新規登録
更新 : 作成 :

三井住友デビュープラスからの切り替えはクラシックorプライムゴールド?詳細を解説


47572

三井住友カード デビュープラスは、18歳から25歳まで限定の年会費が実質無料のお得なクレジットカードです。 通常 1,375円(税込)ですが、1年に1回以上利用すれば年会費が無料となります。

しかし26歳になるとカードが自動で切り替わるのをご存じでしょうか。この記事では三井住友カード デビュープラスの切り替えがどのようにされるのかを解説します。

三井住友カード デビュープラスは18~25歳限定のお得なカード

26歳からはプライムゴールドに自動切り替えされる

「三井住友カード デビュープラス」は日本で初めてVisaカードを発行した三井住友カード発行のクレジットカードです。

銀行系クレジットカードのため信頼性が高く、初めてクレジットカード作る若い人でも安心して使えます。

三井住友カード デビュープラスは18歳~25歳限定のクレジットカードです。満26歳で自動的に「三井住友カード プライムゴールド」へ切り替わり、ワンランク上のクレジットカードが利用できます。

三井住友カード プライムゴールドは通常年会費が5,500円(税込)必要です。ですがデビュープラスカードからプライムゴールドへ切り替え時に、「継続サンクスポイント」として1,000ポイント付与される嬉しいサービスもあります。

2か月前までに申告すれば普通カードも可能

45927

「年会費5,500円(税込)負担が大きいから解約するしかない」

三井住友カード プライムゴールドカードの年会費5,500円(税込)負担を避けたい人は、満26歳で解約するしかないのでしょうか。

希望すれば、年会費1,375円(税込)の通常の三井住友カードへの切り替えも可能です。

切り替え 年会費
三井住友カード プライムゴールドカード 連絡不要 5,500円(税込)
三井住友カード 2か月前の連絡 1,375円(税込)

カード有効期限の2か月前までに、カード名義人が三井住友カードのFORYOUデスクへ電話連絡することで普通カードへ切り替えも可能です。

三井住友カード プライムゴールドのメリット

47573

三井住友デビュープラスから三井住友カードプライムゴールドへの切り替えた場合のメリットを紹介します。

20代限定のコスパの良いゴールドカード

46160

三井住友カード プライムゴールドは20代限定のゴールドカードですが、通常のゴールドカードに引けを取らない充実の付帯サービスも魅力の一つです。

・国内主要空港の空港ラウンジが何度でも無料で利用可能
・ホテル予約サービス「Relux(リラックス)」からの宿泊予約で初回7%、2回目以降5%割引
・海外・国内旅行傷害保険が最高5,000万円と手厚い補償
・ショッピング補償はカードで購入した商品の破損・盗難損害を年間最高300万円まで補償(購入日から201日間まで対象)。
・24時間・年中無休で医師や看護師に電話で健康相談ができる「ドクターコール24」が無料で利用可能
・三井住友ゴールドカードへ切り替え時は、2,500ポイントをプレゼント

このようにプライムゴールドは20代でも本格的なゴールドカードのサービスを味わえるうえ、リーズナブルな年会費で利用できるクレジットカードです。

プライムゴールドの年会費を1,500円に下げる方法

三井住友カード プライムゴールドは初年度年会費無料ですが、翌年度より通常年会費5,500円(税込)となります。

ですが「マイ・ペイすリボ」と「WEB明細」の両方の登録で年会費を最大1,500円(税込)まで下げられます。

年会費値引きの方法 年会費金額
(1)「WEB明細」+「マイ・ペイすリボ」の両方へ登録した場合 1,650円(税込)
(2)「マイ・ペイすリボ」へ登録した場合 2,750円(税込)
(3)「WEB明細」へ登録した場合 4,400円(税込)
(4)両方登録なしの場合(割引なし) 5,500円(税込)

