新規登録
更新 : 作成 :

ANA VISAワイドゴールドカードはどんな審査基準? 審査準備や審査の流れなどを徹底解説!


46459

ANA VISAワイドゴールドカードの大きな魅力となるのが、ANAマイルの貯まりやすさです。

さらに空港ラウンジも無料で利用できるため、入手したいと考えている方は多いことでしょう。 しかし、ゴールドカード独自の審査基準で発行しているカードです。そのため、審査基準を満たしているかどうか気になりませんか?

今回の記事では、ANA VISAワイドゴールドカードの審査基準について分かりやすく解説していきます。審査準備や申し込み時の注意点が気になる方も、今回の記事をご一読ください。

ANA VISAワイドゴールドカードの審査は準備が肝心

ANA VISAワイドゴールドカードは年会費15,400円(税込)のゴールドカードとなります。

審査基準はカードのランク(スタンダード<ゴールド<プラチナ<ブラック)や年会費が上がるほど高くなるのが基本です。

審査基準に満たない場合は、残念ながらカードの発行は受けられません。そのため、次の準備を整えてから申し込みしてください。

【審査を受ける前に行いたい2つの準備】
・安定継続収入を得ておく
・良好なクレヒスを作っておく

上記の準備について、詳しくは次のとおりです。

審査基準は本人に安定継続収入があること

ANA VISAワイドゴールドカードでは次の入会資格を設けています。

【2つの入会資格】
・年齢20歳以上であること
・本人に安定継続収入があること

特に注目したいのが「本人に安定継続収入があること」といった入会資格です。不安定な収入だと審査が不利になると考えたほうがよいでしょう。

ANA VISAワイドゴールドカードは、三井住友カードが発行会社となり、提携会社は全日本空輸です。 三井住友カードの公式サイトには安定継続収入について、ハッキリとした記載は見当たりません。しかし、入会希望者の収入には次の条件があると考えられます。

【収入にある2つの条件】
・勤続年数1年以上
・年収200万円以上

収入は勤続年数の短い方より、長い方のほうが安定しやすいです。勤続年数1年未満の方は、1年以上になるまで申し込みを控えたほうがよいでしょう。

単純に2つの入会資格を満たしただけでは審査に通らない恐れがあります。それは、ゴールドカード独自の審査基準で発行されているからです。

独自の審査基準について、三井住友カードでは公表していません。しかし、最低でも年収200万円以上が必要になるでしょう。

年収200万円の根拠となるのが年代別の平均年収です。もう一つの入会資格「年齢20歳以上であること」から20代前半の平均年収を見てみましょう。

【20~24歳の平均年収】

性別 平均年収
男性 284万円
女性 249万円
267万円

※参照:平成30年分の民間給与実態統計調査
https://www.nta.go.jp/publication/statistics/kokuzeicho/minkan2018/pdf/001.pdf

スタンダードカードの場合、収入の少ないアルバイト・パートでも申し込みできることが多いです。中には本人に収入のない専業主婦でも申し込みできるスタンダードカードがあります。しかし、ANA VISAワイドゴールドカードだと審査通過が厳しくなるでしょう。

これまでのクレヒスで実績があること

カード会社による審査ではクレヒス(信用情報)をチェックするのが基本です。これまでのクレジット・ローンの履歴のことをクレヒスと言います。クレヒスが真っ白で何も履歴がない方だと、カードの審査が厳しくなることがあります。

短期間に複数枚申し込みをしない

次にカードへ申し込みする際の注意点を紹介します。短期間に複数枚のカードへ申し込みすることを「多重申し込み」と呼びます。

多重申し込みしている方は、カードの審査通過が厳しいです。多重申し込みする方には次の傾向があります。

【多重申し込みする方の主な傾向】
・お金に困っている
・他社カードの審査に落ちた
・キャンペーン目的

「お金に困っている方」「他社カードの審査に落ちた方」は貸し倒れのリスクが高い入会希望者です。

キャンペーン目的の方だと審査に通過させても、カードを継続的に利用してもらえない可能性が高くなります。カードの発行やサービスの提供にはコストがかかるため、キャンペーン目的の入会希望者は避けたい存在です。

カード会社によって判断が異なるものの、1か月に3枚以上で多重申し込みとなる可能性があります。クレヒスに付いた申し込みの履歴は半年ほどで削除されます。

すでに1か月で2枚のカードへ申し込みしている方は、半年待ってからANA VISAワイドゴールドカードへ申し込みするとよいでしょう。

ANA VISAワイドゴールドカードの審査の流れ

46460

ANA VISAワイドゴールドカードの審査は、次のような流れで進みます。

【審査の流れ】
1.申し込み内容のチェック(名前や住所、勤務先など)
2.必要書類のチェック
3.自社での取引状況のチェック
4.クレヒス(信用情報)のチェック
5.審査完了

