用という点においては多くの注目を集めています。 送金型の仮想通貨ってどんなものがある? 送金型の仮想通貨で代表的な銘柄はリップルです。独自のネットワークを構築し加盟している銀行などの金融機関であれば国内外問わず迅速な送金が可能になります。手数料は通常の銀行間での送金よりも格安になり、24時間365日いつでも送金ができることも仮想通貨の大きな魅力です。 仮想通貨の送金のメリットと活用場面 リップルのネットワークを使った国内外の送金は現在、構築段階であり日本円の送金のリスクは少ないため、身近に感じる機会は少ないのではないでしょうか。(2018年12月時点) しかし、取引所間やウォレット同士の送金ならば比較的手軽におこなうことができます。複数の取引所やウォレットを持つ方なら送金を経験することはありますが、自分の資産を移動させるために送金すると数分程度で完了します。(銘柄により送金時間は異なります) 将来的には、現在の取引所間の送金と同様、法定通貨の送金もスムーズにおこなえることに期待されています。 仮想通貨の使い道3(プラットフォーム型) プラットフォーム型の仮想通貨は大きな可能性を秘めている仮想通貨です。決済型や送金型も魅力的ですが、プラットフォーム型は違う特徴があります。 「プラットフォーム」と聞くと難しく感じてしまいますが、英単語の意味として基盤や土台という意味があるように新たな仮想通貨の土台になる銘柄がプラットフォーム型です。プラットフォームの例としてパソコンを例に説明すると、プラットフォームとしての基礎部分はオペレーティングシステム (OS) 部分を指します。OSとはWindowsやMac OSなどのことで、ユーザーはOSがあるからこそExcelやWord、PowerPointなどのようなソフトウェアを利用することができます。 プラットフォーム型の仮想通貨とは、Excelのようなソフトウェアにあたるアプリケーションなどのサービスを作成、利用ができるようにWindowsやMac OSのような基盤としての役割を果たします。 プラットフォーム型の仮想通貨ってどんなものがある? ビットコインやリップルと同様、仮想通貨業界では有名なイーサリアムはプラットフォーム型の代表的な種類として利用されています。イーサリアムのプラットフォームを使えば、独自の仮想通貨を発行することが可能です。 またイーサリアムを利用すれば、ある取引をされた時に自動的に契約がとりおこなわれる(スマートコントラクト)アプリケーションを作成することができます。スマートコントラクトを利用して作成される、運営が自動化されており運営母体のコントロールを受けないアプリケーションであるDapps(Decentralized Applications/分散型アプリケーション)が注目を集めています。 Daaps内には独自の仮想通貨を発行・流通させることができるという特徴もあり、こういった特徴を利用したゲームや仮想通貨の取引所が実際に作成されています。個人がイーサリアムプラットフォームを利用して仮想通貨を発行することなども可能ですが、現状として企業や仮想通貨の作成を目的とする有志のプロジェクトチームが利用しているケースが多いようです。イーサリアム以外ではイーサリアムクラシックなどがプラットフォーム型の仮想通貨になります。 参考:分散アプリケーションの一般理論、Dapps プラットフォーム型の仮想通貨の活用場面 仮想通貨の用途はさまざまです。ビットコインなどもオープンソースが公開されているため可能ですが、プラットフォーム型の仮想通貨を利用すればICO(イニシャル・コイン・オファリング)を比較的簡単にはじめることが可能です。 ICOとは発行した仮想通貨(トークン)を投資家に購入してもらい資金調達を目指すもので、プロジェクトの開発や運用資金などを集めるために利用されます。 投資家はプロジェクトの内容をしっかり把握して将来的に可能性があると判断したプロジェクトが発行する仮想通貨を購入する流れになります。プロジェクトが成功すれば購入した仮想通貨の価格が上昇する可能性があるため、投資家にもメリットがあります。 今後はSTOへという動きもある ICOは今後、STO(セキュリティ・トークン・オファリング)にシフトチェンジしていくと言われています。STOとはセキュリティトークン(有価証券として認められた仮想通貨のこと)を投資家に購入してもらって資金調達するものです。ICOと大きく異なるのはしっかりと規制が作成され、基準に沿ったトークンしかSTOには参加できないことです。ICOは明確な規制がなく詐欺的なプロジェクトも含まれていることも事実です。 その危険性からトークンを株式などのように金融商品化して発行し、資金調達するSTOへのシフトチェンジに注目が集まっているようです。 まとめ 今回は仮想通貨の使い道、用途について解説しました。投資目的以外にも実用化されていることに、期待されています。今後も仮想通貨の使い道は増えていくと考えられるので注目してもいいかもしれません。 仮想通貨取引所を探す その他の新着記事一覧はコチラ
仮想通貨の使い道とは?投資目的だけではない使用方法を解説!
仮想通貨
マネーフォワードモール 編集部 | 2019/05/17

仮想通貨はネズミ講なの?ネズミ講と言われる理由と注意点とは

仮想通貨に関するトラブルが年々増えています。国民生活センターの資料によると、2017年度の仮想通貨に関する相談件数は2,666件と前年度の約3倍となっています。このようにトラブルが年々増えている中、仮想通貨はネズミ講ではないかと考える人もいるようです。 なぜ、そのようなイメージが広まったのでしょうか? この記事では、仮想通貨がなぜネズミ講ではないかと誤解されているのか、また、安全に仮想通貨を取引するにはどんなことに注意すればよいのかを詳しく解説していきます。 仮想通貨はネズミ講?ネズミ講の仕組みについて 国民生活センターの資料によると、2017年度の仮想通貨に関する相談件数は2,666件と前年度の約3倍となっています。 まず最初にネズミ講とはどんな仕組みなのか、そしてマルチ商法との違いについて解説していきます。 参考:仮想通貨に関する様々なトラブルにご注意|国民生活センター ネズミ講の仕組みとは? ネズミ講は無限連鎖講とも呼ばれ、会員を増やすことにより紹介料としての利益を得るグループ(金品の配当組織)やそのシステムのことです。仕組みとしては、グループの会員になるには加入者の支払いが必要となる代わりに、会員となれば他の会員を増やすごとに、紹介料として利益を得ることができるというものです。「会員になれば絶対に儲かる」などと勧誘をすることによって、親会員から子会員、孫会員へとネズミ算式に無制限に組織が増殖していくことが特徴です。 一般的にグループを始めた立場に近い人ほど多くの配当がもらえるため、加入者が増えるほど初期に在籍していたメンバーが得をする仕組みになっています。また、ネズミ講には商品販売が主目的ではなく、金銭のやり取りだけが発生することが特徴です。ネズミ講は法律で禁止されている違法行為です。 マルチ商法との違い ネズミ講と同じように考えられている仕組みにマルチ商法があります。ネズミ講はお金のやり取りだけが目的で新たな会員を勧誘しますが、マルチ商法には商品やサービスが存在するため、その販売を目的として会員を勧誘することがネズミ講との大きな違いです。 ネズミ講は違法行為ですが、マルチ商法は特定商取引法の第33条という規定に即した方法でおこなわれている場合に限り、違法行為ではありません。 仮想通貨がネズミ講と言われるのは何故か? 仮想通貨はネズミ講ではありませんが、なぜネズミ講と同一視をされることがあるのでしょうか。次は、仮想通貨がネズミ講と言われる理由について見ていきましょう。 仮想通貨は仕組みの理解が難しい 仮想通貨について調べていくと、例えばブロックチェーンやマイニングといった専門用語がたくさん出てくるため、仕組みを理解しようとしても初心者には難しく感じてしまうことがあります。仮想通貨はブロックチェーンという技術によって成り立っており、取引の処理や管理を正しく公平にするために、ネットワークに多くの人が参加する仕組みです。 この多くの人が参加するという仕組みが、ネズミ講と勘違いしてしまう要因かもしれません。 そもそもビットコインなどの仮想通貨のプロジェクトは、プロジェクトの意義に共感したメンバーが任意で参加することが一般的ですが、より広く普及されるためにマルチ商法的なプロモーションを利用するプロジェクトもあります。そして、マルチ商法を利用するプロジェクトの中には、そもそも詐欺的な目的を持って運用される仮想通貨プロジェクトもあります。 仮想通貨に関する詐欺 詐欺的な目的を持って運用される仮想通貨プロジェクトが存在することが、仮想通貨そのものがネズミ講と勘違いされる要因の一つでもあるようです。