新規登録
更新 : 作成 :

クレジットカードの締め日と支払い日って何? 残高不足の時の対処法も解説!


45999

クレジットカードを利用する前に知っておきたいのが締め日と支払い日です。

締め日と支払い日がいつなのか知っておかないと、滞納といったトラブルを起こしかねません。滞納後にカードが強制解約されると困ってしまいますよね?

本ページではクレジットカードの締め日と支払い日について分かりやすく解説していきます。

口座が残高不足の時の対処法についても解説するため、クレジットカードの締め日と支払い日が気になる方はご参考ください。

クレジットカードの締め日と支払い日の関係

クレジットカードには月に一度の締め日と支払い日があります。

カードにおける締め日と支払い日の意味

期日 意味
締め日 毎月のカード利用が締め切られる日
支払い日 カード利用金額を支払いする日

締め日までのカード利用金額は、支払金額確定日に確定します。その確定したカード利用金額は、支払い日に口座より引き落としとなるクレジットカードが一般的です。

次のように、締め日と支払い日はカードごとに違います。

カード別の締め日と支払い日

カード名 締め日 支払い日
NICOSカード 毎月5日 当月27日
セゾンカード 毎月10日 翌月4日
イオンカード 毎月10日 翌月2日
MUFGカード 毎月15日 翌月10日
DCカード 毎月15日 翌月10日
JCBカード 毎月15日 翌月10日
三井住友カード 毎月15日または毎月末日 翌月10日または翌月26日
楽天カード 毎月末日 翌月27日
セディナカード 毎月末日 翌月27日
OMCカード 毎月末日 翌月27日
オリコカード 毎月末日 翌月27日
ジャックスカード 毎月末日 翌月27日

三井住友カードのように締め日と支払い日が2つあるカード会社が見られます。カード払い後に混乱しないよう、事前に締め日と支払い日について調べておきましょう。

締め日と支払い日はカード会社公式サイトに掲載されています。ほかにもWEB明細サービスや、紙の利用明細書で支払い日を確認できるカード会社が多いです。

締め日と支払い日の理解不足で起こり得るトラブル

クレジットカードの登録口座が残高不足だと、支払い日に引き落としができません。引き落としができないときに注意したいのが、次のような滞納によるトラブルです。

【滞納によるトラブル】

1.  カードが利用停止される
2.  遅延損害金の請求が届く
3. カード会社から催促される
4. カードが強制解約される
5. ブラックリストに入る
6. 一括請求される
7. 差し押さえされる

【翌日~3日後】カードの利用停止

カードの利用停止は、支払い日より翌日~3日後が目安です。

利用停止となったカードは当然ながら、カード払いできません。利用停止後であっても、カード会社への支払いは必要です。

【翌日~遅延解消日まで】遅延損害金の請求が届く

遅延損害金は、翌日~遅延解消日まで発生するのが基本です。

遅延損害金の計算式は次をご参考ください。「元金×年率÷365日×遅延日数=遅延損害金」カードショッピングの場合、遅延損害金の上限は年14.60%です。

● 元金:10万円
● 遅延損害金:年14.60%
● 遅延日数:10日

上記の条件で遅延損害金がいくらになるのか計算してみましょう。

「10万円×0.146÷365×10=400円」遅延が長引くほど、遅延損害金が大きくなります。

【7日後】カード会社からの催促

カード会社からの催促がはじまるタイミングは、7日後が目安です。

最初はメール、またはハガキで催促されることがあります。しかし、催促に応じられないとカード会社から電話で催促されかねません。

【2か月~3か月後】カードの強制解約

カードの強制解約は、2か月~3か月後が目安です。いったん強制解約となったカードは、復活できないと考えてください。

【2か月~3か月後】ブラックリストに入る

強制解約と同時にブラックリストに入ってしまいます。ブラックリストは個人信用情報に記録される事故情報です。

クレジットやローンの審査では、個人信用情報に照会をかけています。そのため、ブラックリストの方がクレジットやローンに申し込みしても審査通過はほぼ期待できません。

【3か月後】一括請求される

一括請求の通知は、滞納から3か月後が目安です。一括請求に応じられないと、裁判所から支払督促という郵送物が届くことがあります。支払督促が届いてから2週間以内であれば、異議申立が可能です。

しかし、異議申立せずに2週間経つと今度は仮執行宣言付支払督促という郵便物が届きます。仮執行宣言付支払督促でも、届いてから2週間以内なら異議申立が可能です。

【3か月~6か月後】差し押さえされる

仮執行宣言付支払督促を放置すると、強制執行(給与などの差し押さえ)まで進みかねません。差し押さえまでの目安は、3か月~6か月後です。

給与差し押さえの場合、原則手取りの4分の1相当となり、残りの4分の3の手取りは支給されます。

しかし、勤務している会社に裁判所からの差し押さえの通知が届くため会社の人に知られかねません。

支払い日に口座が残高不足の時の対処法

46001

口座の残高不足による滞納には、次のような対処法が有効です。

【残高不足への対処法】

●  給与振込口座を登録する
● 引き落とし日のお知らせメールを確認する
● 遅れたときは速やかに支払いする

給与振込口座を登録

給与振込口座をクレジットカードの引き落とし用口座として登録しておくと、残高不足による滞納リスクを抑えられます。

給与振込日が毎月25日、カードの支払い日が27日であれば口座の残高不足は生じにくいです。

ただし、給与振込日からカードの支払い日までの日数が多いときは、残高不足に注意してください。給与振込口座から生活費などを出金しすぎると、支払い日までに口座が残高不足になりかねません。