申し込み状況によっては、勤務先に在籍確認の電話が入る可能性もあります。

申し込みからカード受領までの期間

ANA VISAワイドゴールドカードは最短3営業日で発行しています。(19時30分までにオンラインで申し込みした場合)

ただしカードが郵送される関係上、発行された日=受領できる日ではありません。申し込みからカード受領までの期間は1週間が目安となるでしょう。

申し込み時に必要なもの

ANA VISAワイドゴールドカードへ申し込みするときに必要なのが次の書類です。

【必要書類】
・本人確認できる書類(運転免許証、または運転経歴証明書)
・口座番号がわかる書類(金融機関の通帳やキャッシュカード)

運転免許証や運転経歴証明書がない方は、健康保険証やパスポートなど他の書類が指定されます。

これまでのANA VISAカードからランクアップする方法

ANA VISAカードをすでに持っている場合は、ANA VISAワイドゴールドカードへランクアップできます。

【ランクアップの申し込み先】
https://www.smbc-card.com/mem/update/kirikae_ana.jsp

ランクアップ時にも審査が行われます。審査に落ちてしまったときは、ランクアップできません。

ANA VISAワイドゴールドカードの特典

46461

ANA VISAワイドゴールドカードの大きな魅力となるのが次の特典です。

【魅力な特典】
・ANAのボーナスマイルがどんどん貯まる
・空港ラウンジ
・ポイント2倍コースのマイル移行手数料がかからない

上記の特典について、詳しく紹介します。

ANAのボーナスマイルがどんどん貯まる

特に着目したいのが、搭乗ボーナスマイルです。ANA VISAカードの搭乗ボーナスマイルは10%となります。しかし、ANA VISAワイドゴールドカードなら25%です。

【搭乗ボーナスマイルの計算式】
・ANA VISAカード「区間基本マイレージ×クラス・運賃倍率×10%」
・ANA VISAワイドゴールドカード「区間基本マイレージ×クラス・運賃倍率×25%」

10%→25%へアップした分だけ、ボーナスマイルが貯まりやすいです。さらに入会時と継続時にも2,000マイルもらえます。

空港ラウンジ

ANA VISAワイドゴールドカードには空港ラウンジサービスが付いています。

【利用できるラウンジのある空港一覧】

地方 空港名
北海道 新千歳空港、函館空港、旭川空港
東北 青森空港、秋田空港、仙台国際空港
関東 成田国際空港、羽田空港
北陸 新潟空港、富山空港、小松空港
中部 中部国際空港、富士山静岡空港
関西 関西国際空港、神戸空港、伊丹空港
中国 岡山空港、広島空港、米子空港、山口宇部空港、出雲縁結び空港
四国 徳島空港、高松空港、松山空港
九州 福岡空港、北九州空港、長崎空港、大分空港、熊本空港、宮崎空港、鹿児島空港
沖縄 那覇空港
海外 ハワイ ダニエル・K・イノウエ国際空港

国内主要32空港、海外1空港のラウンジが無料です。

ポイント2倍コースのマイル移行手数料がかからない

カードで貯めたVポイントはANAマイルへの移行が可能です。マイル移行には3つのコースがあります。

【3つのコース】
・通常コース(1ポイント→1マイル)
・2倍コース(1ポイント→2マイル)
・3倍コース(1ポイント→3マイル)

移行レートの高い2倍コースは通常コースより2倍お得です。ANAカードによっては、2倍コースでマイル移行手数料6,600円(税込)が発生します。

しかし、ANA VISAワイドゴールドカードならマイル移行手数料無料です。無駄なく貯めてマイルへ移行できるゴールドカードとなっています。

まとめ

46462

ANA VISAワイドゴールドカードの審査について解説してきました。審査通過のポイントについて、次に簡単にまとめてみます。

【審査通過のポイント】
・年齢20歳以上
・安定継続収入
・勤続年数1年以上
・年収200万円以上
・良好なクレヒス

ゴールドカード独自の審査基準がわかりにくい方は、上記のポイントを抑えながら申し込みするとよいでしょう。

また、審査が不利になる多重申し込み(1か月で3枚以上が目安)にも注意してください。

ANA VISAワイドゴールドカードで効率よくマイルを貯めて、特典航空券のお得な旅を叶えてみてください。