2017年~2018年の初めにかけてはビットコインの価格が高騰し、多くの人の注目を集めました。その後、仮想通貨ブームとなったことにより、多くの人が仮想通貨に興味を持ち始めました。 そういった盛り上がりに目をつけた詐欺事例が確認されています。例えば仮想通貨を利用した詐欺行為に関して、ICOを利用したものがあります。 ICO(Initial coin offering)とは、独自に発行する仮想通貨によって資金調達をおこなう方法のことです。作成予定プロジェクトの資金調達のために、そのプロジェクトで利用可能な独自のコインが新しく発行・販売されます。 ICOによって発行された仮想通貨を資金調達時の価格が低い時期に購入しておけば、プロジェクトが成功し仮想通貨の価格が高くなってから売却すれば利益を得る可能性があります。プロジェクトに可能性を感じた投資者に発行した仮想通貨を購入してもらうことで資金調達をおこなうことができるため、ICOは資金のないプロジェクトのオーナーには非常にメリットのある方法です。 しかしICOでは資金集めだけをおこない、その後プロジェクトを進めないという詐欺的な事例や、プロジェクトが進まず結果的に詐欺のように捉えられるものがありました。このように、新しく生まれた仮想通貨の販売そのものや、仮想通貨の代理販売にマルチ商法的な販売方法を利用するものがあったため、仮想通貨が詐欺やネズミ講だというイメージがついたと考えられます。 マルチ商法?詐欺的なネズミ講?仮想通貨ビジネスのこんな言葉には注意! ・仮想通貨で利益を得ることができたという話題が多く注目された点 ・仮想通貨を理解するために専門的な知識が必要という点 ・仮想通貨の発行自体は特別な資格などがなくても可能である点 上記の理由などから仮想通貨は詐欺的な事例として利用されることが多かったようです。「必ず利益が出る新しい仮想通貨があるが、ここでしか購入できない」と勧誘され、仮想通貨を購入すると、新たな仮想通貨の購入者を紹介すれば配当が与えられるなどのような販売方法があります。 新しい仮想通貨の販売だけではなく、仮想通貨で利益を得るための取引方法のノウハウ教室など、仮想通貨取引に関するビジネスでマルチ商法を利用する業者も存在するようです。全てのマルチ商法を利用した仮想通貨関連のプロジェクトが詐欺というわけではないですが、消費者庁から連鎖販売取引停止命令を出された業者もいます。 では、仮想通貨を安全に取引するには、どのように気をつければよいのでしょうか?注意するべきポイントを紹介していきます。 参考:「仮想通貨」販売で虚偽説明 消費者庁、業者を取引停止][(https://www.nikkei.com/article/DGXMZO22805250X21C17A0CR8000/)|日経新聞 仮想通貨の価格を保証している 仮想通貨は様々な出来事により常に価格が変動します。そのため、特定の仮想通貨の価格を保証しているという勧誘の言葉には注意が必要です。流通している仮想通貨の価格変動は基本的には調整することなどはできないため、特定の仮想通貨を購入すれば「いつまでにいくら儲かる」などと断定することはできません。 「必ず儲かる」という言葉 価格保証と同様に「必ず儲かる」という言葉を使用する勧誘を受けた場合も要注意です。仮想通貨の価格は、上がることもあれば下がることもあります。そのため、利益を得ることこともあれば、大きく損をすることがあります。 仮想通貨は必ず儲かるものではありませんので、「必ず儲かる」などのような勧誘をおこなう業者には注意が必要です。 有名人が応援しているから安心という勧誘をおこなっている 仮想通貨に関するプロジェクトの勧誘の際には、有名人がプロジェクトを応援している、もしくは有名人がプロジェクトに参加しているといったプロモーションをする場合があります。当然、仮想通貨の取引所のテレビCMやイメージ施策のために有名人を起用することはありますが、有名人が推奨しているからという理由でプロジェクトを信用することはやめた方がよさそうです。 ICOなどのプロジェクトには、プロジェクトと全く関係のない有名人をアドバイザーとしてホームページに記載しているものもあるそうです。 グループ内でのみ販売 一般的に広く流通している仮想通貨は仮想通貨取引所で売買ができます。だからこそ、特定のグループ内での販売のみをしているという仮想通貨には注意が必要です。もちろん、理由があってグループ内での販売のみをしている仮想通貨もありますが、流通量が少ない仮想通貨はリスクが高いということを認識しておいた方がよさそうです。 「今だけ購入できる」「他では買えない」そんな勧誘を繰り返しおこなわれる場合には注意しましょう。 購入金額に一定の決まりがある 基本的に取引所で流通している仮想通貨には10万円や20万円といった決められた購入金額はありません。取引所ごとに最小注文数量はありますが、比較的少ない金額で購入することができます。 例えば、仮想通貨取引所のGMOコインでは、0.0001BTC(約73円)から購入できます。(2018年11月時点のレートで換算) 自らの余裕資金を超えるほどの額の購入最低額が設定されている場合などには注意をした方がいいかもしれません。 詐欺被害に巻き込まれたときの対処法 仮に、ネズミ講などの悪徳商法の被害を受けてしまった場合には、消費者庁や国民生活センターに相談することをおすすめします。 消費者庁や国民生活センターのサイトではこれまでにあった詐欺的な事例を閲覧することができるため、怪しいと思ったら事前にチェックしてみましょう。 また、購入するまでに怪しいと思ったら、SNSやネットで情報をチェックすることも重要です。 ネズミ講じゃない!ビットコインの安全性が高い理由 仮想通貨ビジネスと語り、詐欺的な行為がおこなわれる事例は存在しますが、トラブルの原因が仮想通貨そのものにあるわけではありません。そこで最後に、仮想通貨の代表格でもあるビットコインを例に安全性の高さを見ていきましょう。 ブロックチェーンにより改ざんはほぼ不可能 ビットコインはブロックチェーンにこれまで全ての取引が記録されています。もしこれを改ざんしようとした場合には、全ての取引記録を改ざんしなければならず、現実的にかなり困難だと言われています。もし仮に、改ざんがされたとしても、ビットコインの取引記録はすべて公開されているため、他のユーザーが管理するブロックチェーンとの整合性が保てなくなります。 ブロックチェーンという技術により、ビットコイン自体の取引の公平性や安全性は非常に高いと言えます。 少額から取引が可能 ビットコインの取引は少額から可能なため、10万円分など決められた購入最低額を指定されることはありません。金額を指定された話の場合には詐欺の可能性があるため注意が必要です。 ハッキング事件は取引所に原因あり 過去にはハッキングにより仮想通貨が盗まれた事件が起こっています。 しかし、原因は仮想通貨そのものではなく、仮想通貨を扱っている取引所のセキュリティにあったと言われています。 そのため、盗まれた仮想通貨に技術的な落ち度があったわけではありません。 まとめ 仮想通貨がネズミ講と言われる理由やその手口について解説してきました。仮想通貨には決済や送金の手段として将来を大きく変える可能性があります。 技術的には非常に優れた仕組みになっていますが、詐欺目的に利用しようと考えている人達もいます。 これから仮想通貨の取引を始める場合は、そのような詐欺被害を受けないように十分気をつけながら取引することが大切です。 仮想通貨取引所を探す その他の新着記事一覧はコチラ
仮想通貨はネズミ講なの?ネズミ講と言われる理由と注意点とは
仮想通貨
マネーフォワードモール 編集部 | 2019/05/17

仮想通貨とトークンの違いってなに?トークン選びのポイント解説

