新規登録
更新 : 作成 :

クレジットカードは流通系がおすすめ!節約につながるカードを比較


47502

「普段の買い物がお得になるクレジットカードが欲しい」

お得に買い物したい人におすすめできるカードが、流通系クレジットカードです。

  • 銀行系や信販系クレジットカードとの違い
  • 流通系クレジットカードのメリット

当記事では流通系クレジットカードの詳細を紹介します。

流通系クレジットカードは流通業界発行のクレジットカード

流通系クレジットカードとは小売業・系列会社の発行するカードで、主にデパートにスーパーマーケット、コンビニなどが取り扱っています。

【ショッピングセンター】
・ イオン
・セブン&アイ・ホールディングス

【百貨店】
・高島屋
・三越
・伊勢丹

【コンビニエンスストア】
・ファミリーマート
・ローソン

他にも、家電量販店のビックカメラ・ヨドバシカメラ、アウトレットモール発行のクレジットカードも流通系に属します。

銀行系、信販系カードとの流通系クレジットカードの違い

銀行系、信販系クレジットカードもあります。流通系クレジットカードとの違いを紹介します。

銀行系クレジットカード

銀行系クレジットカードは、銀行やグループ会社が発行しているクレジットカードです。三井住友銀行、三菱東京UFJ銀行、みずほ銀行の3大メガバンクをはじめ、地方銀行なども取り扱っています。

審査難易度は流通系クレジットカードと比較しても比較的高いと言われています。審査項目も多く厳しいとされています。

銀行系ならではの信頼度の高さ・ステータス性・セキュリティにおける充実度は高いです。銀行系クレジットカードを1枚持っていると安心できると思う方も多いでしょう。

信販系クレジットカード

信販系クレジットカードとは、その名のとおり信販会社が発行しています。

クレジットカードだけでなく自動車ローンや教育ローンなどの金融商品を専門に扱っているのが信販会社ですが、代表的な会社は以下を参考にしてください。

・株式会社ジャックス
・ライフカード株式会社
・株式会社オリエントコーポレーション(オリコ)
・株式会社クレディセゾン
・株式会社JCB(ジェーシービー)
・セディナ

クレジットカードが普及するまでは、書面で手続きをおこなう月賦払いが一般的でした。業務の取り扱いや管理をおこなっていたのが信販会社です。

クレジットカードの中でも信販会社は長い歴史があり、新規参入は1960~70年代頃とされています。

また、信販系クレジットカードは審査通過難易度の高いものから低いものまでと幅広く存在し、手に入れるカードによってステータス性や充実度の高さが異なるのも事実です。

メリットはショッピングセンターやデパートでお得に利用できること

流通系クレジットカードの最大のメリットが、ショッピングセンターにデパート、コンビニエンスストアなどの発行元のお店や系列店での買い物がお得になることです。

割引やポイントの高還元が主な特典ですが、実際に契約するクレジットカードによって内容は異なります。一般的なのは買い物をした金額から割引が入ることですが、常時割引適用になるお店もあれば「毎週〇曜日」「毎月〇日」のように限定されることもあります。

たとえば、流通系クレジットカードの中で代表的な1枚の「イオンカード」の場合、毎月20日と30日が5%オフで買い物ができます。特にクレジットカードで決済する必要がなく、イオンカードさえ提示すれば現金払いでも割引適用が可能です。

