新規登録
更新 : 作成 :

ビットコインのスキャルピングは稼げる?コツや稼ぎ方 - おすすめ取引所


large

ビットコインのスキャルピングとは

ビットコインで資産の倍増を成功させた人は、実は大きく2つのパターンに分類できます。ひとつは「黎明期(2016年以前)に購入し、その後の値上がりで売却益を得た人」。

もうひとつは「レバレッジ取引によって資産を倍増させた人」です。ビットコインは為替同様にレバレッジをかけ、数秒から数分の間に極小の利幅を狙う取引(スキャルピング)で利益を出せる場合もあります。

2017年以降に暗号資産(仮想通貨)取引で財を成した人の中には、この「ビットコインスキャルピング」で、資産を増やした人もいると言われています。

本記事では、ビットコインスキャルピングのコツや取引所選びを解説します。

そもそもスキャルピングとは?

もともとスキャルピングとは、為替FXのデイトレーダーから人気を集めた取引手法です。
デイトレード(1日単位での短期売買)よりもさらに取引間隔が短く、1回の取引における利益も小さくなっています。

しかし、まさに「塵も積もれば山となる」で、最終的に得る利益はデイトレードやスイングトレードよりも大きな者になることも珍しくありません。

最短で利益が積みあがるスキャルピング

スキャルピングは、一度ポジションを構えてから決済するまでの間が数秒ないし数分という短さです。そのため、一旦波にのってしまえば、利益の積み上がりも非常に速いという特徴を持っています。

レバレッジをかけて利益を拡大させつつ、数秒から数分単位での「ポジション取り⇒決済」を繰り返します。

エントリーチャンスは無制限?

スキャルピングは、値動きが一定以上ある銘柄であれば可能です。

特に暗号資産(仮想通貨)のように1日のうちで「ストップ安」や「ストップ高」が設定されていない金融商品では、エントリーチャンスが無限にあります。

もちろんリスク管理も必要ですが、儲けのチャンスが多いということは、それだけで優れた投資手法といえるでしょう。

スキャルピングが向いているのはどんな人?

ここで、スキャルピングが向いているのは、どんな方なのかを表形式でまとめてみます。

元手資金 トレードにさける時間 最終目標
スキャルピング 少ない(数万円程度) 多い 専業トレーダー
スイングトレード 多い(数百万円以上) 少ない(週に数時間程度) 長期的な資産形成
デイトレード 普通~やや少なめ(数十万円程度) やや多い(日に2時間程度) 専業トレーダーもしくは副業

このようにスキャルピングは、元手資金は少ないものの、1日のうちでトレードにさける時間が多い人ほど向いています。

これまで述べたように1日に数回から数十回の取引を連続的に行うため、資金よりも時間がある人が有利です。

ただし、長時間にわたって勝率を維持するためにはそれなりの慣れや訓練が必要です。

取引コストの管理が重要!

すでにお気づきの方も多いと思いますが、スキャルピングでは1回の取引にかかるコストをできるだけ抑えなくてはなりません。

1回の取引にかかえるコスト、すなわち手数料が多ければ多いほど、利益が積みあがりにくくなるからです。そのため、取引所の選定が重要になってきます

ビットコインスキャルピングで稼ぐコツ

ではここまでの内容から、ビットコインスキャルピングで稼ぐコツを考えてみましょう。基本的にはスキャルピングで稼ぐコツと同じなのですが、暗号資産(仮想通貨)取引所の特性も理解しておく必要があります。

スワップポイント(スワップ手数料)を狙う

ビットコインFXを導入している取引所の中には、現物価格とFX価格の乖離を調整するスワップポイントを導入しているところがあります。

たとえば、ZaifのAirFXですね。2時間ごとに最大±0.375%のスワップポイントが付与されます。

26673

画像出典:ZaifのAirFX

こちらが実際の画面で、右上に赤と緑でスワップポイント(スワップ手数料)の率が表示されています。
これは2時間ごとに更新されるため、偶数時刻に切り替わるタイミングを狙ってスワップポイントを受け取れるポジションをとるわけです。

数秒から数分であれば値動きはほぼないことが多いので、純粋にスワップポイントだけを狙う取引ができます。

売買手数料が無料の取引所を狙う

また、売買の手数料もできるだけ無料になる取引所を使いたいところです。
暗号資産(仮想通貨)取引所の中には、Coincheckのようにビットコインの取引手数料が無料というケースもあります。