仮想通貨について調べるとトークンという単語がよく出てきます。なんとなくトークンとは仮想通貨の1種類と考えている人もいるかもしれません。厳密にいうと、トークンとはビットコインやイーサリアムなどのブロックチェーンという技術を利用して作られた仮想通貨のことを指します。 この記事では、トークンと呼ばれる仮想通貨についてのご紹介をします。 仮想通貨とトークンの違いとは? 仮想通貨とトークンの違いを理解するために、仮想通貨の仕組みを支える技術であるブロックチェーン を知っておくべきです。ブロックチェーンとはどのようなものなのでしょうか。 仮想通貨を支える技術、ブロックチェーン ブロックチェーンとは分散型台帳とも呼ばれる技術で、取引の情報を一つのサーバーなどで管理するのではなく、仮想通貨のネットワークに参加するユーザー全員で分散して管理するための技術です。一つのサーバーで管理している場合は、良くも悪くもネットワークが管理者に依存してしまいます。 もし、管理者がネットワーク上の取引を改ざんしたとしても防ぐことは難しく、中央で管理している体制であれば、ハッキングなどの攻撃を集中して受けるかもしれません。 しかし、分散して取引データを管理し取引の処理作業をシステム化することにより改ざんや不正を防ぎ、外部からのハッキングを困難にすることができます。 仮想通貨はブロックチェーン技術を利用して作られている、トークンは? 多くの仮想通貨にはこのようなブロックチェーン技術が利用されていますが、すべての仮想通貨が同一のブロックチェーンで動いているわけではありません。ビットコインにはビットコインのブロックチェーンがあり、時価総額2位で知名度の高いイーサリアムにはイーサリアムのブロックチェーンがあります。(2018年11月時点) それぞれの技術部分において、大まかな部分では似ていますが細部はブロックチェーンを活用する仮想通貨プロジェクトの目的によって違いが出てきます。 たとえばビットコインはあくまで通貨として送金や決済の問題を解決することに焦点が当てられています。いわば通貨としての使いやすさや管理をテーマにした仮想通貨と言えるかもしれません。 イーサリアムはブロックチェーンを利用したアプリ(分散型アプリケーション)のプラットフォームとなることを目的として作成されています。イーサリアムは仮想通貨の名前だと思われていますが、仮想通貨の正式名称はイーサ(Ether)です。イーサはイーサリアムというプラットフォーム上で利用される通貨としての役割を持っています。 ブロッックチェーンを利用したアプリや、人を介する事のない契約システム(スマートコントラクト)の仕組みを作成することを目的として作られたプラットフォームがイーサリアムです。ビットコインやイーサ以外の仮想通貨もそれぞれの目的に応じて作られており、ブロックチェーン技術は使っていますがその細部は異なります。 トークンとは、そのような既にある仮想通貨のブロックチェーンを利用して作られた仮想通貨です。中でもプラットフォームとしての機能を持つため、イーサリアムのブロックチェーンを利用して作成されたトークンは数多くあります。 誰もが作ることができるので大きな可能性を秘めている トークンは既にある仮想通貨のブロックチェーン技術を利用することで作成されたコインだと言われています。現在、ブロックチェーンは大きな注目を集めており、各企業もブロックチェーン技術を持つエンジニアの採用を積極的におこなっている背景があります。 しかし、開発を進める際に一からブロックチェーンを作ると相応の時間とコストがかかります。企業側としては可能な限り短時間でコストを抑えて開発をしたいというニーズがあります。 そこで歴史の長いビットコインや、使いやすく設計されたイーサリアムなどの技術を利用することで開発コストを下げています。開発コストを下げるためだけではなく、根幹のルールが同じであることもメリットです。既存のブロックチェーンを利用してトークンを作成すると、利用したブロックチェーン に対応しているウォレット(電子上の財布)に保管することができるなど、ユーザーにとっても便利な側面があります。 トークンの利用例 日本でよく利用されているSNSのLINEも仮想通貨に注目している企業の一つです。独自のブロックチェーン技術である「Link Chain」をベースにLinkトークンという仮想通貨を作成しているそうです。 現在、日本では購入することができず、国外の仮想通貨取引所BITBOXで海外在住者のみ購入が可能です。 LINEのユーザー数は国内だけでおよそ7600万人、全世界で約2億人が利用していると言われており、ニュースやメディアでも話題になっています。トークンを利用することによって、企業の持つプラットフォームで新しい市場を開拓できる可能性があります。 参照:「LINE Token Economy」構想を発表。|LINE トークンを選ぶ上でのポイント トークンは仮想通貨のブロックチェーンを利用して、誰でも作成することが可能です。そのような特徴を利用して、トークンは資金調達の方法にしばしば利用されます。 今後開発予定のプロジェクト内で利用できるトークンをあらかじめ販売し、資金調達をおこなう方法をICO(Initial Coin Offering/新規仮想通貨公開)と呼ばれています。ICOによって発行されたトークンはプロジェクトが成功した際に価格が大きく上昇する可能性があるため、そのプロジェクトへの将来性を感じた投資家がトークンを購入します。 しかし、トークンは手軽に作れてしまう反面、詐欺的な利用がされることもあるようです。詐欺的なトークンを購入してしまわないためにも、トークンを購入するときは慎重に選ぶことが大切です。トークンを選択する際のポイントをご紹介します。 1.発行体(プロジェクト運営者)の信頼性が高いか トークンの作成元が信頼できる発行体であるかを見極めることが重要です。例えば創業10年以上の歴史という記載があったとしても実際には実態のない会社である可能性もあります。発行する団体自体が実在していること、関与しているのはどのような人かを注目する必要があります。 2.プロジェクトの進行度合いをチェック トークンが発行されるプロジェクトには基本的にホワイトペーパーとロードマップが存在します。ホワイトペーパーはどのようなプロジェクトであるかを説明した資料であり、ロードマップとはプロジェクトにおける今後の開発予定を示したものです。 仮にどちらか、もしくはどちらもないようなプロジェクトで利用されるトークンは購入しないようにしましょう。一般的にはどちらもホームページに公開されているため、都度チェックするようにしましょう。 また、ロードマップを見てプロジェクトの進行度合いを見ることも重要です。進捗が遅れている場合はその原因を確認しないと、プロジェクト自体がとん挫する可能性があるためです。 3.トークンの使い道やプロジェクトの需要があるか ホワイトペーパーには、トークンやプロジェクトがどのように使われるのかを明確に記している場合もありますが、詐欺的なプロジェクトの場合は資金を調達するためだけに構想が大きすぎるものなどがあります。 もちろんに構想が大きいプロジェクトでも優良なものも存在しますが、少なくとも自身がホワイトペーパーを見てプロジェクトや購入予定のトークンの使い道や需要があるかを理解したうえで検討するべきです。 4.トークン発行上限数と調達額を調べる ICOトークンの場合、調達額からどれほどの規模のプロジェクトになるかを予想することが可能です。開発に必要なコストもありますが、予定されているプロジェクトの規模に対して多すぎる調達額を設定しているプロジェクトは注意が必要です。 資金調達のみを目的にして、プロジェクトの成功を考えずにICOをしている可能性があるからです。当然、詐欺をおこなうという悪意がないプロジェクトでも、開発などが上手くいかず頓挫する可能性もあります。ICOによって発行されるトークンは価格が上昇する可能性はあるものの、成功するプロジェクトは極めて低いと考えていてもいいかもしれません。 国内で購入可能なトークンは? 国内の取引所でトークンを購入できるのはZaif(ザイフ )やLiquid by quoine(リキッドバイコイン)などがあります。ZaifはZaifトークンだけではなく国内での取り扱いが少ないトークンの売買をすることが可能で、国内では比較的多くのトークンを取り扱う取引所です。Liquid(リキッド)はQASHトークンの売買が可能です。QASHトークンとは、ICOでは約124億円もの調達をしたトークンです。イーサリアムのERC20というトークンをベースとして作られています。 また、国内取引所ではありませんが海外の取引所に目を向けてみてもいいでしょう。国内在住でも海外トークンの売買は可能です。国内外にさまざまなトークンが存在し、今後も新しいトークンが生まれるかもしれません。トークンの中には価格が一気に10倍以上に上がったものもあります。購入は慎重にするべきですが、仮想通貨取引に興味があるのであれば注目をしてもよいかもしれませんね。 まとめ 今回はトークンについてご紹介しました。トークンは価値が一気に上がり注目を受けることもありますが、ICO詐欺などのケースもあるため、購入を検討する際は慎重になった方がいいかもしれません。既存のブロックチェーンを利用して生み出されたトークンは、新しいサービスの拡大や市場の活性化を促す可能性を秘めています。 今後のトークンの利用ケースに注目してみてはいかがでしょうか。 仮想通貨取引所を探す その他の新着記事一覧はコチラ
仮想通貨とトークンの違いってなに?トークン選びのポイント解説
仮想通貨
マネーフォワードモール 編集部 | 2019/05/17

仮想通貨が盗まれる!?盗まれないようにするためのポイントとは

