新規登録
更新 : 作成 :

仮想通貨LISK(リスク) の特徴と利用方法、注目されている理由を徹底解説

マネーフォワードモール編集部


仮想通貨記事_57_A

2018年初旬に国内の仮想通貨取引所のbitFlyerの加納裕三氏のTwitter上での発言が、仮想通貨コミュニティの間で話題になりました。それは「2018年1月中にあるアルトコインをbitFlyerで新規に取り扱い開始する」というものでした。

ネット上ではさまざまな憶測が飛び交いましたが1月31日、ついに仮想通貨LSKが新規上場通貨であると発表されました。なぜLisk(リスク)だったのか?そしてLSKはどのような通貨なのか?その特徴と可能性を紹介します。

この記事の目次

Lisk(リスク)とは?どんな特徴を持っているプロジェクト、仮想通貨なのか?

Lisk(リスク)は、ブロックチェーンと呼ばれる技術を利用した分散型アプリケーションプラットホームのことです。分散型アプリケーションとは、既存のアプリケーションとは異なり運用などが自動化されているアプリケーションのことを指します。

分散型アプリケーションとは?

分散型アプリケーションとはどのようなものなのでしょうか。現在存在する多くのアプリケーションは、企業などがその運営をしており中のシステムは一般的に公開されてはいません。

さらに、機能の改善などは経営の方針などによって決まることが多いと言えるのではないでしょうか。

分散型アプリケーションは、一般的に以下のような条件を満たすものであると定義されています。

・企業などの中心となる組織が運用しなくても、あらかじめ決められたコードよって自動的に動き、そのコードは一般に公開されている

・アプリケーションを利用する際には、アプリケーションから発行される仮想通貨が利用されており、参加者への報酬もその仮想通貨によって支払われる

・ユーザーによる改善要求によってアプリケーションの改善がおこなわれる。

既存のアプリケーションのように管理や運営を特定の組織や企業がおこなうことを中央集権型といわれることに対して、分散型アプリケーションは非中央集権的型といわれています。

分散型であることのメリットとは?

分散型アプリケーションとはどのようなものかをご紹介しました。しかし、日本で暮らしている場合には中央集権的な運営の危険性を感じる機会は多くはないかもしれません。

分散型であることのメリットとはどのようなものなのでしょうか。

確かに中央集権的な体制は、中央で管理をおこなう組織に信頼性がある場合はとても優れた体制となります。しかし、中央となる管理団体の能力が低い場合や信頼性がない場合は中央集権的な体制は危うさがあります。

例えば、ある国の王様が国のお金を自由に発行でき、独断で法律を決めてしまえる場合には、国が良くなるかどうかは王様の能力次第となってしまいます。特に深い考えを持たずにお金をたくさん発行すれば、お金の量が増えすぎてしまいお金の価値が下り、例えば今まで100円で買えていたチョコレートが200円になってしまうかもしれません。そうなると、お金はたくさん持っているのに、何も買えないという状況になってしまうかもしれませんし、王様が自分に都合のいい法律を作ってしまうかもしれません。

一方で、国に住む人が集まって方針の決定をする非中央集権的な運営をおこなう国であれば王様の能力や信頼性に関わらず良い国となる可能性があります。

アプリケーション発行されるお金アプリケーション内の仮想通貨法律プリケーション内のシステムだと置き換えると分かりやすいのではないでしょうか。

分散型アプリケーションのプラットフォームであるLiskの中で利用される仮想通貨のことをLSKと呼ばれています。

本記事ではプラットフォームをLisk、仮想通貨をLSKと表記してご紹介します。

仮想通貨LSKを支えるブロックチェーンとは

仮想通貨LSKにはブロックチェーンと呼ばれる技術が利用されています。

ブロックチェーンとは分散型台帳とも言われる技術です。

取引の記録などを特定のサーバーのみで管理するのではなく、ネットワークに接続された複数のパソコンで互いに記録、承認をおこなう事で改ざんや不正を防ぐことを目的に利用されています。ブロックチェーンはその管理体制から分散型もしくは、非中央集権型と呼ばれますが、Lisk(リスク)はブロックチェーンを利用して、かんたんにアプリケーションを作成することができるプラットフォームであると言われています。

類似のプラットフォームとしては、イーサリアムやイーサリアムクラシックなどがあります。

Lisk(リスク)のプラットホーム上で通貨としてやりとりされるのが、仮想通貨のLSKです。Microsoftと提携したということで、とても注目されています。

Lisk(リスク)とイーサリアムの相違点とは?

