新規登録
更新 : 作成 :

日本と海外どっちがいい?仮想通貨取引所メリット・デメリット

マネーフォワードモール編集部


仮想通貨記事_45_A

仮想通貨取引をするには仮想通貨取引所を利用することが一般的ですが、取引所は日本だけではなく海外にもたくさん存在します。海外の仮想通貨取引所であれば日本では買えない銘柄も取り扱っていることが魅力的のひとつになります。

しかし、日本と海外の取引所にはそれぞれメリットとデメリットがあるため、それぞの違いを利用する前に把握しておくことが大切です。

ここでは、日本と海外の仮想通貨取引所の、メリットとデメリットを解説します。

日本の仮想通貨取引所のメリットとは

日本には複数の仮想通貨取引所がありますが、海外の取引所と比べるとどんなメリットがあるのでしょう。

考えられるメリットを3つに分けて解説します。

メリット⒈ 日本語表記のため分かりやすい

当たり前のことかもしれませんが、日本の取引所は日本語で表示されています。そのため投資をはじめてする人でも分かりやすく、とっつきやすいことがメリットと考えられます。仮想通貨取引に慣れていない人でも情報を理解できるため、初心者が利用する場合でもハードルは低いと言えるでしょう。

一般的に「仮想通貨取引所」と一括りに呼ばれている仮想通貨交換業者には「販売所」と「取引所」という2種類の機能があります。

大まかに説明すると販売所とは仮想通貨交換業者と直接売買する機能であり、取引所とは仮想通貨を持っているユーザー同士で売買をするマッチングの機能になります。

販売所機能と、取引所機能にはそれぞれメリット、デメリットが存在しますが、販売所機能を利用した取引は取引所機能に比べると、比較的すぐに取引が成立する場合が多いことが特徴です。

そういった理由から初心者が利用しやすいのは販売所と言われることもあります。

メリット⒉ 海外よりも信頼度が高い

日本で仮想通貨取引所を運営するためには、金融庁への登録が必須です。(2019年1月時点)一定のルールに基づいて運営されているということは、ユーザーにとっては安心材料になる可能性が高いでしょう。

しかし、海外の取引所では日本のルールが該当しないため、海外の取引所へ対するユーザーからの信頼度という点では疑問が残ります。

メリット⒊ 補償制度を設けている取引所がある

取引所の中には、不正な出金に伴う被害について補償制度を用意しているところがあります。

例として、国内ではbitFlyer(ビットフライヤー)が補償制度を用意しています。預かり資産の合計が100万円(円換算)を超え二段階認証を登録している人であれば、日本円が不正に出金された時に限り、上限金額500万円の補償が適用されます。また、上記以外の人でも二段階認証を登録していれば、上限金額10万円の補償が適用されます。

参照:メールアドレス・パスワード等の盗取による不正な日本円出金に伴う補償について|bitFlyer(ビットフライヤー)

日本の仮想通貨取引所のデメリット

日本の取引所を利用することに関して、日本語表記や信頼度の高さなどはメリットと考えられますが、デメリットとしてはどのような事があるのでしょうか?

国内の仮想通貨取引所を利用する際のデメリットをご紹介します。

取扱銘柄が少ない

国内の取引所では取扱う仮想通貨の銘柄が少ないため、あまり知られていない銘柄を購入したいときには対応ができません。

比較的、多くの銘柄を取り扱っているZaif(ザイフ)で16種類、Coincheck(コインチェック)で9種類のため、それほど多くの銘柄から選べるわけではありません。(2019年1月時点)

参照:Zaif取引所の通貨ペアと取引手数料|Zaif
参照:取扱い通貨の終値一覧|Coincheck

海外の仮想通貨取引所のメリット

国内の仮想通貨取引所のメリット、デメリットをご紹介させていただきましたが、海外の仮想通貨取引所には日本にはない魅力もあります。

以下より、海外の仮想通貨取引所におけるメリットをご紹介します。

メリット⒈ 取り扱っている銘柄が多い

海外であれば日本とは比較にならないほどたくさんの銘柄を取り扱っています。例えば有名な海外の交換業者を例に見てみると以下の数の銘柄を取り扱っています。

・BINANCE(バイナンス)では約120種類以上
・Bittrex(ビットレックス)では約200種類以上 
  
そのため、まだあまり知名度のない銘柄を購入したいときには、海外の方が購入しやすいと言えます。(銘柄数は変更されます。記載は2019年1月時点)

メリット⒉ 仮想通貨の取引量が多い

CoinMarketCapsで取引量による仮想通貨取引所ランキングによれば、10位以内に日本の仮想通貨交換業者はランクインしていません。49位になって、bitbank(ビットバンク)がランクインすることからもわかるように、仮想通貨の取引量は圧倒的に海外の方が多いことが分かります。(2019年5月時点)

仮想通貨の取引量は日々変動するため、今後国内の取引量が大きく増える可能性はあるものの、現時点では海外の取引所の取引量と比べると国内は少ないと言えます。仮想通貨の取引量が多いということは、それだけ取引をしたいと思うユーザーがたくさんいるということなので、希望する金額での取引が成立する可能性が高くなります。