引き落とし日のお知らせメールを確認

金融機関によっては、クレジットカードの支払い日(引き落とし日)をメールでお知らせするサービスを提供しています。

うっかり支払いを忘れそうな方は、金融機関のメールサービスを利用すると良いでしょう。

ただし、お知らせメールの確認を忘れてしまったのでは意味がありません。そのため、定期的にメールボックスを確認しておきましょう。

遅れたときは速やかに支払い

支払い日に遅れてしまったときは、事態が悪化する前にカード会社へ支払いしてください。

支払い日に引き落としできなかった場合、再引き落としをかけるカード会社が見られます。再引き落とし日までに口座に入金すれば、利用停止となったカードが復活することが多いです。

再引き落とし日を過ぎてしまったときは、カード会社へ速やかに連絡してください。連絡後は指定口座への振込やコンビニ払いなど、カード会社指定の方法で支払いしていきます。

まとめ

クレジットカードの締め日と支払い日について解説してきました。締め日から支払い日までは、次のように流れます。

● 締め日→締め切られる
● 支払金額確定日→カード利用金額が確定
● 支払い日→登録口座より引き落とし

クレジットカードには締め日と支払い日のしくみがあるため、商品購入時の支払いを先に延ばせます。現金一括払いでは余裕がないときにも便利なしくみです。

ただし、締め日と支払い日を知らないと滞納によるトラブルが起こりかねません。

支払い日に遅れてしまったときは、速やかに支払いしてください。口座の残高不足が気になる方は、本ページで紹介した対策を試してみると良いでしょう。

おすすめのクレジットカード3選

ここからは、おすすめのクレジットカードを3つ紹介します。年会費やポイント還元率からあなたに合うクレジットカード選びの参考にしてください。

Orico Card THE POINT

46135

>>>Orico Card THE POINTの詳細はこちら

ブランド 年会費 ポイント還元率 発行期間
Mastercard 無料 1.0~15.0% 最短8営業日

■Point1:年会費は永年無料
Orico Card THE POINTではカード・ETC・家族カードのすべての年会費無料で利用できます。

■Point2:ポイント還元率は常時1%以上
ネットショッピングでも、コンビニでも上位1%以上のポイント還元率です。さらに入会後6ヶ月間はポイント還元率2%とさらにお得になります。

■Point3:電子マネーiD・QUICPayが利用できる
電子マネーiD・QUICPayが搭載されており、同様にポイント還元率は1.0%です。電子マネーでポイントを貯めたい人におすすめです。

三井住友カード(ナンバーレス)

47991

>>>三井住友カード(ナンバーレス)の詳細はこちら

ブランド 年会費 ポイント還元率 発行期間
VISA・Mastercard 永年無料 0.5~10.0% 最短翌営業日

■Point1:年会費は永年無料
三井住友カード(ナンバーレス)では年会費は永年無料で利用できます。負担なくカードを持ち続けられます。

■Point2:コンビニ3社&マクドナルド利用で最大5%還元
セブン-イレブン・ファミリーマート・ローソン・マクドナルドの利用で、最大5%のポイントが貯まります。

■Point3:最短5分で利用!発行は最短翌営業日!
カード申し込み後、最短5分で利用できるので急ぎでネットで買い物したい場合に便利です。即時利用の利用枠は10万円・カード番号のみ表示されます。カード発行自体は最短翌営業日となります。

dカード

46151

>>>dカードの詳細はこちら

ブランド 年会費 ポイント還元率 発行期間
VISA・Mastercard 永年無料 1.0~4.5% 最短5分

■Point1:年会費永年無料&ポイント還元率1%以上
dカードは年会費永年無料で利用できる上、100円(税込)ごとに1%ポイントがたまるお得なカードです。

■Point2:d払いの支払先をdカード設定でポイント最大2%たまる
d払いの支払い先をdカードに設定することで、通常店舗では1.5%へ、ネットでの購入で2.0%還元されます(最大通常の2倍還元率)。

■Point3:ケータイ補償で購入か1年間・最大1万円分補償される
携帯電話の故障や紛失の場合、購入から1年間、最大1万円分まで補償されます。

※記載されている会社名および商品・製品・サービス名(ロゴマーク等を含む)は、各社の商標または各権利者の登録商標です。

※記事執筆時点の情報のため、最新ではない可能性があります。

※本記事では、一部アフィリエイトプログラムを利用しサービスを紹介しております。商品に関するお問い合わせは、サービス提供企業へ直接ご連絡ください。万が一、当サイトをご覧いただき、サービス利用をされた場合でも、発生したトラブルに関しては一切の責任を負いかねます。