新規登録
更新 : 作成 :

クレジットカードとは何か、仕組みや基本知識をわかりやすく解説


46337

クレジットカードを持っていることで、現金を持っていなくても商品の購入ができたりサービス利用料金を支払ったりできます。

これはカード契約者本人の信用によって、カード会社が一時的に利用代金の立て替えをおこない、後で請求がくる流れです。

後払い方式なので手持ちのお金がないときなどに便利なクレジットカードですが「なぜ作る必要があるのか?」「後払い方式は借金と同じ」と考える方もいるかもしれません。

そこで当記事では以下の点について解説します。

  • クレジットカードとは何か、どんな仕組みで成り立っているか
  • デビットカードやプリペイドカードとの違い、クレジットカードのメリット
  • クレジットカードを使う上で知っておきたい基本情報

ぜひ、最後までチェックしてください。

クレジットカードとは何か、どんな仕組みで成り立っているか

最初にクレジットカードとは何なのか、どんな仕組みで成り立っているのかについて解説します。

クレジットカードとは

すでに解説したように、クレジットカードは決済後にカード会社に後払いするカードです。 利用できるシーンも幅広く、たとえばコンビニやスーパーなどのショッピング、インターネットショッピング、公共料金や税金なども支払えます。

現金を持っていなくても支払いができる以外に海外旅行傷害保険やショッピング保険の付帯、選ぶクレジットカードによっては空港ラウンジも無料で利用できて便利です。

また、この後に解説するデビットカードやプリペイドカードとは違って、クレジットカードは契約者の信用を元に立て替え払いします。そのため、新規入会時にカード会社のおこなう審査に通過しないと持つことができません。

クレジットカードの仕組み

後払い方式のクレジットカードですが、どんな仕組みになっているのかをチェックしておきましょう。

決済ブランドにカード会社の違い、カード会社と加盟店の関わりについて解説します。

決済ブランドとカード会社の違い

クレジットカードの券面にVISAやMastercard、JCBなどのロゴの記載があり、そちらを決済ブランドと呼びます。

決済ブランドとは、その名のとおり世界中で利用可能な決済システムの提供をおこなうブランドのことです。国際ブランドと呼ぶこともあります。
持っているクレジットカードに記載された決済ブランドに加盟する店舗であれば、世界中どこででもカード払いができます。

たとえばVISAの付帯するクレジットカードであれば、VISAの加盟店で支払いが可能です。VISAステッカーが店頭やレジに貼ってあれば間違いないでしょう。

それに対し、カード契約者と加盟店をつなぐ存在となるのがカード会社です。次で解説する内容に加えて、新規発行時の審査をおこなったり利用明細の発行、トラブルサポートなどをおこなったりするのもカード会社となります。

カード会社と加盟店の関わり

カード契約者がショップやインターネット上などの加盟店でクレジットカードを使うと、加盟店はカード会社から契約者の利用代金を受け取ります。そして、後でカード会社は契約者に利用代金を請求し、支払いをしてもらう流れです。

このときに契約者と加盟店をつなぐのがカード会社となり、加盟店側が支払う手数料を受け取ることで利益を得ます。

クレジットカードと間違えやすいカード

48338

クレジットカードと間違えやすいカードとして、プリペイドカードとデビットカード、キャッシュカードがあります。

安全に利用するために、詳しい違いを知っておきましょう。

デビットカード、プリペイドカード、キャッシュカードとの違い

プリペイドカードとデビットカード、キャッシュカードの特徴、クレジットカードとの違いについて、一覧でまとめてみました。

カードの種類 特徴 クレジットカードとの違い
デビットカード 銀行口座からの即時決済方式、利用限度額は口座残高と同じ 発行時の審査不要、支払い回数は1回払いのみ、ETCカードの発行不可
プリペイドカード 前払い方式、事前にチャージした金額の範囲内で利用可能 発行時の審査不要、支払い回数は1回払いのみ、ETCカードの発行不可
キャッシュカード 金融機関で口座開設をした際に発行されるATM操作用のカード 買い物に使うことはできない

