新規登録
更新 : 作成 :

仮想通貨イーサリアムとは?特徴と利用方法を徹底解説

マネーフォワードモール編集部


仮想通貨記事_46_A

イーサリアムとは?どんな特徴を持っているの?

イーサリアム(ETH)は、ビットコインに次いで時価総額2位にランクインしている仮想通貨です。ビットコイン以外の仮想通貨のことをアルトコインと呼びますが、イーサリアムはアルトコインの中で時価総額がトップです。

イーサリアムの開発者はヴィタリック・ブテリン氏という人物です。イーサリアムの開発は2013年にスタートし、2014年に一般的に公開されました。日本の通貨取引所でも取り扱いが始まったのは2015年頃です。仮想通貨という点でビットコインと比較されることも多いですが、両者には様々な違いがあります。

1.コンセンスアルゴリズム

まず、マイニングと呼ばれる取引内容を計算、記録していく作業に関して、ビットコインではプルーフオブワーク(Proof of Work:PoW)と呼ばれる承認処理を用いています。プルーフオブワークは、仕事量の証明と訳すことができる通りもっとも早く、マイニングした人(マイナー)に新規で発行される仮想通貨が報酬として支払われます。そのため、企業も含めた色々な参加者が報酬目的でマイニングをしています。

イーサリアムもプルーフオブワークによる承認処理を行っていましたが、膨大な電力を必要とする点などを受けて、プルーフオブステーク(Proof of Stake:PoS)という承認処理に変更することを決定しています。プルーフオブステーク(Proof of Stake:PoS)は仮想通貨の所有量が優先される承認処理方法で、たくさんの仮想通貨を持っている人がマイニングで成功する可能性が上がるというものです。

2.スマートコントラクト

また、イーサリアムにはスマートコントラクトという機能が搭載されていることも大きな特徴です。スマートコントラクトとは、契約を自動的かつ正確に実行されるための仕組みで、よく自動販売機に例えられます。自動販売機にお金を入れ、ボタンを押すと、第三者の承認を経ずに、自動的に欲しい飲料が出てきます。つまり、お金の投入とボタンの押下という条件がクリアされれば、あらかじめ設定されたプログラムで飲料を買う契約が自動的に実行されたのです。

スマートコントラクトを利用すると、第三者機関を通さずに、自動的に契約が実行されます。契約の実用例としては、電子マネーや株式・債券の譲渡や土地などの登記、公的年金、宝石・貴金属の所有者権利の登録などにも活用できるといわれています。スマートコントラクトを利用することができるイーサリアムには単なるお金のやり取りを超えた柔軟性・拡張性が期待されているのです。

イーサリアムのメリットと活用方法

イーサリアムは仮想通貨の名前ではなく、正確には分散型アプリケーションを構築するためのプラットフォームの名称です。分散型アプリケーションとは、参加者がデータを分散管理することで、中央管理者なしでも稼働するアプリケーションです。イーサリアムのプラットフォーム内で使われる仮想通貨がイーサ(ETH)になります。単純に通貨として利用されるビットコインと違い、プラットフォームとしての側面もあるイーサリアムですが、どのようなプラットフォームなのでしょうか。

プラットフォームとしてのイーサリアム

イーサリアムはスマートコントラクトや分散型アプリケーションなどにより、中央でコントロールしなくても、分散型で自律し続けるシステムを目指しているプロジェクトです。既存の中央管理型システムでは、中央サーバーへのサイバー攻撃などでシステムがダウンすることもあります。しかし、分散型で管理されたシステムであれば、ユーザーなどの参加者に記録や承認作業が分散されるため、そのすべてが破壊されない限りシステムは理論上動くといわれています。

また、決済スピードが速いこともイーサリアムのメリットで、取引情報をまとめた単位であるブロックを作る時間(ブロック生成時間)はわずか15秒ほどといわれています。ビットコインが10分ほどかかることに比べると、その速さがどれほどか分かるのではないでしょうか。決済手数料もビットコインより低く、約半額とも言われていて少額決済に向いているとされています。

