新規登録
更新 : 作成 :

年会費無料のクレジットカードを比較するポイントとは?選び方と注意点も解説


46060

クレジットカードには年会費無料のもの、年会費がかかるものと2種類あります。そこで、どうせ持つなら維持コストのかからない「年会費無料のクレジットカードが気になる」という方もいるのではないでしょうか。

実は年会費無料のクレジットカードは数多くあり、スペックや特徴もさまざまです。年会費無料だから良いと思っても、ポイント還元率が低かったり付帯保険やサービス内容の充実度が低かったり、ETCカードの年会費は発生したりする場合があります。

そこで後悔しないクレジットカード選びをするために、前もって情報収集をしておきたいですよね。

当記事では年会費無料のおすすめクレジットカードを5選で紹介するので、それぞれの使い勝手などや特徴を比較していきましょう。その後にカードを選ぶ方法の注意点、年会費無料で発行できるETCカードについて解説します。

年会費無料でポイント還元率の高いおすすめクレジットカード

46064

年会費無料のクレジットカードを選べば、維持コストはかかりません。さらにどうせ利用するのであれば、ポイントを貯めて次回以降の買い物に役立てたいところです。

その際に重要になるのがポイント還元率です。この還元率が高いほど獲得できるポイントが増えます。貯まったポイントをその後どう使えるのかはカード会社によって違いますが、たとえば商品やギフトカードと交換したり、航空会社のマイルと交換したりするほか、毎月のカード利用料金に充当することも可能です。

こちらでは、年会費無料でかつポイント還元率も高いおすすめのクレジットカードを5選でご紹介します。それぞれのカードの特徴などもまとめているので、ぜひ比較しながら自身に最適なクレジットカード選びにつなげてください。

VIASOカード

45936

「VIASOカード」は三菱UFJニコスが発行する年会費無料のカードです。最短翌営業日発行可能なので、急ぎでクレジットカードを手にしたい方にもおすすめです。

また、獲得したポイントはオートキャッシュバック機能で利用銀行口座に自動で現金還元されます。手続きも不要なので、ポイント交換に手間をかける必要がありません。

そのほかに、旅行代金をVIASOカードで支払うことで、最高2,000万円の海外旅行傷害保険サービスが付帯します。

ライフカード

46150

「ライフカード」はライフカード株式会社が発行する、年会費永年無料で利用可能なクレジットカードです。

基本の還元率は0.5%と高くないものの、初年度は1.5倍、誕生月は3倍の1.5%にアップします。ポイント還元率1.5%のクレジットカードは少ないため、誕生月に多く利用することでたくさんのポイントを獲得できるでしょう。

dカード

46151

「dカード」は携帯電話会社のdocomoが発行する年会費無料のクレジットカードで、通常ポイント還元率1.0%になります。以前は1年に1回以上の利用がないと年会費が発生しましたが、現在は規約が変更して利用有無関係なく無料です。

まず、dカードの大きな特徴となるのが、ローソンでdカード支払いをするとカード請求時に3.0%割引になることです。さらに2.0%のdポイントが還元され、実質5.0%もお得に利用できます。

特にdocomoユーザーでなければdカードを利用できない決まりもないので、ローソンで買い物をする機会が多い方は申し込んでおくと後に活用しやすいでしょう。

獲得したdポイントはさまざまな加盟店で利用できるほか、docomoで買い物をする際に利用することもできます。有効期限も48ヶ月あるため、時間をかけてポイントが多く貯まったら、スマホの機種の購入代金に充当するのも良いでしょう。

楽天カード

46152

楽天市場をお得に利用できる機会の多い「楽天カード」ですが、通常ポイント還元率も1.0%という高さのクレジットカードです。

まず、楽天市場で利用する際のポイント還元率は最低3.0%からとなり、最大は16.0%という高さになります。年会費も永年無料なので、現在楽天市場を利用する機会の多い方、これから利用を増やす予定のある方であればぜひ持っておくと良いでしょう。

さらに年会費無料のクレジットカードですが、海外旅行傷害保険も最大2,000万円が付帯するので、海外に行く予定がある方も安心できるでしょう。

オリコカード・ザ・ポイント

46135

これまでにご紹介したクレジットカードと同様に「オリコカード THE POINT」も年会費無料、通常1.0%という高いポイント還元率のクレジットカードです。

そのほかに入会から6ヶ月間はポイント還元率が2.0%にアップする特典がありますし、入会特典も魅力的です。

さらに600店以上の加盟店を誇るオリコモール経由でショッピングをすれば、ポイント還元率は1.5%となります。ファッションブランドにコスメブランドをはじめ、さまざまなジャンルのショップが加盟しているので利用しない選択肢はありません。

