新規登録
更新 : 作成 :

スマホ決済の種類とは?気になる仕組みや年齢制限について

マネーフォワードモール編集部


スマホ決済記事_71_A

非接触型IC決済の仕組み・手数料

非接触型IC決済についてはSuicaやICOCAなどの交通系ICカードをイメージすると分かりやすいでしょう。支払いを行う際に、店頭に置かれたカードリーダーにICカードをかざすだけで簡単に決済できます。各種店舗はもちろん自動販売機でも使えるなど利用範囲がかなり広がっているため、すでに活用している方も多いのではないでしょうか。従来のICカードと違い、カードを機械に差し込むなど、物理的に接触しなくても決済できることから非接触型と呼ばれています。

しかし最近はカードを持ち歩く必要すらなくなっています。なぜなら、非接触型IC決済に対応している機種であればスマートフォンがICカードの代わりになってしまうから。例えばiPhoneのApple Payであれば、Suicaやクレジットカードをアプリに登録し、カードリーダーにiPhoneをかざすだけで決済が完了します。

他にもGoogle Payや楽天Edy など、さまざまな電子マネーや決済方法が存在しているので、自分のスマートフォンでも使いやすいと思える決済サービスを探してみてはいかがでしょうか。どれも基本的に手数料はかかりません。

QRコード決済の仕組み・手数料

非接触型IC決済をスマートフォンで行うには、スマートフォンの機種が非接触型IC決済に対応していなければいけません。最近販売されている新しいスマートフォンであれば対応していることが多いのですが、少し古い機種を長らく使い続けている方もいるでしょう。

しかしQRコード決済であればどんなスマートフォンであっても決済可能です。

QRコードによる決済方法は大きく2種類。一つはスマートフォンの画面にQRコードやバーコードを表示し、店員にバーコードリーダーで読み込んでもらう方法。もう一つは店頭に置いてあるQRコードを利用者がカメラで読み取り、支払い金額を自分で入力する方法です。

こちらも非接触型IC決済と同様に手数料はかかりません。QRコード決済のサービスとしてはPayPay、LINE pay、楽天ペイなどが有名です。

キャリア決済とは何が違う?

以上、スマホ決済として非接触型IC決済とQRコード決済の2つをご紹介しました。

キャリア決済についてご存知の方であれば「キャリア決済のようなものだろう」「キャリア決済との違いはなんだろう?」と思うかもしれません。

キャリア決済はドコモ、au、ソフトバンクと契約している方が利用できる決済サービスのこと。商品やサービスを購入する際に行った決済金額が月々の通信料と合算して請求される仕組みとなっており、この点が前もってチャージの必要があったり、後日クレジットで請求される仕組みとなっているスマホ決済とは異なります。

スマホ決済はオフライン(実店舗)でも多く使用できる一方で、キャリア決済が利用できる場所はオンラインが中心で、動画や音楽、ゲームや電子書籍の購入をする時に使えます。 一部例外もあり、ドコモのd払いであれば実店舗であってもd払いに対応している店なら決済が可能。バーコードを表示したスマートフォンの画面を店員に見せ、それを読み取ってもらえば決済できます。

スマホ決済記事_71_B

各スマホ決済の年齢制限について

お金が絡むサービスなだけに、未成年であったり18歳未満であったりすると使えないのではないかと考える方もいるでしょう。

結論からいえば、スマホ決済を利用するにあたって年齢制限はありません。 なぜならスマホ決済サービスのほとんどはプリペイド方式だからです。あらかじめチャージしておいた金額より高い支払いでは決済することはできず、使いすぎてしまう心配がありません。一部クレジットカードでの後払い対応可能のスマホ決済もありますが、18歳未満であればクレジットカードを作れないため、Apple Payやその他スマホ決済サービスにクレジットカードを登録することはできません。

ちなみに、キャリア決済の場合はクレジットカード同様に後払いする仕組みになっていますが、一定の限度額以内であれば18歳未満でも利用できます。例えば「ドコモ電話料金合算払い」の場合は19歳まで最大1万円/月、20歳以上だと契約期間に応じて最大10万円です。「auかんたん決済」であれば年齢制限はなく一律最大10万円/月、「ソフトバンクまとめて支払い」の場合は満12歳未満は最大2千円/月、満20歳未満は最大2万円/月、満20歳以上は最大10万円/月に設定されています。

参考:ドコモ電話料金合算払い
参考:auかんたん決済
参考:ソフトバンクまとめて支払い

まとめ

スマホ決済は大きく非接触型IC決済とQRコード決済の2種類。

非接触型IC決済についてはスマートフォンがこれに対応していなければいけませんが、QRコード決済であれば機種を問わずに使えます。支払いが便利になる上に基本的に手数料は無料。利用者の負担なしにサービスを利用できます。

スマホ決済に似た決済サービスとして大手キャリアの提供するキャリア決済サービスがありますが、これは月々の通信料と合算して請求される、使える場所はオンラインが中心であるという点で違いがあります。スマホ決済には基本的に年齢制限はなく、18歳未満でも使えるのでぜひ気軽に試してみてください。

その他の新着記事一覧はコチラ