クレジットカードは発行する際に審査がおこなわれることが、他のカードとの大きな違いでしょう。また、クレジットカードの場合、18歳以上(高校生は除く)でないと契約できないことがほとんどです。

クレジットカードのメリットとデメリット

クレジットカードを持つ前に、カードのメリットとデメリットを知っておくと利用する際に役立ちます。

【クレジットカードのメリット】

  • 現金を持っていなくても買い物ができる
  • 現金を持ち歩く必要がない
  • 利用明細で何にどれだけ使ったのかの流れを把握できる
  • 都合に合わせた支払い方法を選べる
  • ポイントやマイルが貯まる
  • 優待に割引など、カード独自の特典がある

便利なこと以外にも、ポイントや優待特典でお得に利用できるのも大きなメリットです。

【クレジットカードのデメリット】

  • 使い過ぎる可能性がある
  • 支払いが遅れると金融事故につながるリスクがある
  • 選ぶカードしだいで年会費などの維持コストがかかる
  • 不正利用の被害にあう可能性がある
  • リボ払いや分割払いは手数料(利子)がかかる

クレジットカードのデメリットはカードをしっかり管理することで補填できます。また不正利用された際には正しく申請すれば、被害分はカード会社で補償してくれます。

クレジットカードの基本情報

46339

クレジットカードの基本情報となる以下の4点について解説します。

*支払い方法(支払い回数)を指定できる
*利用日、締め日、支払い日が異なる
*カードの不正利用分は補償される
*クレジットカードの特典や種類、ステータスは様々

クレジットカードを利用するにあたり、必ず知っておきたい情報なのでしっかりとチェックしておきましょう。

支払い方法を指定できる(一回、分割、リボ払いなど)

クレジットカードは複数の支払い方法が用意されています。

主な支払い方法が「1回払い」「2回払い」「ボーナス一括払い」「ボーナス二括払い」「分割払い」「リボ払い」となり、契約者自身の都合や状況に応じて選べます。

  • 1回払い 決められた締め日までの利用代金を一括して支払う方法
  • 2回払い 決められた締め日までの利用代金を翌月、翌々月の2回に分けて半額ずつ支払う方法
  • ボーナス一括払い 年2回ある夏・冬のボーナス時に一括して支払う方法
  • 分割払い(手数料がかかる) 利用代金を希望回数に合わせて均等に分割して毎月支払う方法
  • リボ払い(手数料がかかる) 毎月の支払い金額を一定金額に設定して支払う方法

現金では一度にまとまったお金を払う必要がありますが、クレジットカードであれば高額な買い物も分割払いやボーナス払いを利用できます。
また、今はお金がないけれど次の給料が入れば支払いができるなどのときもクレジットカードの使用は役立ちます。

利用日、締め日、支払い日が異なる

まず、利用日と実際に支払いをする日は異なります。クレジットカードはあらかじめ締め日や支払日が設定されていて、選ぶカード会社によって変わってくることを覚えておいてください。

たとえばJCBのクレジットカードの場合、毎月15日が締め日、翌月10日が支払日となりますが、以下で詳しい例を見ていきましょう。

利用期間 支払日
7/16~8/15 9/10

クレジットカードの利用日が8/1であれば、支払日は9/10です。ただし、8/15の締め日間近の利用日の場合、加盟店とカード会社間のやりとりしだいで翌月10日になってしまうケースもあります。

カードの不正利用分は補償される

クレジットカードのデメリットで不正利用の被害について挙げました。しかし、不正利用の被害にあったとしても、一定期間内にカード会社に事実を申請すれば該当の利用分は補償されます。

たとえばセゾンカードでは不正利用の被害に遭った場合、セゾンカードに連絡をした日を含めて61日前までさかのぼった利用分は補償すると公式ホームページに記載してあります。

