新規登録
更新 : 作成 :

クレジットカードの国際ブランドとは?おすすめの選び方を解説


48054

クレジットカードを作る際に、国際ブランドの選択に迷う方もいるのではないでしょうか。

カード決済ができれば問題ないと、何も考えずに国際ブランドを選ぶ人もいるかもしれません。

しかし選ぶ国際ブランドによって、馴染みのお店でクレジットカード決済ができないなどライフスタイルに合わない可能性もあります。

そのためクレジットカード慎重に選ばないと後で後悔するかもしれません。

当記事では、国際ブランドとは何か、国際ブランドの種類と特徴について解説します。

最後に国際ブランドの選び方もお伝えするので、ぜひ参考にしてください。

日本で利用されている主要な国際ブランド5つ

現在、日本でもよく利用されているブランドを紹介します。「世界5大国際ブランド」と呼ばれることもあります。

  • VISA
  • Mastercard
  • JCB
  • アメリカン・エキスプレス
  • ダイナースクラブ

国際ブランドの詳しい仕組みと、それぞれのブランドの特徴について解説するのでチェックしていきましょう。

国際ブランドとは

国際ブランドとは、世界中の国や地域で利用可能なクレジットカードブランドのことです

まず、クレジットカードは、加盟店と呼ばれる各クレジットカードブランドと契約したお店で利用できます。

利用するお店が国際ブランドの加盟店なのかどうかがポイントです。

そのため海外に行った際、持っているクレジットカードが使用できないことが起こりえます。

国際ブランドとカード会社は異なる

誤解されがちですが、国際ブランドとカード会社は異なります。両者の特徴をしっかりチェックしておきましょう。

国際ブランドとは、先述の通り世界中のクレジットカード決済をカバーする加盟店ネットワークです。

カード会社とは、クレジットカードの発行や管理を行う会社のことです。

たとえばOrico Card THE POINTの場合、以下となります。

項目 対象
カード名 Orico Card THE POINT
カード会社 株式会社オリエントコーポレーション
カードブランド JCBまたはMasterCard

カード会社とカードブランドが異なる点は押さえておきましょう。

VISA

世界シェア率第1位のVISAは、日本国内はもちろん、海外でも加盟店数が圧倒的に多い国際ブランドです。バンク・オブ・アメリカが1950年代後半に、クレジットカード発行行ったのがVISAの原点となっています。

世界中どこででも使いやすく、初めてクレジットカードを持つ方、クレジットカードを複数持ちしない方におすすめでしょう。

なお、VISAが直接発行するプロパーカードは存在せず、ライセンスを得た提携会社がクレジットカード発行を行っています。

Mastercard

VISAに続いて世界シェア率第2位のMastercardも世界各国で使いやすく、欧米に強いVISAと対照的に欧州で広く普及しています。

また、MastercardもVISAと同じくプロパーカードの発行をしておらず、ライセンスを得た提携会社だけがクレジットカード発行をしています。

「プライスレス」のキャッチコピーが有名で、さまざまなスポーツにおける公式スポンサーとしても有名です。

JCB

JCBは日本発の唯一の国際ブランドなため、日本国内における加盟店は多いです。

海外での普及率は低めですが、ハワイや一部アジアでは加盟店が増えていますし、日本国内に限定すれば加盟店数はトップクラスなので結成できる可能性は高いです。

また、ハワイや韓国、台湾、グアムなどの日本人がよく訪れる観光地では、カード会員専用ラウンジの「JCBプラザ」が常設されていて、日本語にてさまざまな問い合わせや相談も可能です。

アメリカン・エキスプレス

ハイステータスな国際ブランドとして、富裕層を中心に人気の高い国際ブランドがアメリカン・エキスプレスです。

プロパーカードについては年会費数万円の高額設定ですが、一般ランクカードでも他社ゴードカードと同等のサービス、特典の付帯があるほどです。

また、ブラックカードのセンチュリオンカードになると、決済できないものはないと言われるほど超ハイステータスカードになります。

世界的シェア率はVISAやMastercardよりも劣りますが、JCBと提携(加盟店相互開放)しているため利用できるケースは増えています。

ダイナースクラブ

ダイナースクラブもアメリカン・エキスプレスと並ぶ富裕層からの人気が高い国際ブランドで、レストランでのツケ払いを目的に誕生したカードなことが「Dinners(食事をする人)」が由来と言われています。

利用限度額に一律の制限がないことをはじめ、最高1億円までの海外旅行傷害保険が付帯するなど、手厚いサービスが豊富にそろっています。

グルメはもちろん、トラベル・エンターテインメントの優待サービスが充実していて、JCBと提携(加盟店相互開放)しています。

銀聯・Discover Cardを含む世界7大国際ブランド

世界5大国際ブランド以外に、以下のブランドを含めた7大国際ブランドも存在します。

  • 銀聯(ぎんれん)
  • Discover Card

銀聯(ぎんれん)は中国発の国際ブランドで、中国国内の一部地域ではVISAよりも浸透しています。また、日本国内でも中国人観光客増加に伴い加盟店が増えています。

中国現地ではVISAやMastercardが使えないことがあるので、ビジネスなどで長期間中国に行くのであれば、準備しておいて損はないでしょう。

Discover Cardはアメリカを中心にシェアを広げる国際ブランドですが、現時点で日本での発行がされていません。ただし、JCBと提携していることから日本国内での利用は可能です。