「WEB明細」は紙の明細書の代わりに、WEBで支払明細書が確認できるサービスです。過去1年間のうち、6回以上クレジットカード会社から請求を受ければ、年会費割引のサービスを受けられます。

「マイ・ペイすリボ」とは、1回払いが自動的にリボ払いになるサービスです。リボ払いは手数料がかかるので不安になるかもしれませんが、リボ払いの支払金額をカード利用限度額限界に設定しておけば、通常の1回払いと変わらず手数料も不要です。

※2021年2月支払い分より「年1回以上のリボ払い手数料の支払い」が年会費の割引条件に変更されます

  • 改定前 :マイ・ペイすリボで年1回以上の利用
  • 改定後 :マイ・ペイすリボで年1回以上リボ払い手数料の支払い

年会費割引を受けるには、リボ払い手数料の支払いが必要となります。

満30歳以上三井住友カード ゴールドに切り替わる

46160

満30歳以上になるとプライムゴールドは「三井住友カード ゴールド」に自動的に切り替えとなります。審査が厳しいといわれる三井住友のゴールドカードを手に入れやすい点はメリットです。

「将来ゴールドカードを持ってみたい」「ゴールドカードに憧れがある」という20代の人はデビュープラスカードを作っておくとゴールドカードへの近道になります。ただし三井住友カード ゴールド切り替えには所定の審査が必要です。

三井住友カード デビュープラスの魅力

46159

実質年会費が無料

三井住友カード デビュープラスは初年度が年会費無料のクレジットカードです。2年目からは1,375円(税込)の年会費となりますが、年に1回以上のカード利用があれば翌年以降も年会費が無料になります。

三井住友カードのクレヒスを積むことができる

クレヒス(クレジットヒストリー)とはクレジットカードやローンの契約情報や個人情報、利用履歴のことです。

長い期間クレジットカードを定期的に利用して支払いも問題なく行っている人は、良いクレヒスを積みあげており信用や返済能力があると判断され、ランクの高いクレジットカードの審査にとおりやすくなります。

逆に支払遅延や滞納があると悪いクレヒスが登録され審査が通らない可能性があります。

デビュープラスカードは若年層向けのカードのため審査に通りやすいクレジットカードです。学生のうちからデビュープラスカードを利用して良いクレヒスを積みあげていけば、ゴールドカードやプラチナカードといったステータスカードも手に入れやすくなります。

後払い電子マネーのiDが便利

デビュープラスカードでは電子マネー「iD」の利用が可能です。iDは後払い電子マネーのため、事前にチャージする必要がありません。

使った分の金額はクレジットカードに請求されて銀行口座から引き落とされるので、iDのカード残高を心配する必要がありません。

クレジットカードだとサインや暗証番号が必要な場合もありますが、電子マネーでは一切必要ないので、スピーディーな支払いを希望する方におススメの決済方法です。

デビュープラスカードにiDを搭載する場合、クレジットカード一体型タイプ、おサイフケータイ搭載タイプ、専用iDカードタイプがが選べる点はメリットです。

まとめ

三井住友カード デビュープラスは初年度が年会費無料、2年目以降もカンタンに年会費無料にできるので、維持費をおさえたいと考えている若い方におすすめのクレジットカードです。

他にも還元率も通常の三井住友カードの2倍、コンビニやファストフード店での利用でポイント5倍など、使えば使うほどポイントが貯まる三井住友カード デビュープラスはお得感満載のクレジットカードです。

さらに24時間365日クレジットカードの使用状況を監視するシステムで安心・安全に使えるセキュリティ対策がされています。

将来、ゴールドカードを持ちたいと考えている若い人は「三井住友カード デビュープラス」を持つことで26歳には「三井住友カード プライムゴールド」、30歳では「三井住友カード ゴールド」と自動的にクレジットカードがグレードアップの可能性があります。

クレジットカードを使ってみたい、お得感も味わいたい、将来ゴールドカードを持ってみたいと考えている若い人には三井住友カード デビュープラスは最適な1枚になるでしょう。