新規登録
更新 : 作成 :

JCBとVISAはどちらが良い?判断ポイントとおすすめクレジットカードをご紹介


46133

クレジットカードを作成するにあたり国際ブランド=決済ブランド選びは重要なポイントです。国際ブランドは世界シェア率第1位のVISAを筆頭に、Mastercard、JCB、アメリカン・エキスプレス、ダイナースが5大ブランドとして知られています。

また、同じカードを発行する場合、VISAとMastercard、JCB というようにブランドを自由に選べることがあります。しかし、ここで何も考えずに国際ブランドを選んでしまうと、後で利用する際に困る可能性があるので注意しないといけません。

当記事では5大国際ブランドの中からVISAと、唯一の日本発の国際ブランドとなるJCBを取り上げ、比較・解説していきます。

VISAとJCBどちらの国際ブランドを選ぶと良いのかについて、チェックしておきましょう。

VISAとJCBの違い・どちらを選ぶべきか判断するポイント

最初に、VISAとJCBにはどんな違いがあるのか、どちらを選ぶべきか判断するためのポイントを解説します。それぞれのカードで使い勝手や特徴が異なるので、しっかりと内容を把握しておくと良いでしょう。

国内、海外含めて使えるお店が多いのは圧倒的にVISA

VISAとJCBの国際ブランドを比較するにあたり、大きな違いとなるのが日本国内と海外での使用感です。

まず、世界シェア率第1位のVISAはアメリカ発となり、JCBは日本発の国際ブランドとなります。世界における加盟店数はVISAがJCBを圧倒的に上回ることから、日本国内と海外での使い勝手は大きく異なるでしょう。

実際にヨーロッパなどに行くと「JCBは聞いたことがないし知らない」「VISAは使えるけどJCBは使えない」ということが多いのも現実です。

それでは国際ブランドはVISA一択かと聞かれれば一概に言い切れません。日本国内、またはアジア、海外リゾート地などであれば、JCBは不自由しない普及率を誇りますし、VISAと互角の使用感です。

国際ブランドによって加盟店が支払う手数料が違う

支払うべき加盟店手数料は国際ブランドによって違い、JCBはVISAに比べて高めの傾向です。加盟店によって異なるため一概に言い切れませんが、JCBの加盟店手数料はVISAの1.5倍程度と考えておくと良いでしょう。

そのため、できるだけ利益を増やしたい店舗や通販サイトでは、加盟店手数料が安価のVISAもしくはMastercardだけを支払い可能とし、JCBとの加盟店契約を断るケースも出てきています。

JCBは海外使用時に独自の基準レートを導入している

海外でクレジットカード決済をおこなうと、カード会社は利用金額に基準レートをかけた金額+事務手数料を請求します。

カード会社が決めた通貨の換算レートを基準レートと呼びます。海外でカードを利用すると現地通貨を日本円に換算してから請求しますが、この基準レートは国際ブランドごとに設定されているのです。そして、JCBは独自の基準レートを導入していて、詳しい数値はJCBの公式サイトから確認できます。

JCBの公式サイトにアクセスすると日付が羅列されているので、確認したい基準レートの日付を選びましょう。そして、JPY(日本円)の隣にあるSellの項目に記載されています。

ただし、JCBの基準レートは米ドル基準のみとなるため、そのほかの通貨を調べたい場合は自分自身で計算しなくてはなりません。

JCBは海外旅行先での日本人向けサービス・特典が充実

VISAもJCBのどちらを持っても特典はありますが、その中でもぜひチェックしておきたいのが海外旅行先でのJCBカード利用者向けのサービス・特典です。

JCBプラザ

海外に設置されたサポート窓口で、海外でJCBカードの紛失・盗難にあった際の手続きのほか、カード会員の状況に応じたサポートを日本語で対応します。また、日本語にてJCB加盟店の予約、観光についての問い合わせも対応可能です。

■JCBプラザ設置都市一覧
● ロサンゼルス
● ホノルル
● ラスベガス
● サンフランシスコ
● サイパン
● ニューヨーク
● オーランド
● バンクーバー
● トロント
● 上海
● 北京
● 大連
● ソウル
● 台北
● バリ
● ホーチミンシティ
● セブ
● クアラルンプール
● シェムリアップ
● シドニー
● ケアンズ
● ゴールドコースト
● オークランド
● クイーンズタウン
● ロンドン
● ローマ
● マドリード
● バルセロナ
● フランクフルト
● ウィーン
● コペンハーゲン

JCBプラザラウンジ

一部主要都市にJCB会員専用の空間「JCBプラザラウンジ」を設置しています。JCBプラザのサービスに加え、フリードリンクにマッサージ機などの利用、インターネットや現地情報誌などの閲覧が可能です。

■JCBプラザ設置都市一覧
● ロサンゼルス
● ホノルル
● グアム
● ソウル
● 台北
● 香港
● シンガポール
● バンコク
● パリ

そのほかにクーポンなどの特典も多いため、JCBカードの幅広い活用ができます。

VISAとJCBそれぞれあると安心

訪れる海外の都市によって、VISAしか使えないなどのケースも出てきたり、日本国内でもJCBには加盟しておらず、VISAやMastercardしか利用できなかったりする店舗もあります。

