新規登録
更新 : 作成 :

クレジットカードの2回払いは手数料無料!おすすめ利用シーンとは


48059

クレジットカードの支払い回数はいくつかありますが、2回払いが選べます。

2回払いは、1回払いやリボ払いに比べてどんな違いがあるのでしょうか?

当記事では2回払いの詳細や、活用シーンを解説します。メリットのある支払い方法なので、ぜひ上手に活用していきましょう。

2回払いは手数料が無料

クレジットカードの2回払いの手数料は無料です。そのため実際に支払うのは利用金額のみとなります。

たとえば5万円を2回払いにした場合、請求金額は2.5万円を2回支払うのみです。

分割払いは手数料が必要と思うかもしれませんが、2回払いでは気にする必要がありません。

また2回払いでもポイントは通常通り獲得できますし、還元率低下のデメリットもないので安心してください。

金利がかからない2回払いの事例

前述の通りクレジットカードの2回払いは、利用した金額を半額ずつ2回に分けて支払います。

具体的どのような利用をすれば金利不要で2回払いできるのでしょうか?

楽天カードを例にして、締日と支払日や金額を確認してきましょう。

楽天カードは締日が月末、支払日は翌月27日です。

たとえば11月15日に5万円のショッピングを2回払いで利用した場合、12月27日に2.5万円、1月27日に2.5万円を支払うことになります。

1回払いよりも支払い期間に猶予ができ、1ヶ月ごとの支払いは半額ですから支出をおさえられるメリットがあります。

「金額が高額すぎて一括払いは難しい」「ほかの支払いがあるから今月は厳しい」シーンで最適な支払い方法と言えるでしょう。

ほかに金利がかからないお得な支払い方法が1回払い、ボーナス払いです。

ただし注意しておきたいのが、ボーナス払いには一括と二括の方法があり、二括の場合は利用金額に応じた手数料がかかる場合があります。

3回以上の分割払いは利息が必要

3回以上の分割払いでは利息が発生します。

月々の負担が減るメリットはありますが、支払回数が多くなるほど金利負担が大きくなります。

1回払いは難しいけれど、リボ払いは避けたい人におすすめの方法でしょう。

なお、分割払いの利息ですが、三井住友カードのクレジットカードでは以下となります。

支払い回数 実質年率(%) 100円あたりの分割払手数料(円)
3回 12.00 2.01
5回 13.25 3.35
6回 13.75 4.02
10回 14.25 6.70
12回 14.50 8.04
15回 14.75 10.05
18回 14.75 12.06
20回 14.75 13.40
24回 14.75 16.08

※2020年11月時点の金利

回数が増えるほど金利は高くなり、支払う利息の金額も大きくなるため、可能なかぎり少ない支払い回数でおさえた方が良いです。

上記を参考に利用金額5万円を10回払いにした場合、以下の金利となります。

・分割払手数料:50,000円×(6.70円÷100円)=3,350円
・支払総額:50,000円+3,350円=53,350円
・分割支払額:53,350円÷10回=5,335円

ボーナス一括払いも合わせて知っておこう

すでに解説したボーナス一括払いですが、夏もしくは冬のボーナス時期に利用金額をまとめて支払う方法です。

一回払いが締日の翌月に支払うのに対し、「ボーナス一括払い希望」と申告することでボーナス時期に支払えます。利息が発生しないこと、支払いを先延ばしできることが大きなメリットと言えるでしょう。