取引の改ざんや不正に強いと言われることが多い仮想通貨ですが、取引所から仮想通貨が不正に流出したという報道などをたびたび目にします。なぜ、仮想通貨は盗まれてしまうのでしょうか? 仮想通貨が盗まれてしまう要因と、盗まれないようにするためのポイントをご紹介します。 ハッキングに強いと言われている仮想通貨。でも絶対に安全というわけではない 仮想通貨はブロックチェーンという技術を使っています。この技術は、サーバーを一つのところで管理するのではなく、ネットワークに参加するユーザーが分散して管理することができる技術で、改ざんや不正が困難であることが特徴とされています。 実際にブロックチェーンの技術仕様の問題により、ビットコインのブロックチェーン自体がハッキングされた例はありません。(2018年11月時点)仮想通貨のブロックチェーンが画期的である点は、仲介者を必要としない分散型の仕組みである点だと言われています。その仕組みにより情報を正しく保管し、情報が改ざんされたとしても、すぐに原因を突き止め追跡することが可能です。 画期的な技術であるブロックチェーンですが、だからといって仮想通貨はハッキングされることがなく「絶対に安全」と言い切ることはできません。事実、取引所やユーザーが原因で仮想通貨が盗まれることはメディアでもたびたび報道されており、実際に2018年にはCoincheck(コインチェック)やZaif(ザイフ )の仮想通貨流出事件が起きています。 その理由はブロックチェーン以外に問題があるからです。 今回はどういった原因で仮想通貨が盗まれてしまうのか?どうすれば盗まれないようになるのかを解説していきます。 取引所が原因で仮想通貨が盗まれる場合がある 取引所から仮想通貨が不正に流出した事件と原因を見てみましょう。 1.Mt. Gox(マウントゴックス)のケース 最大の規模の取引量だった仮想通貨取引所Mt. Gox(マウントゴックス)から、仮想通貨が流出した事件はメディアで大きく取り上げられ、仮想通貨に対する世間へのネガティブな印象を与えました。 ネットスラングなどでいう「GOXした(仮想通貨を盗まれた or なくした)」という言葉が生まれたきっかけでもあります。2014年2月に不正アクセスにより、マウントゴックスの顧客が保有するビットコインが消失したと報じられました。 顧客の保有する75万BTC(ビットコインの単位)とマウントゴックスが保有している10万BTCの計85万BTC、2014年時点の時価総額で推定470億円前後が消失しました。この事件は大きな話題となり、一時ビットコインの価格が急落しました。 さらに当時の社長であるカルプレス氏自身が横領したのではないかという疑惑も重なり、マウントゴックスは破綻してしまいました。 参考:マウントゴックス破綻 ビットコイン114億円消失|日本経済新聞 2.Coincheck(コインチェック)のケース 2018年1月にCoincheck(コインチェック)が預かっている仮想通貨NEM(ネム)が流出してしまった事件です。被害額はおよそ580億円(2018年度の時価総額)とされ、マウントゴックスの470億円前後の被害額を大きく超えました。この事件は連日、ニュースでも報道され記憶に新しいかもしれません。 Coincheck(コインチェック)の事件でも一部、流出した仮想通貨に問題があったと受け取れるような報道がありましたが、実際はCoincheck(コインチェック)のセキュリティ体制に問題があったのではないかと言われています。 特に問題視された点が、仮想通貨の管理体制でした。 仮想通貨の管理にはウォレットと呼ばれる電子上の財布のようなものが利用されますが、ウォレットは、インターネットに繋がっている時間が長ければ長いほど、ハッキングのリスクが高まると言われています。Coincheck(コインチェック)は流出した仮想通貨の管理をホットウォレットと呼ばれるインターネットにつながったウォレットで保管していたことが事件に繋がった大きな要因とされ非難されました。 参考:コインチェック、580億円分の仮想通貨流出 社長謝罪|朝日新聞 3.Zaif(ザイフ )のケース もっとも直近の流出事件は仮想通貨取引所Zaif(ザイフ )で発生しました。2018年9月にビットコイン、モナコイン、ビットコインキャッシュが盗まれ、合計70億円の被害額となりました。Zaif(ザイフ )の件もCoincheck(コインチェック)と同様にホットウォレットで管理していたというセキュリティ体制に問題があったとされています。 参考:なぜ再び仮想通貨で不正流出? 3つのポイント|日本経済新聞 仮想通貨取引所から盗まれた仮想通貨。一連の事件から見る原因 それぞれの事件に共通している原因はセキュリティ体制の問題であるとされています。セキュリティについてはホットウォレットへの対応は技術的な難しさがあり、人材が不足していたということをCoincheck(コインチェック)は表明しており、取引所のセキュリティを考えるきっかけになったと言われています。 仮想通貨を盗まれないように、ユーザー側ができる対策は? 取引所で発行される仮想通貨の口座を利用すると、簡単に仮想通貨の取引ができるため、非常に便利です。 しかし、取引所であるからこそ、インターネットとの接続をせずにいることは不可能なので100%ハッキングがされずに安全であるという保証はありません。 自身の仮想通貨を守りたいのであれば、取引所が発行する口座ではなく自ら仮想通貨の管理をおこなうハードウェアウォレットと呼ばれるオフラインで仮想通貨を管理できる端末状の製品を購入することがよいとされています。 ハードウェアウォレットとはUSBのようにパソコンに接続して仮想通貨の保管ができる機器で、常にインターネットにつなぐ必要がないためハッキングリスクが低いと言われています。 中古など正規代理店を利用せずに購入した場合は、購入したハードウォレットにウィルスが仕込まれていて、保管した仮想通貨が抜き取られてしまうということもあるようなので、正規代理店から購入することが推奨されています。 ハードウェアウォレットは購入費用が掛かり1万円程度です。自身で管理するため紛失などの恐れがある方であれば、ハードウェアウォレットではなく安心できる管理体制の取引所を選んで保管することも一つの方法です。 取引所で保管する場合は、原則無料となっています。仮想通貨取引所の管理体制をユーザー側で正確に把握することは困難ですので、絶対に安全と言い切れる仮想通貨取引所を選ぶということも困難です。 しかし、取引所を選ぶポイントとしてはいくつかあり、一つがホットウォレットではなくコールドウォレットでの保管をしている取引所を選ぶことです。コールドウォレットはインターネットに常時接続しておらず、必要になった時に都度アクセスして売買や入出金をします。取り扱いしている仮想通貨ごとにコールドウォレットを対応している取引所であればホットウォレットで管理している取引所に比べてハッキングリスクは低くなります。 さらに安全性を高めるのであれば、マルチシグというセキュリティー技術に対応されている取引所がよいかもしれません。マルチシグとはコールドウォレットなどを開けるカギを複数にし、複数の人がそれぞれのカギを保有する方式です。カギを持っているすべての人が許可をしないとコールドウォレットを開けられない仕組みとなっています。この対応により、仮想通貨が流出してしまう可能性を減らすことが可能です。 ユーザーが原因で仮想通貨が盗まれる場合もある 取引所のセキュリティ対策が原因で仮想通貨が盗まれてしまう可能性をご紹介してきましたが、ユーザーが原因で盗まれてしまう場合もあります。以下より、ユーザーが原因で仮想通貨が盗まれてしまうケースに関して考えられる原因を紹介します。 1.パスワードの流出 取引所などで管理している場合、ログインするためにパスワードを入力します。パスワードを不正入手する手法としてフィッシングと呼ばれるものがあります。本物そっくりな取引所などの偽サイトを用意し、ユーザーがログインした際にパスワードを入手する手法ですが、これらの被害を受けてパスワードが流出した場合、不正にアクセスされ仮想通貨を盗まれてしまう可能性があります。対策としては、自分がログインするページが本物のページかどうかをきちんと確認することや、パスワード以外の2段階認証の設定をしておくことがおすすめです。 2段階認証とは、取引所で設定したパスワードとは別に認証に必要なパスワードを設ける方法のことです。仮にパスワードが流出したとしても、2段階認証で不正アクセスを防ぐ(不正アクセスから守る)ことが可能です。もし、携帯電話(スマホ)など直接取引をすることができる端末を盗まれるなど、不正アクセスがされてしまう危険性がある場合は即座に使用停止するように仮想通貨取引所に連絡しましょう。 2.