新規登録
更新 : 作成 :

ネム取引所おすすめ比較6選 | 選び方のポイント


2564

ネム、結局どこで買うべき?

日本では大きな人気があり、海外からの認知度も高まりつつあるネムですが、国内取引所が多数存在します。

本記事ではネムを取り扱っている取引所を紹介するとともに、手数料やスマホアプリの有無、ネム以外の取り扱い通貨数など比較のためのポイントを取引所ごとに解説していきます。

これからネムを取引したいという方や、すでにネムを取引しているものの他の取引所を探しているという方のために、おすすめの取引所を紹介していきます

ネム取引所のおすすめ

ネムへの期待が高まるなかで、使いやすい取引所を選び、上手く取引をすることが重要になります。ネムの取引ができる暗号資産(仮想通貨)取引所は以下のとおりです。

取引手数料 取扱数 スマホアプリ
Coincheck 0% 16
bitFlyer 0% 12
DMM Bitcoin 0% 11
GMOコイン -0.01%~0.05% 10
Zaif 0%~0.1% 12
Huobi 0.012~0.150% 6

本項ではネムの取り扱いがある取引所をそれぞれ詳しく解説していきます。

Zaif

取引手数料 暗号資産取扱数 セキュリティ スマホ対応
0%~0.1% 12銘柄

Zaifは国内でも人気の高いZaif社が運営する暗号資産(仮想通貨)取引所です。COMSAのICOをネムで参加できるようにするなど、ネムに力を入れている様子がうかがえます。

過去にはネムの取引高世界1位になった実績もあります。またZaifを以前運営していたテックビューロ社の社長はNEM財団の理事を務めていました。

取引所形式で取引を行うことができ、また手数料も安いため、使いやすい取引所の1つと言えます。

DMM Bitcoin

取引手数料 暗号資産取扱数 セキュリティ スマホ対応
0% 11

DMM BitcoinはDMMグループの子会社が運営する暗号資産(仮想通貨)取引所です。販売所形式でしか取引できないため、スプレッドは高くついてしまいますが、チャートの見やすさには定評があるため、取引に慣れて高機能なチャートを使いたいという方にはおすすめです。

2段階認証やコールドウォレットはもちろん、資産の分割管理などセキュリティ面でも強みがあるのがメリットといえるでしょう。

Huobi

取引手数料 暗号資産取扱数 セキュリティ スマホ対応
0.20% 6

Huobiはフォビジャパン運営の暗号資産(仮想通貨)取引所です。130カ国以上で利用されている取引所です。2013年創業の老舗取引所で、約300人以上のエンジニアにより高水準のセキュリティが保たれています。

また独自トークン「Houbi Token」を持っていれば手数料が割引されることもあります。

意外と知らない取引所と販売所の違い

暗号資産(仮想通貨)取引所で行う売買には取引所形式と販売所形式の2つがあります。取引所形式と販売所形式では手数料の掛かり方などにも大きな違いがあるため、注意が必要です。

取引所とは

取引所形式とはユーザー同士で取引を行う売買方法です。板に出ている注文に対して売買を行ったり、板に新しく注文を出したりできます。自分の欲しい価格で通貨を手に入れることができる一方で、価格が大きく動くときには売買が成立しにくい場合もあります。

販売所に比べると安い価格で購入できるため、できるだけ安く購入したいときには取引所を利用しましょう。

販売所とは

販売所形式とは運営会社から通貨を売買する方法のことです。販売所指定の価格が取引所形式の価格よりも高い場合もあるため、売買は割高になることもあります。

運営会社が取引所の価格に上乗せをしている分利益を出しづらい点はデメリットです。長期保有で価格が大きく上昇するのを待つ場合には利用してもいいでしょう。

ネム取引所を選ぶポイント

ネムの取り扱いがある暗号資産(仮想通貨)取引所を6社紹介しましたが、どの取引所を使えばいいのかわからないという方も多いと思います。そこで、取引所を選ぶためのポイントをそれぞれ解説していくので、取引所を選ぶ際の参考にしてみてください。

セキュリティ

暗号資産(仮想通貨)取引所を選ぶうえで重要なのがセキュリティです。ネムはCoincheckの流出などでも話題になりましたが、これはCoincheckがコールドウォレットを利用していなかったためと言われています。

そのため、取引所を選ぶ際にはコールドウォレットに対応していること、また二段階認証やSSL証明書などの条件を確認することで安全な取引所を見分けることができます。

アプリの有無

暗号資産(仮想通貨)の価格は変動が大きいため、外出時にも価格の確認ができるようにスマホアプリを利用するのがおすすめです。そのため、暗号資産取引所がアプリに対応しているかどうかを確認するといいでしょう。

