新規登録
更新 : 作成 :

クレジットカード初心者必見!決済ブランドの特徴と違いについて詳しく解説


46003

クレジットカードには決済ブランドという、決済を可能にするシステムを提供する会社があります。この決済ブランドは主に5つありますが、それらの特徴や具体的な違い、どのように選べば良いかわからないという方もいるのではないでしょうか。

もしかしたら、クレジットカードで支払いさえできれば決済ブランドはどこでも良いと適当に考えている方もいるかもしれません。しかし、決済ブランドはクレジットカードを利用するにあたって大きな影響を与えることがあります。

当記事では、クレジットカードの決済ブランドについて、特徴やおすすめポイントなどを交えて詳しく解説します。

クレジットカードの決済ブランドは5つから選択可能

クレジットカードがどのお店で使えるのかを表す決済ブランドは主に5つあります。

多くのクレジットカードで券面の右下に決済ブランドのロゴが記載されています。そして、店頭に同じ決済ブランドのロゴ掲示があれば加盟店となり、支払いが可能となる流れです。

なお、日本で発行されるすべてのクレジットカードにおいて、付帯する5つの決済ブランドは以下のとおりです。

● VISA
● Mastercard
● JCB
● American Express(アメリカン・エキスプレス)
● Diners Club(ダイナースクラブ)

これらを総称して5大決済ブランドと呼びますが、そのほかに5大国際ブランドと呼ぶこともあります。

また、上記の5大決済ブランドと比べると日本国内での知名度は低いですが、新興の決済ブランドの銀聯(ぎんれん)とDiscoverを加えることで、7大決済ブランドと呼ぶこともあります。

5大決済ブランドの特徴とおすすめポイント

5つある決済ブランドですが、主な特徴やおすすめしたいポイントはそれぞれ異なります。以下に一覧でまとめたので比較していきましょう。

決済ブランド 特徴・おすすめポイント
VISA ・世界シェア率第1位
・日本国内をはじめ、欧米にアジアなど世界各国
・地域に加盟店がある決済ブランド
・初めてクレジットカードを持つ方
・どこの決済ブランドを選べば良いのかわからない方におすすめ
Mastercard ・世界シェア率第2位でVISAと性質が近い決済ブランド
・ヨーロッパ圏で多くの会員数を誇るユーロカードと提携、統合した経緯があることからヨーロッパで利用しやすいと有名
・ヨーロッパ限定にするとVISAよりも使いやすいとされているため、ヨーロッパ方面へ行く機会の多い方におすすめ
JCB ・日本発祥の決済ブランド
・海外における普及率はVISAやMastercardと比べて低いが、一部のアジアやハワイなどでは加盟店増加の傾向にありサポートも充実
・日本人旅行者の多い海外に行く機会が多い方におすすめ
American Express(アメリカン・エキスプレス) ・高ステータスカードとして日本国内外で人気の決済ブランド
・優待サービスや補償、独自のプロテクションサービスの付帯、一律の利用限度額の設定なし
・アメリカン・エキスプレスとしての加盟店は少なめだが、提携関係にあるJCB加盟店でも使用可能なため利用に大きな問題はない
・ステータスや充実度を求める方におすすめ
Diners Club(ダイナースクラブ) ・富裕層に人気の決済ブランド
・会員限定優待サービスがあったり、イベントが開催されたりするなどエンターテイメントサービスが充実
・アメリカン・エキスプレスと同様に加盟店は少ないが、JCBと提携関係にあるため日本国内の利用に大きな問題はない
・レストランや旅行などにおける充実度、特別な日常を求める方におすすめ

決済ブランドと発行会社・カード名の違い

46002

クレジットカードの決済ブランドが違ったとしても、「イシュアー」と呼ばれる発行会社やカード名が異なれば特徴や利用できるサービス内容が違ってきます。

まず、決済ブランドと発行会社の大まかな違いをまとめてみました。

● 決済ブランド:クレジットカード決済を可能にするためのシステム提供をおこなう
● 発行会社(イシュアー):クレジットカード会員に対するサービス全般をおこなう

発行会社では自社カードだけでなく提携カードを発行したり、入会に必要な審査や手続きをおこなったりします。また、毎月の利用明細書の発行や請求の業務の他、さまざまなサービスに特典、ポイント還元なども発行会社がおこなうことです。

日本国内には発行会社は多くありますが、代表的な会社は以下のようになります。

● 三井住友カード
● 三菱UFJニコス
● ライフカード
● 楽天カード
● オリコカード
● クレディセゾン

さらに発行会社の中にいくつものクレジットカードが存在し、自分自身のニーズにあったカードが選べます。

たとえば、三井住友カードの発行する主な個人向けクレジットカードは以下のようになっていて、カードによってスペックや使い勝手などが違います。

種類 特徴
三井住友カード もっともベーシックな一般ランクのカード
三井住友カード(学生) 在学中の年会費無料の学生限定カード
三井住友カード デビュープラス 18歳~25歳の方限定のカード
三井住友カード ゴールド ワンランク上の充実と補償のそろうカード
三井住友カード プラチナ 手厚いサービス内容と補償のそろう最上位ランクのカード