強盗による盗難 イギリスやロシアなどではビットコインを大量に持っている人を狙って強盗をする事件も発生しています。被害者はビットコインを大量に持っていることを犯人に知られており、住所などを特定され強盗の被害を受けたようです。その中には1億円相当の被害を受けた方もいることがニュースでも話題になりました。 日本でもビットコインの強盗未遂事件が起こっています。さいわいな事に犯人は逮捕されましたが、自身が大量に仮想通貨を持っていることなどを公開しないほうがいいでしょう。 参考:「1億円分のビットコイン買取り」持ちかけ 暴行して送金させようとした疑いで27歳男逮捕|産経新聞 3.犯人は自分!? 盗難ではないものの注意する必要があるのは、自身でパスワードや秘密鍵(仮想通貨を取り出す情報)を紛失してしまうことです。メディアなどの報道では、実際にビットコインを6,000BTCを所持していた海外証券取引所のCEOは、電子メールサービスに保管している秘密鍵を保存していたようですが、パスワードを忘れてしまい取り出すことができなくなったそうです。 さらには、海外では7,500BTC・2018年11月時点で約35億円を保管していたコンピューターのハードディスクをうっかり捨ててしまった人もいるようです。 他にも仮想通貨を送金する際に送信先のアドレスを間違えてしまい、二度と戻らなくなったというケースもあります。複数の取引所に口座開設していたり、ハードウェアウォレットを複数所持しているなど送金をすることが多い方に起きてしまう可能性があるようです。SNS上などでも自分が原因で仮想通貨を紛失してしまったと発信している人がいることからも、送金ミスは紛失原因としての頻度が高いのかもしれません。 なお自身の不注意で仮想通貨を紛失することを「セルフGOX」と言います。セルフGOXしないように細心の注意を払いましょう。 まとめ 仮想通貨自体の仕組みは安全でも、取引所や保管しているユーザーによる原因で盗まれてしまう、もしくは紛失してしまうことがあります。取引所による保管か自身での保管か、どちらを選択するかは自己判断となります。購入した仮想通貨を紛失しないためにも細心の注意を払って管理するようにしましょう。 仮想通貨取引所を探す その他の新着記事一覧はコチラ
仮想通貨が盗まれる!?盗まれないようにするためのポイントとは
仮想通貨
マネーフォワードモール編集部 | 2019/05/17

仮想通貨を作った人たちの想いから見る新しい未来

仮想通貨は2017年の末から価格が上昇し、多くの注目を集めました。どのような技術から実現されているかということや、どのような課題を解決する可能性を持つのかに注目されがちですが、誰がどのような目的で作ったものかを知ることでさらに身近に感じることができるかもしれません。 本記事では、ビットコイン、イーサリアム、リップルの3つの仮想通貨を作った人達と、その想いをご紹介します。 仮想通貨(ビットコイン)を作った、匿名の人物サトシ・ナカモト ビットコインは時価総額が高く認知度の高い仮想通貨です。(2018年11月時点)2017年の年末には価値が高騰し、注目を浴びました。そんなビットコインを作ったとされている人がサトシ・ナカモトです。 2008年に出された論文をもとに数名の技術者がビットコインの開発をしたことにより、登場しました。ビットコインを作った人は日本人なのか?と驚くかもしれませんが、実はサトシ・ナカモトは偽名であると言われており、サトシ・ナカモト本人が誰なのかわからないとされています。 なぜ偽名を使ったのかは諸説ありますが、個人か団体かさえわかっていません。 一方で、開発者であるサトシ・ナカモト沢山のビットコインを持っているのではないかなどと言われています。その額は約100万BTCだという推測がブロックチェーン研究者のSergio Demian Lerner(セルジオ・デミアン・ラーナー)氏によってなされました。それほど多くのビットコインを持っているからこそ、課税対象となることや犯罪に巻き込まれるなどを恐れて公表しないという可能性もあるかもしれません。 しかし、最近になって自分がサトシ・ナカモトだと公言した人が出てきました。その人物とはオーストラリア人で発明家兼実業家のクレイグ・スティーブン・ライト氏です。自身がサトシ・ナカモトであることを発言し大きな注目を集めました。本当にサトシ・ナカモトであるかは不明ですが、他にサトシ・ナカモトであると自称している人はおらず、現状はクレイグ氏がサトシ・ナカモトかもしれないと言われることもあります。 しかし、確定にはいたっていません。 サトシ・ナカモトはなぜ仮想通貨(ビットコイン)を作ったのか? そもそもビットコインはどのような背景や想いを持って作られたのでしょうか?サトシ・ナカモトがビットコインを作成した詳しい背景や動機について発表されている論文では語られていません。論文で語られている内容は、P2Pネットワーク(参加する人が対等のネットワーク)を利用した、金融機関を通さない電子取引のシステム(ビットコイン)の提案のみです。だからこそ、ビットコインを考えたサトシ・ナカモトの背景や動機に関しては様々な憶測がされているようです。 しばしば語られている憶測としては、送金問題を解決したかったのではないかというものです。海外への送金のコストは高く、送金スピードも速くはないという現状があります。 実際に、ビットコインは送金のスピードや手数料の削減というポイントに注目が集まっているため、サトシ・ナカモトにはこれらを解決したいという想いを持っていたのではないかと想像する人がいるようです。 さらには、ビットコインが考えられた背景には富の集中を防ぎたかったのではないかという想像をする人もいるようです。現在のお金は一部の富裕層(お金持ち)に集中的に集まっていることが現状だと言われています。国際NGO「オックスファム」が2018年の1月に発表した報告書によると、世界で1年間に生み出された富(保有資産の増加分)のうち82%を、世界で最も豊かな上位1%が独占しているそうです。そのような課題解決のひとつの方法として、ビットコインが考えられたのではないかという憶測もあるようです。 その他にも、ビットコインは金融機関などに個人的な決済の情報などを管理されるという現状を変えて、よりプライバシーの保護を守ることが目的ではないかと推測する人もいます。様々な憶測があるものの、サトシ・ナカモトが誰であるかわかっていない以上、ビットコインを作った背景にある想いを特定することはできていません。 参考:Bitcoin: A Peer-to-Peer Electronic Cash System|日本語翻訳版 イーサリアムを作った若い天才、Vitalik Buterin(ヴィタリック・ブテリン)氏 ビットコインに次いで有名な仮想通貨はイーサリアムです。開発者はロシア人の天才開発者Vitalik Buterin(ヴィタリック・ブテリン)氏です。12歳のころには数学の天才と呼ばれ、ビットコインに出会ったのは17歳だそうです。 ヴィタリック氏はビットコインなどの仮想通貨を研究し、19歳でイーサリアムの構想を打ち立てました。この構想が大きな可能性を提示したとされ、現在多くのトークン(既存の仮想通貨をもとに作られた仮想通貨)がイーサリアムの技術をベースに作られています。 ヴィタリック氏は仮想通貨における通貨としての可能性を押し拡げたプラットフォームの可能性に着目しました。 イーサリアムが作られた目的、ヴィタリック氏の想いとは? イーサリアムは通貨としてだけではなく、仮想通貨を実現するための大切な技術であるブロックチェーンを誰もが利用できるプラットフォームとして作られました。特に大きな特徴としてあげられるのが、スマートコントラストという機能で、日本語に訳すと賢い(smart)、契約(contruct)という意味です。 事前にプログラムされた契約に関する確認や契約内容の実行が第3者を介さずにできる仕組みです。スマートコントラクトは自動販売機に例えられることが多く、自動販売機はお金を入れ、ボタンが押されるという行為が確認できると、該当する飲み物を提供するという契約内容を実行します。この契約内容の実行に関しては、第三者の承認などは必要としません。 この技術を活用すれば、人が今までおこなっていた取引や契約を、人による改ざんが不可能なかたちで自律的にできるようになります。その活用例は、送金だけではなく不動産の契約や、レンタカーのサービスなどさまざまな領域で期待されています。 ヴィタリック氏はどのような想いでイーサリアムを作ったのでしょうか? ヴィタリック氏がビットコインについて調べる中で、ビットコインの持つ分散というアイディアに興味を持ったそうです。ビットコインは、一つの企業が管理するネットワークではなく、さまざまな人が自らのコンピューターでネットワークを作っているという性質を持ちます。