なお、一定期間は利用するクレジットカード会社によって異なりますが、目安の期間は以下となります。

※ボーナス払い対象の事例

【夏のボーナス時に支払いたい場合】
12月16日~6月15日の利用:8月の支払日に引き落とし

【冬のボーナス時に支払いたい場合】
7月16日~11月15日の利用:翌年1月の支払日に引き落とし

ボーナス一括払いの注意点

ボーナス一括払いで注意したいのが利用限度額に含まれることです。

たとえば、利用限度額50万円で30万円をボーナス一括払いにした場合、夏もしくは冬の支払い時まで残りの20万円しか利用できません。

残限度額20万円以上の支払いをする場合、ほかのクレジットカードを使うか、利用限度額を引き上げるしか対策はありません。

2回払いがおすすめのシーン

48060

2回払いがおすすめのシーンを紹介します。

・高額の商品を支払う時
・利子が発生する支払いが控えている
・すべての店舗で選択できるわけではない

それぞれの内容についてお伝えしていきましょう。

高額な商品を支払う時

クレジットカード2回払いでは、その名のとおり利用金額を2回に分けて支払えます。

10万円の商品を購入しても1か月あたりの支払いは5万円なので、まとまった出費にならずに済みます。

毎月の給料では10万円の支払いは難しいけれど、5万円だったらそこまで負担にならないと考える方にはぜひ取り入れてほしい方法でしょう。

他の利子のある支払いが控えている時

利子の発生する支払いが控えているため、月当たりの支払いを極力おさえたいと考えるときもクレジットカード2回払いは役立ちます。

利子も発生しないので気軽に利用できるメリットもあります。

利子が発生する支払いが控えている

クレジットカード2回払いですが、基本的に多くのクレジットカード会社で対応しています。

しかし、利用する店舗によっては「一括払いのみ支払い可能」と決まっている場合があるので注意が必要です。

支払い前に2回払いの可否を確認しておくとスムーズでしょう。

2回払いの注意点

便利に利用できるクレジットカード2回払いですが、以下の2点に注意しましょう。

・引き落としのタイミングを把握する
・支払いが重ならないよう計画的に

何も考えずに2回払いを利用して、後で面倒なことにならないためにもチェックしておいてください。

引き落としのタイミングを把握する

2回払いを利用した場合、支払日は2回あってそれぞれが異なります。いつ引き落としされるのかは必ず把握しておきましょう。

利用するクレジットカードの会員専用サイト、紙で発行される利用明細書などに引き落とし日と金額が記載されています。

クレジットカードを利用する上で、毎月の明細確認は必須といえます。

支払いが重ならないよう計画的

クレジットカードの請求とほかの支払いが重ならないよう注意しましょう。

2回払いを忘れていて、他の高額利用をすると、その後の支払いが難しくなります。

支払いができない場合は延滞扱いとなり、カード利用に制限が出る可能性があります。最悪の場合、強制解約も避けられません。

2回払い利用の場合は、いつ・いくら支払いが発生するのか?正確に把握するようにしましょう。

まとめ

クレジットカードの2回払いは利息がかからないので、気軽に利用しやすいです。

ただし、支払日が2回に分かれるので、支払い日付を把握して確実に支払いができるようにしてください。

それでも支払いが難しい場合は、ボーナス一括払いの利用もおすすめです。支払日をさらに先延ばしでき、利息の支払いがない方法なので利用価値が高いです。

おすすめのクレジットカード3選

ここからは、おすすめのクレジットカードを3つ紹介します。年会費やポイント還元率からあなたに合うクレジットカード選びの参考にしてください。

Orico Card THE POINT

46135

>>>Orico Card THE POINTの詳細はこちら

ブランド 年会費 ポイント還元率 発行期間
Mastercard 無料 1.0~15.0% 最短8営業日

■Point1:年会費は永年無料
Orico Card THE POINTではカード・ETC・家族カードのすべての年会費無料で利用できます。

■Point2:ポイント還元率は常時1%以上
ネットショッピングでも、コンビニでも上位1%以上のポイント還元率です。さらに入会後6ヶ月間はポイント還元率2%とさらにお得になります。

■Point3:電子マネーiD・QUICPayが利用できる
電子マネーiD・QUICPayが搭載されており、同様にポイント還元率は1.0%です。電子マネーでポイントを貯めたい人におすすめです。

三井住友カード(ナンバーレス)

47991

>>>三井住友カード(ナンバーレス)の詳細はこちら

ブランド 年会費 ポイント還元率 発行期間
VISA・Mastercard 永年無料 0.5~10.0% 最短翌営業日

■Point1:年会費は永年無料
三井住友カード(ナンバーレス)では年会費は永年無料で利用できます。負担なくカードを持ち続けられます。

■Point2:コンビニ3社&マクドナルド利用で最大5%還元
セブン-イレブン・ファミリーマート・ローソン・マクドナルドの利用で、最大5%のポイントが貯まります。

■Point3:最短5分で利用!発行は最短翌営業日!
カード申し込み後、最短5分で利用できるので急ぎでネットで買い物したい場合に便利です。即時利用の利用枠は10万円・カード番号のみ表示されます。カード発行自体は最短翌営業日となります。

dカード

46151

>>>dカードの詳細はこちら

ブランド 年会費 ポイント還元率 発行期間
VISA・Mastercard 永年無料 1.0~4.5% 最短5分

■Point1:年会費永年無料&ポイント還元率1%以上
dカードは年会費永年無料で利用できる上、100円(税込)ごとに1%ポイントがたまるお得なカードです。

■Point2:d払いの支払先をdカード設定でポイント最大2%たまる
d払いの支払い先をdカードに設定することで、通常店舗では1.5%へ、ネットでの購入で2.0%還元されます(最大通常の2倍還元率)。

■Point3:ケータイ補償で購入か1年間・最大1万円分補償される
携帯電話の故障や紛失の場合、購入から1年間、最大1万円分まで補償されます。

※記載されている会社名および商品・製品・サービス名(ロゴマーク等を含む)は、各社の商標または各権利者の登録商標です。

※記事執筆時点の情報のため、最新ではない可能性があります。

※本記事では、一部アフィリエイトプログラムを利用しサービスを紹介しております。商品に関するお問い合わせは、サービス提供企業へ直接ご連絡ください。万が一、当サイトをご覧いただき、サービス利用をされた場合でも、発生したトラブルに関しては一切の責任を負いかねます。