類似のプラットフォームにはイーサリアムがあるという話をさせていただきましたが、具体的にはどのような点がイーサリアムと違うのでしょうか。

イーサリアムとの類似点と違いを具体的にご紹介します。

イーサリアムとの類似点であるスマートコントラクト

イーサリアムとは、Lisk(リスク)と同様に分散型アプリケーションを作成することのできるプラットフォームとしてのイーサリアムがあり、そこで仮想通貨のETHが流通しています。

Lisk(リスク)とイーサリアムは共に、スマートコントラクトという技術を採用しています。

スマートコントラクトとは、あらかじめ決められたコードによって契約を自動的かつ正確に実行されるための仕組みで、分散型アプリケーションには必要不可欠な仕組みです。

よく自動販売機を例に例えられることが多い技術で、自動販売機の場合はお金を入れて欲しい飲料水のボタンを押すという行動を取ることによって、第三者の承認などを必要とせず、誰でも自動的に欲しい飲料水を購入できるという契約が実行されます。

スマートコントラクトを利用することで、分散型アプリケーションはあらかじめ設定されたコードにより、運営者を必要とせず自動的に運用されます。

Lisk(リスク)とイーサリアム二つのプラットフォームで可能となることや、それを可能としている技術は似通っていますが、Lisk(リスク)には、イーサリアムと大きく異なる部分があります。

イーサリアムとの違いは基本理念

イーサリアムとLisk(リスク)の違いは基本理念です。

Lisk(リスク)は、「投資家、開発者だけでなく、誰にでも簡単に安全に使える経済システムを作る」ことを基本理念にして開発されています。

現在利用されている法定通貨(日本円などのように法律で認められた通過)のように簡単に使えて、より安全で便利な経済システムを構築することを目的にLisk(リスク)は作られています。

そんなLisk(リスク)の具体的な特徴をご紹介します。

Lisk(リスク)の具体的な特徴とは?

Lisk(リスク)の特徴⒈ DEX(分散取引所)が開発されている

仮想通貨LSKは、国内の取引所bitFlyerや海外の大手取引所binanceなどですでに上場(取引所で取り扱われること)していますが、Lisk(リスク)の「簡単に使える」という理念を実現するため、Liskは独自の取引所を開発しています。

現在たくさんの仮想通貨が、特定の組織や企業が中央で管理することに対する危うさから、非中央集権的な体制での運営がされています。

しかし、その仮想通貨を購入するときに一般の人が利用する仮想通貨取引所は特定の企業が管理する中央集権型の運営がされています。

中央集権型の運営には先ほどご紹介したように、信頼性が重要となってくる上に、特定の企業に大量の仮想通貨があることがわかるため、外部からのハッキングを受けやすいなどのデメリットがあります。

Lisk(リスク)は独自に開発しているDEX(分散取引所)と呼ばれる取引所とは、ユーザー同士での仮想通貨取引を可能にする特定の運営者の存在しない取引所のことです。

Lisk(リスク)は利益を得るためではなく、あくまでも投資家の利便性のためDEXの開発をおこなっているようです。

Lisk(リスク)の特徴⒉ JavaScriptという一般的な開発言語で作られている

イーサリアムも、環境はオープンになっており、分散型アプリケーションを自由に開発することが可能です。

しかし、イーサリアムの開発言語「solidity」は独自の言語で、使用できる技術者の数は限られています。

Lisk(リスク)では、その点を改善し、開発言語を非常にメジャーなJavaScriptという言語を利用することで、開発者の利便性を大きく向上させています。

Lisk(リスク)の特徴⒊ サイドチェーンの採用

イーサリアムとLisk(リスク)の異なる点として、分散型アプリケーションをサイドチェーン上で作成することができるという点があります。サイドチェーンとは、Lisk本来のブロックチェーンとは異なるブロックチェーンのことです。

イーサリアムで分散型アプリケーションを作成する場合は、イーサリアム本来のブロックチェーン上で作成されます。

一方で、Lisk(リスク)で作成する場合はLiskのブロックチェーンとは独立するブロックチェーン上でなされます

サイドチェーンで分散型アプリケーションを作成することによって、ブロックチェーン上の取引量が増えて処理速度が遅れてしまう「送金詰まり」と呼ばれるトラブルを避けることができます。さらに、Lisk(リスク)のブロックチェーンとは独立しているため取引情報の処理方法などが独自に設定することもできます。

Lisk(リスク)の特徴4,LSKの発行枚数に上限がない

多くの仮想通貨では、発行枚数に上限を設けています。これは、仮想通貨が無限に発行されることによる仮想通貨の価値の下落を防ぐもので、ある程度有効に働いています。

しかし、発行枚数に上限があることで、仮想通貨の価値が高騰してしまい、実際にプラットフォーム上での利用に適さなくなってしまうという場合もあります。

Lisk(リスク)は一般の人も含めた誰にでも使える経済システムを目指しているため、あえて発行枚数に上限を設けず、価格の高騰を抑えています。もちろん、暴落することを防ぐため、1度に発行される枚数を抑えて緩やかな価格上昇を作ることで、多くの人が使いやすい経済システムを目指しているようです。