利用前にオリコモールの公式サイトをチェックするなどして、自身が利用したい店舗のポイントアップ率をチェックしておきましょう。

年会費無料のクレジットカードの選び方と使う際の注意点

46061

年会費無料という点だけでクレジットカードに申し込むことはおすすめしません。必ず、自身が検討するクレジットカードの特徴を確認して納得してから申し込みをおこなってください。

こちらでは年会費無料のクレジットカードの選び方と注意点について解説します。

利用する機会の多い店舗・サービスのクレジットカードを選ぶ

楽天市場で買い物をする機会があれば楽天カード、利用頻度の高く、ポイント還元率も高いお店がオリコモールの中にあるからオリコのクレジットカードを使うという流れです。

たとえば以下のクレジットカードでは、通常ポイント以外に獲得できるポイントがアップする魅力があります。

通常ポイント還元率 ポイントアップの条件
楽天カード 1.00% 楽天市場の利用は通常3.0%、最大16.0%までアップ
ヤフーカード 1.00% Yahoo!ショッピング、LOHACOの利用で3.0%
イオンカード 0.50% イオングループの店舗で利用した場合は1.0%
エポスカード 0.50% マルイの利用は通常1.0%だが、年4回のセール期間中は10.0%にアップ

初年度無料は2年目以降に年会費がかかってくる

年会費無料のクレジットカードには永年無料ではなく、初年度無料のクレジットカードがあります。要するに「初年度のみ年会費無料」「翌年より○円発生」となっている状態です。

この場合、年会費無料は初年度のみなため、維持コストをかけたくない場合には不適切でしょう。

リボ払いや分割払いは手数料や利息が発生するので注意

どんなに年会費が無料でも、支払い方法をリボ払いや分割払いにしていたら手数料や利息が発生します。クレジットカードの年間維持コストをどんなにおさえたとしても、手数料や返済金額に応じた利息を支払っているようでは支出が軽減しません。

たしかに分割払いやリボ払いを利用すれば、それだけ毎月の支払い負担は減ります。しかし、手数料や総支払い金額は相当なものになるので、いつまでも返済が終わらない・気づけば返済不能の状態だったという負のループに陥りがちです。

ETCカードは無料発行が可能なのかを確認

高速道路のETCレーンを通過する際に必要なのがETCカードで、車を運転する機会のある方でしたらぜひ1枚は持っていると便利です。

しかし、ETCカードも発行するクレジットカードしだいで年会費や発行手数料があるため注意しましょう。

ETCカードの年会費が無料のクレジットカード

クレジットカードそのものの年会費が無料で、かつETCカードの年会費が無料なケースも多くあります。

すでに紹介したライフカードやオリコカード・ザ・ポイントは、ETCカードの年会費が永年無料で利用できます。

しかし、楽天カードやdカードでは条件達成でETCカードの年会費が無料になります。詳しい内容をチェックしないとETCカードの年会費を支払うことになるので注意しましょう。

ETCカードの年会費が無料になるための条件

・楽天カードの場合:ETCカード年会費550円(税込)
楽天PointClubの会員ランクがダイヤモンド会員・プラチナ会員の方はETCカード年会費無料
・dカード: ETCカードは初年度年会費無料
2年目以降は、前年度(本会員のdカード契約月より1年間)にETCカードの利用と請求が1度でもあれば無料

まとめ

年会費無料でポイント還元率が高く、キャンペーンで多くのポイントを獲得できる機会のあるクレジットカードは多くあります。

しかし、年会費やポイント還元率の部分だけチェックしてクレジットカードを選ぶのはよくありません。年会費無料と言っても永年無料なのか、条件付きで無料なのかという点もありますし、クレジットカードそのものの使い勝手や年会費以外に発生する費用の有無など確認しておきたい点はいくつもあります。

ただし、あらかじめ選び方や注意点を選んでクレジットカードを選べば、効率良くポイントを貯めることが叶うはずです。

ぜひ当記事を参考に自身の納得できる年会費無料かつポイント還元率の高いクレジットカードを選んでください。