新規登録
更新 : 作成 :

クレジットカードの利用限度額は増額できる?限度額の確認や申請方法


48044

クレジットカードには利用限度額があり、上限を超えない範囲内で利用可能です。

クレジットカードを使っている方の中には、この利用限度額はどのように決まり、利用した分の枠は戻るのか、一時的に出費がかさんだときの増額申請はどうすればいいのがわからない方もいることでしょう。

当記事ではクレジットカードの利用限度額について、以下の内容をお伝えします。

・クレジットカードの限度額について
・利用限度額の仕組み
・利用限度額を増やす方法

クレジットカードの利用限度額について理解がないと、戸惑ってしまうこともあるかもしれません。ぜひ最後までチェックしてください。

クレジットカードの限度額とは

クレジットカードには利用限度額と呼ばれる、クレジットカードを使える上限金額が決まっています。

この利用限度額はクレジットカードを利用するにあたって大切な情報です。カードが送られてきたときの台紙や、会員サイトのマイページなどで確認できます。

ショッピング限度額と割賦枠

ショッピングの用途に使える金額の総額がショッピング限度額で、「ショッピングで100万円まで使える」などと表現します。

対して、割賦枠とはボーナス払いにリボ払いをはじめ、分割払いに使える割賦枠の上限金額のことです。

「ショッピング限度額のうち、分割払いなどに80万円まで使える」となります。

キャッシング限度額

クレジットカードには現金を引き出せるキャッシング機能があり、利用上限がキャッシング限度額と呼ばれます(キャッシング付帯なしのカードもあり)。

「50万円までキャッシングできる」といった言い方をします。

クレジットカードの利用限度額は実際にどのくらいになるのか

上記の例では、「ショッピング利用限度額100万円とキャッシング利用限度額50万円の合計150万円」が実際に使えます。

割賦枠は、ショッピング枠に含まれるため、ショッピング枠の100万円の中で分割払いに使える上限が80万円までとなります。あくまでも100万円に含まれる金額なことから、150万円+80万円が利用できるわけではないので注意してください。

利用限度額の仕組みは利用するカード会社やクレジットカードによって異なり、すべてで共通するわけではありません。

必ず、設定された利用限度額を確認して「カード決済ができなかった」などのことがないようにしましょう。

利用した分の枠が戻るタイミング

クレジットカードの限度額は、ショッピングとキャッシングの総額が合算された金額です。

1回払いに分割払い、ボーナス払いにリボ払いを含めたショッピング枠と現金を引き出せるキャッシング枠に上限が設定されます。

総額の範囲内でも、利用限度額を超えた決済はできないので注意しましょう。

ショッピングもキャッシングも、クレジットカード決済額が増えるほど、利用限度額は減ります。

減額した利用限度額はいつ戻るのか?気になるかもしれません。以下で詳しくお伝えします。

支払われたタイミングで枠が戻る

クレジットカードで支払うと、利用日の日付で利用限度額が減ります。締日で請求金額が確定し、支払日に引き落とされることで利用限度額が戻ります。

注意したい点が支払日に残高不足で引き落としされないことです。

引き落としできない場合、支払いの遅延扱いとなります。利用限度額の復活はおろか利用停止になる可能性があります。

カードの利用明細だけでなく今時点の利用に対して枠が埋まる

利用限度額はリアルタイムでカード払いをしたすべての金額になります。

利用限度額が100万円で利用明細書の請求金額は50万円だったと仮定します。

請求金額確定後にさらに10万円のカード決済をしていれば、実際に利用できるのは100万円から60万円を引いた40万円です。

請求金額が50万円だから、残50万円は使えると勘違いすると、利用限度額オーバーで決済不能となります。
 

限度額を増額したい場合の対処法

48045

利用限度額は審査の中で利用者自身の支払い能力や信用力を参考にして個別に設定しますが、足りないと感じることも出てくるかもしれません。

そんなときに検討したいのが利用限度額の増額です。

こちらでは、利用限度額の増額をしたい場合の対処法について詳しく解説します。

一時的な増額ならカード会社に問い合わせる

恒久的ではなく、一時的な増額をカード会社にお願いするのも方法の一つです。

一時的な増額が認められる例は基本的に公表されていないものの、海外旅行や結婚式、引越しなどの理由があると承認してもらえる可能性は高いでしょう。

一時的に高額カード決済するのであれば、カード会社の問い合わせ窓口に相談してください。

カードランクを上げると増額されることが多い

クレジットカードは利用しているランクによって、設定される利用限度額の上限が異なります。

たとえば、三井住友カードの発行するクレジットカードの場合、以下のようにランクごとの利用限度額が異なります。

カード種類 ランクごとの利用限度額
三井住友カード 総利用枠:10~80万円(ショッピング枠:10~80万円、リボ払い・分割払い利用枠:0~80万円、キャッシング利用枠:0~50万円)
三井住友カードゴールド 総利用枠:50~200万円(ショッピング枠:50~200万円、リボ払い・分割払い利用枠:0~200万円、キャッシング利用枠:0~50万円)
三井住友カードプラチナ 総利用枠:原則300万円~(ショッピング枠:原則300万円~、リボ払い・分割払い利用枠:0~200万円、キャッシング利用枠:0~100万円)

一般ランクに該当する三井住友カードの上限が80万円なのに対し、ゴールドは200万円、プラチナになると300万円~となり、利用者自身の支払い能力や信用力から総合的に判断されます。