その仕組みを支えるブロッックチェーンという技術を仮想通貨以外の目的に使おうとしている人がいることに気づいたヴィタリック氏は、あらゆる目的のために使うことができるブロックチェーンのプラットフォームを作り出すというアイデアを持ったようです。 そのアイデアがイーサリアムのプロジェクトの核となっているそうです。特定の会社や企業に支配されることなく、分散型にすることより効率的で公平な社会を作りたいという想いがあるようです。 参考:Ethereumホワイトペーパー 参考:Ethereum & the Power of Blockchain|WIRED リップルを作ったのは3人の天才 リップルは上記でご紹介した2つの仮想通貨とは少し異なる仮想通貨で、Ripple Inc.という会社が管理しています。会社が管理しているという点において、分散型とは若干異なりますが、そんなリップルを作ったのは以下の3人だと言われています。 ・Ryan Fugger(ライアン・フガー)氏 ・Jed McCaleb(ジェド・マケーレブ)氏 ・Chris Larsen(クリス・ラーゼン)氏です。 ライアン氏はリップルの技術根幹であるRipplePay(リップルペイ)を開発しました。RipplePay(リップルペイ)とは支払いシステムでありリップルの支払いシステムの基となっています。このRipplePay(リップルペイ)に新しい技術などが取り込まれることによって今のシステムになっているそうです。 ジェド氏は仮想通貨取引所「Mt.Gox(マウントゴックス)を創始した人物としても知られており、ライアン氏の開発した技術をベースに、取引の整合性にかかわる技術「コンセンサスアルゴリズム」を開発しました。コンセンサスアルゴリズムとは、どの取引データを正しいものとして承認、記録するかということを決めるためのアルゴリズム(情報の処理方法)です。この、ジェド氏が考えたコンセンスアルゴリズムに基づいて、現在でもリップルの取引では活用されています(2018年11月時点) 3人目のクリス氏はエンジェル投資家の側面もあり、さまざまな事業に融資しており、数々の成功をおさめていることでも有名です。クリス氏がリップルを企業提携させるために、現在のリップル社の前身となるOpenCoin Incを立ち上げリップルの現在を作り上げました。 3人はそれぞれ、各領域の著名人ですが特にクリス氏は「ザッカーバーグを超えた男」とさえ言われているほどの人物です。 その理由として、Facebookを創始した人物であり、世界でも有数の資産家のザッカーバーグ氏の資産、およそ約9兆円を上回るおよそ834億ドル(約9.5兆円)の資産を保有していることがあげられます。 3人の天才がリップルを作った理由 リップルは決済と送金の機能に関わる問題を解決する可能性があると注目されています。現状、海外へ法定通貨を送金する際はいくつかの銀行を中継する必要があり、手間がかかるためその分の手数料がかかってしまいます。そういった問題を解決しようと作成されたのがリップルであると捉えられることが多いのですが、リップルは銀行間の送金問題だけを解決しようと作られたわけではないそうです。 リップル社が提唱している最大の目的は「価値のインターネット」を作ることであるとされています。価値のインターネットとは情報のインターネットの金融版で別々に管理されているネット上の価値を簡単に交換することができるものです。 例えば、クレジットカードやモバイル決済や仮想通貨はそれぞれインターネット上にある価値ですが、それぞれが独立した管理がされています。 そういった、独立して管理されている価値を情報インターネットのように簡単に交換できるようになることで、金融サービスのコストを下げ、お金の移動を高速化することを目指しています。 リップルでは億単位の送金も数秒単位で素早くおこなえることが可能になっています。(2018年11月時点)そういった現状を受けて、ブリッジ通貨としての役割にも注目が集まっています。ブリッジ通貨とは2つの通貨間を取り持つことができる通貨のことです。仮想通貨や法定通貨は多数存在し、その取引の組み合わせは膨大にあります。 しかし、手数料が安く、送金スピードの早い通貨をブリッジ通貨として利用することができれば、そこにかかる手間の削減できます。こうしたブリッジ通貨としてもリップルは期待をされています。 リップルが作られた理由としては、やはり国際送金などにある課題を解決したいという想いからだそうです。従来の送金システムは、リップル曰くディスコが王様だったときに開発された金融インフラであり、その機能がいま期待されているサービスレベルに届いていないのではないかと考え、その解決策としてリップルが作られました。 参考:価値のあるインターネットのビジョン|Ripple 参考:【リップル重役インタビュー】価値のインターネットで世界を変えたい|Cointelegraph まとめ 今回はビットコイン、イーサリアム、リップルを作った人物の紹介を中心に、仮想通貨がなぜ作られたのかをまとめました。それぞれの通貨の歴史や成り立ちを知ることで、より深く理解することができるのではないでしょうか。将来的に、仮想通貨市場の規模が成長をする可能性もあります。 今回紹介したコインやその他のコインにも注目してみてはいかがでしょうか? 仮想通貨取引所を探す その他の新着記事一覧はコチラ
仮想通貨を作った人たちの想いから見る新しい未来
仮想通貨
マネーフォワードモール編集部 | 2019/05/17

仮想通貨の草コインとは?メリットやデメリット、購入方法を解説

仮想通貨の中には「草コイン」と呼ばれるものがあります。仮想通貨について調べているとよく目にする用語ですが、一体どのようなものかは初心者にとってはわかりづらいものではないでしょうか。 この記事では、草コインとは一体何なのか?そして草コインへの投資のメリットとデメリットについてわかりやすく解説します! 草コインって何? 草コインとは一体どんなものなのでしょうか? まずはじめに、名前の由来や大まかな定義について解説します。 名前の由来 一般的にネット用語で笑うことを「草(w)」と言いますが、これが名前の由来とされています。草コインは価格が低いコインのことを指しますが、その価格は笑ってしまうほど低いためこのように呼ばれています。 しかし、外部環境など何らかの要因から低い価格が急騰する場合もあるため、短期間で価値が高まる可能性があることが特徴です。このことから、保有していれば多くの利益を得ることができるかもしれないという考え方もあります。 大まかな定義 正確に決められた定義はありませんが、ネット上で語られている大まかな定義は以下のようなものになります。 ・時価総額が低い(時価総額が100位以下) ・1通貨あたりの価格が安い(100円以下) ・まだ多くの人に認知されていない ・作成されて間もない ICOは詐欺コインに注意 多くの人に知られていないからこそ、価格が低い時から保有しておくことによって多くの利益を得る可能性をもつ草コインですが、中には詐欺を目的に作成されたものもあるため、作成の目的を見分けることが重要になってきます。仮想通貨は資金調達の手段としても利用できます。これを「ICO」と言います。 ICOでは独自の仮想通貨を新たに発行し、販売することで資金を募る方法で、成功すれば世界中の投資家から巨額の資金を集めることができる可能性があります。ICOは仮想通貨取引所に未上場(取り扱われていない)の時期からの販売がおこなわれることが特徴です。 しかしその特徴からICOにて発行される仮想通貨は外部機関からの審査などを受けることがほとんどありません。だからこそ、2017年4月施行の改正資金決済法の仮想通貨の定義に反しているものもあり、詐欺などの温床になるかも知れないと考えられてもおり、実際に詐欺だとみなされているものも存在します。 その一例として、クローバーコインがあります。200億円以上を売り上げたとされていますが、2017年10月27日に消費者庁から連鎖販売取引停止命令が出されました。 消費者庁は27日、「デジタル仮想通貨」と称した「クローバーコイン」を販売する「48ホールディングス」(札幌市)に対し特定商取引法違反(不実告知など)に基づいて3か月間の連鎖販売取引停止命令を出した。同庁によると、同社の勧誘者は少なくとも2016年8月~17年3月、「3か月で128倍の価値になる」などと虚偽の説明をしたり、連鎖販売業の概要を記載した書類を渡さずに知人を勧誘したりした。      引用:「仮想通貨」販売で虚偽説明 消費者庁、業者を取引停止 |日経新聞 草コイン投資の3つのメリット 詐欺の可能性もある草コインのメリットとはどのようなものでしょうか?そこでメリットとしてあげられる点を3つに分けて解説します。 