Lisk(リスク)の開発陣が大切にしている理念

上記のような4つの特徴の他にLisk(リスク)の開発陣には大切にしている理念があります。

それは、「優先順位の第1はセキュリティ、その次が利便性」「スピードよりもクオリティ」という点です。つまり、利便性を追求しつつも、セキュリティはより強固にすることで、安心して使える便利な経済システムを構築しようとしているのが、Lisk(リスク)の基本方針だそうです。

Lisk(リスク)のメリットとデメリット活用方法

Lisk(リスク)はいままでにはない、利便性の高い経済システムを作ろうとしています。そのため、いままでの仮想通貨にはないメリットをいくつも持っています。

しかし、残念ながら、メリットばかりではなくデメリットも少なからず存在しているのです。

ここでは、Lisk(リスク)のメリットとデメリットを紹介します。

Lisk(リスク)のメリット⒈ 開発者の参入のしやすさ

Lisk(リスク)が開発言語として採用しているJavaScriptを使うことができるプログラマーは、すでに世界中に存在しています。つまり、Lisk(リスク)の分散型アプリケーションが作成される環境はすでに十分に整っています。

Lisk(リスク)のメリット⒉ 取引の承認速度が早い

Lisk(リスク)では、ある取引が正しいかどうかを判断して取引を成立させる「コンセンサス」を、「投票で選ばれた101人の承認者がおこなう」ことになっています。取引が成立することで、承認者は新規発行通貨を得ることができます。

ビットコインでは、このように取引情報を処理・承認することによって報酬を得ることを「マイニング(採掘)」と呼びますが、Liskでは「フォージング(鋳造)」と呼びます。

LSKの取引時間は早く、他の仮想通貨との差別化ポイントとなっています。

なお、承認者を選ぶ投票は、他の参加者全員がおこなうため、悪意を持つ人が承認者になるリスクが低く抑えられています。

Lisk(リスク)のメリット⒊ 活用がしやすい

Lisk(リスク)を活用したサービスを作る場合、サイドチェーンを利用することになります。

サイドチェーンはLisk(リスク)の本体であるメインのブロックチェーンへ直接影響を与えることがないため、サービス提供者は思い切った活用に挑戦することができます。

また、サイドチェーンでは独自のトークンを発行したり、取引情報を承認する仕組みを変更したりすることもできるため、分散型アプリケーションを作成する自由度がとても高くなっています。

以上が、Lisk(リスク)におけるメリットになります。次にLisk(リスク)のもつデメリットをご紹介します。

Lisk(リスク)のデメリット⒈ インフレの危険性

LSKは発行上限がありません。つまり、必要以上に発行されることで、その価値が低下し暴落する可能性があります。この点は、数多くの投資家が懸念するデメリットです。

しかし、Lisk(リスク)が目指しているのは、仮想通貨の価値が高騰して、それ自体が商品化するようなものではなく、便利に使える経済システムです。

そのためには、発行枚数に上限を作って仮想通貨自体の価格を上げるのではなく、上限をなくして発行量を調整するという法定通貨(日本円のように法律で定められた通貨)の手法を取り入れているそうです。

Lisk(リスク)のデメリット⒉ 悪用されるリスクがある

Lisk(リスク)の開発言語はJavaScriptですので、世界中の数多くの技術者が参加できます。しかし、より良くしようとする技術者と同じく、悪用しようとする人たちが入り込むのも容易であるため、この点は大きなデメリットと言えるかもしれません。

その点を踏まえて、Lisk(リスク)開発陣は「優先順位の第1はセキュリティ、その次が利便性」「スピードよりもクオリティ」を重視しているようです。

Lisk(リスク)のこれまでとこれから

Lisk(リスク)は「より使いやすい経済システム」を目指しています。それは、Lisk(リスク)上で様々なサービスが立ち上がり、LSKを使ってそれらのサービスを安全にかつ容易に利用できるシステムです。そのため、Lisk(リスク)では分散型アプリケーションを少しでも多くの人が作れるようにJavaScriptを取り入れています。

2018年9月時点で、Lisk(リスク)はさらに多くの人が利用しやすいように改善を続けています。新たに公開されたツールは、その理念通りに分かりやすく、使いやすいものであると評判で、数多くのサービスが生まれてくることが期待されています。