年会費は上がりますが、保有カードからのランクアップすることで、利用限度額引き上げに効果的な方法といえるでしょう。

利用実績にもとづき増額されることもある

利用実績にもとづき増額される場合もあります。

クレジットカードをしっかり使って返済を忘れずに一定期間継続すると、利用限度額が自動で引き上げられていることがあります。

カード会社からの連絡はないことが一般的です。

利用明細やマイページなどで確認できる利用限度額が増えていることで気付きます。

カード会社は利用頻度の高い顧客にはさらに利用してもらいたい考えです。支払い能力や信用力がある顧客の利用限度額引き上げには積極的になります。

以下のような方は利用限度額の増額対象にはなりません。

【利用限度額が上がりづらい人の特徴】
- クレジットカードのキャッシング枠の利用が多い
- 未払い残高が膨れ上がっている
- 支払い遅延を繰り返し起こしている

クレジットカードを2枚作って利用限度額を増やす

クレジットカードの利用限度額をスムーズに簡単に増やしたいのであれば、2枚目のクレジットカードを作るのも対策の1つです。

仮に保有するクレジットカードの利用限度額が50万円とします。

2枚目に作成するクレジットカードの利用限度額が50万円で設定されると、合計100万円まで利用できます。

保有済クレジットカードに返済遅れなど支払いトラブルのないことが絶対条件です。

なんらかのトラブルがある場合、2枚目のクレジットカードを作れない場合があります。

2枚めのクレジットカードを作ると、利用限度額を簡単に増やせる点がメリットです。

対してデメリットは、クレジットカードの枚数が増えて管理が煩雑になる可能性もあることです。日ごろから返済を忘れずに、しっかりと支払っていく必要があることを覚えておいてください。

まとめ

クレジットカードの利用限度額や利用可能な金額は、支払日などとの兼ね合いから増減します。リアルタイムで正確な利用金額を知るのは難しいこともあるので注意しましょう。

カード決済したいシーンで利用できなかったでは困ってしまいます。余裕のある利用を心がけてスムーズなカード決済を心がけましょう。

利用限度額が低いと感じた場合は、増額を検討するのが効果的です。増額されれば、高額決済や海外旅行の際も積極的に利用できるようになります。

おすすめのクレジットカード3選

ここからは、おすすめのクレジットカードを3つ紹介します。年会費やポイント還元率からあなたに合うクレジットカード選びの参考にしてください。

Orico Card THE POINT

46135

>>>Orico Card THE POINTの詳細はこちら

ブランド 年会費 ポイント還元率 発行期間
Mastercard 無料 1.0~15.0% 最短8営業日

■Point1:年会費は永年無料
Orico Card THE POINTではカード・ETC・家族カードのすべての年会費無料で利用できます。

■Point2:ポイント還元率は常時1%以上
ネットショッピングでも、コンビニでも上位1%以上のポイント還元率です。さらに入会後6ヶ月間はポイント還元率2%とさらにお得になります。

■Point3:電子マネーiD・QUICPayが利用できる
電子マネーiD・QUICPayが搭載されており、同様にポイント還元率は1.0%です。電子マネーでポイントを貯めたい人におすすめです。

三井住友カード(ナンバーレス)

47991

>>>三井住友カード(ナンバーレス)の詳細はこちら

ブランド 年会費 ポイント還元率 発行期間
VISA・Mastercard 永年無料 0.5~10.0% 最短翌営業日

■Point1:年会費は永年無料
三井住友カード(ナンバーレス)では年会費は永年無料で利用できます。負担なくカードを持ち続けられます。

■Point2:コンビニ3社&マクドナルド利用で最大5%還元
セブン-イレブン・ファミリーマート・ローソン・マクドナルドの利用で、最大5%のポイントが貯まります。

■Point3:最短5分で利用!発行は最短翌営業日!
カード申し込み後、最短5分で利用できるので急ぎでネットで買い物したい場合に便利です。即時利用の利用枠は10万円・カード番号のみ表示されます。カード発行自体は最短翌営業日となります。

dカード

46151

>>>dカードの詳細はこちら

ブランド 年会費 ポイント還元率 発行期間
VISA・Mastercard 永年無料 1.0~4.5% 最短5分

■Point1:年会費永年無料&ポイント還元率1%以上
dカードは年会費永年無料で利用できる上、100円(税込)ごとに1%ポイントがたまるお得なカードです。

■Point2:d払いの支払先をdカード設定でポイント最大2%たまる
d払いの支払い先をdカードに設定することで、通常店舗では1.5%へ、ネットでの購入で2.0%還元されます(最大通常の2倍還元率)。

■Point3:ケータイ補償で購入か1年間・最大1万円分補償される
携帯電話の故障や紛失の場合、購入から1年間、最大1万円分まで補償されます。

※記載されている会社名および商品・製品・サービス名(ロゴマーク等を含む)は、各社の商標または各権利者の登録商標です。

※記事執筆時点の情報のため、最新ではない可能性があります。

※本記事では、一部アフィリエイトプログラムを利用しサービスを紹介しております。商品に関するお問い合わせは、サービス提供企業へ直接ご連絡ください。万が一、当サイトをご覧いただき、サービス利用をされた場合でも、発生したトラブルに関しては一切の責任を負いかねます。