ICOとの関係性

イーサリアムを利用することで、ICO(仮想通貨を利用した資金調達)を行うことができ、ICOプロジェクトの多くはイーサリアム上で作成されています。ICOとは新しい仮想通貨を発行することで、資金を調達する方法で「Initial Coin Offering(イニシャル・コイン・オファリング)」の略称です。ICOプロジェクトの活用領域は金融から広告、インフラ事業や医療など、多岐にわたります。プラットフォームとしてのイーサリアムを利用することで、プロジェクトは資金を調達することができます。

イーサリアムのこれまでの歩み

イーサリアムの4大アップデート

仮想通貨以外の側面をもち合わせ、多くの期待を集めるイーサリアムですが、どのような経緯で今のようなプロジェクトになったのでしょうか。イーサリアムの歴史の中で大きな出来事をご紹介します。まず、イーサリアムを理想形に近づけるための4つの主要なアップレートが予定されていました。それぞれ説明していきます。

1.Frontier/フロンティア
Frontier/フロンティアは2015年7月30日に実施された1段階目のアップデートです。システムの安定化など開発者向けの内容でした。

2.Homestead/ホームステッド
2段階目として2016年2月ほどに行われたのがHomestead/ホームステッドです。イーサリアムのシステムによるアプリケーションの開発を容易にする他、セキュリティ面の強化も行われました。

3.Metropolis/メトロポリス
3段階目のMetropolisは更新内容が多いため、更に2段階に分かれています。1つ目は「Byzantium/ビザンチウム」で、2017年10月16日に実施されました。2つ目の「Constantinople/コンスタンティノープル」は2018年中の予定が延期となり、2019年2月28日に実施されました。

4.Serenity/セレニティ
最後に実施されるのがSerenity/セレニティですが、実施予定日・内容について、2019年1月時点では明らかにされていません。このアップデートによって、イーサリアムのコンセンサスアルゴリズムであるProof of WorkからProof of Stakeへの変更がひとまず完結するとされています。

参考:コンスタンティノープル

通貨の分裂(ハードフォーク)

イーサリアムに起きたもう1つの大きな出来事が2016年6月のDAO事件が発端となった通貨分裂です。イーサリアムを使ったプロジェクトである「The DAO」のプログラムのバグをハッカーに狙われ、360万ETH(ETHとは仮想通貨イーサリアムの単位)が盗難に遭いました。このときの対応として、ハードフォークを行うかどうかで開発者やマインイングを行うコミュニティ間で対立が生じました。ハードフォークとは仮想通貨で行われる機能の更新の種類の1つで、更新してしまうと前後で互換性がないことが特徴です。

1.ブロックチェーンを盗難前の状態に戻すハードフォークを実施する
2.ハードフォークを行わない

1.を選択すれば、仮想通貨の盗難がなかったことになり、被害者が救済されます。対立する方針の2.はイーサリアム自体には問題がないことや、中央管理的なアップデートはイーサリアムの理念に反するという理由で提案されました。結局両者は折り合いをつけることができず、1.を選んだ開発チームはハードフォークを実施し、イーサリアムクラシックとして独立しました。結果としてイーサリアムとイーサリアムクラシックで2つの仮想通貨に分裂したのです。

イーサリアムの保管方法

購入したイーサリアムを取引所に預けたままという方も多いでしょうが、多額のイーサリアムを預けっぱなしにしておくことは必ずしも安全とはいえません。仮想通貨の取引を頻繁にするわけでなければ、おすすめするのがペーパーウォレットなどのコールドウォレットで保管する方法です。

ウォレットとは、仮想通貨を保管する電子上の財布のようなもののことで、コールドウォレットとはオフラインで仮想通貨を管理するウォレットのことです。特に、ペーパーウォレットは仮想通貨の送受信を利用するために必要な秘密鍵やアドレスを紙に印刷して保管することで、ネット経由での攻撃を受けないことが最大のメリットであるといわれています。

アルトコインの筆頭イーサリアム

イーサリアム(ETH)は仮想通貨の時価総額で第2位のメジャーな通貨で、スマートコントラクトという機能を実装しているのが特徴です。イーサリアムのプラットフォームでは中央管理のない分散型管理によるアプリケーション開発をすることができ、短時間での決済も可能です。イーサリアムに利用されている技術は、仮想通貨の枠を超えて様々な分野で展開されて行く可能性もあるといわれています。

今後も、その普及に注目が集まっていくことが予想されます。

その他の新着記事一覧はコチラ