そこで安心なのが、VISAとJCBのそれぞれが付帯するクレジットカードを持つことです。JCBが使えないならばVISAで、VISAが使えなければJCBという利用をすれば良いのです。

年会費などの維持コストが気になるという場合、年会費永年無料、条件付きで年会費無料などのクレジットカードを選べば負担なく保有しやすいでしょう。

おすすめのVISAカード3選

46134

VISAが国際ブランドのクレジットカードはさまざまなカード会社で発行していますが、その中でも主なカードを3選でご紹介します。

● 三井住友カード
● dカードゴールド
● エポスカード

こちらでは詳しい特徴などを解説していきます。

三井住友カード

45927

三井住友カードは三井住友カードが発行するクレジットカードの中で最もスタンダードな1枚です。銀行系クレジットカードなこともあり。ステータス性も申し分ないので、初めてクレジットカードを持つ際にこのカードを選ぶ方もいるくらいです。

年会費は通常1,375円(税込)ですが、インターネットからの申し込みで初年度無料です。翌年度以降はWEB明細書サービス、マイ・ペイすリボに登録することで年会費無料になります。

海外旅行傷害保険は最高2,000万円の補償付帯があります。

dカードゴールド

45928

ゴールドカードを持つには年収や勤続年数などの細かな条件があると思う方もいるかもしれません。しかし、dカードゴールドであれば「満20歳以上(学生は除く)の安定した継続収入がある方」「個人名義」「本人名義の銀行口座を支払い口座に設定する」などの条件を満たせば審査通過の可能性があります。

年会費は11,000円(税込)ですが、毎月のドコモのケータイもしくはドコモ光の利用料金1,000円(税別)ごとに100ポイントが貯まります。また、3年間最大10万円のケータイ補償が付いたり最大1億円の海外旅行保険が付帯したりします。

エポスカード

46153

エポスカードも年会費永年無料のクレジットカードですが、そのほかに最短即日発行が可能な点も魅力です。丸井にあるエポスカードセンターで申し込み手続きをすれば、大体30分程度でカード発行されます。

また、年会費無料のカードにしては珍しく海外旅行傷害保険が自動付帯します。明日から海外旅行に行くけれど保険に加入していない…という方にも適した1枚でしょう。

そのほかにエポスポイントが最大30倍、マルコとマルオの7日間の期間中は丸井のお買い物がいつでも10%OFFになる特典もあります。

おすすめのJCBカード3選

国際ブランドにJCBの付帯するクレジットカードの中で、特におすすめしたいのが以下の3種類です。

● ライフカード
● JALカードSuica
● JCB CARD W

年会費無料、初年度年会費無料のカードなど、いずれも維持コストをおさえて持つことができます。

ライフカード

46150

ライフカードは年会費永年無料なほか、入会後1年間はポイント1.5倍、誕生月の利用で基本ポイント3倍というようにポイント還元率が高いメリットがあります。申し込み資格も「日本国内在住の高校生を除く18歳以上で電話連絡が可能な方」という点のみなので、気軽に申し込みをしやすいことも特徴です。

旅行傷害保険は海外旅行のみですが、最高2,000万円の補償があります。

JALカードSuica

46142

JALカードSuicaは本会員カード年会費が2,200円(税込)ですが、入会後1年間年会費無料となっています。

この1枚でマイルとJRE POINTを効率的に貯めることが可能で、後で特典航空券と交換したり、Suicaにチャージして利用したり、商品と交換することもできます。また、Suicaのオートチャージ機能、空港でチェックインをせずに保安検査場へ直行できるJALタッチ&ゴーサービスも利用できるようになります。

最高1,000万円の海外旅行・国内旅行傷害保険、入会搭乗、毎年初回搭乗、搭乗ごとというようにボーナスマイルも獲得できます。

JCB CARD W

JCB CARD WはJCBの発行するプロパーカードで年会費永年無料、常に利用金額の2倍のポイントを獲得できるメリットのあるカードです。ただし、対象年齢は18歳から39歳までとなっているので、その点のみご注意ください。

さらにJCBオリジナルシリーズパートナーの提携店、Oki Doki ランド を利用するとポイントは大幅アップします。スターバックスコーヒーやセブンイレブンなどの身近なお店で利用すればお得にポイントを貯めていけるでしょう。

海外旅行傷害保険も最高2,000万円の補償付帯があるので安心です。

まとめ

VISAもJCBも普段の生活の中で身近な国際ブランドです。日本国内や日本人も多く訪れる海外であれば、VISAもJCBも極端な差はなく支払いができるでしょう。

ただし、訪れる海外の都市や地域によってJCBが使えなかったり、日本国内では加盟店手数料を理由にVISAしか使えなかったりする場合もあるので、安心なのはVISAとJCBの国際ブランドが付帯するクレジットカードを1枚ずつ持つことでしょう。年会費永年無料のカードやポイント還元率の高いカードを持つなどすれば、維持するための負担は軽減します。

また、VISAとJCBの国際ブランドが付帯するおすすめクレジットカードも多くあります。当記事内で紹介したカードを比較したうえで、ぜひ自身に適した1枚を選んでみてください。