上記のカードの中でも三井住友カードはインターネット入会で初年度年会費は無料ですが、利用限度額は10~80万円となっています。海外旅行傷害保険は最高2,000万円の補償、空港ラウンジやコンシェルジュなどのサービスは付帯しません。

それに対し三井住友カード プラチナは、本会員年会費が55,000円(税込)かかりますが、利用限度額は原則300万円~で、海外旅行だけでなく国内旅行も傷害保険が最高1億円補償されます。

また、三井住友カードの指定レストランで2名以上のコース料理を利用すると1名分の料金が無料になったり、空港ラウンジや空港と自宅間の荷物宅配サービス、24時間年中無休で対応可能なコンシェルジュサービスも利用可能です。

決済ブランドはクレジットカード名とは異なる

クレジットカードを持っていてありがちなのが、クレジットカードの会社を聞かれたときに決済ブランドの名前を言うことです。

たしかにVISAやMastercardなどと答えるのは間違いではありませんが、情報の正確性を求めるとなるとやや不足感があります。

なぜなら、VISAカードと言っても多くの会社でVISAのライセンスのクレジットカードを発行しているからです。

VISAのロゴがあるクレジットカードがあっても表面だけチェックしたのでは発行会社はわかりません。三菱UFJニコスを例にすると券面にはカード名の「MUFG CARD」、裏面には発行会社の「三菱UFJニコス」の名前が記載されています。

この場合、決済ブランドはVISA、発行会社は三菱UFJニコス、カード名がMUFG CARDというのがより正確です。

まとめ

5つあるクレジットカードの決済ブランドは、国や地域によって加盟店数の状況が異なったり、付帯するサービス内容や補償の違いが大きかったりします。

日本国内では使いやすくても海外に行った際に自身の持っているクレジットカードの決済ブランドでは支払いができない場合もあります。

自分自身がクレジットカードをどう利用するのかを考えたうえで、最適な決済ブランドを選びましょう。

おすすめのクレジットカード3選

ここからは、おすすめのクレジットカードを3つ紹介します。年会費やポイント還元率からあなたに合うクレジットカード選びの参考にしてください。

Orico Card THE POINT

46135

>>>Orico Card THE POINTの詳細はこちら

ブランド 年会費 ポイント還元率 発行期間
Mastercard 無料 1.0~15.0% 最短8営業日

■Point1:年会費は永年無料
Orico Card THE POINTではカード・ETC・家族カードのすべての年会費無料で利用できます。

■Point2:ポイント還元率は常時1%以上
ネットショッピングでも、コンビニでも上位1%以上のポイント還元率です。さらに入会後6ヶ月間はポイント還元率2%とさらにお得になります。

■Point3:電子マネーiD・QUICPayが利用できる
電子マネーiD・QUICPayが搭載されており、同様にポイント還元率は1.0%です。電子マネーでポイントを貯めたい人におすすめです。

三井住友カード(ナンバーレス)

47991

>>>三井住友カード(ナンバーレス)の詳細はこちら

ブランド 年会費 ポイント還元率 発行期間
VISA・Mastercard 永年無料 0.5~10.0% 最短翌営業日

■Point1:年会費は永年無料
三井住友カード(ナンバーレス)では年会費は永年無料で利用できます。負担なくカードを持ち続けられます。

■Point2:コンビニ3社&マクドナルド利用で最大5%還元
セブン-イレブン・ファミリーマート・ローソン・マクドナルドの利用で、最大5%のポイントが貯まります。

■Point3:最短5分で利用!発行は最短翌営業日!
カード申し込み後、最短5分で利用できるので急ぎでネットで買い物したい場合に便利です。即時利用の利用枠は10万円・カード番号のみ表示されます。カード発行自体は最短翌営業日となります。

dカード

46151

>>>dカードの詳細はこちら

ブランド 年会費 ポイント還元率 発行期間
VISA・Mastercard 永年無料 1.0~4.5% 最短5分

■Point1:年会費永年無料&ポイント還元率1%以上
dカードは年会費永年無料で利用できる上、100円(税込)ごとに1%ポイントがたまるお得なカードです。

■Point2:d払いの支払先をdカード設定でポイント最大2%たまる
d払いの支払い先をdカードに設定することで、通常店舗では1.5%へ、ネットでの購入で2.0%還元されます(最大通常の2倍還元率)。

■Point3:ケータイ補償で購入か1年間・最大1万円分補償される
携帯電話の故障や紛失の場合、購入から1年間、最大1万円分まで補償されます。

※記載されている会社名および商品・製品・サービス名(ロゴマーク等を含む)は、各社の商標または各権利者の登録商標です。

※記事執筆時点の情報のため、最新ではない可能性があります。

※本記事では、一部アフィリエイトプログラムを利用しサービスを紹介しております。商品に関するお問い合わせは、サービス提供企業へ直接ご連絡ください。万が一、当サイトをご覧いただき、サービス利用をされた場合でも、発生したトラブルに関しては一切の責任を負いかねます。