国際ブランドの選び方

48055

国際ブランドは複数ありますが、どの基準で1つの国際ブランドを選べば良いのかがわからない人もいるかと思います。

ここからは国際ブランドの選び方についてお伝えするので、検討する際の参考にしてください。

VISAかMastercardは加盟店が多い

加盟店数で選ぶのであれば、VISAかMastercardのどちらかがおすすめです

他の国際ブランドと比較しても圧倒的に加盟店数が多いので、利用しやすいブランドといえます。

ですが先述の通り、JCB・アメリカン・エキスプレス・ダイナースクラブは加盟店を相互開放しているため、以前よりはカード決済できるシーンは増加しています。

国際ブランドに特にこだわりがなく、加盟店舗が多いブランドを利用したい場合はVISAかMastercardを選べば失敗しません。

複数カードを持ち国際ブランドを分散させる

クレジットカードを複数枚持っている場合、国際ブランドを分散させるのが良いでしょう。

たとえば、すでにVISAのクレジットカードを持っているのであれば、2枚目はJCBかアメリカン・エキスプレスと分散させることで、カード決済できない事態を回避できます。

海外で利用頻度が多い場合はVISA・Mastercardを選ぶ

海外でクレジットカード決済を行う場合、日本人があまり訪れないような国や地域では、「VISAやMastercardしか使えない」ことも多い事実です。

不測の事態に備えて、やはりVISAかMastercardを1枚持っているのが無難でしょう。

VISAかMastercardで悩む場合はVISAを選ぼう

「VISAかMastercardのどちらを選べばよいかわからない」

クレジットカードを新たに手に入れる際に国際ブランドがVISAかMastercardで悩んだ場合は、VISAを選ぶと良いでしょう。

VISAの方がMastercardよりも加盟店数が多く、利用できるシーンが増えるためです。

まとめ

クレジットカードの国際ブランドについてお伝えしました。

国際ブランドは複数存在し、どれを選ぶかによって利用できる・できないが左右されることがあります。

日本国内の利用だけであればVISA・MasterCard・JCBとさまざまな選択肢があります。ですが海外に出掛ける機会が多い場合は、利用目的に合った国際ブランドを選ぶようにしてください。

また複数の国際ブランドを持って、目的に合った利用をするのも良いでしょう。

おすすめのクレジットカード3選

ここからは、おすすめのクレジットカードを3つ紹介します。年会費やポイント還元率からあなたに合うクレジットカード選びの参考にしてください。

Orico Card THE POINT

46135

>>>Orico Card THE POINTの詳細はこちら

ブランド 年会費 ポイント還元率 発行期間
Mastercard 無料 1.0~15.0% 最短8営業日

■Point1:年会費は永年無料
Orico Card THE POINTではカード・ETC・家族カードのすべての年会費無料で利用できます。

■Point2:ポイント還元率は常時1%以上
ネットショッピングでも、コンビニでも上位1%以上のポイント還元率です。さらに入会後6ヶ月間はポイント還元率2%とさらにお得になります。

■Point3:電子マネーiD・QUICPayが利用できる
電子マネーiD・QUICPayが搭載されており、同様にポイント還元率は1.0%です。電子マネーでポイントを貯めたい人におすすめです。

三井住友カード(ナンバーレス)

47991

>>>三井住友カード(ナンバーレス)の詳細はこちら

ブランド 年会費 ポイント還元率 発行期間
VISA・Mastercard 永年無料 0.5~10.0% 最短翌営業日

■Point1:年会費は永年無料
三井住友カード(ナンバーレス)では年会費は永年無料で利用できます。負担なくカードを持ち続けられます。

■Point2:コンビニ3社&マクドナルド利用で最大5%還元
セブン-イレブン・ファミリーマート・ローソン・マクドナルドの利用で、最大5%のポイントが貯まります。

■Point3:最短5分で利用!発行は最短翌営業日!
カード申し込み後、最短5分で利用できるので急ぎでネットで買い物したい場合に便利です。即時利用の利用枠は10万円・カード番号のみ表示されます。カード発行自体は最短翌営業日となります。

dカード

46151

>>>dカードの詳細はこちら

ブランド 年会費 ポイント還元率 発行期間
VISA・Mastercard 永年無料 1.0~4.5% 最短5分

■Point1:年会費永年無料&ポイント還元率1%以上
dカードは年会費永年無料で利用できる上、100円(税込)ごとに1%ポイントがたまるお得なカードです。

■Point2:d払いの支払先をdカード設定でポイント最大2%たまる
d払いの支払い先をdカードに設定することで、通常店舗では1.5%へ、ネットでの購入で2.0%還元されます(最大通常の2倍還元率)。

■Point3:ケータイ補償で購入か1年間・最大1万円分補償される
携帯電話の故障や紛失の場合、購入から1年間、最大1万円分まで補償されます。

※記載されている会社名および商品・製品・サービス名(ロゴマーク等を含む)は、各社の商標または各権利者の登録商標です。

※記事執筆時点の情報のため、最新ではない可能性があります。

※本記事では、一部アフィリエイトプログラムを利用しサービスを紹介しております。商品に関するお問い合わせは、サービス提供企業へ直接ご連絡ください。万が一、当サイトをご覧いただき、サービス利用をされた場合でも、発生したトラブルに関しては一切の責任を負いかねます。