ログイン
新規登録
更新 : 作成 :

クレジットカードの解約方法と解約前の注意点

マネーフォワードモール編集部


クレカ記事_13_A

クレジットカードの解約は意外に簡単

クレジットカードの解約方法は、カード名義人からの電話一本でOKという簡単さです。「解約」を「退会」と呼ぶこともあります。インターネット上やメールを通じて解約することはできませんので、手元にクレジットカードを用意し、専用の電話番号に電話しましょう。入会時のように書類提出を求められことはありません。未払いの残高がある場合、ほとんどのクレジットカード会社は解約に応じ、解約後は今まで通り登録の銀行口座から未払い分を請求・引き落としします。

リボ払いを選択していた場合、三井住友VISAカードは引き続きリボ払い分を請求します。解約すると、アメリカン・エキスプレスカードはリボ払い利用残高を一括で請求します。また未払いの利用残高があると解約できないクレジットカードとして楽天カードがあります。このように、未払い残高への対応がカード会社毎に異なります。クレジットカード解約前には、未払い残高の扱いについてよく調べましょう。

解約前の注意点1:年会費の請求は来ましたか?

クレジットカードの年会費は、通常カードの契約月を基準に請求されます。年会費の支払い自体は、契約月の翌々月ですが、一度請求されると支払いを免れることはできません。クレジットカードの解約を理由に、月割りも含めて年会費の払い戻し請求はできない、と厳しい条件となっていますので注意が必要です。セゾンカードによると、「ご入会月の月末までご利用になることをおすすめしております」とありますが、前年の年会費がギリギリ有効な日まで使用することを優先して、クレジットカード解約手続きをうっかり忘れないようにお気をつけください。

年会費の支払いを無駄にしたくない方は、解約前には年会費の請求がいつ行われるのか確認をしてから解約手続きの電話をかけることをおすすめします。

解約前の注意点2:EdyやSuica機能付きですか?ポイントを貯めていませんか?

記事クレジットカードを破棄する前に確認したいのが、電子マネーの取り扱いです。

電子マネーEdyやSuica機能が付帯しているクレジットカードの場合、「カード破棄後は返金の申し出に対応できない」と明記されています。基本は残高を使い切ってから、カードを破棄する、となっていますが、残高が高額ですぐに使いきれない場合はカード会社に問い合わせ返金処理について十分確認してから解約しましょう。クレジットカードの利用特典として、ポイントを集めている方もたくさんいらっしゃるでしょう。解約と同時にせっかく集めたポイントが無効になるのはもったいないので有効な活用法を確認してから解約しましょう。

解約手続き後は磁気ストライプやICチップ、証明欄やクレジットカード番号の情報が不正利用されないよう、細かくハサミを入れて処分しましょう。クレジットカードの破片についてはお住いの自治体の方針に従って、正しく破棄してください。

解約前の注意点3:支払い方法の変更は済んでいますか?家族カードやETCカードを作っていませんか?

クレジットカードで家賃、公共料金、インターネットプロバイダ料金、携帯電話料金など毎月必要な経費の支払いをしている場合には、解約手続きの前に支払い方法の変更を必ず行うようにしましょう。支払い方法を解約したクレジットカードのままにしておくと、サービスプロバイダ側から未払い扱いを受け、信用情報に悪影響がでることも考えられます。

また本カードを解約すると、家族カードも同時に無効になります。家族の方が日常的に家族カードを使用している場合には、解約することについて事前確認が必要です。高速道路利用時に大変便利なETCカードですが、クレジットカードを解約すると同時に解約となります。通勤などで日常的にETCカードを使っている場合には、クレジットカード解約と同時にETCカードも使えなくなることを十分認識しておく必要があります。

クレカ記事_13_B

年会費のないカードに変更する方法も?

電話一本で解約手続きをする前に気をつけたい注意点について説明しましたが、いかがでしたか?解約方法は簡単ですが、確認すべき注意点がたくさんあります。三菱総合研究所「クレジットカード・電子マネー保有・利用動態調査2015年」によると、「還元率が低い、年会費が高い、魅力的なキャンペーンがない」がクレジットカード解約理由の上位を占めてします。

クレジットカードは支払い方法として利便性が非常に高く、実際に一枚も持たない生活となると、海外旅行や出張の際には、航空券の手配、ホテルやレンタカーの予約などで不便きわまりない状況に陥ります。

年会費が解約理由の場合は、年会費無料のクレジットカードへ切り替えする選択肢を考えてみてはいかがでしょうか?年会費永年無料のクレジットカードを手元は一枚持っておくと安心です。

参考:三井住友VISAカードアメリカン・エキスプレスカード楽天カード楽天カード カード解約後の注意事項三菱総合研究所

その他の新着記事一覧はコチラ