新規登録
更新 : 作成 :

仮想通貨のエアドロップ?無料で仮想通貨がもらえる理由とは

マネーフォワードモール編集部


仮想通貨記事_44_A

仮想通貨取引に興味を持っている方であれば「エアドロップ」という言葉を目にしたことがあるのではないでしょうか。しかし、仮想通貨初心者にとっては聞きなれない言葉でありどのような意味かは分からない人もいるかもしれません。

この記事では、エアドロップとはどんなものなのか、これまでにあった事例、注意すること、参加するときに必要なものについて解説していきます。

エアドロップとは?

まず、仮想通貨のエアドロップとはどのようなものか?そして何を目的としておこなわれるものかをご紹介します。

無料で仮想通貨がもらえる

エアドロップとは希望者が無料で仮想通貨をもらうことができる仕組みです。開発者側の主な目的は2つあり、仮想通貨を宣伝することと、市場での流通量を増やすことです。

エアドロップで配られた仮想通貨は、配られた直後にはほとんど価格がついていません。しかし、取引所へ上場(取り扱い)されると多くの人が取引をすることが可能となるため、その時点で価格が付くことが多いようです。

配られた直後は価値がありませんが、仮に取引所に上場し価格が上昇すれば、保有者は大きな利益を得られる可能性があります。

開発者側がエアドロップをおこなう狙い

開発者側がエアドロップ をおこなうことによる効果として期待していることは、仮想通貨の認知を広める宣伝になることと、保有者が増えることにより流通量が増加することです。 エアドロップによって新しく仮想通貨が配られたとしても、誰も知らなければ市場での価値が上がりにくいと考えられます。

しかし、無料で配布することで認知を広めるための宣伝になりますし、宣伝することによって保有者が増えれば市場での流通量の増加も見込めます。

利用者(保有者)側がエアドロップで仮想通貨を受け取る際の狙い

利用者側がエアドロップ に参加する動機は、配布された仮想通貨の価格が上昇することで利益を得られる可能性がある点です。配布直後はほとんど価値がなくても、将来的に価格が上昇する可能性もあります。

無料で手に入れられるため仮に価格が上昇すれば、その分の利益を得ることができます。そのため、利用者にとっては「価格が上昇すれば」という条件付きですが、大きなメリットがあります。

エアドロップの種類

エアドロップには、いつどのような人を対象に仮想通貨を付与するかというケースで大きく分けて次の3つの種類があります。

・フォークド型
・ホルダー型
・バウンディ型

一つづつご紹介していきます。

フォークド型

フォークド型では、仮想通貨がフォーク(分裂)したときに配布されるエアドロップです。フォークとは、仮想通貨の機能を改善させる際に機能改善をおこなった仮想通貨と、おこなう前の仮想通貨の2つに分かれる(分裂する)ことです。

せっかく機能を改善したとしても、保有するユーザーがいなければ仮想通貨はあまり意味をなさないため、フォークされる前の仮想通貨を保有している人へ、フォーク後に新しく生まれたコインを付与することがあります。

これがフォークド型のエアドロップです。

ホルダー型のエアドロップ 

ホルダー型のエアドロップとは、対象の仮想通貨を一定期間保有していた場合に仮想通貨を配布するという形式となります。フォークド型のエアドロップと似ている部分もありますが、イーサリアム上のプラットフォームの仮想通貨に多いエアドロップの方法のようです。

バウンディ型のエアドロップ

バウンディ型では、Telegram(テレグラム)などのSNSのコミュニティに参加したり、TwitterやFacebookなどのSNSでプログラムをフォロー、拡散するなど、エアドロップをおこなう開発者側が指定する作業をすることによって仮想通貨を付与される方法です。

エアドロップの事例

次に、これまでにあった有名なエアドロップの事例として、ビットコインキャッシュ、オミセゴー、オントロジーの3つを見ていきましょう。

ビットコインキャッシュ/フォークド型

ビットコインが2017年8月1日にハードフォーク(分裂)したことによってビットコインキャッシュが誕生しました。このときにビットコインを保有していた人に対して、ビットコインと同じ数のビットコインキャッシュがエアドロップによって配布されました。

2018年12月時点のビットコンキャッシュの価格は、1BCH(ビットコインキャッシュの単位)=約11,000円のため、受け取った人は大きな利益を得たことになります。

OmiseGO(オミセゴー)/ホルダー型

オミセゴーとは、日本人の長谷川潤氏がCEOを努める東南アジアをメインターゲットにした決済サービスに利用されるトークン(企業などが独自に発行する仮想通貨)です。2017年9月にエアドロップ が実施されており、イーサリアムを0.1ETH(イーサリアムの単位)以上保有していた人に対して、OMGトークンの5%が配布されました。

