新規登録
更新 : 作成 :

仮想通貨取引にはどのようなものがある?自分に適した取引方法とは

マネーフォワードモール編集部


仮想通貨記事_42_A

仮想通貨の取引をはじめたい!という投資初心者のかたは、そもそもどのような場合に利益が出るのかがわからないという方もいるのではないでしょうか。この記事では、仮想通貨取引をはじる方法と、利益の出しかた、選択することができる取引方法についてご紹介します。

仮想通貨取引ではどうすれば利益を得ることができるか

株やFXにおける利益を出すための投資の基本は「安く買って高く売る」ことです。これは仮想通貨でも例外ではなく、価格が下がった(低い)ときに買い、上がったときに売れば利益になります。利益の出し方に関しては、扱うものが違うだけで株取引など他の投資と同様ですが、他の投資と仮想通貨取引の大きな違いは「仮想通貨は値動きの幅が大きい」ことです。

たった数日で価格が倍以上に上昇したり、逆に半額以下になってしまう仮想通貨も少なくありません。そのため仮想通貨取引は余裕資金でのみおこなうことが望ましいです。資産運用だからこそ、無くなったら困る資金を取引に使わないよう注意しましょう。

仮想通貨取引には必須!仮想通貨取引所選定の重要性

仮想通貨の取引をするには、まず「取引所の口座開設」をする必要があります。ただし、仮想通貨が売買できるならどこでもいいというわけではありません。

金融庁に登録済みの仮想通貨取引所の中から、セキュリティ対策各種手数料取引内容などをきちんと調べて信用できる取引所を選ぶ必要があります。仮想通貨はルール整備がまだまだ発展途上であり、金融庁に登録されている取引所であったとしても仮想通貨の管理が完璧でない場合もあります。

仮想通貨取引所がもし、ハッキング被害にあうと利用者の仮想通貨が盗まれてしまう可能性もあります。だからこそ、仮想通貨の取引所選びは慎重におこなうことが必要です。

仮想通貨で利益を得るための取引方法まとめ メリット・デメリット

それでは実際に仮想通貨を取引する方法を紹介します。

様々な取引方法があるので、理解しておけば幅広く柔軟な取引ができるようになるでしょう。

現物取引

現物取引とは投資や取引の基本となる方法で、手持ちの資金で仮想通貨を買い、取得時より高い価格で売却して差額を得るというものです。

取引方法としては、日常的におこなう実店舗での買い物と同様で、欲しい商品(仮想通貨)に相当する金額(日本円などの国に定められた法定通貨、もしくは仮想通貨)を支払うことによって得る取引です。後ほどご紹介するFX取引などと区別するために、投資の世界では現物取引と呼ばれています。

現物取引で購入した仮想通貨は実際に購入した人の所有物となるため、送金などをすることができます。

利益を出すことのできる例をあげると10万円分の仮想通貨を買った後、仮想通貨の価格が2倍の20万円に上昇したときに売れば10万円の利益(売れた価格20万円から資金10万円を引いた額)になる、というシンプルなものです。

口座に預け入れた資金や保有している仮想通貨量、価格によって生じた利益を把握することも比較的単純であるため仮想通貨取引の初心者の方はまず現物取引から始めることをおすすめします。

手持ちの資金の範囲内での取引のため、利益や損失は仮想通貨の価格変動に左右されます。他の取引と比べると資金以上の損失が出ることがない事がメリットですが、同時に大きな利益が出しづらい傾向にあるというデメリットもあります。

仮想通貨FX

手持ちの資金は少ないけれど、大きな利益を出したいという場合に利用されるのがFX取引です。仮想通貨取引所の口座に預けた資金にレバレッジをかけることで、手持ちの資金以上の仮想通貨を売買できるようにした取引方法です。

レバレッジとは「テコ(レバー)の原理」から生まれたとされる言葉で、資金の数倍の規模の取引額で取引をすることができる方法です。

例えば、10万円の資金に2倍のレバレッジをかけると20万円分の規模の仮想通貨取引をすることができます。

先ほどのように購入した仮想通貨の価格が2倍になったときに売却すれば40万円で売却するため30万円の利益(売れた価格40万円から資金10万円を引いた額)を得ることができます。レバレッジをかけなかった場合の利益は10万円ですので、比較すれば3倍の利益となります。

なお、レバレッジをかけられる倍率は取引所や通貨によって異なり国内取引所の最大レバレッジは25倍となっています。(2018年12月時点)

レバレッジの倍率も取引所選びの要素としても重要になるでしょう。ただし、大きな利益が出る分、大きな損失が出る可能性もあるので十分注意しましょう。大きなレバレッジをかけると価格変動によって価格が大きく下落した際には、預け入れた資金以上のマイナス(損失)になってしまうこともあります。

預け入れた資金以上の損失を抱えてしまわないために、ロスカットという仕組みを導入している取引所もあります。ロスカットとは、取引所が設定している損失額を下回ると自動的に決済(取引を終了)される仕組みです。もちろん、価格の急激な変動によってロスカットを導入している取引所であっても資金を越える損失を抱えてしまう場合もありますが、ロスカットがあることによってある程度の投資家保護がされています。

また、レバレッジを効かせたFX取引は現物取引と異なり、実際に仮想通貨を購入しているわけではなく、資金の数倍の規模の取引をする権利を得ているだけなので、仮想通貨の送金や決済をすることは出来ないので注意しましょう。

空売り

FX取引の特徴として、現物取引とは異なり仮想通貨の価格が下落した時に利益を出すこともできる、空売りという取引をすることができます。空売りを、分かりやすく説明すると仮想通貨の価格が下落することを予測し、自分では持っていない仮想通貨を売る取引ができる取引方法です。