メリット⒊ アルトコインの取引手数料が安い

アルトコイン(ビットコイン以外の仮想通貨)の取引手数料は、日本でも無料のところがいくつかありますが、取引手数料がかかるところもあります。

例えば国内の取引所の手数料は以下のような設定になっています。

・フィスコ仮想通貨取引所…0~0.3%
・Bit Trade(ビットトレード)…0.2~0.7%

一方で、海外では以下のようになっています。
・BINANCE(バイナンス)…0.1%
・Bittrex(ビットレックス)…0.25%

海外では取り扱っている銘柄も多いため、アルトコインを取引所タイプで売買しやすいこともメリットと考えられます。

海外の仮想通貨取引所のデメリット

以上のことから、日本では取り扱っていない銘柄を購入したいと考える方からすると、海外の取引所に魅力を感じるかもしれません。

しかし、海外の取引所にもデメリットがあります。以下よりデメリットもチェックしておきましょう。

デメリット⒈ 日本語に対応していない

海外の取引所は基本的に英語で表記されているため、英文での説明を理解する必要があります。
取引所によっては、いくつかの言語に対応していることもありますが、日本語の表記に対応していない時には英文の読解力は不可欠なものと言えるでしょう。

⒉ 日本円で入金できない

海外の取引所を利用するうえで大きなデメリットと考えられる側面の一つに、海外の取引所である場合は日本円での入金ができないという側面があります。

日本であれば日本円を口座に入金することができるため、すぐに目的の仮想通貨の取引をすることができますが、海外の取引所では日本円の入金が可能な取引所はほとんどありません。

そのため、海外の取引所で仮想通貨の取引をおこなうためには、まず日本の取引所に日本円を入金し、ビットコインやイーサリアムといった仮想通貨を購入して、海外の取引所で作成した口座へ送るという作業が必要になります。

実際に、海外の取引所でしか取り扱っていない仮想通貨を取引して利益を出して、日本円として利益を得たいのであれば以下の図ような作業が必要となります。

図のように、海外の取引所を利用する場合は海外の取引所の口座を開設するだけではなく、国内の取引所の口座開設を開く必要があります。

国内の取引所で直接取引をするよりも、どうしても手間がかかってしまうことがデメリットです。

仮想通貨取引所を利用するときに気をつける3つのポイント

日本の取引所に慣れてそろそろ海外の取引所にも挑戦してみたい、どうしても海外でしか取り扱いのない銘柄を取引したいと思う方が気をつけるべき3つのポイントをご紹介します。

仮想通貨を送金する際には送金する銘柄や送金アドレスを確認する

先ほどもご紹介したように、海外の取引所を利用して仮想通貨取引で利益を出そうと考えれば上記のような手順が一般的になります。

上記の手順の2と5では、仮想通貨の送金という手順が発生します。

仮想通貨を送金する際は、その送金先が国内の取引所であれ海外の取引所であれ、送信する銘柄や送金アドレスはきちんと確認することが大切です。

もし、送金の際に送り先を間違ってしまうと取り戻すことは非常に難しく、高い可能性で送金したはずの資産を失ってしまいます。

はじめて送金する方は、まず少額の送金をテストでおこなってみた方がいいかもしれません。

取引の総額手数料を確認する

海外の取引所を利用するときには、国内よりも手間が多くなることはすでにご紹介しましたが、同時に手数料を支払う回数が増えることも理解しておくべきです。国内取引所を利用する際に手数料が発生するタイミングは主に以下の4つが一般的です

・取引所への日本円の入金手数料
・仮想通貨の購入かかる手数料
・仮想通貨を日本円に交換する手数料
・日本円を引き出す手数料

 (国内では上記のいくつかの手数料が無料な取引所が存在します。)

一方、国外の仮想通貨取引所は取引の手順が複雑であるため以下の図のタイミングで手数料が発生することが考えられます。

海外の取引所を利用する際は、国内で完結する仮想通貨の取引よりも手順が複雑になるため、単純な取引の手数料だけではなく、手数料の総額考えて取引をすることが大切です。

トラブル対応は英語、銘柄の取り扱いが中止されることも?

最後にご紹介するポイントは、海外の仮想通貨取引所を利用する中でトラブルが発生した際の対応です。

万が一、取引の中でトラブルが発生したり、分からないことを運営する交換業者に問い合わせる場合は、英語で対応する必要があります。

また、海外の取引所は取り扱っている銘柄が多い一方で、取引量の少ない仮想通貨の取り扱いを中止することも頻繁にあります。

国内の取引所を利用していれば、仮想通貨取引所の銘柄の取り扱い(上場)廃止という情報はキャッチしやすいですが、海外の取引所では難しい場合もあります。

自分が取引している仮想通貨が気づいた時には取り扱い中止になっていた、というようなことがないように海外の取引所を利用する際には、一定の英語力を身に付けると同時に取引所の発表に注意を払っておいた方が良いかもしれません。

まとめ

日本と海外の取引所にはそれぞれメリットとデメリットがあります。

海外の仮想通貨取引所の大きなメリットは知名度の低い銘柄を買えることや、取引量の多さではないでしょうか。

日本にはない大きな魅力とも言えますが、一定の英語力が必要であり日本円の入手金ができないことは理解して取引をおこなった方が良さそうです。

国内の取引所を利用する場合ももちろんですが、海外の取引所を利用する場合はデメリットを頭に入れながら、自己責任での取引をしているということを忘れないことが大切だと言えるかもしれません。

その他の新着記事一覧はコチラ