慣れやセンスも重要

スキャルピングでは、上昇トレンドなのか下落トレンドなのかを見極める目が必要になります。トレンドを瞬時に判断できる目が養われていなければ、利益を上げるのは難しいと言えるでしょう。

実際のところ、この判断は「慣れ」や「センス」が必要です。テクニカル分析を使ってトレンドの大きな流れを見極めつつ、瞬間の判断を下せるように何度もトレードしていきましょう。

ビットコインスキャルピングに適した取引所

では最後に、ビットコインスキャルピングに適した取引所を紹介します。手数料やスプレッドは取引所によって異なるため、できるだけ有利な環境でトレードするようにしましょう

「習うより慣れろ」のビットコインスキャルピング

ビットコインスキャルピングは、一定の理論やコツがあるものの、基本的には何度もトレードを繰り返して損切りや決済のタイミングを体得していくのが良いでしょう。

つまり「習うより慣れろ」ですね。数秒単位での瞬間的な判断が伴うため、どちらかといえば理屈よりも瞬発力が求められる取引手法です。

また、取引所固有のUI(画面仕様)やサーバの重さなども知っておく必要があります。こちらも、少額から何度もトレードを重ね、取引所ごとの傾向を掴んでいくのが成功への近道といえます。

まずは損切りや利確ポイントでの判断をできるだけスムーズかつ素早く行うことを目標に、練習を重ねてみてはいかがでしょうか。値動きの激しいビットコインでのスキャルピングは、上昇・下落どちらのトレンドでも利益をあげられます。専業トレーダーとしての第一歩としては、為替FXよりもハードルが低いかもしれません。

おすすめの暗号資産(仮想通貨)取引所4選

ここからは、おすすめの暗号資産(仮想通貨)取引所を4つ紹介します。取り扱い暗号資産の種類や取引手数料などから、あなたに合う取引所を選びましょう。

※2020年12月時点の各取引所の公式サイトを参照。最新情報は公式サイトを確認して下さい。

bitFlyer(ビットフライヤー)

bitFlyer

取引所手数料 取扱数 セキュリティ スマホ対応
0.01〜0.15% 12
  • 暗号資産(仮想通貨)取引所の運営歴6年の信頼感
  • すべての取り扱い銘柄を販売所形式で取引可能
  • 資本金41億円の安定した経営母体

bitFlyerは、ビットコインはもちろんのこと、リップル・モナコイン・イーサリアムなど12種類の取り扱いがあります。また、アカウント維持・販売所全通貨売買・ビットコインFX取引などさまざまな手数料が無料です。

Coincheck(コインチェック)]

コインチェック

取引所手数料 取扱数 セキュリティ スマホ対応
0% 16
  • 約500円~16種の暗号資産(仮想通貨)が買える
  • 月1万円~積立できる
  • 専用アプリが使いやすく初心者におすすめ

Coincheckは16種類の暗号資産(仮想通貨)を約500円から購入できます。専用のスマホアプリは使いやすいため、暗号資産取引初心者におすすめです。

GMOコイン

取引所手数料 取扱数 セキュリティ スマホ対応
-0.01%~0.05% 10
  • FX事業など多くの事業で成功しているGMOグループ
  • FX事業のノウハウを活用したい使いやすい取引画面
  • 取引所・販売所の両方が利用できる

GMOコインは、FX最大手のGMOグループが2017年5月に開設した取引所です。東証一部上場のGMOインターネットグループが運営しているため安心感があります。

DMM Bitcoin

取引所手数料 取扱数 セキュリティ スマホ対応
無し 11※

※レバレッジ取引が11種類、現物取引は3種類

  • 11銘柄で レバレッジ取引ができる
  • FXのノウハウを活かした高機能な取引ツール
  • 様々な手数料が無料

DMM Bitcoinは、動画サイト事業やFXでも有名なDMMが2018年1月に開設しました。特にレバレッジ取引ができる銘柄11種類と豊富なことが特徴です。

※記載されている会社名および商品・製品・サービス名(ロゴマーク等を含む)は、各社の商標または各権利者の登録商標です。

※2020年12月時点の情報のため、最新ではない可能性があります。

※暗号資産(仮想通貨)取引には価格変動・流動性・決済完了性がない・暗号資産(仮想通貨)盗難や紛失などさまざまリスクがあります。

※本記事では、一部アフィリエイトプログラムを利用しサービスを紹介しております。商品に関するお問い合わせは、サービス提供企業へ直接ご連絡ください。万が一、当サイトをご覧いただき、サービス利用をされた場合でも、発生したトラブルに関しては一切の責任を負いかねます。