Lisk(リスク)のこれまでの歩み

LSKを含めた全ての仮想通貨が遭遇した大きな出来事では「coincheck(コインチェック)不正流出事件」があります。CoinCheck社に預けられていたNEM(ネム)、約580億円相当が一瞬で奪われた、大規模な被害額を誇る盗難事件でした。この事件によって、当時非常に好調だった仮想通貨相場は大暴落を起こしました。

ハッキング被害にあったcoincheckにLSKは上場しており、当時の発行枚数の中でも大量のLSKがcoincheckに預けられていたと言われています。LSK自体に被害がなかったものの、coincheckは一時的に業務停止となり、LSKについても取引ができなくなりました。

この事件によって、仮想通貨の保管におけるセキュリティ体制の重要性が改めて見直されることとなりました。Lisk(リスク)の開発陣も、より注意深く「スピードよりもクオリティを重視」するようになったと言われています。

Lisk(リスク)のこれからの歩み

Lisk(リスク)は当初のスケジュールから遅れていましたが、2018年8月末にプロジェクトをよりよくするための改善をおこなっています。今後もLisk(リスク)の掲げる「利便性の高い経済システム」に一歩近づくために、さらなる改善が予定されています。

2018年の11月にロードマップ(開発のスケジュール)が発表されましたが、スケジュールに日付が書かれていなかったということで多くの批判があるとともに、開発者にとっては詳細に記されたロードマップであると評価されました。

Lisk(リスク)は8の段階に分けて開発をおこなっていくようです。

参照:Liskの新しい開発ロードマップについて知る必要があるすべて

国内での仮想通貨LSKの入手方法

実用化に向けての期待をされている仮想通貨LSKですが、国内で購入するにはどうすれば良いのでしょうか。

LSKを入手できる国内の取引所

2019年1月時点では、LSKを取り扱っている仮想通貨交換業の登録済み国内の取引所は、coincheckとbitFlyerです。以前は、coincheckは登録業者ではありませんでしたが、2019年1月に登録業者となりました。

LSKの取引方法

bitFlyerでは、LSKの売買は取引所での取引ではなく販売所によっての取引となります。仮想通貨取引をする場合は、販売所と取引所のどちらかを利用する場合が一般的です。販売所での取引とは、仮想通貨交換業者と仮想通貨の取引をおこなう方法であり、取引所での取引は仮想通貨をもつユーザー同士の取引をおこなうという違いがあります。

販売所を利用する取引はシンプルに取引ができる一方で、手数料が少々高いという意見もあります。

そのため、LSKを売買するには、海外の取引所を使う方も多いようです。

LSKの保管方法

ハッキングによる仮想通貨の不正出金のニュースなどを考えると、仮想通貨を取引所に預けっぱなしにしておくことは安全と言い切れません。

その場合によく利用されるのが、「ウォレット」と呼ばれるものです。仮想通貨を個人で管理するための財布のようなものです。

以下より、LSKを保管するためのウォレットを紹介します。

LSKを保管できるウォレットには、3種類あります。

Lisk Hub (旧 LISK Nano Wallet)

Lisk HubとはLisk社公式のウォレットです。WindowsやMac、LinuxなどのPC用のソフトウェアで、もっとも特徴的なのは、承認者を選ぶ投票に参加できることです。

もし、投票した人が承認者に選ばれると、新規発行通貨を得ることができます。

Lisk Wallet by Freewallet

Lisk Wallet by Freewalletとは非公式のモバイルアプリ型のLSKウォレットです。

iOSとAndroidに対応していますので、利便性が高く、使用者も多いウォレットです。

有料で2段階認証に対応しており、ネットワークから完全に遮断した環境として使用することも可能ですので、セキュリティには定評があるようです。

ただし、非公式ですので、報酬を得ることができる取引承認者となるための投票に参加することはできません。

Lisk Paper Wallet

Lisk Paper Walletとはブラウザから利用できるウォレットです。しかし、ブラウザやネットワーク上に仮想通貨を保管するのではなく、LSKのペーパーウォレットを生成することができるサービスです。

LSKをペーパーウォレットとして紙に印刷しておけば、ウイルスやハッキングの心配はありません。

ただし、取引や決済に使用するときに、一度電子データに戻す必要がありますので、利便性は低いうえに、破れたり、インクが消えたり、紛失盗難で使えなくなる可能性もデメリットとしてあります。

まとめ

プラットフォームとしてのLisk(リスク)と仮想通貨LSKについて、紹介しました。Lisk(リスク)は、「便利で使いやすい経済システム」という大きな理念を実現するため、開発が進められています。いままで一部の方だけが利用できていた仮想通貨の技術が、多くの人に利用できるようになることで普段の生活が大きく変わるかもしれません。

今後もLisk(リスク)の可能性には期待が集まっていくのではないでしょうか。

その他の新着記事一覧はコチラ