価格が急騰するかもしれない 一番のメリットは、短期間で価格が急騰する可能性があることです。名前に草(wの意味)と付くだけあって、草コインの価格は低く流通している数も多くありません。流通量が少なく保有している人が少ないため、SNSなどで影響力のある人がその草コインについての情報を発信すると価格が上がるというようなことがありました。購入時は価格が低いからこそ、価格が急騰すれば多くの利益を得る可能性もあります。 急騰した草コイン例としては、 ・エクスペリエンスポイント(XP) ・バージ(XVG) などがあげられます。 エクスペリエンスポイント(XP)という仮想通貨は2017年12月から2018年1月の期間中に最高額と最低額の価格差は約700倍になっており、バージ(XVG)も2017年の約1年で最高額と最低額の価格差は約1,500倍になっています。もし、バージ(XVG)を100円分買っていれば約15万円になっていることからも、リターンの大きさがわかります。 しかし、価格は安定することは少なく売却時期を逃すと価格が再び下がってしまうこともあるようです。 参照 :CoinGeckoXP (XP) 参照 :CoinGeckoVerge (XVG) 価格が低いため多くの通貨を保有することが可能である ビットコインなどの流通量の多い通貨はすでに多くの人に認知されており価格が高くなっているため、大量に通貨を保有するには多くの資金が必要です。 その点、草コインなら非常に価格が安く1コイン=100円以下などからの購入が可能なため、資金を多く必要とせずに大量の通貨を保有することができます。 多種類の通貨を購入することができる 価格が安いため、それだけいくつもの種類の通貨が購入しやすいとも言えます。将来的な価格の上昇を期待する仮想通貨が複数あった場合でも、比較的投資しやすい点も魅力です。 仮想通貨の時価総額を掲載するCoinMarketCapによると、2018年11月時点で約2,000種類の仮想通貨がありますが、今後どの通貨の価格が急騰するかを予想することは困難です。 しかし、どの仮想通貨が急騰するかわからないからこそ、いくつもの銘柄に分散投資をすることで利益を得ることができるかもしれません。 草コイン投資の3つのリスク 草コインに投資をする上では、リターンばかりではなくリスクも頭に入れておくことが大切です。そこで次は、草コインの3つのリスクの確認です。 価格が急落して無価値になる可能性がある 草コインは急騰する可能性があることは魅力ですが、その反対に価格が急落する可能性もあります。そして、価格が急落するだけではなくほとんど無価値に近い状態になる可能性もあります。 急騰によるハイリターンに注目が集まりますが、リスクが高いということも常に考えておかなければなりません。 仮想通貨取引所に取扱を廃止されることも 仮想通貨は取引所を介して取引されることが一般的です。しかし、流動性や需要の低い仮想通貨の取扱うことは、仮想通貨取引所にとってのメリットは少なくなるため、取り扱い自体をやめてしまう可能性があります。仮想通貨取引所で取引できなれければ、保有しているコインは取引ができなくなるため、ますます流動性が低くなってしまいます。通貨の流動性を担保している仮想通貨取引所の取り扱いが終了となれば、価値は大きく下がる可能性があります。 詐欺コインの可能性 仮想通貨は現在たくさんの種類が存在していますが、購入した草コインが詐欺ということもあるかもしれません。詐欺であった場合には購入費用はすべて失ってしまうため、十分に購入する通貨の情報ついて十分に調べることが大切です。 一例としてクローバーコインを紹介しましたが、この件では最高額で約5,100万円を投資した人もいるようで、詐欺だった場合の被害の大きさがわかるのではないでしょうか。 価格が上昇する可能性のある草コインを探す際のポイント 仮想通貨は非常にたくさんの種類が存在しているため、どの銘柄に投資をするかは難しいところです。ここでは、ネット上で記載されている「可能性のある草コインを探す際のポイント」を解説していきます。 ※以下で紹介するものは、当メディアの推奨するものではありません。 時価総額が100位以下と低いこと 時価総額がすでに100位以内と高いものであれば、すでにたくさんの人から認知されている種類と言えます。そして、時価総額の高いものはすでに値段が高いことが多く、将来的にさらに価格が急騰することは難しいのではないかと言われています。そのため、現在は時価総額が100位以内には入っていないものを選ぶことがポイントとされています。時価総額を調べられるサイトには、CoinGecko(コインゲッコー)やCoinMarketCap(コインマーケットキャップ)があります。 まだ有名な仮想通貨取引所に上場していない 有名な取引所であればたくさんの投資家が取引しているため、そういった取引所に上場されるタイミングで仮想通貨の取引量が多くなり、価格も上昇しやすいと考えられているようです。注目している仮想通貨を取り扱っている取引所がどのようなところかを調べることもポイントです。 現在まで大きな価格変動がない 短期間で値段が上昇することはありますが、それは一時的なものでその後、多くの仮想通貨は価格が下がる傾向にあるとされています。急騰したことのある銘柄が、短期間でふたたび急騰する可能性は低いと考えられているため、価格が上がりそうな技術的な可能性を秘めているにも関わらず現在までに価格に大きな変動がない銘柄を選ぶ人もいるようです。 たくさんの情報がないもの すでにさまざまな情報がある仮想通貨は、それだけ認知度が高く他の投資家がすでに確認しているかもしれません。 しかし、まだ不特定多数の投資家に知られていないものの価格が上がる可能性を秘めている仮想通貨であれば、将来的に投資家が認知して購入されることにより価格が上昇する可能性があるかもしれません。 多くの人にまだ知られていない有益な仮想通貨の情報を取得することができれば有利な投資ができる可能性がありますが、同時に情報量が少ない仮想通貨には詐欺などのリスクもあることを認識しなければいけません。 投資する草コインの仕組みを知る 仮想通貨は種類によってそれぞれ特徴があります。例えば、取引の処理速度が速いというような技術的な点であったり、医療や広告などある領域での利用方法を想定されているというような点が特徴としてあげられます。それらの仮想通貨の特徴を支える仕組みを知ることは、仮想通貨が将来どれほど流通するかを判断する上では重要なことの一つと言えます。 仕組みを知るためにはホワイトペーパー(仮想通貨プロジェクトの報告書)の内容を理解することや、現在人気のある仮想通貨にはどのような仕組みがあるかを理解することが大切です。 運営者が誰かわかること また、運営者がどのような団体や組織または個人なのか、はっきりわかることも重要です。公式サイトや公式の各種SNSを調べ、運営者が誰なのかがきちんと特定されていることを確認することが大切です。特に、悪質なプロジェクトであると、無関係な著名人をアドバイザーなどとして利用しているケースもあるようですので、起用されている著名人が発信している情報も確認することが大切です。 ICOのあとも開発が順調 ICO(仮想通貨を使った資金調達の手段)についてはすでに解説しましたが、ICOは開発が始まっていない状態でもおこなうことができます。そこで、ICOのあとも開発が順調におこなわれているかどうかを確認することが大切です。ICOでは資金調達だけをおこない実態がない詐欺まがいのものや、やむを得ず途中で開発が中止になることもあるため、投資をした後もプロジェクトの公式サイトや公式SNSで開発状況などをこまめに確認しましょう。 草コインの買い方 現時点において(2018年時点)草コインは国の取引所では購入することができません。購入したい場合には、海外の取引所を利用する必要があります。海外の仮想通貨取引所を利用した、草コインの購入の流れを見ていきましょう。 1.国内もしくは、海外の仮想通貨取引所に口座開設しビットコインを買う 2.保有するビットコインを購入したい仮想通貨の銘柄の取り扱いのある取引所に送金する(購入したい仮想通貨を取り扱う取引所でも口座開設が必要) 3.送金した海外の取引所から購入したい草コインを購入する 国内の取引所の口座をすでに持っている人は、海外で取り扱いのある仮想通貨取引所の口座を開設し、ビットコインを送ることによって取引が可能になります。 まとめ 以上、草コインについてのメリットやデメリット、購入方法などをご紹介してきました。 草コインは将来急騰すれば大きな利益を得られる可能性があります。しかし、そのほとんどは急騰することがなく流通量も増えないのではないかと言われています。そういった意味では草コインは投資をするにはリスクが非常に大きいため、これから取引を始める場合には慎重に検討する必要があります。 最後に改めてですが、仮想通貨へ投資をする際はすべて自己責任と余裕資金でおこなうことを忘れてはいけません。 仮想通貨取引所を探す その他の新着記事一覧はコチラ