そのほかに丸井の発行する「エポスカード」のように年間4回、10%オフで買い物ができる期間を設けている流通系クレジットカードもあります。

サブカードとして活用するのがおすすめ

流通系クレジットカードのおすすめの利用方法が、年会費無料、もしくは低価格のカードをサブカードとして使うことです。

自分が利用頻度の高いお店のカードを発行して割引などの特典が使えるタイミングで利用すれば、お得さを得られるでしょう。

また、ライフカードのように期間限定でポイント還元率が2~3倍になるクレジットカードを積極的に使うのも獲得できるポイントが増えてお得です。

そして、メインにはポイント還元率やステータス性が高かったり、サービス内容や特典の充実度が高かったりするカードを持っておくと上手な使い分けが叶うようになります。

申込者自身に安定収入がなくても問題ないことが多い

流通系クレジットカードは専業主婦や学生も利用可能としていることが多いです。

実際に流通系クレジットカードを利用するための条件として「18歳以上で電話連絡可能な方」「アルバイト・パート、学生・専業主婦(主夫)・年金受給者の方も申し込み可能」といった記載を公式ホームページ内で見かけることができます。

おすすめ流通系クレジットカード

47503

流通系クレジットカードは数多く存在しますが、おすすめなのカードが以下5種類です。

・セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス
・エポスカード
・MICARD(エムアイカード)
・セブンカード・プラス
・楽天ゴールドカード

詳しい内容についてご紹介していきましょう。

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード

46155

「セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス」は26歳になるまで年会費無料、26歳以上の方は初年度年会費無料・2年目以降3,300円(税込)で保有可能です。

獲得したポイントに有効期限がない「永久不滅ポイント」が魅力なほか、セゾンカウンターでカード受け取りをすれば最短即日発行も可能です。

また、西友にリヴィン、サニーの買い物が毎月第1・第3土曜日に5%オフになる特典もあります。

エポスカード

46153

丸井グループの発行する「エポスカード」は、ショッピングビルのマルイにモディなどのお買い物がお得になる1枚です。

年4回開催される「マルコとマルオの7日間」では、マルイ・モディ全店、マルイ公式ショッピングサイト「マルイウェブチャンネル」での買い物が10%オフになります。

また、そのほかにエポスカード会員限定セールの「エポスカードウィークス」が不定期開催される特典もあります。

年会費永年無料ですが、最高2,000万円の海外旅行傷害保険が自動付帯する点も大きなメリットです。

MICARD(エムアイカード)

47504

大手デパートの三越伊勢丹グループが発行するクレジットカードが「MICARD(エムアイカード)」です。

三越伊勢丹グループで買い物をすると10%のポイント還元があったり、カードを持っているだけで優待などの特典を利用できたりすることができます。

即日来店での受け取りが可能なほか、初年度年会費無料、国際ブランドにアメックス選ぶと海外利用時のポイントを1.5%にすることが可能です。

セブンカード・プラス

47505

「セブンカード・プラス」はセブン&アイ・ホールディングスの発行する流通系クレジットカードで、年会費も永年無料なため維持コストがかかりません。

特典の一例が、まず全国のセブンイレブンやイトーヨーカドーの買い物をカード決済すると、200円(税込)の利用ごとに2nanacoポイントが貯まります。そして、貯まったポイントは1ポイントから使用可能です。

そのほか新規入会時に最大5,500ポイントを獲得できたり、8のつく日のイトーヨーカドーの買い物がほとんど5%オフになったりする特典もあります。

楽天ゴールドカード

47430

楽天の発行する「楽天ゴールドカード」は、楽天市場の買い物がいつでもポイント最大5倍となります。

ゴールドランクのカードですが、年会費 2,200円(税込)と格安で、国内空港ラウンジは年間2回無料利用が可能。ETCカードの年会費無料、海外トラベルデスクの利用が無料などの特典もあります。

まとめ

流通系クレジットカードを持っていれば、発行元のお店や系列店での買い物がお得になります。また年会費永年無料なカードも多いので、維持コストをかけずに保有できる魅力もあります。

ステータス性が銀行系や信販系クレジットカードと比べると劣る特徴もありますが、サブカードとして活用するには申し分ないくらいに役立つでしょう。

自分の利用機会の多いお店、誕生月などに大量ポイントを獲得できるカードを作れば節約にもつながります。ぜひ、これを機に自分のニーズに合った流通系クレジットカードを見つけてみてください。