そして、状況を調べて不正が明らかになれば全額補償される流れです。

クレジットカードの特典や種類、ステータスは様々

選ぶクレジットカードによって、付帯する補償、サービス内容に特典が異なります。また、カードによって以下のようなランクもあり、このランクが高くなるほどにカードの充実度も高くなると思ってください。

  • 一般
  • ゴールド
  • プラチナ
  • ブラック

一般のランクでは年会費無料のものも多くあります。そして、ゴールド、プラチナ、ブラックという順に年会費の価格もカードのランクも高くなっていきます。

カードランクごとの年会費や取得難易度についても、カード会社やカードの種類によって異なります。

まとめ

クレジットカードとは何なのかをはじめ、仕組みや基本知識を解説しました。

1枚持っていれば生活の中で幅広く役立てることができますし、利用することによるメリットも多くあります。

最近、キャッシュレス化が浸透しつつある傾向にあります。その流れに乗り遅れないためにも、今のうちにクレジットカードを手に入れてみてください。

おすすめのクレジットカード3選

ここからは、おすすめのクレジットカードを3つ紹介します。年会費やポイント還元率からあなたに合うクレジットカード選びの参考にしてください。

Orico Card THE POINT

46135

>>>Orico Card THE POINTの詳細はこちら

ブランド 年会費 ポイント還元率 発行期間
Mastercard 無料 1.0~15.0% 最短8営業日

■Point1:年会費は永年無料
Orico Card THE POINTではカード・ETC・家族カードのすべての年会費無料で利用できます。

■Point2:ポイント還元率は常時1%以上
ネットショッピングでも、コンビニでも上位1%以上のポイント還元率です。さらに入会後6ヶ月間はポイント還元率2%とさらにお得になります。

■Point3:電子マネーiD・QUICPayが利用できる
電子マネーiD・QUICPayが搭載されており、同様にポイント還元率は1.0%です。電子マネーでポイントを貯めたい人におすすめです。

三井住友カード(ナンバーレス)

47991

>>>三井住友カード(ナンバーレス)の詳細はこちら

ブランド 年会費 ポイント還元率 発行期間
VISA・Mastercard 永年無料 0.5~10.0% 最短翌営業日

■Point1:年会費は永年無料
三井住友カード(ナンバーレス)では年会費は永年無料で利用できます。負担なくカードを持ち続けられます。

■Point2:コンビニ3社&マクドナルド利用で最大5%還元
セブン-イレブン・ファミリーマート・ローソン・マクドナルドの利用で、最大5%のポイントが貯まります。

■Point3:最短5分で利用!発行は最短翌営業日!
カード申し込み後、最短5分で利用できるので急ぎでネットで買い物したい場合に便利です。即時利用の利用枠は10万円・カード番号のみ表示されます。カード発行自体は最短翌営業日となります。

dカード

46151

>>>dカードの詳細はこちら

ブランド 年会費 ポイント還元率 発行期間
VISA・Mastercard 永年無料 1.0~4.5% 最短5分

■Point1:年会費永年無料&ポイント還元率1%以上
dカードは年会費永年無料で利用できる上、100円(税込)ごとに1%ポイントがたまるお得なカードです。

■Point2:d払いの支払先をdカード設定でポイント最大2%たまる
d払いの支払い先をdカードに設定することで、通常店舗では1.5%へ、ネットでの購入で2.0%還元されます(最大通常の2倍還元率)。

■Point3:ケータイ補償で購入か1年間・最大1万円分補償される
携帯電話の故障や紛失の場合、購入から1年間、最大1万円分まで補償されます。

※記載されている会社名および商品・製品・サービス名(ロゴマーク等を含む)は、各社の商標または各権利者の登録商標です。

※記事執筆時点の情報のため、最新ではない可能性があります。

※本記事では、一部アフィリエイトプログラムを利用しサービスを紹介しております。商品に関するお問い合わせは、サービス提供企業へ直接ご連絡ください。万が一、当サイトをご覧いただき、サービス利用をされた場合でも、発生したトラブルに関しては一切の責任を負いかねます。