また、アプリに対応しているだけでなく、アプリが使いやすいかどうかなどを確認しておくのも大切です。

手数料

暗号資産(仮想通貨)で利益を出すためにはできるだけ手数料が低い取引所を選ぶことも重要です。取引額が大きくなれば大きくなるだけ手数料も多くなってしまうため、売買を繰り返す場合には手数料の少ない取引所を選びましょう。

また、手数料が安く見えるものの販売所形式となっており、実際には購入時の価格が割高になってしまうケースもあるため、その点も注意しましょう。

銘柄数

暗号資産(仮想通貨)取引所を選ぶ際にはネム以外にも取り扱い通貨がどれほどあるのか確認しておくといいでしょう。将来的に価格の上昇が見込める通貨を見つけた際に、取り扱いがあれば新しく口座を開設することなく売買を行うことができます。

取引数

上記の要素が優れている取引所でも、取引高が少ない暗号資産(仮想通貨)取引所では売買が成立しづらいため意味がありません。取引所を選ぶ際には購入したい通貨が取引所でどの程度取引されているのかを確認しておきましょう。

運営について

運営会社が国内外のどちらにあるのかも、暗号資産(仮想通貨)取引所を選ぶうえでは重要となります。

また、ネムの取引量は日本国内が世界でもっとも多いため、ネムを購入するのは国内取引所の方が向いているといえるでしょう。

ネム取引所を選ぶなら…

ネムを売買する取引所を選ぶ際には、セキュリティ、手数料、銘柄数、取引量、スマホアプリの有無、運営会社などを比較してみましょう。

おすすめの暗号資産(仮想通貨)取引所4選

ここからは、おすすめの暗号資産(仮想通貨)取引所を4つ紹介します。取り扱い暗号資産の種類や取引手数料などから、あなたに合う取引所を選びましょう。

※2020年12月時点の各取引所の公式サイトを参照。最新情報は公式サイトを確認して下さい。

bitFlyer(ビットフライヤー)

bitFlyer

取引所手数料 取扱数 セキュリティ スマホ対応
0.01〜0.15% 12
  • 暗号資産(仮想通貨)取引所の運営歴6年の信頼感
  • すべての取り扱い銘柄を販売所形式で取引可能
  • 資本金41億円の安定した経営母体

bitFlyerは、ビットコインはもちろんのこと、リップル・モナコイン・イーサリアムなど12種類の取り扱いがあります。また、アカウント維持・販売所全通貨売買・ビットコインFX取引などさまざまな手数料が無料です。

Coincheck(コインチェック)

コインチェック

取引所手数料 取扱数 セキュリティ スマホ対応
0% 16
  • 約500円~16種の暗号資産(仮想通貨)が買える
  • 月1万円~積立できる
  • 専用アプリが使いやすく初心者におすすめ

Coincheckは16種類の暗号資産(仮想通貨)を約500円から購入できます。専用のスマホアプリは使いやすいため、暗号資産取引初心者におすすめです。

GMOコイン

取引所手数料 取扱数 セキュリティ スマホ対応
-0.01%~0.05% 10
  • FX事業など多くの事業で成功しているGMOグループ
  • FX事業のノウハウを活用したい使いやすい取引画面
  • 取引所・販売所の両方が利用できる

GMOコインは、FX最大手のGMOグループが2017年5月に開設した取引所です。東証一部上場のGMOインターネットグループが運営しているため安心感があります。

DMM Bitcoin

取引所手数料 取扱数 セキュリティ スマホ対応
無し 11※

※レバレッジ取引が11種類、現物取引は3種類

  • 11銘柄で レバレッジ取引ができる
  • FXのノウハウを活かした高機能な取引ツール
  • 様々な手数料が無料

DMM Bitcoinは、動画サイト事業やFXでも有名なDMMが2018年1月に開設しました。特にレバレッジ取引ができる銘柄11種類と豊富なことが特徴です。

※記載されている会社名および商品・製品・サービス名(ロゴマーク等を含む)は、各社の商標または各権利者の登録商標です。

※2020年12月時点の情報のため、最新ではない可能性があります。

※暗号資産(仮想通貨)取引には価格変動・流動性・決済完了性がない・暗号資産(仮想通貨)盗難や紛失などさまざまリスクがあります。

※本記事では、一部アフィリエイトプログラムを利用しサービスを紹介しております。商品に関するお問い合わせは、サービス提供企業へ直接ご連絡ください。万が一、当サイトをご覧いただき、サービス利用をされた場合でも、発生したトラブルに関しては一切の責任を負いかねます。