仮想通貨の草コインとは?メリットやデメリット、購入方法を解説
仮想通貨
マネーフォワードモール編集部 | 2019/05/17

仮想通貨の積立投資とは?仕組みやメリットデメリットをご紹介

仮想通貨市場は株やFXの市場と比べて値動きに安定性がなく価格変動が大きいため、仮想通貨の投資で利益を確実に出していく事は簡単ではありません。仮想通貨取引による利益を追求していくためには幾つかの取引方法がありますが、今回は仮想通貨の積立投資についてご紹介していきます。 仮想通貨の投資は難しい?価格変動の要因 仮想通貨の取引をおこなう際に、価格が変動する要因を理解しておくことはとても大切です。価格変動の要因を知ることにより、自分に適した投資方法を知ることもできます。さっそくチェックしていきましょう。 要因1 新興市場なため、通貨としての信用度がまだまだ低い 株のはじまりである株式会社が誕生したのは1602年、FXが日本で取り扱われるようになったのは、1998年だと言われています。2017年は一部メディアなどから仮想通貨元年とも呼ばれているように、仮想通貨が世間に多くの注目を集めたのはここ最近の出来事です。(2018年時点) 注目されはじめた時期を見ても分かるように仮想通貨市場は株やFXよりも遥かに誕生して間もない新興市場です。市場規模としても、世間の認知度としても仮想通貨は、通貨としての信用度もまだまだ低く、価格が安定しない理由のひとつとなっています。 要因2 仮想通貨には値幅の制限が無い 株の場合、東京証券取引所では一例として株価100円未満の銘柄は30円、200円未満の銘柄は50円などと値幅の動きに対する制限が設けられています。株(現物株)取引をおこなう際に用いられる用語に『ストップ高ストップ安』があります。 「ストップ高・ストップ安」とは、値幅が制限金額まで振れ制限がかかったという意味になります。値幅制限がある株取引の市場に対し、仮想通貨市場では値幅制限がありません。これが激しい値動きの主な原因のひとつとなっています。 激しい値動きなどを利用して大きく利益を得た、通称「億り人」が生まれた一方、激しい値動きにより大きな損失を出してしまった方も大勢いると言われています。 要因3 投資対象と投機対象 仮想通貨市場は大きな値動きが特徴的であるため、投資対象ではなく「投機対象」として扱われているといった一面もあります。投資と投機という言葉は似ていますが、一般的にリスクが高く短期的な保有である時に「投機」、リスクがそこまで高くはなく中長期的な保有である時には「投資」という言葉を使うことが多いようです。 株式投資はリスクを抑えつつ長期保有を前提にゆっくりと資金を増やしていくスタイルの投資が一般的なことに対し、仮想通貨取引はそのボラティリティ(価格変動率)の大きさゆえに短期売買を繰り返し大きな値幅を狙っていく投機の手段として使われていることが多いようです。 投資対象としてみなされている市場は緩やかに価格が変動していくことがありますが、投機対象の市場は前者とは反対に、短期売買を繰り返されるという要因もあるのか値動きが安定せず、ボラティリティも大きくなる傾向があります。 価格変動のリスクを抑える積立投資とは 積立投資とは、一定の金額を積立しながら商品(通貨)を定期的に購入していく投資方法を言います。 積立投資にはメリット・デメリットが存在しますので、仕組みを理解した上での購入をおすすめします。 積立投資について覚えておきたい点”ドル・コスト平均法” ドル・コスト平均法とは積立投資において覚えておきたいワードのひとつです。 ドル・コスト平均法とは、定期的に一定金額の商品(通貨)を購入することで、最終的に商品(通貨)の平均取得単価を引き下げようとする手法です。ドル・コスト平均法では価格が安い時には多く、価格が高い時には少ない仮想通貨の数量を購入するため長期投資においてリスクを抑える事で安定した利益を求めることができます。ハイリターンを求める方には向かない投資方法と言えるかもしれません。 仮想通貨積立投資のメリットデメリット 価格変動が大きい仮想通貨取引において、積立投資はとても有効な投資方法のようにも見えます。 しかし、どのような投資方法にもメリットとデメリットが存在します。 以下より、積立投資におけるメリットとデメリットをそれぞれご紹介します。 メリット① 少ない金額から積立を始められる 仮想通貨初心者にとって少ない金額から積立投資を始められる点は大きな魅力ではないでしょうか。たとえば、仮想通貨取引所Zaif(ザイフ)では最低1,000円から積立投資を始められる為、気軽に取り組め、堅実な仮想通貨の積立投資が可能ではないかと言われています。 メリット② 投資家心理に左右されることなく仮想通貨を購入することができる 一定の期間で、自動的に仮想通貨を購入するため、仮想通貨のチャートに常に目を配る必要はなく、日々の価格変動や投資家心理に左右されることなく仮想通貨を購入することができます。 仮想通貨は値動きが非常に激しくボラティリティが大きい特徴があり、特に、チャートを常に見ることができないような忙しい方にとっては自動で購入してくれるシステムは利用する価値が高いと言えます。(2018年時点) メリット③ 自動で積立してくれる為、決めた金額の範囲内で取引ができる 常にチャート上の値動きを注視しなければならないFXのような感覚で仮想通貨の売買を繰り返してしまうと、あらかじめ予定していた金額以上に資金をつぎ込んでしまう場合が考えられます。 しかし、仮想通貨の積立投資はすべて自動おこなうため、あらかじめ決めた金額の範囲内で取引ができます。 メリット④ 積立投資は仮想通貨初心者でも取り組める 仮想通貨取引の初心者にとっては、チャートの見方やコインの種類・特徴をはじめ、各仮想通貨取引所の選び方さえ難しいと思えるかもしれません。そんな仮想通貨初心者の方がリスクを抑え仮想通貨取引で安定的に利益を出すためには、それなりの勉強と知識が最低条件として必要になります。 しかし積立投資であれば、仮想通貨の勉強をしながら安定的に資金を増やしていける可能性があります。 デメリット① 短期間でハイリターンを得ることが難しい 自動で一定額の仮想通貨を購入するため仮想通貨の価格が安い日は多く、高い日は少ない取引をおこない一定数量を積み立てていくため、短期間でのハイリターンを狙うことは難しいと言われています。 しかし、このハイリターンを狙いづらいデメリットがある一方で、ローリスクでの取引ができているということでもあります。 デメリット② 手数料が発生する これは止む終えないポイントですが、取引所に支払う手数料が発生します。通貨の価格が安い時期に一括で大量の通貨を購入し、購入時よりも価格が上がった際に全てを売却するという投資手法に比べると、取引回数が多いぶん手数料を支払う回数も多くなります。 手数料は取引所によって異なりますが、一般的には積立金額により手数料が変動し、仮想通貨取引所のZaif(ザイフ )では平均1.5%〜3.5%の間に収っています。 デメリット③ 仮想通貨の価格が高い時でも購入してしまう メリットでも紹介しましたが、仮想通貨の積立投資は一定金額を自動で積立するため暴落時・暴騰時に関係なく自動で購入されます。一見すると、損失を出す可能性があるため購入時期をきちんと見計らって取引をすることがいいようにも考えられます。 しかし、長期的な視点で仮想通貨の価格が今後上昇していくと仮定した場合には、積立投資は投資者心理に影響されずに仮想通貨の保有数を増やすことができるため、大きな損失を出すリスクは比較的抑えられると言われています。 デメリット④ 投資意識が薄くなる可能性がある 自動的に積立がおこなわるため、自発的に売買をおこなう方法よりも投資意識が薄れがちになります。そのため、短期的な視点で取引をしたい方には不向きかもしれません。 まとめ 積立投資は仮想通貨取引をおこなう上で、価格変動におけるリスクを抑え、長期的に取引を継続していくことで着実に利益を求めていく投資方法です。現在の仮想通貨市場は低迷期と言われていますが、仮想通貨の市場はまだ伸び代があるのではないかとも言われています。 積立投資を始め、長期的視点で積立を継続しておこなうことで将来的に利益を見込める可能性があるかもしれません。 もちろん、仮想通貨の積立投資にはメリットとデメリットがありますが、それぞれの投資スタイルに合った方法で仮想通貨取引をしていきましょう。 仮想通貨取引所を探す その他の新着記事一覧はコチラ
仮想通貨の積立投資とは?仕組みやメリットデメリットをご紹介