参照:OmiseGO: Airdropアップデート 2

Ontology(オントロジー)/バウンディ型

オントロジーは、中国の有名な仮想通貨ネオのブロックチェーンをベースにした仮想通貨です。2018年3月、事前にメーリングリストに登録していた人に対してエアドロップ として仮想通貨が配布されました。

その他にも、公式ページを見ると様々な作業により仮想通貨を得ることができることがわかります。

参照:Bounty Program

エアドロップで注意すること

無料で配布されることは大きなメリットと考えられますが、エアドロップには注意点もあるためここで確認しておきましょう。

詐欺に注意

エアドロップで注意するべき点としては、エアドロップが詐欺であった場合です。エアドロップで仮想通貨を受け取るためには、メールアドレスが必要です。

しかし、エアドロップをおこなうプロジェクトが詐欺的なものであった場合はメールアドレスが悪用される可能性がないとは言えません。メールアドレスのイメージしやすい悪用の例としては、たくさんのスパムメールが送られてくる可能性があります。

エアドロップに参加する際に、より危険なこととして、ウォレットの重要な秘密鍵の情報が漏れてしまう点があります。もし秘密鍵の情報が漏れてしまえば、保有している仮想通貨が盗まれる可能性が高く、盗まれた場合には取り戻すことはほぼ無理だと言われています。秘密鍵の情報を盗まれてしまう例の一つとして、本物のエアドロップをおこなうプロジェクトとそっくりのページを利用することで情報を盗むフィッシング詐欺などがあります。

詐欺への対策

こうした詐欺に対する対策として考えられることは、メールアドレスやパスワードを使い回さないことや、秘密鍵は絶対に開示しないことがあります。

エアドロップではメールアドレスが必要になりますが、詐欺の可能性も考えられるため1つのメールアドレスを使い回す、またエアドロップのプロジェクトに参加する際のパスワードを使い回すこともおすすめはしません。

そこで、専用のメールアドレスを用意する、またはプロジェクトごとに違ったパスワードを設定するなどの対策が有効だと考えられます。ウェブサービスへログインするパスワードを全て同じにしている人も少なくありませんが、とても危険なことなので避けたほうが良さそうです。

また、秘密鍵は銀行口座の暗証番号のようなもののため、絶対に他人には教えてはいけません。もしエアドロップに参加するために秘密鍵の登録を求められた場合には、それは詐欺の可能性が高いと考えたほうがいいかもしれません。

利益が出た際の納税の義務について

配布された仮想通貨の価格は当初は無いに等しくても、将来的に価格が高騰することも考えられます。価格が高騰して売却した場合には、利益確定とみなされ課税対象となります。

課税となるタイミングは次の3つになります。

・売却する(付与された仮想通貨を日本円などと交換する)
・他の仮想通貨と交換する
・商品やサービスの支払いに利用する

配布されたコインをただ保有したままであれば、仮に値上がりして評価益が出たとしても利益確定とはみなされず、課税対象となることはありません。

しかし、納税をする義務があることを知らず利益を確定した後に納税をおこなっていない場合は脱税となってしまう場合があります。

エアドロップに参加するために必要なもの

それでは最後に、エアドロップに参加するために主に必要となってくるものをご紹介します。

エアドロップに必要なもの

・メールアドレス
・イーサリアムウォレットアドレス
・Twitterアカウント
・Telegram(テレグラム)アカウント

一般的に以上の4つが必要になることが多いようです。

エアドロップで配布される仮想通貨の多くはイーサリアムをベースにしているため、イーサリアムのウォレット(仮想通貨を管理する電子上の財布のようなもの)であるMyEtherWallet(マイイーサウォレット)などのウォレットアドレス(エアドロップの受信先)を用意する必要があります。

Telegram(テレグラム)とはチャット機能に特化したコミュニケーションツールです。

仮想通貨のコミュニティなどが活発であり、エアドロップに参加するにはTelegramのコミュニティへの参加が必要条件となることが多いようです。

まとめ

エアドロップは仮想通貨の宣伝や流通量の増加を目的としておこなわれ、仮想通貨を無料で受け取ることができる仕組みです。開発者と利用者の双方にとってメリットがありますが、エアドロップを利用した詐欺が存在するというリスクもあります。

そのため、エアドロップに参加する際には注意をすることが重要です。

その他の新着記事一覧はコチラ