ログイン
新規登録
更新 : 作成 :

スマホ決済はどう支払っているの?お金を支払うタイミングの違いとは

マネーフォワードモール編集部


スマホ決済記事_77_A

日本政府が「キャッシュレス社会」への取組みを推し進めているため、スマホ決済が拡がりをみせています。スマホ決済の利用者をコンビニなどでよく見かけますが、一体どのように決済が完了し、お金が支払われているのでしょうか。

現金決済だと即時、クレジットカード決済だと締め日にまとめて請求など、これらはお金を支払うタイミングが分かりやすいですが、スマホ決済はどうなのか、疑問に思う方もいらっしゃるかもしれません。

今回の記事ではお金を支払うタイミングの違いについて、主なQRコード決済のスマホ決済アプリを例に紹介します。また2019年秋より開始予定の、スマホ決済と同時に銀行口座から直接支払いのできる「Bank Pay」についても解説します。

スマホ決済の支払い方法

スマホ決済には3つの支払い方法があります。

●前払い(プリペイド)型
●即時払い(リアルタイムペイメント)型
●後払い(ポストペイ)型

ここからは、それぞれについて代表的なQRコード決済のスマホ決済を挙げていきます。サービスによってはユーザが支払いタイミングを選べる場合もあります。

前払い(プリペイド)型

あらかじめ銀行口座の残高から入金するものや、コンビニで現金をチャージする方法が「前払い」にあたります。下記のスマホ決済が該当となります。

PayPay:銀行口座からのチャージ
LINE Pay:コンビニでの現金チャージ、銀行口座・LINE Payカードからのチャージ、銀行口座からのオートチャージ
メルペイ:銀行口座からのチャージ、メルカリの売上金からのチャージ
Pring(プリン):銀行口座からのチャージ・オートチャージ
Kyash(キャッシュ):コンビニでの現金チャージ、セブン銀行ATM・銀行ATM(ペイジー)からのチャージ
バンドルカード:コンビニでの現金チャージ、セブン銀行ATM・銀行ATM(ペイジー)・ネット銀行・ビットコイン・ギフトコードからのチャージ

即時払い(リアルタイムペイメント)型

スマホ決済で支払ったタイミングで銀行口座などから引き落とされるのが「即時払い」です。

現状「即時払い」となるQRコード決済のスマホ決済は存在しておらず、後述する「Bank Pay」が今後その代表格となっていくことでしょう。

後払い(ポストペイ)型

スマホ決済完了後、月末などの締め日のタイミングで支払うものが「後払い」となります。主にクレジットカードを使用するケースがほとんどです。下記のスマホ決済が該当となります。

PayPay:クレジットカードからの引き落とし
Origami Pay:銀行口座/クレジットカードからの引き落とし
楽天ペイ:クレジットカードからの引き落とし
d払い:月々のケータイ料金と一緒に支払い
Kyash(キャッシュ):クレジットカードからのオートチャージ
バンドルカード:クレジットカードからのチャージ

2019年はスマホ決済と銀行口座がリンク「Bank Pay」元年

2019年4月、日本電子決済推進機構が、オールバンクのスマホ決済サービスをうたい「Bank Pay(バンクペイ)」を2019年秋より開始すると発表しました。

これはメガバンク、地方銀行をはじめとする1,000以上(予定)の銀行口座から共通アプリで支払いができるようになるサービスです。上記3つの中の「即時払い」に対応したものとなります。

「Bank Pay」の機能を小売企業にも開放するので、今まで使用している飲食店のクーポンアプリやアパレルブランドのショッピングアプリでも銀行口座からの決済が可能になる日も近いようです。加盟店向けの導入コストも0円と、ますますキャッシュレスを推進していくサービスになることは間違いなさそうです。

参考:日本電子決済推進機構

まとめ

スマホ決済の支払い方法について説明しました。

2019年は、銀行口座とスマホ決済が直結した即時払い型が躍進する年です。

スマホ決済は現在のところキャッシュレス支払額の20%ほどの比率を占めていますが、2019年を機にキャッシュレス化がさらに加速するかもしれません。スマホ決済について理解を深め、便利なキャッシュレス決済を活用していきましょう。

参考:PayPayLINE PayOrigami Pay楽天ペイd払いメルペイpring(プリン)Kyash(キャッシュ)バンドルカード

その他の新着記事一覧はコチラ