ログイン
新規登録
更新 : 作成 :

クレジットカードの使用は不安?セキュリティについて仕組みや注意点

マネーフォワードモール編集部


クレカ記事_12_A

クレジットカードのセキュリティの仕組み3つ

セキュリティーコード

クレジットカードにはセキュリティを目的としたセキュリティーコードと呼ばれる3桁の番号があります。セキュリティーコードはカードの裏面のみに印字されており、カード保有者以外は知ることのできない番号です。(アメックスブランドのカードのみ4桁・表面印字)

ネットショッピングなどで使用する際にセキュリティーコードを入力を求められることがありますが、正しい入力がなければ使えないようになっており、保有者以外の使用を防止する働きがあります。

暗証番号

クレジットカードを保有する際には4桁の暗証番号の設定が必須で、悪用を防ぐセキュリティの役目があります。暗証番号はIC対応端末設置加盟店でお買い物する場合に入力を求められるもので、確実な本人認証を行うための手段の一つです。暗証番号を覚えていなければ、店舗でのカード利用を断られる場合があります。

サイン

クレジットカードの裏に記入するサインは、保有者本人を確認するための手段です。店舗でカード払いをする際にカード裏面のサインと支払い時のサインの一致を確認することで悪用を防ぎます。従って、店舗でサインを求められた場合はカード裏面に記載しているサインと同様のサインを記載します。

クレジットカードを利用する際の注意点3つ

セキュリティーコード・暗証番号を教えない

セキュリティーコードや暗証番号を自分以外に知られないようにすることで不正利用を防ぐことに繋がります。それらはクレジットカード利用時に求められる本人確認をするための要素の一つだからです。たとえ身近な人であっても教えるのは不正利用や悪用のリスクにつながります。

暗証番号は予測困難な番号に

暗証番号は身近な人にも予測されないような予測困難な番号を設定しましょう。推測が容易な暗証番号では、暗証番号としての役割を果たさないからです。具体的には「生年月日・電話番号・自宅住所の番地・4桁の同じ数字」の暗証番号は避けましょう。他のカードや銀行などの暗証番号との併用も避けることも、セキュリティ対策として重要なポイントです。

カードの裏にサインする

カードが届いたら、まずカード裏面のサイン欄に油性ペンでサインをしましょう。サインは漢字でもローマ字でも構いません。万が一誤ったサインをしてしまった場合は、再発行手続きを行います。一度サインした文字が薄くなり見えにくくなってしまった場合も、再発行手続きを行いましょう。

クレジットカードのトラブルの対処法

クレジットカード会社へすぐに連絡する

以下のようなクレジットカードのトラブルに気づいた際は、ただちにクレジットカード会社に連絡し、利用を止めるようにします。

・紛失した場合
・盗難に遭った場合
・不正利用を確認した場合

利用を止めることでクレジットカードによる支払いはできなくなり、悪用や不正利用、さらなる被害を防ぐことができます。

最寄りの警察に連絡する

クレジットカードのトラブルに気づいた際は不正利用の有無に関わらず、警察への届け出も併せて行います。不正利用があった場合の損失は、場合によってはクレジットカード会社が負担してくれる場合があります。その際には基本的に警察への届け出が必須です。

不正利用を早期発見「家計簿アプリ」を活用

不正利用を早期発見するには家計簿アプリとクレジットカードを連携して一括管理することがおすすめです。

クレカ記事_12_B

クレジットカードを利用すると通知がくる

アプリとクレジットカードを連携すると、カード利用時に通知が来るようになります。通知が来た際に自分が利用していなければ、不正利用されたことに早い段階で気づくことができます。

利用履歴が確認できる

アプリにはクレジットカードの利用履歴が残るので、いつどこでいくら使ったのかを確認できます。利用履歴に記憶にないものがあれば、不正利用されたと知ることができ、比較的早くトラブルの対処が可能です。クレジットカードの利用履歴は自動的に更新されます。

クレジットカードを複数連携できる

アプリではクレジットカードを複数連携することができ、アプリ一つで複数のクレジットカードの利用状況を管理できます。別々の管理ではそれぞれの利用状況を追うのも大変ですが、一括で簡単に管理でき、不正利用にも早い段階で気づきやすくなります。

クレジットカードを安全に利用するために

クレジットカードは、主に以下の3つによってセキュリティ対策が行われています。

1. セキュリティコード
2. 暗証番号
3. サイン

クレジットカードのセキュリティが心配な方は、以下の4つを意識することでより安全に利用できます。

1. セキュリティーコード・暗証番号は教えない
2. 暗証番号は予測困難なものにする
3. カードの裏面にサインする
4. 家計簿アプリとクレジットカードを連携させる

万が一クレジットカードの紛失・盗難が起きた際は、クレジットカード会社に連絡し利用停止の手続きをするとともに、警察へ届け出を出しましょう。

その他の新着記事一覧はコチラ