取引所から先に売るための仮想通貨を借りると考えるとわかりやすいかもしれません。仮想通貨の価格が下落した際に買い戻す(借りた分の仮想通貨を取引所に返す)ことにより利益を得ることができる取引方法です。

仮想通貨取引所に依存しない取引の方法

上記でご紹介した取引の方法は、仮想通貨の取引所によって選択することができる取引方法ですが、仮想通貨の取引所に依存せずに独自におこなうことができる取引方法もあります。

以下より、投資家が独自で実践することができる取引方法をご紹介します。

アービトラージ

アービトラージとは複数の取引所を利用して、各取引所にある仮想通貨の差額を利用して利益を得るという方法です。

例えば、A取引所でビットコインが70万円で売買されていて、B取引所では71万円で売買されているという場合、A取引所で買ったビットコインをすぐにB取引所で売れば1万円の利益となります。将来の価格変動差を予想して仮想通貨の売買をおこなうことで差額を利益とする取引方法とは異なり、すでに確定している取引所間の仮想通貨の価格から利益を得る方法です。

価格が大きく変動する前に、素早く取引所間の仮想通貨の売買をおこなうことで価格差を利益にすることができれば、理論上損失を被る可能性が低い取引方法であると言われています。

一方で、アービトラージをおこなうには複数の取引所口座を開設が必要であり、取引手数料の差額以上の差がなければ利益にならないという特徴もあります。

長期ホールド

短期間の取引で利益を得るのではなく、今後さらに発展していく仮想通貨の将来を期待して売却せずに所持し続ける(ホールド)という取引方法です。仮想通貨に対して技術的な側面に可能性を感じている方や、仮想通貨価格が急騰するのを待つ方が選択することが多い取引方法で、目先の利益を追い求めずに仮想通貨を保有し続けるというスタンスです。

一般的に株式とは異なり、仮想通貨を保有していても優待や配当などはありませんが、仮想通貨が将来的に普及し価格が上昇するという可能性に投資したいという考えであればおすすめできます。長期的に保有し続けるには現物取引で仮想通貨を購入する必要があること、取引所のハッキング被害を避けるため安全性の高いと考えられるウォレット(仮想通貨を保有するための電子上の財布のようなもの)で保有しておく必要があることなどに注意しましょう。

ICO

ICOは企業やプロジェクトが独自の仮想通貨(トークン)を発行し販売することによって、資金調達をおこなうための方法です。新たな事業を考えている企業や団体が、事業内で利用できるトークンを先に購入してもらうことにより資金を調達します。事業が発展すると、事業で利用できるトークンの価値も高まるため、事前に購入していた投資家はトークンの購入額よりも高額で売却することができる可能性があります。

そこで得ることができる利益を目的として、投資家は購入することが多いようです。ICOによって資金調達を成功した事業もたくさんありますが、もちろん事業が必ず成功するとも限りません。多くのICOは今後事業を大きくしていくタイミングで資金調達をおこなうため、成功する事業かどうかを見極めることはとても大変です。また、詐欺や資金持ち逃げなども横行しており諸外国も規制をおこない始めているため、投資初心者にはあまりおすすめできません。

応援したいプロジェクトなどがある場合のみに利用するのが良いでしょう。

マイナー通貨への投資

仮想通貨といえばビットコインやリップル、イーサリアムなどが有名ですが、それ以外にも仮想通貨はたくさんあります。先ほどご紹介したICOによって生まれる仮想通貨などのように新しい仮想通貨を作ること自体はそこまで難しくないため、現在も仮想通貨は増え続けています。

その中には取引所に上場し、価格を大きく上昇させることで投資家たちの注目を浴びている通貨もあります。

マイナー通貨への投資とは、市場価値が極端に低いようなマイナーな通貨を価格の低い時期に購入しておき、話題になって急騰したときに売却することによって大きな利益を得るという方法です。

購入する仮想通貨の将来性を見極める必要があること、扱っている取引所が少ないことなどのデメリットはありますが、元の価格が低いからこそ急騰したときの利益は大きくなる可能性があります。

しかし一方で、国外の仮想通貨取引所を利用しなければならない場合があったり、価格の変動が大きすぎて予測が困難であるというデメリットもあります。

マイニング

仮想通貨がきちんと運営されるためには、どの取引データが正しいのかというチェックや過去の取引データとの整合性を計るという作業が必要になってきます。

一般的に仮想通貨は、どこかの団体や個人が中心となって管理するという中央集権型ではなく、ネットワークで繋がっている不特定のメンバーで管理をおこなうことで権力が集中することのない非中央政権型の運営体制で成り立っています。このような仮想通貨のネットワークが機能するための取引データの処理作業をマイニングと言われます。

マイニングとは一般的に採掘を英訳した言葉なのですが、マイニングをする人は、データの処理作業に成功することによって新たに発行される仮想通貨を報酬として付与されるため、鉱山から金を掘り起こす採掘に例えて呼ばれています。

仮想通貨が新しく発行される手段はマイニングであることが多く、マイニングに成功すれば取引所を通じて購入しなくても仮想通貨が得られます。

しかし、マイニング機器を揃えるための初期投資が必要なこと、ビットコインのように知名度のある仮想通貨ではマイニングをおこなっている人や企業が多いため、個人のマイニングでは収益をあげることが困難です。(2018年12月時点)

まとめ

今回は、仮想通貨の取引方法を含めて仮想通貨で利益を出す方法をご紹介しました。取引で利益を出すための基本は、購入時と売却時の価格差を利用するものですが、他にも様々な方法によって仮想通貨取引で利益を出すことはできます。

仮想通貨取引をするためには、一般的には取引所の口座を開設する必要がありますが自分にあった取引ができる仮想通貨取引所を利用して、仮想通貨をはじめてみてください。